ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【4月28日】

今回は、yamaちゃんの企画に乗っかります。
前夜は、わんこちゃんを拾ってから阪神高速11号池田線を走ってR423に乗り換え、亀岡経由でR9からR27に入って某道の駅に向かう。0時頃に到着すると、自販機前の東屋で宴会が行われていて我々も乱入するが、4月も終わりだというのに結構寒いな。
イメージ 1 イメージ 2

翌朝は6時起床予定だったが、私は5時に眼が覚めたので皆を叩き起こします。
この道の駅は初めて来たけれど、中々良いところやな。少しだけ朝の散歩を楽しむ。
イメージ 3 イメージ 4

朝食を済ませてから周山街道を北上して、鶴ヶ丘から西川沿いに入って洞谷川に向かうが、車内で流れていたディープ・パープルの「Black Night」がイイネ♪

【タイトル】  春の滝々花々時々キノコ
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、えのっきー、坪姉、カジカジ、yama2、もんた
【日  程】  2013年4月27日夜発〜4月28日
【天  気】  晴れ
【場  所】  丹波 洞谷川・吉谷
【地  図】  口坂本、島(1/25000)

ゲート前の集落のある所に車を停めて、地元のおじちゃんと暫く話しを交わしたあと、支度を整えて出発です!7:00
イメージ 5

yamaちゃんは、昨年の晩秋にこの渓に一人で来ているのだが、下山時刻がかなり遅くなって皆からヒンシュクをかったのです。今回は、リベンジ&検証らしいのですが、そんなもん理由はただひとつ、渓の中で遊びすぎたんやろ。楽しみを独り占めしようとするから、そんな目に会うねん! 皆で楽しく遊ばなあかん!っちゅうこっちゃな。左岸に付けられた林道をゲートを越えて進んで行き、右岸に入る吉谷の対岸の急斜面を下って出合に到着です。7:30
イメージ 6

ミヤマキケマンです。
イメージ 7

出合から少し入ると両壁が立つ中に斜L5m滝が現われてその先に大滝が飛沫をあげている。
イメージ 8

斜L5m滝の左を簡単に登ると2段20m滝が架かる! いきなりの大滝にワクワクしますね。
イメージ 9 イメージ 10

20m滝は左から巻くが、ちょっとしたトラバースを嫌がった後続は懸垂で降りてきました。
滝上の釜、2m滝、釜、3m滝、釜、4m滝は左を登って抜けます。8:37
イメージ 11 イメージ 12

谷が開けて2条斜8m滝は中々綺麗ですね。皆が好きな所を登りますよ。
イメージ 13

その先は、釜、2m滝、釜、3m滝、釜、15m滝と連なって、ええ感じやね。15m滝は左巻きです。9:30
イメージ 14

イメージ 15

左にルンゼと炭焼き跡を見て3m滝を登るとウスヒラタケがありました。
イメージ 16 イメージ 17

イメージ 18 イメージ 19

すぐに2段20m滝が現れて、滝下の左岸の快適な斜面で休憩します。
イメージ 20

2段20m滝は、中段のテラスを右から左に渡って木の根を頼りに落口へと登りますが、皆は右から巻いて行きました。
イメージ 21

イメージ 22 イメージ 23

滝上にある釜・2m滝を越えると二又となり、右に入ってナメ斜滝を快適に登って行くと綺麗な10m滝が架かる。10:20
イメージ 24

10m滝を左から越えて行くと、すぐにトユ状10m滝が現れて右のガリーに取り付くが、上部を抜けるところで念の為に左から巻き上がったメンバーにロープを出してもらう。安全に行きましょう。10:27
イメージ 25 イメージ 26

イメージ 27 イメージ 28

次の5m滝は、yamaちゃんが左から登って後続にロープを出しますが、私とカジカジともんたは右から登ります。
イメージ 29 イメージ 30

滝上は谷幅が狭まり、その奥で両壁が立つ中に左から水流が迸る立派な20m滝が架かる。10:50
イメージ 31

yamaちゃんは、前に来た時に左から巻きにかかったが途中で断念したらしい。男前はんが残した残置シュリンゲがあったそうな。男前はんは元気にしてるのやろか・・・・・。右のズルズルの斜面を登って滝上に抜けると、イワウチワとショウジョウバカマが沢山咲いていました。
イメージ 32 イメージ 33

イメージ 34 イメージ 35

イメージ 36 イメージ 37

滝上の小滝を越えると癒し空間となり、空木が咲く中で少し早めのランチを楽しむ。11:29
イメージ 38 イメージ 39

左に枝谷を見て、2段6m滝、斜L7m滝を快適に越えて行くと二又に到着して左に進みます。12:39
イメージ 40 イメージ 41

ほぉ〜、ええ感じやなー。この辺りが八丁平なんやろな。
イメージ 42

斜L10m滝、7m滝と、まだまだ滝が出てきて楽しませてくれますよ。ヌメリツバタケもありました。13:00
イメージ 43 イメージ 44

イメージ 45 イメージ 46

7m滝手前から右に登って稜線に出ます。13:24
休憩を交えながら稜線を少し北上して775m付近から洞谷川沿いの林道終点に向けて下降する。13:53
洞谷川の源頭部は結構壁が立っているところもあり、連瀑帯も現れて谷通しに下るのは難しく、途中から左に廻り込んで稜線から見えていた左岸の植林帯に突っ込んで下ると、ドンピシャで林道終点に降り立ちました。14:22
イメージ 47

あとは林道を下るだけなんでお気楽ですね。緑の中に架かる音谷の滝がイイ感じです。
イメージ 48

単調な林道歩きも、春の花々が楽しませてくれますね。イカリソウとオオイワカガミです。
イメージ 49 イメージ 50

右に吉谷の出合を見て車のデポ地に到着です。15:05
吉谷は短いながらも随所に大滝と小滝が配置されていて楽しませてくれました。源流部の癒しの空間も最高でしたね。丹波の谷って、あまり目が向かないので、今回企画してくれたyamaちゃんに感謝です。
河鹿荘で疲れを癒して帰路につきますが、京都縦貫道からフル高速の贅沢ルートで帰ると早かったな。

  • 顔アイコン

    美山牛乳飲みたくなってきましたす^^
    また企画しますのでご参加宜しくお願い致します。

    [ yama2 ]

    2013/5/20(月) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    yamaちゃん、まいど!
    帰りに美山牛乳を飲もうと思っていたのに・・・・やはりビールには勝てないわ^_^; またの企画を楽しみにしています(^^)

    キンゴ

    2013/5/20(月) 午後 11:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事