ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

十津川水系100530

【5月30日】

十津川村から帰ってきて、お風呂に入ると、もう出発の時間やん。
銚子川の清五郎滝を見に行く予定やったんやけど、ピストンで今から尾鷲までは、ちょっとしんどいかな。
清五郎は次の機会にして、十津川水系に変更する。
わんこちゃんを拾って、JR五条駅でカオリンをピックアップ。
前夜宴会は、K谷を溯行する坪姉、軍曹、ミッチー、H君と合流して賑やかになる。
軍曹とH君は、私より遥かに釣り歴が長くて、釣談義に花が咲く。
楽しい面々との宴会は、遅くまで続くのであった。
翌朝は5時過ぎに起きて、朝食を楽しんで、溯行組とさよならをしてキンゴ号で移動する。
一昨日と同じ所に車をデポして出発です。6:44
林道から見える奇岩は「ゾウの足」だと、カオリンが教えてくれる。
イメージ 1

N川の出合に架かる滝。7:27
イメージ 2

谷への下降地点に架かる滝。7:45
イメージ 3

谷床に降りて、早速竿を振ると21cmが釣れた。
下流からK谷溯行組が現われて、彼等の目の前で2匹目を釣り上げる。
一応、面目躍如かな。
軍曹が、「ラインを張らないの?」って聞くので、「なんで?」って聞き返すと
ラインを張りながら流すと、お魚ちゃんが喰いついた時に感触がわかり、それに合わせて釣り上げるのがミャク釣りというらしい。
え〜〜〜〜っ!そんなん初めて聞いたわ (@_@)
私の釣り方は、遠くに飛ばしてラインも緩んだままで流しているだけです。
目印は、ラインが何処にあるかを確認するだけやん。
またひとつ賢くなったわ。
でも、この釣り方で釣れているので、H君は「目からウロコや」って言ってた。
さてと、溯行組が先行するので、私は早くから祝杯タイムです。
左岸に架かる大滝の前で大休止。
イメージ 4

ここからは、綺麗な癒し渓が続くが・・・・・あまり釣れなかった。
20匹は釣るぞ!って豪語していたキンゴさんは、ゆうだけ番長でした。
イメージ 5

イメージ 6

今日の目的の滝まで来て、ランチタイムです。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

少し肌寒い中でのアマゴの唐揚げとラーメンは旨い!
イメージ 10 イメージ 11

下山途中で頑張るカオリン。
イメージ 12

下山途中で這い上がるカオリン。
イメージ 13

それに続くわんこちゃん。
イメージ 14

傍らに咲く黄色い可憐な花。どこにでも咲いていそうな花やけど、何て言うんやろ?
イメージ 15

左岸の枝谷の奥が気になったんで入ってみると、立派な釜と15m滝があった。
イメージ 16

イメージ 17

この時、K谷溯行組も戻ってきて、そのまま下って行った。
私は目の前に現われた立派な釜にワクワクしたが・・・・・釣れなかった。
イメージ 18

来た沢を戻りますー。
イメージ 19

林道に這い上がって、車に戻ったのが17:30。
これで三日連続の釣行が終わるが、よく遊びましたね。
帰りに、今年生まれたばかりの迷い小鹿に遭遇する。無事に群れに戻れるとええんやけど・・・。
イメージ 20

今日も夢の湯で疲れを癒す。

  • 顔アイコン

    龍橋って言うんですね。ありがとうございます。

    キンゴ

    2010/6/24(木) 午後 8:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事