ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【10月6日】

10月に入れば、もちろん!茸行です。亀さんチームも合流となり大勢での茸行になりました。
某施設での前夜宴会も、見つめ合うヤング・ラブラブコンビと、ファンキー・モンキー・ジーチャン達のコラボレーションで盛り上がります♪
イメージ 1 

【タイトル】  ナラタケがいっぱい
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、えのっきー、Y岡、タケゾー、O浦、亀1、マルシャン、I本、U川、O竹、わく、H山
【日  程】  2013年10月5日夜発〜10月6日
【天  気】  曇天
【場  所】  台高 青田川・木屋谷川本谷
【地  図】  大豆生(1/25000)

千秋林道が途中で通行止めになっていたので、手前の広場に車を停めて支度を整えて出発です。7:10
イメージ 2 イメージ 3

万歳橋まで林道を歩き、橋の袂から入渓します。7:50
最初にナラタケを見つけるが、ここからずーっとナラタケだらけやったわ。
イメージ 4 イメージ 5

三筋の斜滝が架かる。3年前は此処から入渓したよね。8:30
イメージ 6

シイタケとヌメリツバタケです。
イメージ 7 イメージ 8

この広い釜を越えると左からワサビ谷が入る。8:55
イメージ 9 イメージ 10

8m滝は巻いてプチ廊下を抜けると左から奥山谷が入る。9:58
イメージ 11 イメージ 12

斜滝を快適に越えて行きますよ。10:30
イメージ 13

左の支流に架かる連瀑が気になりますね。次に来る時はこちらに入っても良いかな。
イメージ 14

この流木は3年前と変わりないな。
イメージ 15

クリタケとムキタケです。
イメージ 16 イメージ 17

少し早めのランチタイムは、秋ならではの美味しい茸ラーメンですよ。11:40
イメージ 18 イメージ 19

ブナハリタケとブナシメジです。
イメージ 20 イメージ 21

そして極めつけは、歓声を挙げる程の見事なナラタケの大群生!12:35
イメージ 22 イメージ 23

アマゴの手掴み等を楽しみながら、美しい自然林の源流部を進む。予定では右岸の尾根を登って明神平から奥山谷を下るつもりでしたが、Y岡さんが左岸を登って林道から帰ろうと言うので、その案に従います。亀さんと私の気持ちは同じなんだろうけど、これだけの大人数では茸行も儘ならないかな。
マスタケと特大椎茸です。
イメージ 24 イメージ 25

馬駆ヶ辻〜P1316の稜線に乗り上げて東に進むが、最後にビッグサプライズでしたー♪ ヒラタケの群生ですよ。
イメージ 26 イメージ 27

林道に入ってからは退屈極まりなく、亀さんとぼやきながら下ります。
休憩場所では山栗が沢山落ちていて、O竹君が持ち帰ります。大きな崩壊場所は巻きますが、ここが本日の核心部かな。
イメージ 28 イメージ 29

車のデポ地に戻って本日の収穫を山分けです。16:10
イメージ 30

イメージ 31 イメージ 32

この後は、久し振りのスメールで疲れを癒して帰路につく。今年は夏が長かったので秋は短いと思うが、きのこは豊作の模様かな?タイミングが難しいけれど・・・・・・。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事