ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【10月31日】

今回は、人の企画にぶら下がる。って言うか・・・・。
yamaちゃんに芦生を案内してもらう約束をしていたので、久し振りの芦生行きとなりました。
芦生方面には、まだ1回しか行った事が無いのでワクワクしてまーす。
わんこ&MINMINを乗せて茨木に向かい、yama2号に乗り換えて坊村に向かう。
高速道路を使わずに行きましたが、京都市内を抜けるのに随分と迂回してたような・・・・。
当然の事ながら前夜宴会は盛り上がり、MINちゃん特製お鍋も頂いて遅くまで続くのであった。

【タイトル】  yamaちゃん、あんがと (^^)
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、MINMIN、yama2
【日  程】  2010年10月30日夜発〜10月31日
【天  気】  曇りのち雨
【場  所】  芦生 由良川・岩谷下降〜由良川本流〜スケン谷
【地  図】  久多・古屋(1/25000)

坊村から朽木古屋まで移動するのに時間がかかるが、山間にある長閑な村の風景が気持ちを和ませ
てくれる。
イメージ 1 イメージ 2

車のデポ地には、yamaちゃんのお知り合いの車がすでに停められていた。
支度を整えて出発です。 7:40
イメージ 3 イメージ 4

谷沿いの林道を進むと登山口の標識がある。8:07
イメージ 5 イメージ 6

二又を左に進むと登山道らしくなってきて、左岸の尾根を絡むように登って行く。8:15
ナラタケの群生があったが、時すでに遅しと言うところかな。
イメージ 7 イメージ 8

面白い木の前でポーズ!
イメージ 9 イメージ 10

岩谷峠に到着。8:50
イメージ 11

休憩後、半ば強引にルンゼを下って岩谷に降り立つ。9:15
秋の芦生は、思わず「ほぉ〜っ」と声が出るほどに癒し渓の良い感じです。
イメージ 12

イメージ 13

そしていきなりナメコちゃんに遭遇でっす!
イメージ 14

カツラの巨木の前でワンニャンコンビ!
イメージ 15

キクラゲとモエギタケの幼菌です。
イメージ 16 イメージ 17

黄葉を楽しみながら岩谷を下って、由良川の本流に降り立つ。9:50
右岸に広場があって、ブルーシートのツエルト(?)が張られていたが誰も居ないようだな。
ここから緩やかな由良川本流を、へつり等も楽しみながら遡行する。
イメージ 18 イメージ 19

小ボケ谷の出合を右に見て進むと、5分でスケン谷の出合に到着する。10:44
スケン谷に入るとすぐに素晴らしい空間が待ち受けていた。
おおっ! 思わず唸ってしまうほどに素晴らしい所だが、画像ではその良さを伝えられないのが残念!
大峰・台高では、見れない景色やなー。
トチの巨木が僕達に話しかけてくるような雰囲気です。
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

ここで大休止のあと沢の奥に進むが、振り返るとトチ君達が手を振っていた。
イメージ 24

すぐに二又となり、正面に10m滝、左に6m滝が架かる。
イメージ 25

ここは左の滝に取り付いて10m滝上にトラバースするが、皆は右から巻いて行ったみたい。
イメージ 26

右に枝谷を見て、その先で右に登って稜線に出る。12:29
ここから岩谷峠に向かうが、支尾根が結構派生していて稜線から外れたりもする。
ここの特徴は、稜線に高島トレイルという立派な登山道があって、少し不明瞭な踏み跡を辿っているな
ら、高島トレイルから外れていると言う事やな。
途中から雨が降り出して、岩谷峠に着いた頃には本降りとなる。13:33
三国岳に行きたかったけど、雨のため諦める。また、来年にでも来ようっと!
休憩後に出発です。13:50
滑り易い登山道を下って車のデポ地に戻る。14:43
雨が降っているので古屋のバス停に避難して皆が降りてくるのを待つが、ここは快適ですね。
天気は悪かったけど、芦生が好きになりました。yamaちゃん、良いコースを選んでくれて有難う。
短い時間の中で、沢山楽しめました (^^)

本日のサプライズ! 狙い通りやね (^^)v
ナメコの群生でっす!
イメージ 27

イメージ 28

帰りは久し振りに、くつき温泉「てんくう」に寄って疲れを癒す。
次に来る時は晴れたらいいな。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事