ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【3月28日】

2015年沢登り!南紀シリーズ第六弾は、ペンディングになっていた富田川の太秦谷です。前夜は久し振りの道の駅「熊野古道中辺路」で、プチ宴会を楽しむ♪
イメージ 1 イメージ 2

翌朝は道の駅から入渓地点まで車で移動しますが、林道の落石を除去しながら進むので結構時間がかかりますね。
神社の前に車をデポして、林道の傍らで朝食をいただく。8:00 
イメージ 3 イメージ 4

さぁ!支度を整えて出発や! 9:00
イメージ 5

【タイトル】  奥の連瀑に感激♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ
【日  程】  2015年3月27日夜発〜3月28日
【天  気】  快晴
【場  所】  南紀 富田川・太秦谷・木地小屋谷
【地  図】  恩行司(1/25000)←滝記号がひとつも無い

出合には橋が架かっていて、近くにはこんな標識があります。山桜が満開やな。9:07
イメージ 6 イメージ 7

橋から左岸の踏み跡を辿り、堰堤を越えた所から入渓する。
最初に釜を持つ小滝が現れるが、変わった断層ですね。
イメージ 8

次のS字小滝は右を登って超えます。
イメージ 9 イメージ 10

谷を塞ぐ大きな倒木には、椎茸が生っていた。
イメージ 11 イメージ 12

左に枝谷を見て右に進むとすぐに25mの立派な白竜大滝が懸かる。10:30
イメージ 13

イメージ 14

滝の手前の左岸のガレたルンゼから巻き上がると、赤テープやトラロープがあり、落口に伸びる支尾根の上には祠がありました。
イメージ 15 イメージ 16

落口のすぐ先に降り立つ。10:50
イメージ 17

斜め断層を見て進むと右から斜4m滝を懸ける枝谷が入る。
イメージ 18 イメージ 19

左に枝谷を見送ると斜3m滝、釜、2段斜5m滝が現れて左岸の少し上に見える立派な道に登って巻きます。11:19
イメージ 20 イメージ 21

イメージ 22 イメージ 23

右にルンゼ、左に枝谷を見て進むと二又に到着。11:30 左俣が大ゴナリ谷で右俣が木地小屋谷です。左俣は滝が連なりとても良い感じなので、来年にでも訪れることになるでしょう。
イメージ 24

右俣の木地小屋谷に入って、CS4m滝、斜L4m滝を左から巻いて進むと、多段斜20m滝が現れますが快適に登れます。11:50
水流が幾筋にも分かれて落ちる様を見て、八岐大蛇滝(ヤマタノオロチタキ)と名付ける。
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

そしてすぐ上には、V字状の岩盤を抉る様に30m滝が懸かり歓声をあげる。竜が口を開けて襲いかかってくるようで、ドラゴンの滝と名付ける。
イメージ 28

イメージ 29

ここは右から巻きますが、落口直下はこんな感じです。12:20
イメージ 30

次に下段6m、上段15mの2段の滝が現れて、まだ出てくるのかと感激です♪
イメージ 31

イメージ 32 イメージ 33

2段の滝も右から巻いて落口でポ〜ズ。12:42
イメージ 34

ここでランチタイムです。中々売っていない日清のどん兵衛天ぷらうどんでっす!12:43〜13:30発
イメージ 35 イメージ 36

小滝をこなして林道に乗り上げる。13:38
イメージ 37 イメージ 38

林道を東に進み、峠から東の植林帯に入って南に伸びる尾根に乗っかります。14:05
地形図上に記されている破線の道を辿って富田川沿いの林道に降り立つ。15:16
山桜も満開やし、春の木漏れ日の中で想定外の連瀑を楽しめて満足です♪
イメージ 39

溯行を終えて白浜のとれとれの湯に向うが、時間があるのでとれとれ市場で海の幸を少しだけ楽しむ。
イメージ 40 イメージ 41

イメージ 42 イメージ 43

とれとれの湯で疲れを癒して帰路につく。

  • 顔アイコン

    祠の先にも滝が続くとは聞いていたのですが、こんなに沢山の滝があるんですね。祠までは行ったのですが、その先は難しいかな・・・私には・・・。
    いつも、南紀に来て下さって、ありがとうございます。

    瀑やん

    2015/5/6(水) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > 瀑やんさん
    太秦谷は、奥の二俣からが楽しめるようです♪
    来春は左俣の大ゴナリ谷に行こうと思うので、ご一緒しませんか?

    キンゴ

    2015/5/6(水) 午後 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    > キンゴさん
    嬉しいけど・・・足手まといになってしまいそうです・・・。

    瀑やん

    2015/5/6(水) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    > 瀑やんさん
    足手まといなんてとんでもないです。
    瀑やんさんなら全然大丈夫だと思いますよ。

    キンゴ

    2015/5/7(木) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    連瀑帯素晴らしいですね。

    大ゴナリ谷、お邪魔でなければ連れて行ってください。

    えだ2

    2015/5/8(金) 午後 9:56

    返信する
  • 顔アイコン

    > えだ2さん
    来春でよければ参加してくださいな(^^)
    でも、私が連れて行くのではなくて、皆で一緒に行くと言うことで了解してくださいね(^_-)

    キンゴ

    2015/5/8(金) 午後 10:40

    返信する
  • 顔アイコン

    色々、ご迷惑おかけすると思いますが
    よろしくお願いします。m(_ _)m

    えだ2

    2015/5/9(土) 午前 7:41

    返信する
  • 顔アイコン

    > えだ2さん
    了解しました!
    鬼に笑われるけど、来年に打合せをしましょう(^_-)

    キンゴ

    2015/5/9(土) 午前 9:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事