ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【6月2日】

今年もワクワクする日がやって来たぜよー♪ 高知から前夜発日帰りで、はちきんが遊びに来るっちゅうがねー♪年に一度の逢瀬を楽しむがやき、記憶が無くなるまで呑んでも、なんちゃあない!
前夜泊地に先着していた、きょーちゃんとの久し振りの再会はハグから始まる。さあ!宴会を楽しもうか♪
御機嫌なキンゴは、きょーちゃんと二人で朝の4時頃まで楽しんでいたらしいが、途中から記憶にノイズが入っている。
イメージ 1 イメージ 2
 
翌朝は5時に起きて、朝食を済ませてから出合に向かう。ここから出合まで1時間ほどかかるが、車内で流れていたドリカムの「うれしい!たのしい!大好き!がイイネ♪ 
坂本ダムにて、きょーちゃんとのツーショットを撮ってもらう。昨年はえのっきーが邪魔だったので撮り直したのだろうが、全く記憶にございません。数日後に画像を見てびっくりしました。でも・・・・・・ええ感じやん♪ 大胆になるがやけんど、なんちゃあない!

出合の先の広場に3台の車を停めて、支度を整えて出発です。7:46
寧吉はイエロー!ゴーヤン号はホワイト!キンゴ号はブラック!
イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5

【タイトル】  年に一度の逢瀬やき (^_-)
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、きょーちゃん、N村、ゴーヤン、Y下、E藤
【日  程】  2013年6月1日夜発〜6月2日
【天  気】  曇り
【場  所】  台高 古川・ゴミキ谷〜滝谷下降
【地  図】  高代山(1/25000)

まずは3段90mの鹿の子滝(かくれ滝)見学ですが、行く途中にあったルンゼを見て、ここに降りようと私が言うてたみたいです。
イメージ 6

出合に戻って溯行開始です。橋の欄干にはミキ谷って書かれてあるが、ここはゴミキ谷!?
最初の10m滝にゴーヤンが右のガリーからトライするが、結果は右の樹林帯から巻き上がります。でも、ゴーヤンのソウルは素晴らしい。
イメージ 7

多段7m滝は右から登る。9:44
イメージ 8

イメージ 9

次の斜滝の連瀑も右から登るが、中段に良い釜があります。9:55
イメージ 10 イメージ 11

斜L4m滝を越えてY字6m滝は左から越えます。
イメージ 12

小さな釜を持つ4m滝は、釜の左から廻り込んで右から抜ける。
イメージ 13 イメージ 14

良い釜を持つ斜3m滝は右からへつって抜けるが・・・・ドボンしてしまった。10:15
意外と落口が微妙な感じで、皆さん梃子摺ります。
イメージ 15

イメージ 16 イメージ 17

2m滝を越えると二又となり右に進む。10:40
ここからは、3m滝、10m滝、CS斜3m滝、CS3m滝と現れて中々楽しませてくれますが、小滝と言えども中々侮れないですね。
イメージ 18 イメージ 19

イメージ 20 イメージ 21

N村の楽しそうな笑顔とゴーヤンのトリッキーな登り方がイイネ♪
イメージ 22

左にルンゼを見て4m滝を越えて行くと、2段15m滝が2本続いて楽しませてくれます。
イメージ 23 イメージ 24

その上は、トユ状の斜滝がイイ感じやね。11:50
イメージ 25 イメージ 26

楽しいランチタイムです。12:00
イメージ 27 イメージ 28

二又を右に進んで次の二又も右に進む。12:45
細いルンゼを詰めて、滝谷とゴミキ谷を分ける北に伸びる尾根に乗り上げます。13:29 さあ、ここからが本日の核心やね。滝谷の荒れた感じの源頭部を下って行くと、途中からはすっきりとした斜滝の連瀑帯となり、中々楽しませてくれますよ。
イメージ 29 イメージ 30

イメージ 31 イメージ 32

イメージ 33 イメージ 34

おりょ!? 青い残置シュリンゲがある。これは2006年の3月に我々が下降した時に残したものやん。少しウルっときました。そやけど支点の木は相変わらず細いな。直接ザイルを掛けても良かったが、今回はオレンジのシュリンゲを残置しました。15:30
ここは懸垂で降りるが、N村は横の斜滝を下って釜に飛び込んで降りてきた。そや、前に来た時は3月やったんで濡れるのを嫌って懸垂したんやった。
イメージ 35 イメージ 36

そして鹿の子滝(かくれ滝)の落口に到着です。ええ落口やん。16:20
イメージ 37

イメージ 38 イメージ 39

しばし休憩した後、右岸から下降開始です。朝見たルンゼ状を目指してトラバース気味に下降して行くが、壁に阻まれて幾度と無く懸垂を強いられる。40mと30mのロープ2本を駆使するが、7人もいては時間がかかりますね。ゴーヤンとN村が参加してくれてて助かったな。
道路に降り立ったのが19:10で、皆さんヘッデンを点けてましたわ。闇下やね。
帰りに思い出したけど、前に来た時は大滝の横に降りたような気がするが・・・・・・・・・。まっ、楽しかったからええんちゃう♪
きなり湯で疲れを癒して帰路につく。きょーちゃん! また来年遊ぼうね (^_-)

  • 顔アイコン

    一般人?が下から見上げる滝、その上で楽しむキンゴさん達は異次元の人に感じます。パソコンの前で参加させていただいています。
    滝谷とゴミキ谷、地形図と表記が違う地図もあるようですね。

    瀑やん

    2013/6/29(土) 午後 2:51

    返信する
  • 顔アイコン

    瀑やんさん、こんばんは!
    実は、私の正体は異次元人ヤプールなんです。はっきり言って悪役です^_^;
    滝谷とゴミキ谷、私はわんこちゃんのお父さんの報告を倣ってます。

    キンゴ

    2013/7/1(月) 午後 10:51

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめて投稿します。ちょいちょい覗かせていただいております楽しそうですね。
    滝谷に一度行って見たかったのですがこの記事で納得です。ちなみにアマゴは棲息してなかったでしょうか?古川には毎週釣りに行っていますが隠れ滝の上流だけはまだ行ってなかったのです。もう年食ったので行けそうにもありません。それから備後川のバックウォーター右岸の谷には行ったことありますか?何とか窪谷と言う名らしいですが備後川水系で行き残した谷なので知っていれば教えて頂きたい。
    一応元源流釣り師

    [ .. ]

    2013/7/4(木) 午後 0:00

    返信する
  • 顔アイコン

    雫さん、初めまして! コメントありがとうございます。
    今回は竿を持って行きませんでしたが、目的のひとつにアマゴの調査もあったのです。隠れ滝の上はアマゴは居ましたが、それよりもハヤだらけでした。その奥も期待は出来ません。釣りを楽しむならミキ谷の方が良いかもですね。備後川右岸の何とか窪谷って平谷の事でしょうか?平谷なら渓流釣りを覚える前に行った事がありますが、魚影など見ていなかったので、もう一度確かめに行こうと思っています。

    キンゴ

    2013/7/4(木) 午後 11:52

    返信する
  • 顔アイコン

    早速ご返事ありがとうございます。平谷っていうのですか・・
    ナル谷とツキ谷の間の谷で林道からはトンネルの影の谷ですこの間入口まで行ったのですがヘツリがができず帰ってきました。
    キンゴさんの再調査楽しみにしています。たぶん居ない様な気がするのですが・・・ご安全に・・

    [ .. ]

    2013/7/5(金) 午前 6:22

    返信する
  • 顔アイコン

    雫さん、こんばんは!
    再調査を楽しみにしていてくださいな。この谷は水量が多い時はバックウォーターを泳いで下らなければいけないので、水量が少ないときを狙って行って来ます。何なら御一緒されますか?

    キンゴ

    2013/7/5(金) 午後 11:28

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちわ〜
    金曜日から古川にアマゴ釣りに行ってきました・・
    ご誘いありがとうございます。でもね・・・体力の低下で足手まといになりますからそれにヤマヒルが大嫌いなのでこの時期はご遠慮します申し訳ないです。今日はダムの水位がかなり低かったから泳がなくても大丈夫かも・・以前鮎タイツを履いて釣りの帰り足首に8匹のヒルにやられて失神しそうになりましたマムシは恐くないけどヒルは恐いのです。

    [ .. ]

    2013/7/7(日) 午後 4:43

    返信する
  • 顔アイコン

    雫さん、こんばんは!
    私はヒルは恐くないけど、マムシとスズメバチは恐いです。
    同行者がマムシに噛まれた時も大変やったし、クロスズメバチの大群に襲われたときも大変でした。山に入ってると、いろんな事がありますね^_^;

    キンゴ

    2013/7/7(日) 午後 8:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事