ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【2月27〜28日】

わんこちゃんは雪山泊をした事が無いので、今回は沢泊での焚火は諦めて、稜線泊スノーハイクの企画を挙げる。今年は雪が少ない筈なのだが、前日からの大雪で木之本から坂内の道の駅まではかなりの雪が積もっていて、恐る恐る運転していきます。途中でスタックしている車も見かけました。

【タイトル】  雪と春
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、坪姉、スマイル
【日  程】  2016年2月26日夜発〜2月28日
【天  気】  晴れ→曇天→快晴
【場  所】  奥美濃 大ダワ
【地  図】  美濃川上(1/25000)

スマイルさん達は眠っていたので、わんこちゃんと二人で夜遅くまで宴会を楽しんで、眼を覚ましたのは7時頃でした。
イメージ 1

キンゴ号を下山予定地にデポして、取り付きの神社の駐車場で支度を整えて出発です。10:00
イメージ 2

神社の裏から急斜面の植林帯を登って尾根に取り付きます。
ん? 柿の種って何やねん。
イメージ 3

まだまだ先は長いぞっと。11:47
イメージ 4

トレースがないと中々キツイな。ふぅふぅ言いながら登ります。やっと稜線に乗り上げる。14:50 少し西に進んでテン場が決まる。まずは、テン場を作ります。
イメージ 5 イメージ 6

わんこ工務店も活躍しますよ。
イメージ 7 イメージ 8

流石はスマイルさん。トイレまで作ります。
イメージ 9

そしてテントの中で楽しい宴会が始まります。
イメージ 10 イメージ 11

味噌鍋を楽しむが、まつやのお味噌は、めっちゃ旨いね!沢泊でも使いましょう♪
イメージ 12 イメージ 13

久し振りの雪上テント泊で戸惑うばかりのキンゴであったが、20時過ぎには無事に眠りについたみたいです。翌朝は6時半に起きてテントの外に出てみると、蕎麦粒山のピークの上に輝く太陽が素晴らしかった。
イメージ 14

最高の日の出を楽しむ♪
イメージ 15

滅多に見れないお馬鹿な二人のWポーズです。
イメージ 16

金糞岳方面の眺めも良いですねぇ〜♪
イメージ 17

テントに戻って、美味しい雑炊を頂く。食後のコーヒーも最高です♪
イメージ 18 イメージ 19

イメージ 20 イメージ 21

ピーカンのもと、支度を整えて出発です!9:00 大ダワから土蔵岳のピークを目指して南西に進みます。
イメージ 22 イメージ 23

イメージ 24 イメージ 25

トレースがないと結構時間がかかります。1026m地点の西側で大休止。時間はまだまだたっぷりとあるが、早く下りたくなったので、土蔵岳のピークに行くのはやめて南に伸びる尾根を下ることにする。10:15発→P727 11:48→旧道 12:25 ここでランチタイムです。この後、キンゴ号を回収してスマイル号を停めてある神社の駐車場に向う。キンゴ号に向う途中で少しだけ頂きました。
イメージ 26

一旦、道の駅に移動してから温泉に向かう途中でフキノトウ摘みを楽しむ♪
スマイルさんお薦めの温泉に行くが、予約が一杯で入れなかった。
イメージ 27

己高庵まで戻ろうとしたが、北近江リゾート温泉があることを知って初めて訪れます。しかし入浴料1200円は高いな!JAF割引で2名のみ1000円です。温泉で疲れを癒して帰路につく。今回は雪山に慣れた強力な助っ人が2名参加してくれたので、テン場に着いてからは随分と楽させて頂きました。有難うございます。今回みたいに最高の天候なら、雪上泊も良いですね。

家に戻って春の恵みを美味しく頂きました。
イメージ 28 イメージ 29

  • 顔アイコン

    雪上泊は防寒装備がかさばって多いんでしょうね〜。
    わんこさんが沢山担いでるイメージが^^
    楽しそうだけど無理かな。

    えだ2

    2016/5/10(火) 午前 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    > えだ2さん
    防寒装備は、確かにかさばります。
    今回は天候等の条件が整っていたので、とても楽しかった♪
    えだ1&2さんなら、全然大丈夫だと思いますよ。
    何でも経験ですから・・・・やってみなはれ〜(^^)

    キンゴ

    2016/5/10(火) 午後 11:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事