ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【4月29日ー30日】

29〜30日が急遽連休となったので、日帰り釣行から沢泊溯行へと予定を変更すると、神童子に行くのならとミンちゃんもドタ参です。
骨折した指がまだ完治していないので、重い荷物を背負っての溯行に少しの不安はあるが、とりあえず行ってみよう!
林道終点には1台の車が停まっていて、橋の向こうにテントが張ってある。釣り屋さんかなー?
我々は橋の手前にテントを張って前夜宴会を楽しむが、満天の星空に酔っちゃいそうです。
イメージ 1 3時半頃まで楽しんでました。

車の音がしたので5時過ぎに起きてテントから這い出ると、先着組も朝到着組も釣り屋さんだった。
後から来たグループが谷に降りて行ったので、今日はルールを押し付けられずにすみそうやな。
それでも早く行った方がよいだろうと思い、朝ご飯も食べずに出発です。6:20

【タイトル】  ゆるゆる宣言!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ミンミン
【日  程】  2012年4月28日夜発〜4月30日
【天  気】  晴れのち曇りのち雨
【場  所】  大峰 川迫川・神童子谷 
【地  図】  弥山(1/25000)

鉄製の桟道を進むと崩壊地があった。やはり植林は脆いね。
イメージ 2 イメージ 3

少し進むと、先着組の若者3人組と遭遇する。少し話をするが、滋賀県から本を見て来たらしい。
我々はノウナシ谷に入ることを伝えると、彼らも結構奥まで入る予定らしいです。
気持ちの良い若者達だったので、十津川村のよく釣れる場所を教えてあげる。

先に行かせて貰うとすぐにへっついさんに到着するが、結構深いやん。6:50
一昨年の秋に来た時には膝下くらいやったのに、今回わんこちゃん達は首下まで浸かってました。
水量が多いのではなくて、砂利が流されて深くなっています。
イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

朝着の釣り屋さんを抜かして行くと赤鍋の滝です。7:05
ここの釜も砂利が流されていて広くなっている。
イメージ 7

右からへつって登ろうとすると、ミンちゃんがこの重い装備では無理って言うので、ロープを引っ張ってハーケンを1枚打って落口に登ります。
ハーケンの回収に、わんこちゃんはかなり手間取ってました。これからの課題やね。
イメージ 8

イメージ 9 イメージ 10

滝上の傾斜は緩いが、茶色い苔がびっしりと覆い尽していて滑るの何のって冷や汗もんですわ。
爪で苔を削ぎ落とすが、ここはタワシ必携ですね。
イメージ 11

この先は泳がないと無理みたいです。前に来た時にはルンルンで渡れたのになー。
イメージ 12

因みに、一昨年はこんな感じでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/sawakingo/32067201.html

振り返るとわんこちゃんは寒さで震えていて、当然の事ながら泳ぎは却下です。
私も絶対にドボンしたくはないので、苔がなければ何の変哲もない所を苦労して戻ります。
イメージ 13 イメージ 14

さてと、どうしたものか。一旦滝下に戻ろうかなって考えたけど、先ほどの若者3人組みが下で釣り始めたので、戻るわけにはいかないな。
そうこうしていると、元気な二人組がやって来て、釜を泳ぎながら登ってくるではないか。TEAM川猿の方達だった。
ウエットスーツにライジャケを纏ってはいるが、この時期は寒いやろーって思う。
冷たいですねーって登ってきた彼等の笑顔がとても良かった。残置したカラビナを回収してくれてありがとう。
イメージ 15 イメージ 16

結局、赤鍋滝落口の左岸の枝谷に架かる滝の左側の樹林帯を登ることにするが、登ってる途中でDAIWAの6.3mの釣竿を拾いました。
2ピッチで登ると落口は日当たりも良く、ここでモーニングタイムです。10:30
イメージ 17 イメージ 18

少しトラバースをして、懸垂を交えながら神童子谷に戻ります。
イメージ 19

ゴーロ帯を進み、綺麗な淵を抜けると広い河原となる。12:50 この辺りでランチタイムやったかな。
イメージ 20 イメージ 21

イメージ 22 イメージ 23

広い釜があるところで、戻って来たTEAM川猿の方達と再会です。13:40
イメージ 24 イメージ 25

そして、すぐに釜滝です。13:55 ここでも釣り屋さん2名に会いました。
イメージ 26

釜を左に廻り込んで巻き上がると二又となり、左は犬取谷で右はノウナシ谷です。
ノウナシ谷の連瀑帯の上で泊まる予定でしたが、赤鍋滝付近で時間を喰ってしまったので、今日はここの台地をテン場とする。
少し寛いでいると、竿に鈴をかけた方が単独で登ってこられたので挨拶を交わすが、沢ヤさんっぽいな。彼は犬取谷に入って行きました。
テントを設営して、3人で薪を集めにかかる。

ここの桜は丁度満開でイイ感じですね。ただあまりにもゴミが多い。台地には、いくつかの焚火跡があり、そこには「デポ品だから触らないで」と書いた看板がいくつもある。燃え残った薪がデポ品なんだろうか?それとも、沢山の空き缶や大きなボロボロのビニール袋がデポ品なんだろうか?こんな看板を作る前にゴミを持ち帰れよって憤るのは間違いなんだろうか?ここにルールが無いのが悲しい。
18年くらい前にノウナシ谷を溯行した時にもここに泊まったが、こんなひどい状態ではなかった気がする。
私は台地の上では焚火はやらない、必ず水の流れの際でやる。いくつかのゴミを焚火で燃やしたがキリが無いな。

焚火の土台を作ってから、ノウナシ谷に入ってみる。すぐの大きな釜を持つ8m滝は左巻きです。16:00頃
イメージ 27 イメージ 28

可憐なヒトリシズカが、ひっそりと咲いていました。
イメージ 29 イメージ 30

滝上はナメ床となり浅い釜を連ねていて、その先は平凡な流れが続くようだ。1時間ほど遊んでテン場に戻るが、あれ?って思う初体験があった。
17時過ぎから焚火宴会が始まるが、ここからはわんこちゃんの独壇場で美味しいものが次々と出てきます。
イメージ 31 イメージ 32

いつもながらに豪勢な焚火に酔いしれます。
イメージ 33

御飯も美味しく炊けました。
イメージ 34 イメージ 35

旨いっす♪
イメージ 36 イメージ 37

一杯目の沢丼と二杯目の沢丼です。
イメージ 38 イメージ 39

ロング缶2本とショート缶2本と芋焼酎で気分良し!唄って弾けた夜でした♪ 0時頃にテントに潜り込む。
翌朝起きると、今にも雨が降ってきそうな空模様で、桜吹雪を眺めながら美味しい朝食を頂くが、4杯目にはゲップが出そうやった。
イメージ 40 イメージ 41

たぶん雨が降るだろうと考えて、ノウナシ谷の溯行は諦めて下山にかかる。
核心の赤鍋滝上部は、右岸から巻き降りるが、けっこう楽しめました。わんこちゃんもイイ勉強になったのでは・・・。
途中にあった、京大の遭難のレリーフには手を合わせる。
イメージ 42

昨日登った滝横の樹林帯を眺める。
イメージ 43

懸垂数回で、やっと降りて来れました。
イメージ 44

へっついさんを戻って車のデポ地に到着ですが、ポツリポツリと雨が降ってきた。13:00
イメージ 45 イメージ 46

温泉に向かう途中で、ヒッチハイクに出会う。乗せてあげると好感の持てる若いカップルだった。
川合で彼らを降ろしてから、我々は天の川温泉に向かい疲れを癒しますが、この頃には雨も本降りとなり、テン場から撤退して正解やったね。
イメージ 47 イメージ 48

神童子谷は、昨年の台風の影響なのか、良い渓になりましたね。夏場にもう一度訪れてみたいな♪

  • 顔アイコン

    人気が高い沢ほどゴミが多いですね><
    なんで綺麗な場所にゴミを捨てるんでしょうかね〜><
    渓や山に入る資格無しですね!!

    鉄人軍団

    2012/5/4(金) 午前 8:26

    返信する
  • 顔アイコン

    人気が無い沢はアマゴが多いですね(^^)

    キンゴ

    2012/5/6(日) 午後 10:28

    返信する
  • 顔アイコン

    神童子は酷いですね。

    ゴミも酷いですが、私は
    寝ているツェルトの張り綱を、知らない伯母様に、「誰よ、こんな所に紐掛けてんの?」とか言いながらツェルトを倒されました。。
    避けようと思えばいくらでも避けれる所なのに・・・

    しかしへっついさん深くなってるんですね。僕も膝位の水量しか当たった事が無いので、気になります。
    ノウナシ谷は遡行した事が無いので、また行ってみます〜

    [ カワガラス ]

    2012/5/7(月) 午後 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    カワガラスさん、まいど!

    日帰りで行こ (^^)

    キンゴ

    2012/5/8(火) 午後 10:21

    返信する
  • 顔アイコン

    神童子谷 +ノウナシ谷は前から行きたかったので行くのが分かった時はアチャ〜って感じでした^^人気が有りそうな所ですね。。。

    [ yama2 ]

    2012/5/8(火) 午後 11:17

    返信する
  • 一昨年の犬取谷溯行時にお天気が悪かったのは、わんこの呪いって事になってたけど、今回2日目お天気悪かったのはブラックの呪いだったのかも〜^_^;
    夏頃、皆でもう1回行きたいなぁ。。。

    [ 柴わんこ ]

    2012/5/9(水) 午後 7:27

    返信する
  • 顔アイコン

    yamaちゃん

    この夏に日帰りで行こうよ(^_^)v

    キンゴ

    2012/5/9(水) 午後 9:43

    返信する
  • 顔アイコン

    わんこちゃん

    そっかー、ブラックの呪いやったんやー(ーー;

    キンゴ

    2012/5/9(水) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    日帰りやったら行けると思います。
    しかし〜ブラックって腹黒そうやね^^

    [ yama2 ]

    2012/5/9(水) 午後 11:03

    返信する
  • 顔アイコン

    寒かった神童子。真夏に行けばへっいさんも気持ちいいでしょうね深いままなのかな。
    ぬるぬるはどうなってるんでしょうね。そんなことが気になります。
    大勢で行きたいですね♪

    [ MINMIN ]

    2012/5/13(日) 午後 6:30

    返信する
  • 顔アイコン

    yamaちゃん

    ほな、日帰りで行きましょー(^O^)/

    キンゴ

    2012/5/13(日) 午後 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    MINちゃん

    夏は大勢で・・・・・ぬるぬる宣言じゃー(^O^)/

    キンゴ

    2012/5/13(日) 午後 7:15

    返信する
  • 顔アイコン

    どうも、川猿です。黒いヘルメットの方です。沢の新規開拓する時には、いろんな方の沢記録を参考にしていますが、キンゴさんの名は本当によく見かけていました。勝手にいつもお世話になっています。ちなみに一の滝も釜が深くなってて良かったですよ。

    [ 川猿 ]

    2012/5/23(水) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    川猿さん、こんばんは。
    パーマンヘルメットの方ですね。
    カラビナを回収してもらって、ありがとうございました。
    お二人の溯行スタイルには、かなりの刺激を受けました。私も少しだけ頑張ります。
    今年の夏に日帰りで再訪するので、一の滝も楽しみです。

    キンゴ

    2012/5/23(水) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは!偶然見つけました。
    あの時出会いました若者三人組です。

    釣りのポイント色々教えてもらいましたが、
    結局赤鍋の滝が登れず引き返しました。

    当時は沢登り??状態で装備もちゃんとした物を揃えて無かったのですが、神童子谷の美しさに三人とも惹かれ、今年本格的な装備を揃えて再チャレンジする事になりました。

    またどこかでお会いする機会がありましたら、宜しくお願いします!

    [ bty**848 ]

    2013/5/9(木) 午前 2:16

    返信する
  • 顔アイコン

    おおっ! 若者三人組さん、こんばんは!
    再チャレンジ、頑張ってくださいね!
    初級の沢でも、経験者が同行していないと危険なので、気をつけてね。またどこかでお会いする機会を楽しみにしています(^_-)

    キンゴ

    2013/5/9(木) 午後 9:54

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事