ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【9月3日】

三十周年記念溯行は集中山行の予定でしたが、直前に皆でひとつの谷に入ろうと変更になり、短くて簡単なシオカラ谷に決定です。ただ総勢29名の溯行になるので、いくつかのチームを編成して各チームのリーダーが安全を図りながら、全員が一体となって思い切り楽しむ企画です。キンゴチームのメンバーは、わんこちゃんと、郁姫と、ホリホリ&うさぴょんです。これで私のロミオとジュリエット計画は露と消えました。

楽しい大宴会が行われた翌朝、皆がもぞもぞと起きだして、まだ現実に戻れてないような感覚で朝食の用意を始める。5:20
イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3

美味しい朝食を頂いた後、大台ケ原の駐車場に向います。駐車場で支度を整えていると新人のTAKAやんが新聞の切抜きを持って来て私にくれました。新聞の切抜きに載っていたのは、私が最もリスペクトする甲斐よしひろが語っている内容の記事な訳で、TAKAやんに感謝です。ただ少しの二日酔いも手伝ってか、出発の支度に忙しかったのか、その切抜きの内容を一部しか読み取れず、後でゆっくり読もうと思ってキンゴ号のポケットにしまい込む。
イメージ 4

【タイトル】  溪游会創立三十周年記念溯行!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ホリホリ、郁、Y岡、しのぶ、えのっきー、マルシャン、T歳、U川、やまのねこ、けん&さち、わく&たっくん、TAKA、うさぴょん、Y内、S水、岳、剛、スージー、亀、ラビ、I島、I川、O浦、カン、尚やん
【日  程】  2017年9月3日
【場  所】  台高 東ノ川・シオカラ谷
【天  気】  晴れ
【地  図】  大台ケ原山(1/25000)

出発前に皆で記念撮影!8:38
イメージ 5

シオカラ谷吊橋を渡って滝見尾根を下る途中の展望台で休憩です。9:40
イメージ 6

イメージ 7 イメージ 8

谷床に降りて西の滝と瑤鮓上げる。10:10
イメージ 9

巨岩帯を少し登ってプチ廊下に突入する。
イメージ 10 イメージ 11

廊下の奥の左隅から乗っ越して抜けるが、ポケットいっぱいのベストが邪魔で微妙な感じ。
イメージ 12

続くY岡さんを引っ張り上げて、Y岡さんが更にシュリンゲを出して吼えまくる。そんなY岡さんを久し振りに見たな。
イメージ 13

キンゴチームのメンバーはと言うと・・・・・・廊下を右から巻いてますわ。少数ならリーダーに付いて行かざるを得ないのだが、大勢居ると楽な方に導いたり導かれたりする方の事を、関西の沢の専門用語では、わんこ美人と言います。

V字に切れ込んだ渓が、ええ感じやな。11:30
イメージ 14

総勢29名の溯行は、渓の中での違和感は少しあるけれど、楽しいなぁ〜♪
イメージ 15

キンゴチームのメンバーです。
イメージ 16

渓が開けて青い空と大きな瑤広がり、楽しくて素晴らしい空間です。12:00
イメージ 17

ここのリッジ状を登るのは楽しいね♪
イメージ 18

敢えての泳ぎやけど、尚やんに水を掛けて喜んでいるのは誰なんやろう。12:30
イメージ 19

少し狭くても這い上がります。
イメージ 20

全体のチームワークもいいですよ! シュリンゲを出して頑張ってるわんこちゃん。
イメージ 21

斜15m滝は右から巻く。13:00
イメージ 22

けんちゃんは釜に飛び込む。
イメージ 23

好きな所を登りましょう。
イメージ 24

ここから先は癒し渓となります。
イメージ 25

そして楽しいランチタイム♪ 大勢居ても何とかなるもんやね。ほな出発や!14:20
イメージ 26

すぐに東の滝が現れる。14:30
イメージ 27

ええ滝やな。
イメージ 28

右岸を巻き上がるが渋滞してます。良い落口や。14:45
イメージ 29

皆、楽しそうやん♪
イメージ 30

上窪さんが此処に居るよ。三十周年溯行に来てくれたんやな。
イメージ 31

ほな行きましょか。
イメージ 32

大勢居ますねぇ〜♪ 
イメージ 33

すぐにシオカラ吊橋に到着です。15:00 ここで偶然、大台ケ原のハイクを楽しんでいるOBのN川さん御夫妻とバッタリ出会いました。これで集中山行になりましたね。
イメージ 34

最初の急登は相変わらずキツイけれど、皆と話しながら楽しく登って行くと、あっちゅう間に駐車場に着いちゃった。15:30
イメージ 35

駐車場では、O竹君が二世を伴って待っていてくれました。有難うね。
イメージ 36 イメージ 37

Y岡農園で採れた西瓜を頂きながら解散です。総勢29名での三十周年記念溯行は、夏の良い想い出となりました。
イメージ 38 イメージ 39

イメージ 40 イメージ 41

帰りは杉の湯で疲れを癒して、仁でチャイナを楽しんでから帰路につく。そしてキンゴ号が私に残してくれたものは、楽しい想い出と新聞の切り抜きだった。

  • ロミオとジュリエット計画〜
    あんまり悪口言うたら本能寺の変みたいに身内から滝壺に落とされまっせ(^^;

    三十周年記念行事!お疲れさんです(^^)

    [ 痛風のK ]

    2017/11/25(土) 午後 8:49

    返信する
  • 大所帯ですねー!
    シオカラ谷も遡行すればこんなにダイナミックなのですね!!
    滝見尾根は若かりし頃に猿に囲まれ、異様な雰囲気を味わったことがあり、箕面に並ぶ貴重な体験をさせていただきました。
    キンゴさんにとっての登山道はきっと沢の中なんでしょうね。

    “すぎちゃん”

    2017/11/25(土) 午後 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    30周年おめでとうございます。
    しかし29人で遡行とはすごいですね〜。
    皆さん、沢慣れた方だから出来る事ですよね。

    たろー

    2017/11/27(月) 午後 10:45

    返信する
  • > 痛風のKさん

    ジュリエットは郁姫さんですよ(^^)
    ちなみに、わんこちゃんは・・・・オリーブかな^_^;

    キンゴ

    2017/11/28(火) 午前 0:37

    返信する
  • > “すぎちゃん”さん
    私の登山道は夢の中です(^^)

    キンゴ

    2017/11/28(火) 午前 0:46

    返信する
  • > たろーさん、有難うございます。
    30周年なのに29名なんですよ。あと一人が居なかったんですわ。溯行は皆が沢に慣れてますので楽でしたよ(^^)

    キンゴ

    2017/11/28(火) 午前 0:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事