ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【10月13日〜14日】

奥美濃の沢に泊まりで行くのは今回が初めてなのでワクワクしてます。
わんこちゃんを堺で、O浦さんを八尾でピックアップして、近畿自動車道〜第二京阪道路〜京滋バイパス〜名神高速道路〜北陸自動車道と進み、木の本ICで降りて、最後のファミマに寄ってから、お気に入りの道の駅に到着です。3人で前夜宴会を楽しんだ後、テントの中で眠りにつく。
翌朝は道の駅で朝食を済ませてから夜叉ヶ池への登山口に移動しますが、車内で流れていた松任谷由美の「ハルジョオン・ヒメジョオン」がイイネ♪
神又谷、中ツ又谷の出合を左に見て池ノ又谷沿いの林道の終点の広場に車を停めて支度を整えて出発ですが、山はまだ緑がいっぱいでススキの穂だけが秋を感じさせる。8:00
イメージ 1 イメージ 2

【タイトル】  失われていない世界
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、O浦
【日  程】  2013年10月12日夜発〜10月14日
【天  気】  快晴♪
【場  所】  奥美濃 揖斐川・西谷上流部・根洞谷下降〜金ヶ丸谷溯行〜夜叉ヶ池
【地  図】  広野、美濃川上(1/25000)

登山道を少し進み、右から入る2本目の細い支流を登って東西に伸びる稜線に乗り上げる。地形図上で1100と記された付近だろう。9:39
イメージ 3 イメージ 4

北面の細い流れを下降するが、所々にロープもあって問題は無く、キノコを観賞しながらの下降は退屈しない。
イメージ 5 イメージ 6

ブナハリタケとナメコの幼菌。
イメージ 7 イメージ 8

ナラタケとキララタケ。
イメージ 9 イメージ 10

谷が開けたなって思ったら根洞谷に到着です。11:11
少し下るとナメコの群生に出合い、歓声を挙げながら今夜食べる分だけを収穫します。11:33
イメージ 11 イメージ 12

ここからは単調な河原歩きが続き、逃げ回るお魚ちゃん達にも見飽きた頃に右から小茂津谷が入る。13:32
イメージ 13 イメージ 14

更に下ると立ち枯れた大きなミズナラの木があったので覗いてみると、マイタケの残骸が沢山落ちていた。最近採られたようですが、大きなカッターナイフまで落ちていたのには驚きました。14:00
イメージ 15 イメージ 16

ナメコとウスヒラタケ。
イメージ 17 イメージ 18

やっとのことで金ヶ丸谷の出合に到着ですが、キノコを探しながらでは時間がかかるな。14:52
ここで作戦会議です。ここをテン場にしようかとも思ったが、明日の行程を考えるともう少し進んでおいたほうが良いと思い、テン場を捜しながら進みます。両壁が立つ中に大きめの釜を持つ1m滝を左から巻くと再び河原歩きとなり、流木が沢山集まっているところがあったのでそこを今宵のテン場といたします。小ヤブレか大ヤブレの出合で泊まる予定でしたが、皆さんヘロヘロみたいやし、私は私なりに思惑があるので此処に決定です!ここなら薪集めに苦労する事も無いでしょう。15:40 途中で右から入る支流のところに赤テープがふんだんにあったが、門入から林道を歩いて来た時の入渓地点なんだろうな。
イメージ 19 イメージ 20

薪はすぐに集まって私は散策に出かけます。少し上流に整地要らずの河原があったが薪は少ないな。わんこ亭が開店して楽しい宴会が始まるのであった。

ナメコ汁は激旨でっす!
イメージ 21 イメージ 22

厚切りのベーコン炒めも旨いっす♪
イメージ 23 イメージ 24

美味しいメニューが盛り沢山で嬉しいな♪
イメージ 25 イメージ 26

御飯も美味しく炊けました♪ 満腹になったあとも焚火に酔いしれて、余は満足じゃ♪
イメージ 27 イメージ 28

翌朝は4時過ぎに起きて美味しい朝食を頂いて出発です。6:45 すぐに右から励谷が入る。7:17
小ヤブレ、大ヤブレと右から支流が入るが、この辺りは素晴らしいブナ林で、言葉や画像では表現出来ないな。8:20
イメージ 29

イメージ 30

谷は廊下状となり右に枝谷が入る先に釜を持つ斜4mが落ちていて、奥にも滝がかかり右にトラロ−プあったので右から巻くが、水線通しに突破した方が楽やったかな。9:15
イメージ 31 イメージ 32

ここからは2〜4m程の小滝が次々と現れて沢登りらしくなってくる。ええ天気やな〜♪
イメージ 33

4m滝の左岸壁の乗っ越しは少し嫌らしい。11:55
イメージ 34

ランチタイムを楽しんだ後に出て来る細い3m滝は左を登って、その奥の3m滝は釜を泳ぐ気になれず左の草付きから巻くがここも少し嫌らしくて、最初から巻いたほうが簡単みたいやね。12:45
イメージ 35 イメージ 36

イメージ 37 イメージ 38

ハナビラニカワタケとホコリタケ。
イメージ 39 イメージ 40

知らないキノコとブナシメジ。
イメージ 41 イメージ 42

流れは更に細くなり、ブナ林の素晴らしい景色が現れる。13:50
イメージ 43

最後は尾根に逃げて大層な藪漕ぎも無く登山道に乗り上げるが、山が色付き始めていて秋を感じさせますね。15:06
イメージ 44

最初は背丈以上の笹が煩わしいが、次第と笹の丈も低くなり良い感じの稜線歩きとなります。でも、夜叉ヶ池までの道程はアップダウンもあってか長く感じたな。
イメージ 45 イメージ 46

岩に角が生えている。それとも耳なのかな?
イメージ 47

やっと夜叉ヶ池に到着です。稜線の脇にこんな大きな池があるなんて不思議やなー。16:25
イメージ 48 イメージ 49

私は夜叉ヶ池を廻り込んで進もうとしたが、わんこちゃんとO浦さんに止められる。そや!こっちに下ったら反対側やんか!大ボケやなー。誰も気がつかなかったらエライ事になってましたわ。池から稜線へ登り返して、立派な瑤鮑犬妨ながら池の又谷の登山口へと足早に下るが、車に到着したときには辺りは真っ暗になっていた。17:42
イメージ 50

帰りは木の本のファミマで運転をわんこちゃんに代わって貰うつもりやったけど、わんこちゃんが気持ち良さげに眠っていたので多賀SAまで運転する。そこからはO浦さんに運転を代わるが、O浦さんはずーっと喋りっぱなしで、こんなに喋る人なんやって意外でした。わんこちゃんは後部座席で爆睡していて、あっという間に大阪に戻って来たって喜んでましたわ。たまにはこんなパターンもいいですね。

金ヶ丸谷は私にとってはとても魅力的で来年も訪れる事になるでしょう。素晴らしいブナの森でのんびりしながら一日を過ごしたいものです。
わんこちゃんは、もう二度と来ない谷やわって言ってたけれど、数日後には来年も行きたいなって・・・・・女心とアキの空かな?

  • 素晴らしい景色 渓流です‼

    マイナスイオンでまくりですよ( ̄▽ ̄)

    癒されました‼(^-^)/

    [ なぁ ]

    2013/12/30(月) 午後 8:47

    返信する
  • 顔アイコン

    なぁさん、こんにちは!
    金ヶ丸谷はアプローチに時間を要するため、感動も大きいです(^^) 2泊でゆっくりと行きたい谷ですね。

    キンゴ

    2013/12/31(火) 午前 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    ここはいい所ですよね〜。11月の最初に泊まりで行きましたが思ったよりナメコが少なかったです。10月の方がいいのかなあ。関西からはちと遠いですがまたお越しください。

    たろー

    2014/1/4(土) 午前 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    たろーさん、お久し振りです!
    私も、ナメコは少し早いかなって思ってましたが、早出のナメコがあってラッキーでした♪ 来年もまた行きますよ♪

    キンゴ

    2014/1/4(土) 午後 11:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事