ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【7月9日】

前夜宴会は、いつものように道の駅で乾杯するが、暖かいこの時季は他の前泊者も居て何かと気を使う。
イメージ 1 イメージ 2

オヤジ達にもモテ期は訪れる。熱い恋と淡い恋。どちらも終焉を迎えて今宵は酒が進む。

【タイトル】  僕と、カジカジと、はぁ〜とぶれいく♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、坪姉、カジカジ、タナベッチ、ra e、T君、O塚
【日  程】  2017年7月8日夜発〜7月9日
【天  気】  曇り
【場  所】  奥美濃 揖斐川・東前の谷
【地  図】  美濃広瀬、樽見(1/25000)

イメージ 3

東杉原の集落の外れに車を停めて出発です。7:20
イメージ 4 イメージ 5

橋の手前の堰堤の上に降り立って溯行開始です。初見の沢なのでワクワクしていますよ。
イメージ 6 イメージ 7

小滝と戯れながら進みます。
イメージ 8

楽しいね♪
イメージ 9

小滝が沢山出て来る。8:00
イメージ 10

緑の中を進む。
イメージ 11

積極的に行きましょう。
イメージ 12 イメージ 13

T君もわんこちゃんと一緒で顔面シャワーがお好きなようだ。
イメージ 14 イメージ 15

みんなで楽しく登ろう!
イメージ 16

おっ!マムシ君が居ましたよ。
イメージ 17

そして癒しの台地に到着。10:10
イメージ 18

はい!皆で記念撮影です。
イメージ 19

この辺りは伏流となっているが、少し進むと水が出て来る。
イメージ 20

二又に到着するが、右又に行く予定が大きな滝のある左又に入ってしまう。10:40
イメージ 21

この滝は右から小さく巻いたと思う。
イメージ 22

落口を渡る時にO塚君が転んで滑り落ちたが、落口の手前で上手い具合に止まってくれた。時折口笛を吹きながら登ってくる新人のO塚君に注意しようと思っていたので、「口笛なんか吹いとるから、そういう目に逢うんじゃ!」と、怒鳴ってしまう。この後、ランチタイムを楽しんでから花房山を目指すが、猛烈な藪漕ぎに閉口して身体中のアドレナリンが煮えたぎる。花房山の南西のコルに廻り込んで詰め上がると登山道に乗り上げた。12:56 息も絶え絶えに登ってくるわんこちゃん。
イメージ 23

少し北東に登ると花房山のピークです。13:11 うっすらとダムも見える。
イメージ 24 イメージ 25

登ってくる予定だった右又を覗き込むと、結構緩くて藪漕ぎも無しに登って来れそうやな。
イメージ 26

さぁ!あとは登山道を下るだけですね。13:30
イメージ 27

花房山の南西のピークから北西に伸びる尾根には、立派な登山道が付いていて迷う事無くお城のある東杉原の集落に戻ってこれました。15:20 お城の横にはプラネタリウムもあるみたいやな。
イメージ 28

この谷の感想は、東前頭7枚目と言ったところかな。あまりにも暑いので周りを散策すると、丁度良い小滝があって天然シャワーを浴びてクールダウン。藤橋の湯(入浴料410円)で疲れを癒して帰路につく。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事