ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【南紀】和田川・鳴谷

【3月11日】

もっちゃんが、南紀シリーズに参加しますよーって言うので、2012年南紀シリーズ第6弾は、和田川の鳴谷にしました。
和田川の鳴谷は、9年振り2度目です。和田川の流域は殆ど入っているが、ここが一番楽しめそうですね♪
もっちゃん号が自宅まで迎えに来てくれて、えのっきー、わんこちゃんを拾って南紀に向かいます。
ほんぐうの道の駅に着いたのは、0時前でした。
もっちゃん曰く、結構遠いですね・・・・・・。通い慣れたら、そうでも無いんやけど・・・・・・ ^_^;
もっちゃんテントの中で宴会を楽しむが、ビール、ワイン、焼酎と、ガンガン飲んで気分良し!
私は、まんま君状態になっていたらしいが・・・・・・記憶に無い。
イメージ 1 イメージ 2

翌朝起きると、快晴やん!
イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5

道の駅で、朝ご飯を済ませて和田川に向かう。
鳴谷出合付近に車を停めて、支度を整えて出発です。8:30
イメージ 6 イメージ 7

【タイトル】  失敗してもうたがなー (ーー;
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、えのっきー、もっちゃん
【日  程】  2012年3月10日夜発〜3月11日
【天  気】  晴れ
【場  所】  南紀 和田川・鳴谷
【地  図】  本宮(1/25000)

出合からは、釜、1m滝、釜、斜L3m滝、釜、5m滝、2m滝と続き、いきなり楽しませてくれる。
イメージ 8

イメージ 9

次の釜、7m滝、5m滝の連瀑は左から巻くが、上は廊下状となっていて、足下には釜、4m滝、釜、1m滝、釜、2m滝、釜、2m滝と続くのが見える。
この先で谷に戻ります。8:57
イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12

谷は左に折れて廊下となり、右をへつって抜けると谷は右に折れて10m滝が架かり、右から巻きます。9:11
イメージ 13 イメージ 14

落口の上は、癒し系の廊下となり、すぐに左から枝谷が入る所で釜を持つ綺麗な10m滝が架かります。ここは簡単に右から巻けますね。9:20
イメージ 15 イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

釜、1m滝を越えて、深い釜を持つ2条5m滝を右から越えると、左から枝谷が入るところに15m滝が架かる。ええ感じやん♪ 9:34
イメージ 19 イメージ 20

イメージ 21 イメージ 22

15m滝の落口で、Wキンゴポーズ!
イメージ 23

次の魅力的な釜を持つ連瀑は、簡単に左から巻きますが、銀六が目を光らせていましたねー (^^) 10:00
イメージ 24 イメージ 25

イメージ 26 イメージ 27

釜、ナメ滝を越えると左岸に炭焼き跡があり、その先の右岸は台地状となって良いテン場ですね。10:19
すぐに廊下となり、左をへつって抜けると2条8m滝が現れて真ん中を登ります。
イメージ 28 イメージ 29

次の、釜、7m滝は右を登り、続く5m滝は左を登ります。
イメージ 30 イメージ 31

釜、6m滝、2m滝は左から巻くと、その上は箱状の短い廊下となっていて、その先に降りて進むとすぐに二又に到着です。11:03
イメージ 32 イメージ 33

左の奥には5mくらいの滝が架かるが、ここは右に進んで6m滝の右を登る。
イメージ 34 イメージ 35

まだまだ滝が現れますが、快適に登れますね♪
イメージ 36 イメージ 37

そして、広い釜を持つ美瀑25m滝に到着。11:10 天気も良くてええ感じやねー♪ ここで大休止です。
イメージ 38

イメージ 39 イメージ 40

さてと、どちらから巻こうかな。まずは左岸を偵察に行くが、結構壁が立っていてかなりの高巻きになりそうなんで却下です。
そして右岸のルンゼ左から取り付くが、ルンゼの左上方に登って行くと壁が立ち、ロープを出して登るが、更に壁が立っていて登りすぎてしまったようです。
最後は、もっちゃんが偵察に行くが、まだ壁が立っているようなので戻ることにしました。 う〜ん、失敗してしもたがなー。
懸垂も交えながら降りて、ルンゼ上部を滝横の壁に渡ると、明瞭なバンドが落口に向けてありました。ありゃりゃ、ここやんか。
このバンドを登って先に進むには時間が足りないので、25m滝の前に降りてランチタイムを楽しむ。
イメージ 41 イメージ 42

イメージ 43 イメージ 44

お腹も膨れた事だし、下山開始やー! 14:17
来た谷を戻り、途中で強引に左岸の作業道を捜すが明瞭な道は無く、小さな尾根を登ったり下ったりでかなりの時間をロスします。
結局、谷に戻って谷通しに下って行くと、左岸に踏み跡が現れて、その道を辿って林道に戻りました。16:30
目的の大滝までは行けなかったけれど、水量も多くて天気にも恵まれて、私的には楽しい溯行となりました♪
しかし、近いうちに再び訪れることになるでしょうね。

ホテル昴で温泉を楽しもうと思って立ち寄るが、日帰り入浴の時間が過ぎていて入れなかった。
前に来た時は時間が過ぎていても入れてくれたのになー。でも、ルールは守らなければいけないですね。まっ、今後来ることは無いでしょうけど。
少し車を走らせて、十津川温泉の憩の湯で疲れを癒しました。とっても小さな温泉でしたが、良いお湯で入浴料300円は安いですね! また来ようっと♪
雪が舞う中、R168を北上するが、私ともっちゃんは、「腹へったー」の連発です。他2名はグースカピーです。
晩御飯はR24沿いにある、お好み焼き屋「さいかい」で頂きました。美味しかったんで、このお店もまた来ると思います。
堺市に着く頃には、私もグースカピーでした。

  • 顔アイコン

    行ってみたいと思っています。
    先週末からの風邪が少し残ってるようだから、今週は沢登りは無理です。
    でも、いい雨が降りました。
    明日は。滝でも行って来ようかな。

    瀑やん

    2012/3/24(土) 午前 6:37

    返信する
  • 顔アイコン

    瀑やんさん

    鳴谷はお薦めですよ(^_-)
    私は明日、渓流釣りに行きます。
    本当は沢登りの予定やったんですが、20日に左手中指を骨折してしまい、予定変更です ^_^;

    キンゴ

    2012/3/24(土) 午後 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    まいどです。^^

    お疲れ&ありがとう御座いました。
    良い谷でしたね〜、大滝は次回のお楽しみって事で^^;

    指気をつけてくださいね。

    [ カワガラス ]

    2012/3/26(月) 午後 5:23

    返信する
  • 顔アイコン

    カワガラスさん、まいど!

    大滝は、季節を変えて行く方が良いかもね (^_-)

    キンゴ

    2012/3/26(月) 午後 11:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事