ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【5月9日】

カオリンが迷滝を見たいって言うので、ほな、行きましょかー!
私は別の目的で偵察に行きたい所があったんで、二人の契約が成立する。
JR五条駅でカオリンを拾って、高野辻越えで湯ノ又に到着。
先客がいるかな?って思ってたが誰も居なくて、二人でプチ宴会を楽しむ。

【タイトル】  薮漕ぎやん
【メンバー】  キンゴ、カオリン
【日  程】  2010年5月8日夜発〜5月9日
【天  気】  曇りのち快晴
【場  所】  大峰 舟ノ川・日裏山谷〜蛇淵ノサコ〜三ツ谷
【地  図】  南日裏、弥山、辻堂、釈迦ヶ岳(1/25000)

まずは、迷滝を目指して出発じゃー!7:37
本当なら、ここから遡行して、雄滝・雌滝も見せてあげたかったけど、それでは私の目的が達せられないので林道を進む。
山抜けで、林道は何箇所か崩れているけど、しっかりとした踏み跡があるので問題は無い。
林道終点から谷に降りる。8:45
その昔、ここでBAKUさんと宴会を楽しんだのを思い出す。懐かしいなぁ〜。
迷滝までは左岸に踏み跡が続いていて、テープもふんだんに付いている。
山芍薬が群生を成す。
イメージ 1

出てきた壁を左に廻り込むと斜滝が現われて、薮に突っ込んで登ると迷滝がドドォ〜ンと姿を見せる。9:25
イメージ 2

イメージ 3

今日は、ちと水量が少ないみたいやけど、中々ええ滝やん。
カオリンが迷滝と遊んでいる。
イメージ 4


左岸の壁沿いに登って南東に延びる尾根に乗り上げる。
さてと、尾根を下ろうか、東にトラバースしようか。どちらにしても、薮漕ぎやなー。
遠回りではあるが、東に進むことにする。
小さなルンゼが2〜3本入るが切れ落ちていて下れなかった。
薮の中では、「キンゴさぁ〜ん、どこぉ〜?」「ここやー!!」・・・・の、繰り返しです。
薮の中にあった鳥の巣です。蜂の巣でなくて良かった。
イメージ 5

緩斜面を南に下って蛇淵ノサコに降りる。
サコをしばらく下ると三ツ谷です。12:40
すぐ先に10m滝が架かる。
イメージ 6

降り立つ地点が、私が思っていた所とは少しズレていた。
まっ、ええか。今日はここまで。帰ってから調べようっと。
ランチタイム後に、岩の上でグースカピーのカオリン。
イメージ 7

下流を偵察に行くが、やはり滝に阻まれる。
行きたい所がこの下やと厄介やな。まっ、なんとかなるやろ。近いうちに又来ようっと。
さぁ〜、戻るぞー! 14:40発
蛇淵ノサコを登って、左の斜面に取り付いて、薮を漕いで、最初の尾根に戻る。16:20
遠くに三ツ瑤望める。 ええ感じやん。
イメージ 8

イメージ 9

ここからは林道の終点に向けて下る。
林道の終点でカオリンが降りてくるのを待つが・・・・・。
やはり最後も「キンゴさぁ〜ん、どこぉ〜?」「ここやでぇー!!」・・・・・・・迷滝も笑っている。17:00
休憩後、林道を下って湯ノ又に到着。18:10
帰りは、いつもの夢の湯で疲れを癒して帰路につく。

【おまけ】
薮漕ぎをすると、ダニまみれになるのは当たり前の事なんやけど、カオリンはその事を知らなかった。
三ツ谷で休憩している時に教えてあげると、服装チェックをした彼女は、キャーキャーと叫んでいた。
あまりにも喧しいので、自分のジャージに付いているダニを、コンパチでカオリンに向けて飛ばすと・・・・。
「ぎぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」 沢の中に響き渡る。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事