ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【台高】吉野川・白谷

【9月21日】

今回は、わんこちゃんのリクエストで、白屋の集落跡から白屋岳(1177m)に突き上げる白谷を溯行します。前夜宴会は真新しい東屋で、わんこちゃんともとなかちゃんと3人で楽しむが、虫たちが奏でる美しい音色が良い感じでした。
イメージ 1 イメージ 2

翌朝、もっちゃんも合流して出発やね。7:45
イメージ 3

【タイトル】  植林の中の大滝群!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、もとなか、カワガラス(もっちゃん)
【日  程】  2014年9月21日
【場  所】  台高 吉野川・白谷
【天  気】  晴れ
【地  図】  新子、洞川(1/25000)

神社跡の前を通り過ぎると鹿避けフェンスの中に入れる入口があって(スマイルさんに感謝)、白谷右岸の植林帯を下って谷に降り立つと、大きな堰堤があるが簡単に越えれます。
イメージ 4 イメージ 5

流木が被さる3m滝を、ちょっぴりシャワーで登って行くと、3本の滝(左は水流の細い斜滝で上には25mくらいの滝が架かる、真ん中は水流の多い10m滝、右奥にも滝が見える)が架かるエエ感じの二又に出ます。8:10
イメージ 6

ここは真ん中の10m滝の水流の左際を登りますが、左の滝上には更に水流が昇竜のように伸びていた。
イメージ 7 イメージ 8

すぐ上に、4m滝、30m滝と連なり、30m滝を右から巻く途中で、もっちゃんが滝に向ってトラバースして水流近くを偵察に行くが、水流際は無理とのことで凹角部を登る。
イメージ 9

スダレ状8m滝を右から越えると稲妻のような20m滝が架かるが、20m滝のすぐ左には導水パイプが伸びていて、なんとも里臭い感じがするな。
イメージ 10 イメージ 11

ここも右から巻いて、小滝をいくつか越えるとまたまた20m滝が現れてここも右から巻きます。9:40
イメージ 12

巻いている途中で見かけた紫色のキノコです。カワムラフウセンタケかと思ったが柄に膨らみが無いな。
イメージ 13 イメージ 14

ここの落口は、ええ感じやね。
イメージ 15

2段3m滝を越えて行くと・・・・・・・。
イメージ 16

ジャグジーな釜を持つ30m滝が飛沫をあげていて、とても良い空間ですね。9:58
イメージ 17

イメージ 18 イメージ 19

30m滝を右から巻いて進むと二又に到着。10:12 地形図を眺めて、よっしゃ! 左に進んで白屋岳にドンピシャで乗り上げるぞぉ〜!
しかし左又はすぐに水が切れて倒木が谷を塞ぎ、この先を溯行する気にはなれなくて二又まで戻ることにする。
イメージ 20

右又の小滝群を越えて行き、水の切れる寸前でランチタイムを楽しむが、この辺りは自然林となって嬉しいな♪11:30〜11:55発
イメージ 21 イメージ 22

水の無い源頭部を登って稜線に乗っかる。12:24
イメージ 23 イメージ 24

北北西に進むと足ノ郷越から登ってくる登山道に合流して、すぐに白屋岳のピークに到着です。12:40〜12:55発
イメージ 25 イメージ 26

白屋岳ピークからの展望は、まずまずかな。
イメージ 27

下山は南西に伸びる尾根上の登山道を下りますが、途中で伐採跡の開けた所が大平(995m)なのか、中々の展望ですね。13:10
イメージ 28

植林帯の尾根を下って集落跡の道路に降り立つ。13:51 車のデポ地へのショートカットを試みるが猛烈な草漕ぎでしたわ。くっつき虫を沢山付けて車に到着です。14:07 白屋谷は前半の連瀑帯が楽しめますが、周りが植林帯なので趣には欠けるかな。
もっちゃんとは此処でさよならして、私とわんこちゃんともとなかちゃんは、津風呂湖温泉で疲れを癒して、仁でチャイナを楽しんだ後、帰路につく。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事