ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【8月2日】

わんこちゃんのリクエスト谷リストに以前から不動小屋谷が挙がっていたので、今回はこの谷に決めました。出発日がPLの花火大会と重なるので、渋滞を避けようと南阪奈道を使って山越えをするが、高速道路から見えるPLの花火が素晴らしかったなぁ〜。
前夜泊地の吉野発電所の駐車場に到着すると、大きな1BOX車が停まっていたので、Y岡さんだと思って覗きに行ったら、若い2人組の釣り人でした。少し話を交わすが、彼等とはバッティングしないので安心する。皆が次々に到着して前夜宴会を楽しむが、Y岡農園の野菜は旨いな〜!
イメージ 1 イメージ 2

わんこちゃん、もとなかちゃん、はっぴぃばぁ〜すでぇ〜♪ 誕生日が同じだなんて、きっと赤い糸で結ばれてるんやろね。
イメージ 3

4台の車で出発するが、カジカジ号ともとなか号の車のナンバーが同じだなんて、きっと赤い糸で結ばれてるんやろね。
イメージ 4 イメージ 5

溯行終了地点付近に車を2台デポして、メロンとビールを支流の天然クーラーにデポして、宇無ノ川沿いの地道の林道に戻ると見覚えのある方が居てはった。 おぉっ! ぺちぺちやん!!! 久し振りやなぁ〜(^^) また一緒に行こな〜(^_-) 逢えて嬉しかったわ♪

【タイトル】  夏色の渓谷
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ミンミン、坪姉、カジカジ、Y岡、もとなか、O浦
【日  程】  2015年8月1日夜発〜8月2日
【天  気】  快晴!
【場  所】  大峰 旭ノ川・不動小屋谷
【地  図】  辻堂(1/25000)

熊の看板があるところに車を2台デポして、支度を整えて出発です! 7:45
私的には旭ノ川本流の二重滝から溯行して不動小屋谷に入りたかったんやけど、泳げない影のリーダーが「上流からプカプカと下って行きたいワン」なんて仰るものですから、地道の林道が最も渓に近づくところから泳ぎ下って不動小屋谷を溯行する企画になりましたが、これはこれで楽しいですね♪ 夏とはいえども、まだ陽が差し込まない渓を泳ぎ下るの少し寒いかな。とりあえず、跳べ!跳べ!跳べ!やね。
イメージ 6

イメージ 7

わんこちゃん得意のラッコ泳ぎです。犬掻きちゃうんかい!って、突っ込まないでね。
イメージ 8

わんこちゃん得意の犬掻きです。やっぱりやるんかい!って、突っ込まないでね。ここまで仕込むのに10年かかりました。
イメージ 9

途中でY岡さんが珍しく震えているので、日当たりの良い所で大休止です。もう泳ぎはいらんぞぉ〜って思った頃に出合に到着しました。9:50
イメージ 10

出合からは、いくつかの小滝を越えて行くが、中々綺麗な癒し渓で、銀六の眼が光る!
イメージ 11 イメージ 12

渓は右に折れて2段20m滝が懸かるが、ええ感じやん♪ 10:24
イメージ 13

先行していたカジカジが右から取り付くが・・・・アカンとの事です。
イメージ 14

成る程、すぐ上にトユ状15m滝が懸かってましたわ。まとめて右から巻きます。
イメージ 15

ええ落口やなぁ〜♪
イメージ 16

落口の先は小滝が連なり、その先に逆くの字の格好の良い30m滝が懸かって歓声を挙げる!11:05
イメージ 17

ここは右から大きな支流が入っていて斜10m滝が懸かってます。二又の真ん中を巻き登ると林道沿いの広場に出ますが、ちと興醒めやね。11:15
橋の袂から入渓して少し休憩した後に出発。橋からすぐの5m滝は右から越える。
イメージ 18

ここから先はナメ床が続き、釜と小滝が現われて癒されます。
イメージ 19

へんてこりんな、ちょっくすとぉ〜ん滝。
イメージ 20

ナメ斜滝が連なる所を過ぎると渓は開けて、水流が幾筋にも分かれるワイド斜L6m滝が懸かる。11:50
イメージ 21

いくつかの斜滝を越えて行くが、倒木を渡った先でミンちゃんへのメッセージが残されてました。
イメージ 22 イメージ 23

右に3m滝、4m滝を懸ける枝谷を見送ると、広い釜を持つ40mの大滝が待っていた。12:25 
イメージ 24

広い釜は、お魚ちゃんがピョンピョンと跳ねてました。
イメージ 25

大滝の下でランチタイムを楽しむ♪ 夏は素麺やね♪
イメージ 26 イメージ 27

たらふく頂きました。
イメージ 28

大滝は右岸のルンゼから巻きます。13:30発
イメージ 29

ワイヤーロープが邪魔やけど、此処もええ落口やん♪14:03
イメージ 30

落口からは、小滝を越えて淵を泳いでプチ廊下の奥のCS滝で詰まって、少し戻って右から巻きますが、ここでアクシデントが起こる。瞬間的にかなり焦ったが、あとで思うと呼吸の違いかな。
イメージ 31 イメージ 32

イメージ 33 イメージ 34

最後は右のザレ場を這い上がって林道に乗り上げる。14:35 冷えたメロンが旨いなぁ〜♪ 不動小屋谷は、食わず嫌いで行きそびれていた渓でしたが、中々の秀渓で楽しめました。今回は、百戦錬磨の沢ヤの背中を見続けていたいと思う山行であった。

久し振りに夢の湯に立ち寄って疲れを癒すが、帰り際にカンちゃんと岩もっちゃんとスージー達に逢えたのが嬉しかったな。

  • 顔アイコン

    キンゴさんこんにちは!
    良い谷で、40mの大滝は見応え有りますね!

    [ Kの渓流日記 ]

    2015/10/31(土) 午後 2:55

    返信する
  • 顔アイコン

    Kの渓流日記さん、こんにちは!
    Kさんは大滝の下の釜で良形を釣り上げてましたね。
    大滝の上よりも、林道の下のほうがお薦めです(^_-)

    キンゴ

    2015/10/31(土) 午後 5:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事