ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【2月23日】

2014年冬の南紀シリーズ第二弾は、古座川支流の小川・大谷です。
お久し振りのミンちゃんを中百舌鳥でピックアップして、わんこちゃんを拾って南紀に向かうが串本までは遠いですね。橋杭岩の近くに新しい道の駅が出来ているので、そこを前夜泊地にしてもいいかなって考えましたが、深夜の事なので場所がわからないまま通り過ぎてしまったみたいです。結局、遠回りして道の駅「瀧之拝太郎(たきのはいたろう)」に1時頃に到着です。やっぱり我々は山の中がお似合いなんですよ。そしてテントの中での前夜宴会は恐ろしいくらいに盛り上がって行くのであった。琉球の泡盛は甘く危険な香りがします。
イメージ 1 イメージ 2

翌朝は、たぶん7時半頃に起きたのだろうな。のんびりと朝食を楽しんだ後、大谷まで車で移動します。
イメージ 3 イメージ 4

溯行開始地点は、添の郷のハッチョウトンボの生息地のすぐそばです。この時期にトンボは居ないが梅が満開で嬉しいね。10:00
イメージ 5 イメージ 6

屋根の上で日向ぼっこをしているワンちゃんが我々を見て呟いた。「おや!? ピエールとカトリーヌが行くよ」
イメージ 7 イメージ 8

【タイトル】  そ・う・か・なー♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ミンミン
【日  程】  2014年2月22日夜発〜2月23日
【天  気】  快晴!
【場  所】  南紀 古座川支流 小川・大谷〜鳥屋ノ森山
【地  図】  古座(1/25000)

右岸の杣道を進み、入渓すると右から枝谷(第一支流)が入る。10:28
暫く平凡な流れを進むと右から枝谷(第二支流)が入るが、1m滝、釜、斜L4m滝、釜、1m滝、釜、5m滝、釜、30m滝と連なり、とても良い感じです。11:20
イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11

左の本流は右に折れて両壁立つ中に釜を持つ斜滝が架かるが、斜滝の上部は壁に遮られて見えない。
イメージ 12

念の為にロープを出して左岸のリッジを登ります。
イメージ 13 イメージ 14

斜滝の上は廊下状となっていて、腰まで浸からなければいけないかな?って思ったが、上手くへつり抜ける事が出来ました。
イメージ 15 イメージ 16

廊下を抜けると大きな釜を持つ15m滝が待っていた。12:13
イメージ 17

イメージ 18

左から簡単に巻いて綺麗な釜が連なる落口でポォ〜ズ〜♪ そして麗らかな陽射しを浴びながらのランチタァ〜イム♪
イメージ 19 イメージ 20

イメージ 21 イメージ 22

この落口の右岸にはロープを出した斜滝から伸びる枯滝の落口があると言う不思議な地形で、見下ろせば高度感抜群なので訪れた際は必ず覗き込んでください。
右から枝谷13:16 左から枝谷13:28 短い廊下を抜けると二又に到着ですが、右又は第二支流だろう。13:42
イメージ 23 イメージ 24

左又には綺麗な6m滝が架かる。
イメージ 25

右又のすぐ先が二又に見えるので、偵察に行くと左の窪みはすぐに緩斜面となっていて、登って見ると6m滝のすぐ上に出ました。
イメージ 26

緩い斜滝を越えると平凡な流れとなるが、ナメ床が何処までも続いて気持ちが良いですね。
イメージ 27 イメージ 28

ナメ斜L10m滝。14:17
イメージ 29

すぐ上の二又を左に進み次の二又を右に進むと又々二又です。14:36
この辺りから支尾根に取り付くが登るにつれて傾斜は増して行き、背丈以上もあるシダの藪に行く手を塞がれます。最初の藪は右に逃げるとかわす事が出来ましたが、中央突破を試みたミンちゃんを待つこと30分。背中まで45分。入れたままの3回転。南紀の沢は熱い!
再び現れたシダの藪は逃げることが出来ずに両膝両肘を折り曲げながらシダを倒して登るが、猛烈な藪漕ぎとなりラッセル状態で数メートル登るのに随分と時間がかかり、悪戦苦闘の末に登山道に這い上がりました。16:05
私とわんこちゃんは登山道を北に登って鳥屋ノ森山(457.2m)に到着です。16:27 熊野灘が眺められてとても良い感じですね♪
イメージ 30

イメージ 31 イメージ 32

ピークから南に伸びる尾根上にある登山道を下るが、結構長くて時間がかかります。冬なので日の暮れも早く、最後はヘッドライトを点けながらの下山となるけれど、立派な登山道なので問題は無く、車のデポ地に到着です。18:23 出発が遅かったので2014年初闇下となりました。大谷は、長いだけで何も無い谷だと思っていたが、滝あり、ナメあり、藪あり(これはいらんけど)、展望の良いピークありで、とても楽しめました。次は支流を覗きに来ることになるでしょう。心地良い疲労感を感じながら、「ホテル ベルヴェデーレ」の温泉で疲れを癒して帰路につきます。

  • 顔アイコン

    キンゴさん、おはようさんです〜^^
    南紀の谷に入ってはるんですね、落ち口でのキンゴポーズ決まってまんな〜、南紀の谷シリーズ楽しみにしてます

    [ メタポのヤス ]

    2014/3/25(火) 午前 7:40

    返信する
  • 顔アイコン

    まいど〜
    先週に古座川から篭に抜ける道を通って大雲取超え走ってきたよ。その谷はアマゴは居りましたか?

    [ .. ]

    2014/3/25(火) 午前 8:04

    返信する
  • 顔アイコン

    ヤスさん、こんばんわ〜(^^)
    ヤスさんも、キンゴポーズやってくださいね(^_-)
    今年の冬の南紀の谷シリーズは終りました。お次は奥美濃の谷シリーズに入りますよー♪

    キンゴ

    2014/3/25(火) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    雫さん、まいど!
    古座川から篭経由で大雲取越って、アマゴちゃん狙いですか? 大谷は沢山居りましたよ(^_-)

    キンゴ

    2014/3/25(火) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    お久しぶりねの前夜宴会と南紀の沢でした!
    藪ではお待たせしました
    沢登りは楽しいって何度も思いました。
    ありがとう♪〜

    [ MINMIN ]

    2014/3/26(水) 午前 11:05

    返信する
  • 顔アイコン

    MINちゃん、まいど!
    南紀は暖かいねー♪ 次はじゃー(^O^)/

    キンゴ

    2014/3/26(水) 午後 10:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事