ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

渓流釣り2014(17回目) 紀伊半島の沢0914-15

【9月14日〜15日】

アマゴの楽園に日帰りで釣行に入ると、釣りのポイントを絞っても奥の大滝までが限界やったんで、今回は沢泊で行く事にしました。奥の大滝が魚止めなのか、その上にも立派なアマゴが棲息しているのかが知りたかったんですわ!前夜宴会は星空駐車場で楽しむ。サンパチヤッケの上にロクハチヤッケを重ねるのが今年の流行です。
イメージ 1 イメージ 2

(一日目)

翌朝は、下山予定地にもとなか号をデポしてから入渓地点に向かい、メタニーで朝食を・・・・。さぁ、出発や!8:23
イメージ 3 イメージ 4

【タイトル】  渓流の女神からのプレゼント♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、坪姉、もとなか
【日  程】  2014年9月14日〜15日
【天  気】  晴れ
【釣  果】  ワカンナァ〜イ♪
【M A X】  27cm

沢泊装備だと、ちょっぴり嫌なトラバースが結構嫌なトラバースになったりもして・・・・本流に降り立つ。9:20
イメージ 5 イメージ 6

沢泊装備だと、普段はロープを出さない所もロープを出します。
イメージ 7 イメージ 8

いくつかの滝を越えて行くが・・・・・・・・。
イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12

軽量化を考えない沢泊装備だと、こんな所もシンドイです。
イメージ 13 イメージ 14

キラキラ滝でも数匹ゲット!12:30 
イメージ 15 イメージ 16

滝上は河原状となり、この先でテン場を決めるが、わんこちゃんと坪姉が整地してくれました。ありがとうね。ここから先の釣りは、もとなかちゃんに譲ります。頑張ってね。
途中で見かけたキノコは、サマツモドキです。
イメージ 17 イメージ 18

薪集めに一汗掻いて焚火を熾すが、結構薪が湿っていて苦労します。ここはもとなかちゃんが頑張ってくれました。
イメージ 19 イメージ 20

さぁ!どっぷりと焚き火わーるどに浸りましょうか! わんこ亭が開店やでぇ〜♪16:30
イメージ 21 イメージ 22

アマゴは、塩焼き用、素揚げ用、味噌汁用と揃えました。
イメージ 23

アマゴの塩焼きは、強火の遠火やな。18:00
イメージ 24

小さい焚き火は調理用です。厚揚げと味噌汁用のアマゴを炙ります。
イメージ 25 イメージ 26

アマゴの素揚げも旨い!18:40
イメージ 27 イメージ 28

ええ感じやねぇ〜♪18:50
イメージ 29

豚バラを炙ります〜♪
イメージ 30

いつもながらに御飯も美味しく炊けて、沢丼とアマゴの味噌汁やん。20:10
私は、ドランク・バイ・ショーチュー状態なので、まだ食べません。
イメージ 31 イメージ 32

皆さん、焚き火の傍らで気持ち良さげに眠られてます。21:15
イメージ 33

ふぁいやぁ〜!!! この後、私も沈んで行きますzzzzzzzz
イメージ 34

しかし! 数時間後には復活するのじゃ!23:00 
周りに誰も居ないのは何時ものことで、寝惚け眼の千鳥足で焚き火を大きくしながら喧しくなっていく自分がそこに居てます。相方さんもよく心得たもので、お腹が空いたーって喚くと、すぐに沢丼と味噌汁が出てきました・・・・・アリガトウ。
暫くの間、わんこちゃんと二人で焚き火と戯れたあと、快適なテントに潜り込む。

(二日目)

翌朝は、もとなかちゃんが早起きをして焚き火を熾してくれてました。6:55
イメージ 35

朝食は、沢丼と味噌汁を頂きます。わんこちゃんが昼御飯用のお弁当を作ってくれました♪
イメージ 36 イメージ 37

ほな、出発しましょか。8:55
渓は河原から廊下となり、左から超えて行くと大滝が現れる。9:30
イメージ 38

立派な釜で釣りたぁ〜いむ&撮影たぁ〜いむ♪
イメージ 39 イメージ 40

どやさ!純天然のメタボなアマゴです。この釜にはもっと大きな奴が潜んでいるような匂いがするなー。
イメージ 41

名残惜しいが先へと進む。10:14発 ここから上流は未体験ゾーンなのでわくわくするやん。右から高巻くと上にも立派な釜を持つ大きな滝(15m滝)が待っていました。とても雰囲気が良くて、やっぱり釣りたぁ〜いむ&撮影たぁ〜いむ♪になりますね♪
イメージ 42

ここも右から巻きますが、懸念していたこの二つの大きな滝の巻きが割と簡単やったんで、釣行的には良かったな。11:11発 滝上は平凡な流れとなるが、立派な小屋が建っていたのには驚きました。
イメージ 43 イメージ 44

少し早いけど、ここでランチタイムにしましょう。でも私は数分だけ釣りをします。今回の目的の一つは、この二つの大きな滝の上にアマゴが居るのか?を、確かめたかったやんやけど、小さなポイントでいきなり26cmが釣れてびっくらこきました。恐るべしアマゴの楽園。11:30 もとなかちゃんがキノコみたいな変な植物を見つける。帰ってから調べてみると、ツチトリモチ(ヤマデラボウズ)でした。葉緑体を持たない寄生植物らしい。
イメージ 45 イメージ 46

この渓はここからまだ暫くは釣りが楽しめそうだが、今回はここから尾根越えで下山にかかります。12:15発 コンタ差450mを登り、コンタ差650mを下るのはシンドイぞっと。途中でカモシカに会った。稜線着 13:30 → 三角点着 13:53 → 本流着 15:30 
イメージ 47 イメージ 48 

本流左岸のトラバース道を辿り、適当な所で本流に下降すると目の前の対岸にもとなか号が停まっていた。ドンピシャやん!広い釜に飛び込んでクールダウンです。
イメージ 49 イメージ 50

このあと、キンゴ号を回収してきなり湯で疲れを癒し、R24号沿いにある得得うどんで晩御飯を済ませて帰路につく。アマゴの楽園は、ほんまに素晴らしい所でした。来年も訪れる事になるでしょう。

  • 顔アイコン

    ええアマゴですね〜^^やはり純天然は素晴らしいですね
    アマゴの楽園!!来年行ったろかな〜

    鉄人軍団

    2014/11/10(月) 午前 8:40

    返信する
  • 新人釣り&焚き火研修山行ありがとうございました。
    夢にまで見たアマゴの塩焼きの味、一生忘れません。
    キンゴさんと沢泊も初めてでしたし、本当に嬉しかったです。
    焚き火も今まではこじんまりした感じだったので、あんなワイルドな焚き火はビックリでした。
    下山の最後の車にピンポイント下降もシビれました!さすがキンゴさんて感じでしたね。
    また沢泊ご一緒したいです。

    [ もとなか ]

    2014/11/10(月) 午後 7:07

    返信する
  • 軍団様
    ありがとうございます。心に残るアマゴでした(^^)

    キンゴ

    2014/11/10(月) 午後 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    もとなかちゃん、まいど!
    釣りはさておき、焚き火奉行は充分務まりますね。
    また沢泊に行きましょう(^_-)

    キンゴ

    2014/11/10(月) 午後 11:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事