ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【2月27日】

JR堺市駅で、えのっきーを乗せて、わんこちゃんを拾ってキンゴ号は熊野本宮に向かう。
今週は、とっても暖かかったので峠にも殆ど雪は無かった。
いつもなら、トイレタイムで立ち寄る十津川道の駅をスルーして向かっていると、トシちゃんから電話が入る。
トシちゃん達は、大野川の支流を遡行するみたいで、十津川道の駅で集まってるらしい。
寄りませんかって言われたけれど、5分前に通り過ぎてしまって、とっても残念です。
道の駅の隅っこで前夜宴会を楽しむが、T会のカオリン、Y口っちゃん、他1名のおじさんが合流して、宴会は遅くまで盛り上がる。
イメージ 1                                                                                                                                                                                  「カオリン! はっぴぃ〜ばぁ〜すで〜〜!!!」

翌朝は晴れていてニッコリです。
T会のメンバーと別れて、我々は和田川に向かう。
カオリン達は、デート沢?の立間戸谷に行くみたいですね。

【タイトル】  バリハイやん!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、えのっきー
【日  程】  2011年2月26日夜発〜2月27日
【天  気】  晴れ
【場  所】  南紀 和田川・長瀬谷
【地  図】  本宮、紀伊大野(1/25000)

和田川沿いの林道に車をデポして、支度を整える。9:00
植林の中の踏み跡を下ると、すぐに和田川本流の広い河原に降ります。
2006年の1月に、この広い河原で小山伏と宴会をしたのを思い出すが、何か遠い昔のことのように感じる。感傷に耽りながら対岸を見ると長瀬谷の出合が見える。
イメージ 2

本流を渡渉して出合からの伏流を進むと、釜に倒木が突き刺さる1m滝。右岸が立っている。
イメージ 3

滑った岩盤を登りますー♪
イメージ 4 イメージ 5

左にルンゼが入って、すぐに両岸が立つ中に斜L7m滝。9:33
ここは右隅を登ります。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9

滝上は平凡な流れとなるが、すぐに両岸が立って正面にルンゼが入って谷は直角に右に曲がる。9:55
右に曲がる所に7m滝が架かり、その上にも10m位の滝が連なる。ええ感じやん。
イメージ 10 イメージ 11

最初は勘違いをして正面のルンゼのCS滝に取り付くが、びしょ濡れになってしまい、少し戻って連瀑帯を右から巻き始めてから間違いに気がついた。
連瀑帯の上段の滝上は、両岸が極端に狭まって、かなり立っているのが見てとれる。
イメージ 12

イメージ 13

私達は安易に右から高巻いた為に、谷に戻れなくなってしまった。
戻れたとしても、かなり上流部になるだろう。
やはり、あの上段の滝の落口に登らなければ行けないんやな。
高巻く途中で何度も偵察に行くが、スパっと切れ落ちていて降りれないんで、谷に戻るのを諦める。
ここから、バリハイとなりました。
ずーっと登って、長瀬谷の左岸尾根に乗り上げたのは、700m付近です。
ここから南に進むと、登山道があるらしいが、それを下ると林道歩きが長くなるので、北に進んで少しでも出合近くに降りる事にする。
しかし、この痩せ尾根は、かなり切れ落ちてたり薮だらけやったりで、中々楽しませてくれる。
南に進んで地形図上の破線を辿った方が良かったなって思っても後のまつりである。
当然のことながら、ダニまみれです。
下山途中で見かけた糞ですが、何の糞やろ? 猪かな?
イメージ 14

そして、楽しい尾根から見えた素晴らしい虹です。
イメージ 15

和田川の本流に降り立ったときには、ほっとしましたね。対岸の林道に這い上がる。17:13
キンゴはクタクタ、えのっきーはヘロヘロ、わんこちゃんは・・・・何故かウキウキ。
長瀬谷は途中敗退になってしまったんで、近いうちにリベンジに来なければいけないなー。

帰りに熊野川温泉さつきに寄るが、ロビーでY口っちゃんとバッタリ出会う。
お互い、たーっぷりと楽しんだようやね。
イメージ 16 イメージ 17

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事