ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【5月20日】

栗平川の栗瀬谷に行く予定でしたが、土砂ダムが出来ていて入れないかもって事なんで、行き先を三ノ滝谷に変更する。
前夜泊地は、トシちゃんお薦めの某ダムサイトですが中々ええやん♪ 快適な東屋で宴会を楽しむ。
イメージ 1 イメージ 2

【タイトル】  曇天と大滝
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、N村
【日  程】  2012年5月19日夜発〜20日
【天  気】  曇りのち雨
【場  所】  大峰 栗平川・三ノ滝谷
【地  図】  風屋(1/25000)

翌朝、栗平川の林道終点まで行ってみると今更なんですが、えらいことになってるわ。7:30
当然の事ながら、この先へは進入禁止です。
イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7 イメージ 8

やはり、栗瀬谷は諦めて三ノ滝谷を溯行しましょう。
林道を戻ってトンネル近くの広場に車を停めて支度を整えて出発です。8:21
トンネル横の地道の林道に入って待機小屋を過ぎた辺りから谷に降りるとすぐに出合です。8:33
イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12

出合から小滝を2つ程やり過ごして左にルンゼを見送り、釜、2m滝を越えると谷は少し左に折れて両壁が立ち、その奥に滝が2本架かる。
ここは左から小さく巻くが、トラバースが少し悪いのでロープを出す。もう一段上に登れば楽に巻けるかもです。
イメージ 13

イメージ 14

すぐに30mくらいの立派な大滝が現れます。9:40
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

右から巻き上がると立派な道に出ました。10:00
イメージ 18 イメージ 19

モノレール道を伝い、すぐ上の2段20mくらいの滝の落口に降ります。10:25
イメージ 20 イメージ 21

滝上は平流ですが、3m滝を越えるとまたまた立派な40m滝が架かる。10:50
イメージ 22 イメージ 23

イメージ 24

イイ感じですね♪
イメージ 25

右から巻いて簡単に落口に出ます。11:00
イメージ 26

巻く途中で見かけた、ザラエノヒトヨタケ。
イメージ 27 イメージ 28

小さな堰堤を二つ越えて次の大きな堰堤は右から巻き、両岸立つ中の小滝を登ってまたまた出て来た大きな堰堤を左から巻くと二又に到着です。11:30
イメージ 29 イメージ 30

イメージ 31 イメージ 32


二又を右に進むと連瀑帯となり、登ったり巻いたりで中々楽しめます。
イメージ 33 イメージ 34

イメージ 35 イメージ 36

連瀑帯を過ぎると周りは植林となり、伐採された木が谷を覆う。地形図を見ると広葉樹林なのだが間違ってますね。
ここでランチタイムです。12:20-13:00発
イメージ 37 イメージ 38

倒木に閉口しながら進んで二又に到着。ここから右の支尾根に取り付いて下山にかかります。
植林帯を少し登ると立派な杣道のトラバース道に出たので、下流方面に進むと植林から自然林に変わる所でぷっつりと杣道は無くなりました。
ここから南に伸びる支尾根に乗り上げて、喘ぎながら尾根を登って南東に伸びる尾根に乗り換えるとモノレールがありました。13:45
途中で見かけた毒々しいウスタケの幼菌です。
イメージ 39 イメージ 40

眺めの良い急斜面の登山道を下ると吊橋に辿り着きます。14:45
イメージ 41 イメージ 42

イメージ 43 イメージ 44

ここの谷名は、地形図では三ノ滝谷ってなっていて、エアリアマップでは下カズネ谷となっていて、昔の報告では三ノ太谷やて。
どれが本当なんやろう? 吊橋の袂には下数根橋って書いてあるので、下数根谷なのかな?

帰りは少し逆方向になるけれど、久し振りに湯泉地温泉の滝の湯に立ち寄る。何か小奇麗になっているので店の人に尋ねると、4年前にリニューアルされたらしいです。
滝の湯は、とても良い温泉なんですが、ビールを置いてなかったので足が遠ざかってました。今はビールも売っていてGOODですね。
以前は、川床にある露天風呂に降りるのに、一旦服を着なければいけなかったのが、今では裸で行けますね。私は前の方が好みですが。
そしてなんと!JAF割で3人まで半額やて!!! えっ!半額なん!! 嬉しいねー(^^)
我々3人は一人300円で入浴できました。ロードサービスのJAFに入っていて良かったなー。
イメージ 45 イメージ 46

N村君が、谷瀬の吊橋に行った事が無いっちゅうんで立ち寄ります。
イメージ 47 イメージ 48

最後は豚珍館で、生中、唐揚げ、つけ麺セットで満腹でっす!
イメージ 49 イメージ 50

  • 顔アイコン

    三ノ滝谷、ウォッ地図で見ると、滝マークはひとつもありません。
    なのに、これだけ立派な滝が連続するんですね。
    滝マークのない滝って、無数にあるんでしょうね。

    瀑やん

    2012/6/3(日) 午後 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    瀑やんさん、こんばんは!

    滝記号の無い滝は無数にあるでしょうね。
    地形図を眺めていて、コンタが詰っている所に何かあるなって想像するのが楽しいですね(^^)
    たまに外れもありますが、予想通りだと嬉しいですねー。
    だから、冬場に南紀の沢に通うのです(^_-)

    キンゴ

    2012/6/3(日) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    キンゴさん、まいどです^^

    キャタピラ履いたハイエース?ヤバイですね!!キャタピラハウジング見たいなの売ってるんですかね??凄いなぁ
    後、シュビムワーゲンの様な、水陸両用車?もいかつすぎます。

    と、全然違う所に引っかかってしまいました^^;

    [ カワガラス ]

    2012/6/5(火) 午後 1:10

    返信する
  • 顔アイコン

    カワガラスさん、まいど!

    そやろ〜!水陸両用車を見て、私もメガテンになりました(^^)
    007の世界やーって喜んでました(~o~)
    でも実際は喜んではいられないのですが・・・・^_^;
    進入禁止の先が、と〜〜〜〜〜っても、気になります(@_@)

    キンゴ

    2012/6/5(火) 午後 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    水陸両用車にモノレールと
    なかなか近未来的溯行ですね

    わんこさんとのタンデムが微笑ましいっす(*´∀`*)

    [ @まんま。 ]

    2012/6/5(火) 午後 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    なかなかいいとこですんね、自分はいったこと無いです。

    5月5,6日はどこかまったくわかりませ!

    6月5日羽津子茶屋にいってきましたよ。

    魚の形状から吉野川か上北山川かな? 削除

    [ トシ ]

    2012/6/5(火) 午後 11:10

    返信する
  • 顔アイコン

    まんまちゃん、まいど!

    溯行内容は、原始的ですが・・・・^_^;

    キンゴ

    2012/6/6(水) 午後 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    トシちゃん、まいど!

    おっ! 羽津子ちゃやに行ってきたんや!!!
    今年の年末年始も、頼んまっせぇ〜 (^O^)/

    キンゴ

    2012/6/6(水) 午後 8:47

    返信する
  • 顔アイコン

    キャタピラユニットはホイールを外して簡単に交換できます。
    ただし一輪あたり\800,000だそうです。
    スキー場などで使われているようです。

    [ ken*1_4* ]

    2012/6/18(月) 午後 3:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ken*1 4*さん

    一輪あたり¥800.000(*_*; びっくりですねー!

    キンゴ

    2012/6/19(火) 午前 0:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事