ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【7月24日】

冬小屋谷は、その昔、わんこちゃんのお父様がマムシに噛まれた所です。
お父様は、マムシに噛まれた後、八丁河原で一泊してから撤退したそうですが、かなり大変やったみたいです。私も蓮の渓で同行者がマムシに噛まれて、すぐに下山したことがありますが、本当に痛々しい限りでした。一泊するなんて考えられないが、お父様はそうせざるを得ない状況だったのでしょうね。
お父様が辿った跡を、時を越えて遡行してみましょう。

冬小屋谷の遡行は、出合から八丁河原までの前半部と八丁河原からの上流の後半部に分けて、日帰りで楽しむ事にする。最初は沢泊で行こうと思ってましたが、テン泊地の八丁河原のロケーションが私的にはイマイチなんで、日帰りで分ける事にしました。

行きしなにyama2号を下山予定地の前鬼林道にデポします。
前夜泊地のいつもの公園には先客がいてたので、裏側にテントを張ってテントの中で慎ましく宴会を楽しむが、わんこ&ミンミンのメニューは豪華です。
イメージ 1

翌朝は早起きをして、朝食を済ませてからキンゴ号で池郷林道に入るが、小又谷を過ぎた所で落石が林道を塞いでいた。
イメージ 2 イメージ 3

おう! なんてこったい!! ポパイの声真似をするが、通行不能は変わらない。
さて、どうしたものか。とりあえずyama2号のデポ地に移動するが・・・・そや!このまま後半部を遡行したらええやん。問題は簡単に解決しました。今回は出合からの前半部を予定してましたが、急遽後半部に変更する。仕度を整えて出発です。7:53

【タイトル】  上流部はラムネ色♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ミンミン、yama2、えのっきー、ジン
【日  程】  2011年7月23日夜発〜7月24日
【天  気】  晴れのち曇り
【場  所】  大峰 池郷川・冬小屋谷
【地  図】  池原(1/25000)

林道を冬小屋谷左岸の稜線まで登るが、コンタ差500mはキツイぞっと。
途中、こんな風に落ちてます。
イメージ 4

喘ぎながら稜線に到着する。8:44 皆が揃うのを待って、少し休憩してから今度は反対側に下ります。9:00
立派な登山道が八丁河原まで続いていて、すぐに河原に到着しました。9:14
ジンさんは、水流に溶け込んでます。
イメージ 5

河原を進むと右に石垣があり、左にルンゼが入る先から両壁が立ち始める。9:30
イメージ 6 イメージ 7

左の枝谷に架かる4m滝を見て進むと、すぐに釜・3m滝です。
イメージ 8 イメージ 9

3m滝は、私は左から登り、皆さんは右のルンゼから越えますが、MINちゃん救出作戦もあったりします。
イメージ 10

次の釜を持つ4m滝は左から巻きます。9:56
イメージ 11

その先の4m滝も左から巻きます。
イメージ 12

巻き降りた先の釜を持つ小滝は、大きな流木に投げ縄をして越えますが、中々楽しめます。
イメージ 13

イメージ 14

ジンさん、嬉しそうやん。
イメージ 15

わんこちゃん、頑張ってます。
イメージ 16

MINちゃん、真剣?
イメージ 17

後ろで、余裕顔で写真を撮っていたyamaちゃんは・・・・・・・・もがいてます。
イメージ 18

廊下の出口に架かる斜滝は、滑りやすいけど簡単に登れますよ。10:52
イメージ 19

渓は一旦開けて右から大きなガレた枝谷が入り、そこから再び廊下状となる。11:09
イメージ 20 イメージ 21

淵の奥に斜滝が架かり、泳げば取り付けそうやけど、右から巻きます。
イメージ 22

その奥には4m滝が行く手を塞ぎ、左の滝を架けるルンゼから巻きます。
イメージ 23

廊下を抜けると大岩が鎮座する癒し渓です。
イメージ 24

大きな岩の両側に滝を架ける所を過ぎると、両壁が立ち始めるが快適に登って行けます。11:40
イメージ 25 イメージ 26

イメージ 27 イメージ 28

そしてここは、へつりと突っ張りで抜けますが、yamaピーが皆の期待を裏切らない演出で笑いをとる!
イメージ 29



癒し渓の中で、ランチタイムです。12:04ー12:46発
イメージ 30 イメージ 31

ランチを終えて出発すると、すぐに二又です。12:50
さてと、どちらに進むかだが、時間的にも右に進んだ方が良さそうだ。
地形図を見ると、右又の先には小屋跡があるみたいやな。
少しだけ左又を偵察に行って戻ると、何やらよからぬ相談をしているのかな?
イメージ 32

右又に入ると連瀑帯となり、中々楽しませてくれます。
イメージ 33 イメージ 34

イメージ 35 イメージ 36

最後の7m滝に打たれるジンさんは、怪しい教団の教祖に見えなくも無いな。
イメージ 37

7m滝を左から巻いて進むと、右岸に小屋跡が現れます。13:10
ここから左岸の斜面を登って稜線に出る。13:38
イメージ 38 イメージ 39

稜線に出るまでに見かけた、美味しそうなタマゴタケちゃん。
イメージ 40 イメージ 41

薄い踏み跡を南東に進んで稜線上の林道に出ます。14:20ー14:38発
そのまま道なりに進んで前鬼林道に下る林道の分岐点に到着です。15:11
分岐点から左に下って車のデポ地に戻ります。15:54
冬小屋谷の上流部は、水流がラムネ色の癒し渓で楽しめました。
あまり、人が入ってなさそうな感じがGOODですね。
上北山村の薬師の湯で疲れを癒して帰路につく。

  • 顔アイコン

    お早うございます^^
    池郷林道の台風後はどうなってるんでしょうかね〜?えらい事に・・・
    冬小屋は昔、地元の猟師さんがいっぱいアマゴがおるで〜!と言ってましたね^^
    しかし、台風でどうなったのやら><;綺麗な渓に戻ったらいいのに!ですね><

    鉄人軍団

    2011/10/12(水) 午前 8:41

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんわー(^^)

    冬小屋の上流部は、魚影も無く渓流釣りを楽しめる所ではないなーって思いました。
    出合から八丁河原までが気になるんで、来年にでも行きたいんですが、林道がズタボロなんでどうしたものかな?
    旭も芦廼瀬も滝川もどうなってるんやろって心配です。
    11月になれば、紀伊半島の渓歩きを始めようと思っています。

    キンゴ

    2011/10/13(木) 午前 0:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事