ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【7月2日】

前夜は高野辻越えで湯ノ又に到着。大阪とは違ってとても涼しい。皆で宴会を楽しむが、Y岡農園の茄子は美味い!
イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3

【タイトル】  大滝に痺れる!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ホリホリ、Y岡、いわもっちゃん、えのっきー、スマイル、O浦
【日  程】  2017年7月1日夜発〜7月2日
【天  気】  曇り時々晴れ
【場  所】  大峰 舟ノ川・日裏山谷
【地  図】  南日裏、弥山、辻堂(1/25000)

イメージ 4

支度を整えて出発です!7:20
イメージ 5

河原状を進んで堰堤は右から越える。
イメージ 6

左と右にルンゼを見送ると淵の奥に斜L5m滝。7:54
イメージ 7

ここは左から巻くが、五ツ釜やね。
イメージ 8

躑躅が綺麗やな。
イメージ 9

陽が差し込むと気分が高まる。
イメージ 10

正面に素晴らしい瑤立つ下で、谷は左に折れて広い釜を持つ斜20m滝が架かる。8:58
イメージ 11

イメージ 12

斜20m滝は迸る水流の左を登って一旦樹林帯に逃げた後、すぐに落口に向けて斜上して出っ張りを潜って左岸に渡ろうとしたが、水流が多すぎて諦める。ロープを出していれば楽しめたかもですが、おそらく弾き飛ばされていたでしょう。
イメージ 13

イメージ 14

いくつかの小滝と戯れながら進みます。
イメージ 15 イメージ 16

谷は河原となり、その先に面白そうな斜滝が現れる。10:00
イメージ 17

皆さん右から巻いて行きましたが、ここは勿論!水線突破が楽しいと思う。。
イメージ 18

そして両壁が聳え立つ中に雌滝が架かる。10:10 ここで大休止ですが、私とホリホリは三つ谷を覗きに行く。
イメージ 19

イメージ 20

雌滝を左から巻くと、豪快な雄滝が飛沫をあげる!
イメージ 21

イメージ 22

もう爆流ですね。
イメージ 23

雄滝の下でも大休止ですが、楽しいひと時です。私の沢の仲間のアトスとボルトスとアラミスが寛いでいます。
イメージ 24

私は一人左岸に渡って寛いでいたが、誰もこちらに渡ってこない。前に来た時は右岸を巻いたので、今回は左岸から巻き登りたい気分です。「お〜い、こっちから登るぞぉ〜」って叫ぶと、わんこちゃんが「ここは皆、左から巻いてるでぇ〜」やて。みんなって誰やねん。私もその中の一人やん。「ほな、偵察に行ってくるわぁ〜」って言って小尾根に登るとそれらしき踏み跡があったので「ばっちりやでぇ〜」って適当に言って皆を呼び込むが、いつものように踏み跡は消えて無くなり、雄滝に向ってトラバースしてルンゼに降り立つ。ルンゼの上部は結構立ってきてロープを出しますが、ええ眺めやなぁ〜。
イメージ 25

イメージ 26

ルンゼ上部で大岩が覆う暗闇に潜り込むと、奥の右上から光が射している。これは何とかなりそうやな。ただ、大きなコウモリが沢山飛び廻っていて、びっくりしました。11:55 
イメージ 27 イメージ 28

光を求めて皆さん這い上がってきます。ここを抜けると傾斜のきついルンゼが終って緩やかな斜面となりますが、中々面白かったので、また来てもいいかなって思ってしまう。
イメージ 29 イメージ 30

雄滝の上の連瀑が素晴らしい。13:11 
イメージ 31

雄滝の落口に降りて斜滝の連瀑帯に取り付いてみようかと悩んだが、更に上を巻いている先行メンバー達が連瀑帯の上に降り立つのを見て諦める。

連瀑帯の上は綺麗なナメ床が続く。
イメージ 32 イメージ 33


いくつかの滝をやり過ごして、迷い滝に到着する。14:00
イメージ 34 イメージ 35

イメージ 36 イメージ 37

ええ感じやね。
イメージ 38

左岸のテラスで遅めのランチタイムを楽しむ♪ 食後の運動にスマイルさんが滝の撮影に行きます。14:40
イメージ 39

私も食後の散歩に出かけますよ。15:10
イメージ 40

今日も楽しかったなぁ〜♪
イメージ 41

左岸の踏み跡から右岸の林道に渡り、てくてくと戻って車のデポ地に到着です。16:30
イメージ 42

帰りにO浦号のタイヤがパンクして、ひと騒動ありました。かもきみの湯で疲れを癒して帰路に着く。迷い滝の上も今回のメンバーで行きたいものだな。

  • 今晩は(^^)
    やっぱりここの上流は凄いですね(*^_^*)
    私のたどり着けない所を見れました(≧∇≦)
    お疲れ様でした!

    [ Kの渓流日記 ]

    2017/9/17(日) 午前 0:59

    返信する
  • 顔アイコン

    凄いですね・・・
    ピンポイントの滝見で精一杯です。

    瀑やん

    2017/9/17(日) 午前 5:35

    返信する
  • > Kの渓流日記さん
    おはようございます。
    迷い滝までは、釣り人も沢山入ってると思います。
    その上が、とても気になってます(^^)

    キンゴ

    2017/9/17(日) 午前 6:15

    返信する
  • > 瀑やんさん
    ビューポイントが多いので、ピンポイントで楽しむのも良いですね。迷い滝の上の大滝は見られましたか?
    竿を片手に行って見るつもりです(^_-)

    キンゴ

    2017/9/17(日) 午前 6:21

    返信する
  • 顔アイコン

    とてもとても・・・
    迷い滝を巻くなんて、考えたことすらありません。

    瀑やん

    2017/9/17(日) 午前 6:36

    返信する
  • > 瀑やんさん
    なら、一緒に行きましょうか(^_-)

    キンゴ

    2017/9/17(日) 午前 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ベテランぞろいの精鋭パーティーですね。私もあの位の年になっても沢を楽しみたいなあなんて思っています。みなさんすごいですね。

    たろー

    2017/9/17(日) 午前 9:35

    返信する
  • > たろーさん
    アトスとボルトスとアラミスは鉄人です。
    私の山行の標となってくれる存在です。
    私も、もう少しだけ頑張ります(^_-)

    キンゴ

    2017/9/17(日) 午前 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    凄いですね〜。
    迷い滝の上流に大滝ですか!
    チェック、チェック!

    えだ2

    2017/9/20(水) 午前 7:47

    返信する
  • > えだ2さん
    地形図を見ると、迷い滝の上に滝記号があるでしょ!
    そこですわ(^_-)

    キンゴ

    2017/9/25(月) 午後 11:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事