ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【5月4日〜5日】

昨年末に南紀の立間戸谷を遡行した時に、5月の3〜5日は谷中2泊で蓮の奥ノ平谷に行こうと約束していたが、天候不良の為、日程と行先を変更しました。わんこちゃん、ホリホリとピックアップして、下市口駅で東京からやって来たアマゾネスをピックアップする。前夜泊は林道終点の予定でしたが雨風が強いので某登山口の広い東屋に変更します。雨が吹き込む東屋の中にテントを張って宴会を楽しむ。

【タイトル】  帰ってきたアマゾネス
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ホリホリ、潤
【日  程】  2016年5月3日夜発〜5月5日
【天  気】  晴れ
【場  所】  大峰 川迫川・神童子谷・ノウナシ谷 
【地  図】  弥山(1/25000)

【一日目】

翌朝は晴れて万歳やん。神童子谷沿いの林道終点に車を停めて支度を整えて出発です!8:19
へっついさんの取り付きは少し浅めかな!?
イメージ 1

抜けるところは少し深めかな!?
イメージ 2

おチビのわんこちゃんは、胸下まで浸かる。
イメージ 3

赤鍋の滝は、今回は右をへつらずに左から巻いて、滝上の連瀑帯の先に降りますよ。
イメージ 4

イメージ 5

新緑が素晴らしいなぁ〜。
イメージ 6

出していいよってテンカラ姉ちゃんに言うと、瞳を輝かせて飛び跳ねて行きましたわ。
イメージ 7

犬取谷(左)とノウナシ谷(右)を分ける二又に架かる釜滝は左から巻くが、何時見ても良い滝ですよね。10:40
イメージ 8

右のノウナシ谷に入って進むと暫くは癒し渓となり、ランチタイムも楽しんで、のんびりと遊びながら進む。
イメージ 9

ノウナシ滝の手前では、ヤマシャクヤクが咲いていました。12:30
イメージ 10

そして立派なノウナシ滝に到着です。12:50
イメージ 11

ここは左岸尾根から壁の上に登って巻く。石楠花が綺麗やな。
イメージ 12

巻き下ると少し先で左から千手滝が架かる。14:30
イメージ 13

正面のルンゼから巻くんやけど、下部から壁に取り付くのは、ちと厳しいかも。ルンゼを少し登って落口左岸に伸びる尾根に乗っかります。
イメージ 14

早くテン場に着きたかったので、馬頭滝見物はパスして高巻いて地蔵滝の手前に降りる。17:00
イメージ 15

地蔵滝は右から簡単に巻いて、右から枝谷が入る所でテン場となるが、テン場としては申し分ないんやけど・・・・遊べないやん。薪を集めて焚火を熾しますが、かなりの強風で炎が横向きやんか。
イメージ 16

風がきつくて寒くても、焚火の近くは暖かい。美味しいメニューを楽しみながら宴会は続くのであった。
イメージ 17 イメージ 18

イメージ 19 イメージ 20

いつもの沢丼と鍋物は、とっても美味しいんですよ♪ あんたらも、食べてみなはれ!21:20
イメージ 21 イメージ 22

【二日目】

渓で目覚める朝は何時も心地良い。
イメージ 23

朝ご飯も、わんこ食堂特製の沢丼です。7:00
イメージ 24 イメージ 25

少し寛いだ後、出発します。8:35
傾斜のきついゴーロ帯を登って行くと、8m滝、5m滝と現れて、右から越えて行きます。
イメージ 26 イメージ 27

日当たりの良い脇宿谷出合で作戦会議です。このまま脇宿谷を詰め上がりましょう。
イメージ 28

ん? ヒメコウモリソウかな???
イメージ 29

脇宿谷を少し登ると傾斜は緩くなり、大峰らしい雰囲気で素晴らしい空間となる。
イメージ 30

すぐに稜線(奥駈道)に乗り上げて大休止ですね。9:38 ここからプチ縦走が始まりますよ。奥駆道を南に進んで大普賢岳のピーク(1779.9m)に到着する。大普賢岳のピークは大勢の人で賑わってました。展望が良くて再び大休止です。10:35〜10:54発
イメージ 31

こちらは、水太覗からの眺めです。
イメージ 32

奥駆道を少し進むと国見岳から西に尾根が伸びる分岐に到着してランチタイムを楽しむ♪11:32〜12:15発 アマゾネスから、しそ巻きを頂いたが、関西では馴染みの無い食べ物やな。結構旨いぞ!
イメージ 33

西に伸びる尾根を下ると傾斜のきつい岩尾根となるが、樹林の中だから尾根筋を良く見ていけば何て事はないやろう。
イメージ 34

降り立ったタワからオソゴヤ谷を望むが、オソゴヤ谷を下った方が楽で面白かったかもしれないな。
イメージ 35

下山ルートはオソゴヤ谷の右岸尾根に決めていたので、タワから西の小ピークに登り返すと石楠花の藪漕ぎとなるが、左からかわせました。この辺りは少しルーファイが必要ですよ。小ピークから南に下って1358m地点に到着。14:00 南西に伸びる尾根に乗っかってオソゴヤ谷の出合に下るが、昔は明瞭だった踏み跡も今ではとぎれとぎれとなり、最後は懸垂で出合の横の林道に降り立つ。15:40 すぐ先に朽ちた梯子が架かっていて、時の流れを感じさせられる。林道終点にデポしているキンゴ号を回収に行きますが、誰か一緒に行く?って聞くと、皆さんから「行ってらっしゃぁ〜い」てな返事を頂いて、「ほな行って来るわ!」って爽やかに笑いながらも、心の中で中指を突き立てているキンゴであった。車を回収しに行く途中でモノレールを見かけて、此処を下ったら楽勝やなーって思いながら車のデポ地に到着です。16:00

このあと、車で林道を戻って3人を回収して、天の川温泉に向うのであった。
20数年振りに訪れたノウナシ谷は、とても新鮮で楽しめました。新緑の映える渓は美しいね♪ 市バスの運転手の鈴木はん、見てまっか?

  • 顔アイコン

    おー!
    先週ほぼ同じルートで行ってまいりました!
    名のある滝が多く今でも感動が残っています。

    電話させてもらった件はこのノウナシ滝です。

    えだ2

    2016/7/28(木) 午前 7:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ええなぁ、楽しそうで、美味しそうで、綺麗な景色と綺麗な水と空気・・・・ええなぁ(;'∀')

    ナイス☆

    鉄人軍団

    2016/7/28(木) 午後 5:55

    返信する
  • > えだ2さん
    おーっ! 行ってこられましたか(^^)
    渓は開けていて、詰めも気分良しの素晴らしい癒し渓ですよね(^_-)
    ノウナシ滝までの案内人が誰になったか、ご存知ならば、こっそりと教えてくださいね(^_-)

    キンゴ

    2016/7/28(木) 午後 10:19

    返信する
  • 顔アイコン

    > 軍団様
    次は、楽チンコースで大宴会を目論んでいます(^^)v

    キンゴ

    2016/7/28(木) 午後 10:22

    返信する
  • 今晩は❗
    ここは一度訪れて見たいとずっと前から思っているのですがまだ行けて無いです
    楽しそうですね🎵
    お疲れ様でした‼

    [ Kの渓流日記 ]

    2016/7/29(金) 午前 1:10

    返信する
  • 顔アイコン

    > えだ2さん
    あんがと(^_-)

    キンゴ

    2016/7/29(金) 午後 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > Kの渓流日記さん こんばんは!
    釣り人が沢山入っている渓だと思いますが、魚影は濃いですね。是非!行ってみてくださいな(^^)

    キンゴ

    2016/7/29(金) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    おはよう〜キンゴたん^^

    懐かしいわ〜〜 へっついさん等々37年前よく通いつめていました、私の渓流釣りの原点の谷でした・・・
    アルコールばっかり詰めて寝袋で腹がすいたのを・・
    思い出しました><若かったな〜W

    [ メタポのヤス ]

    2016/7/30(土) 午前 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    > メタポのヤスさん、まいど!
    37年前って
    その頃に会いたかったわ(^_-)

    キンゴ

    2016/7/30(土) 午後 6:25

    返信する
  • 顔アイコン

    ナイトスクーフ゜
    昨日、放送してましたよ!

    えだ2

    2016/9/3(土) 午前 7:19

    返信する
  • 顔アイコン

    > えだ2さん
    私は見てないんやけど、わんこちゃんから聞いた話では、地元の釣り師の方が案内されたみたいですね。見たかったなぁ〜。YouTubeで見ようかな(^^)

    キンゴ

    2016/9/3(土) 午後 7:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事