ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【2月28日】

何故か天気予報が思わしくない! なんでや!!
今年に入ってから先週まで完璧やったのに・・・・誰のせいや!
そうなんです。今日は、さえちゃんがほんまにひっさしぶりに参加するのです。
だから雨が降っても嵐が来ても・・・・・・・・当然の事なんです。
わんこちゃんからさえちゃんへと、「アメフリャー」は、しっかりと受け継がれているのです。
JR堺市駅でミッチーと雨女を拾って、わんこちゃんを迎えに行って王寺でカオリンをピックアップする。
キンゴ号に5人は、ちと重たいかな。
ミッチーとも久し振りで、若い野郎が参加してくれるのは、めっちゃ嬉しいなー (^^)
雨も本降りとなり、今宵は十津川ホテルに泊まる。
今日はカオリンの29回目のばーすでぇ〜!
♪はっぴぃ〜ばぁ〜すでぇ〜か〜おりぃ〜〜〜ん♪
いつまでも沢中で楽しみたいのやったら、付き合いまっせぇ〜!
宴会は豪華メニューで深夜3時過ぎまで盛り上がる。
イメージ 1 イメージ 2

翌朝、6時半頃に起きるが、雨が降ってる。
これは中止かなーって考えたが、南の空に雲の切れ間が見えるので決行!
暖かい朝食を楽しんだ後に出発です。
R425から、大野川沿いの道に入って、片川集落の先の橋の手前に車を停める。
入渓地を探して散策していると、黄色い車が上の方から降りて来た。
おりょっ! きょーちゃんやん!!
27日は、比良の安曇川でカヤックを漕いでいて、元気があれば当日の朝に出合に行きますって言ってたけど・・・。
まさか、この天気で来るとは思わんかったわ・・・。 
って言うか、完璧に忘れてたわ。 ゴメンチャイ m(__)m
まっ、とにかく合流できて良かったね。雨も小降りになったこっちゃし、突っ込むぞっと! 8:40
イメージ 3

【タイトル】  大当たりぃ〜〜!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、さえ、カオリン、きょーちゃん、ミッチー
【日  程】  2010年2月27日夜発〜2月28日
【天  気】  雨のち晴れ
【場  所】  大峰 芦廼瀬川支流大野川・釘抜谷
【地  図】  風屋(1/25000)

大野川の流れを見ると、かなり水量が多くて渡渉するのも大変かなと思い、片川集落の先の橋を渡って、大野川の左岸を下って釘抜谷の出合まで下る。8:45
左に枝谷を見て進むと釜を持った3段7m。結構な水量やな。
ミッチーが登ろうと言い、もちろん異存はないです。
左から取り付いて1段目は簡単に登れるけど、2段目はツルツルやん。
ここはシュリンゲを数本繫いで、その先にハンマーを括って垂れ下がった細い幹に投げる。
滑ったら拾てなってミッチーに頼んで、そろりと登るが中々楽しいところです。
3段目は簡単で、ロープをフィックスして放り投げる。
ミッチーは、ロープに頼らずに嫌らしい右岸壁を登ってきた。
イメージ 4 イメージ 5

順番待ちのレディース(?)部隊。
なんやかんや言いながらも、楽しそうに登ってくる。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

カオリンとミッチーのツーショット!!
イメージ 10

小滝をいくつか過ぎると、5m、5m、4mの連瀑帯。9:45
イメージ 11

右から巻くと、20mの大滝が待っていた。
私とさえちゃんは、手前の斜滝の下に降りるが、ほんまエエ感じやん。10:14
イメージ 12

イメージ 13

右の壁に、でっかいスズメバチの巣が見える。
イメージ 14

右から巻き上がると立派な道に出て、簡単に落口に降りる。10:40
いつしか雨もあがり、天気は快晴やん。
イメージ 15 

イメージ 16 

イメージ 17 イメージ 18

イメージ 19 イメージ 20

左に枝谷を見て小滝を越えて、左にルンゼを見送って釜、2mを過ぎると両壁立つ中にトユ状3段5m。
イメージ 21 イメージ 22

この先で、左から8m滝が噴き出る。11:26
ここでも、皆が各々に楽しむ。
イメージ 23

イメージ 24

左のザレ場から巻いて、キラキラとした落口に降り立つ。11:45
イメージ 25

ここから先は谷は開けて、4mを越えると30mの大滝が現われる。12:08
皆が歓声をあげる程に良い所です。
イメージ 26

陽あたりも良く、ここでランチタイムです。メニューは暖かいラーメン。
のぉ〜んびりと、この空間を楽しむ。
岩の上で寛ぐ3人様。
イメージ 27

地形図上で滝記号のある所がここですね。
虹が綺麗に架かっているので、虹滝と名付ける。
イメージ 28

イメージ 29

立ち去り難い気持ちを抑えて出発です。13:07
右から巻いて行くが、大滝の上はゴルジュとなり、連瀑帯を成す。
素晴らしい所やね。
イメージ 30

連瀑帯を過ぎて小滝の連なる廊下を抜けると植林帯となる。
ここで溯行は打ち切りです。
右の斜面を登って薄い踏み跡を辿ると、鹿除けフェンスが現われて、フェンズ沿いにひたすら登る。
目の前に広がる山々がエエ感じやん。
イメージ 31

左岸尾根を片川の集落に向けて下ると、立派な道が現われる。
快適に下って片川の集落に降り立つ。吊橋が良いかんじやけど、この看板の意味が?????
イメージ 32

イメージ 36 イメージ 37

車に戻ったのが16時過ぎかな。ほんまに今日も、よう遊んだわ。
地形図を見て想像している以上に良い谷でした。
わんこ&さえが雨を降らして、カオリン&きょーちゃんが快晴にしてくれる。
このパターンは、とっても楽しめそうです。
大当たりの沢でした。

帰りは夢の湯で疲れを癒して、五条にあるお好み焼き屋「和」でまたまた楽しむ。
焼うどんとカキ玉を頼むが、旨い!
イメージ 33 

イメージ 34 イメージ 35

  • 顔アイコン

    大野川本流の谷っすか。。。
    お好み旨そー! 削除

    [ Damien ]

    2010/3/10(水) 午後 0:42

    返信する
  • 顔アイコン

    おっ! 久し振りやん。
    たまには、遊んでなー(^_-)

    キンゴ

    2010/3/10(水) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    軍団のオヤジ 67歳です。女性でもこんなこと出来るんやねぇ・・・ すごい!!! 息子に渓流釣り教えましたが、とてもあんな奥にはよう行きません。 40年前には蓮川の今はダムの有るあたりで八寸級の見事な魚体のアマゴがアケビ魚籠に入らないくらいつれました。 夢のようやったです。 年には勝てません、 楽しみに拝見してます。

    [ yamaichikikaku9208 ]

    2011/5/9(月) 午後 4:16

    返信する
  • 顔アイコン

    >軍団のオヤジ様

    昔の釣りの話を聞かせていただくと、本当に夢のような話ばかりですね。当時の渓に憧れます。
    機会があれば、いつか私にも渓流釣りを教えてくださいな。

    キンゴ

    2011/5/9(月) 午後 10:33

    返信する
  • 顔アイコン

    教えるなんてとんてもないです、、、只好きなだけで釣りは息子の方がはるかに上手いです。昔はアマゴは里につくとか言ってて私は民家の在る本流が好きで ツ逃れと言って10匹も釣れたら大満足でした。でも本流の瀬のアマゴが掛かると体中の血が逆流する位引きました。何かにつかれたように渓を彷徨っていました。 もう体力もありません、、、 源流に行ってみたいです。

    [ yamaichikikaku9208 ]

    2011/5/10(火) 午後 4:40

    返信する
  • 顔アイコン

    私は源流ばかり行ってます。
    たまに大物がかかると、とても興奮します^_^;
    いつか、ご一緒したいですね。

    キンゴ

    2011/5/12(木) 午前 0:27

    返信する
  • 顔アイコン

    行けると思いますよ。
    でも、何故○○川なんですか?

    キンゴ

    2011/5/12(木) 午後 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    楽しい報告をお待ちしております(^^)

    キンゴ

    2011/5/13(金) 午後 10:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事