ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【2月15日】

2015年沢登り!冬の南紀シリーズ第四弾は、古座川支流小川源流部の成見川の足郷谷です。成見川(成見八丁)の右岸には水線のある谷が4本入っていて(水線の無い小出谷は省く)、成見川の出合にある神玉神社から見て、栃山谷大出谷赤滝谷、足郷谷とありますが、右岸から入る4本の谷の中では、一番奥の足郷谷にはまだ入っていなかったので、この谷を溯行する事にしました。
前夜は道の駅「滝の拝太郎」でプチ宴会を楽しむ♪ 翌朝は道の駅で朝食を済ませてから成見川に車で移動しますが、朝からチーズポタージュヌードルは、ちとキツかったかも。
イメージ 1 イメージ 2

【タイトル】  釜ニモマケズ 淵ニモマケズ
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ
【日  程】  2015年2月14日夜発〜2月15日
【天  気】  快晴!
【場  所】  南紀 古座川支流 小川・成見川・足郷谷
【地  図】  滝の拝(1/25000)

足郷谷の出合付近の路肩に車を停めて、支度を整えて出発です!9:10
イメージ 3 イメージ 4

谷はすぐに廊下状となり淵や釜が現れて、2月の溯行では緊張しますね。
イメージ 5 イメージ 6

ドボンしたら帰るぞぉ〜って言いながらへつります。
イメージ 7 イメージ 8

巻クコトハユルサレズ、泳グコトニモタメライ、ヘツルシカノウガナイ。
ソレデモ、ソノ奥ニ秘メラレタ何カヲ捜スタメニ、心ガ揺レテ、カラダガ動ク。
冬ノ南紀ノソコウハ、サウイフモノデアリタイ。

わんこちゃん、頑張れ!
イメージ 9 イメージ 10

釜を持つ2条4m滝は左から巻く。
イメージ 11

すぐに二又に到着して大休止です。9:50
今日の予定は左又やけど、右又には立派な釜を持つ三味線滝(10m)が架かり、その上がとても気になるな。
イメージ 12

イメージ 13

左又に入ると、両壁が門のように立ち塞がる中に多段10m滝が架かります。
イメージ 14

滝に近づけば登れそうなんで、落口に向けて登りますが結構濡れました。わんこちゃんは左から巻いて行ったとさ。
イメージ 15 イメージ 16

イメージ 17

次の黒岩8m滝は右のリッジから登りますが、取水ホースの残骸が興醒めですね。10:20
イメージ 18

ここから高く聳える両壁が極端に狭まり、その奥では水流が右から落ちているのが見える。
イメージ 19

奥まで偵察に行くが、ここを突破するのには時間がかかりそうだ。もう少し暖かくなった頃に再訪しよう。
イメージ 20

イメージ 21

一旦、二又まで戻って右又の三味線滝の上を覗きに行く事にする。左岸のガレ場から巻き上がると踏み跡が現れて、その踏み跡を辿るが、滝上は両壁が立つゴルジュとなっていて落口には降りれず、少し先の植林帯から下降してランチタイムを楽しむ♪本日のメニューはカレーうどんでっす!温まるよ♪
イメージ 22 イメージ 23

ランチタイムを終えて来た道を二又まで戻り、杣道を辿って出合まで戻ります。足郷谷は何も無い谷だと勝手に思っていたので、想定外の展開に満足でしたが、最後の詰めに手を抜いたので再訪しなければいけないな。3番ショート和田 川の長瀬谷に続いてペンディングになってしまった。(めめめめさんのパクリです)

車のデポ地で着替えを済ませてから、成見川沿いの林道を落石を除けながら奥に偵察に行ってみました。成見川はここから更に奥に続いていて大雑把に言うとナベワレ谷と那智焼谷に分かれていて、何れ訪れる谷だから何処まで車が入れるかの調査です。崩壊しつつある大瑤伴仟譴目を引きましたね。いつかは全てが砂漠になるのだろうな。
イメージ 24 イメージ 25

帰りに写した、戸矢倉谷の滝です。
イメージ 26

今回も周参見町にあるお気に入りの、ホテル・ベルヴェデーレの温泉で疲れを癒して帰路につく。沢の帰りの晩御飯は、堺市の中環沿いにある「くら寿司」でした!ガチャポン当りが出たよぉ〜♪

  • 顔アイコン

    いろいろいったはりますねー

    [ chu*i_k*mad* ]

    2015/3/7(土) 午後 6:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > chu*i_k*mad*さん
    あっちゃこっちゃに行ってま(^^)

    キンゴ

    2015/3/9(月) 午後 11:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事