ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【10月23日】

今回は久し振りに兵庫県の沢に行きます。
キンゴ号は、わんこちゃんを乗せて中国道の山崎ICで降り、R29を北上して、皆の待つ道の駅 「播磨いちのみや」に向かう。
途中でゲリラレインに見舞われて、車のワイパーの動きも速くなる。
道の駅に到着すると、もうすでに宴会は始まっていた。
いつもの事ながら、遅くまで楽しむが、ここには雨蛙が沢山いてました。
イメージ 1 イメージ 2

【タイトル】  せ・ん・ば
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、えのっきー、いく、坪姉、軍曹、Y岡、Y下、みっちー、S元
【日  程】  2011年10月22日夜発〜10月23日
【天  気】  曇り時々雨
【場  所】  但馬 明延川・千葉渓谷
【地  図】  大屋市場(1/25000)

朝早く起きて、ふらふらしていると晴れてきた。おっ!今日は快晴かもー!
道の駅から出合へと移動しますが、何だか空模様が微妙な感じになってきました。
空がすっかり灰色に変わった頃に出合近くの広場に到着です。現地集合のいくちゃんは少し早く着いていたらしい。
それでは、仕度を整えて出発です。8:10
イメージ 3 イメージ 4

登山道を進むが、なんとヒルだらけである。ヒル街道と言ってもいい。
払っても払っても続々とくっついてくる。もう、払うのも諦めました。
途中で見かけたスッポンタケ。学名は「恥知らずなペ○ス」らしいです。
食用になるらしいが、そんな気にはなれませんねー。
イメージ 5

堰堤を二つ程越えて沢に入ると、両壁立つ中に3m滝、2m滝、2m滝、4m滝と連なって、最後の4m滝は右巻きです。
イメージ 6 イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9

右から5m滝を架ける枝谷を見て進むと、林道が沢を横切る。
ポツリポツリと雨が降ってきたが、皆さん行く気満々ですね。
イメージ 10 イメージ 11

小滝を越えて、トユ状の斜滝を越えると2段8m滝です。9:06
2段8m滝は、みっちーが右から取り付き、私は左から登り、軍曹、Y岡さんと登って来て後続には安全を期してザイルを出します。
イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14 イメージ 15

皆さん、シャワーで登って来られます。
イメージ 16 イメージ 17

イメージ 18 イメージ 19

すぐに二又。9:26 左に進むとその先も二又となり右からせんばの滝12mが架かります。9:35
何となく登れそうやけど、雨も降ってるんで左から巻くが、えのっきーは右から登る。
イメージ 20 イメージ 21

滝上も小滝が連なり4m滝は巻くが、♪とぼけた顔して、ババンバーン♪の、えのっきーは粘っていた。10:00
イメージ 22

二又を左に進むと、稲妻のように水流が落ちている。おっ!凄いやん!10:07
イメージ 23

近づくと、2条10m滝で右から巻きます。
イメージ 24

その上には20m滝が連なり、更にその上にも20m滝が架かる。全部右巻きやね。
イメージ 25 イメージ 26

連瀑帯を過ぎると、沢は穏やかな感じとなるが、まだまだ小滝が現われる。
イメージ 27

すだれ状の8m滝を、どうしようかなーって眺めていると、Y岡さんがスルスルっと右から登って行った。
取り付いてみると、乗り越しが嫌らいしかなーって思ってた所には、上手い具合に木の根がありました。ここでもザイルを出します。
イメージ 28

滝上はナメ床となり、次の二又を左に進んで斜L4m滝を越えると、またまた二又となり、右に進んで次の三又の真ん中を行く。
だんだんと傾斜が増してきて伏流となり、お昼のラーメンを諦めかけた頃にチョロチョロと水流が現れたのでランチタイムとするが、傾斜がきつくて各々がバンドの上に離散してお昼ごはんを頂きます。
前から感じていたのだが、Y岡さんは食べる場所を選ばないor気にしない! うん!これでいいのだ!ランチを終えて12:30発です。

沢から緩い尾根筋に這い上がり、二次林ではあるがブナ林を詰めあがると、ドンピシャで須留ヶ峰のピークに乗り上げました。12:43
イメージ 29 イメージ 30

西に伸びる尾根を辿って登山道?を進み、途中からガレた沢を下る。
休憩している時に、ふと見上げると何やら茶色いものが見えるが、結構嫌らしい斜面の上やな。
S元ちゃんに、あそこに何かあるぞって囁くと、行きましょうって答えが帰って来たので、ルンルンと足早に慎重に登ります。
そこには、美味しそうなキノコちゃんがありましたー♪
ブナシメジっぽいが、たぶんナラタケでしょう。足を滑らさないように気をつけながらの収穫でした。
イメージ 31 イメージ 32

せんばの滝の前に戻り、林道に降り立ったのが14:54
誰もが何も考えずに右に進むが、しばらく進んだ後で・・・・んん? 何で登って行くの? 反対方向に進んでました。
ありゃりゃ!? 来た道をかなり戻って登山道を下って車のデポ地に戻りました。15:45
ヒルを払い落としながら着替えて、温泉に直行です。
初めての「まほろばの湯」は、中々イイ感じでした。
イメージ 33

ワンキンペアは、ここで晩御飯を頂くが、ビールを注文するとスピードくじが引けるらしい。
くじが無くても注文するが、なんと!B賞のラガーTシャツが当っちゃった♪
イメージ 34

鹿肉の煮込みも定食も美味しくて満足です。
イメージ 35 イメージ 36

キンゴは御満悦で帰路につきます。
大屋市場の地形図を眺めていると、須留ヶ峰の北面に滝記号が二つある沢も気になるなー。

  • 顔アイコン

    すっぽん茸をく咥えるキンゴさんを見たかったな〜^^

    鉄人軍団

    2011/12/20(火) 午後 5:24

    返信する
  • 顔アイコン

    haha、そんなことしたら、ベニテングタケに変わっちゃったりして^_^;

    キンゴ

    2011/12/20(火) 午後 11:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事