ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【1月14日】

2018年冬の南紀の沢シリーズ第一弾! 丸尾谷(仮称)・右俣は、熊野の赤倉の集落から一ノ水トンネルに向う途中にある、丸尾山から南に派生する尾根に突き上げる南面の短い沢です。あまり情報の無い谷ですが、2年前に訪れた左俣が楽しかったので、冬の季節に足慣し程度に楽しむのには丁度良い感じですね♪

前夜は某道の駅で宴会を楽しむ♪ 0:50
イメージ 1 イメージ 2

翌朝は羽津子さんのちゃやに立ち寄る。6:50
イメージ 3

朝食を済ませて薪ストーブで暖を取るが暖かいねぇ〜♪7:50 
イメージ 4

それでは行きますか!
イメージ 5

【タイトル】  身体は絶不調!でも気分は絶好調♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ミンミン、ヤシマン
【日  程】  2018年1月13日夜発〜1月14日
【天  気】  晴れ
【場  所】  南紀 尾川川・丸尾山南面の谷右俣
【地  図】  木本(1/25000)

イメージ 6

出合の先の広い路肩に車をデポして出発や!
9:08
イメージ 7

最初は小滝を越えて行く。
イメージ 8 イメージ 9

凍った6m滝は右を登る。
イメージ 10

明るい左俣に誘い込まれそうになる気持ちを抑えながら、更に凍っている暗い右俣に突っ込むのであった。
イメージ 11

イメージ 12 イメージ 13

極力、凍っていないところを登ります。
イメージ 14

登るところは水の中。
イメージ 15

クラッシュ・オン・アイスで登ります。
イメージ 16 イメージ 17

白いナメ床は結構、刺激的ですよ。
イメージ 18

氷の下を水が流れている。
イメージ 19

源流部の二又で位置確認ですが、凍りついた右又に行く気は無くて、ましてや真ん中の尾根を登る選択肢は無い。あくまでも水線通しに登りたい。
イメージ 20 イメージ 21

登り詰めたご褒美は・・・・・・絶景かな♪ 11:10
イメージ 22

下山は左岸尾根を下り、一ノ水トンネルの西口に降り立つ。12:40
イメージ 23

ここから舗装路を下らずに地形図上での破線を辿り、伐採地を下って車のデポ地に到着です。13:05
イメージ 24

イメージ 25

ここで、すぎちゃんポーズを真似てみようと思うが・・・・・・・・全然似てへんやん。
イメージ 26

この後、おくとろ温泉で疲れを癒して・・・・・・・ちゃやに突入じゃぁ〜〜〜!!!!

南紀の沢を遊び尽くすなら、春から秋だけじゃぁ勿体無いよねぇ〜♪
遥か昔の時代から、私の先輩方達は冬の南紀の沢に突っ込んでいる。何時までもそう言う気持ちを持ち続けていたいものだな。

  • 〇ン〇座りはかれこれ37年のキャリアですから(笑)
    南紀とは言え冬の白い沢は見ているだけで寒うぅ〜ぅ(ブルッ!)って感じです。
    こんな寒くても沢靴ですか?

    “すぎちゃん”

    2018/3/31(土) 午後 7:49

    返信する
  • > “すぎちゃん”
    勿論、沢靴で登りますが、白い沢でも中々暖かいんですよぉ〜(^^) 今度、一緒に行きましょう(^_-)

    キンゴ

    2018/4/2(月) 午後 9:46

    返信する
  • 顔アイコン

    見てなかった。亀レスでごめんなさ〜い。
    冷たかったのにその冷たさが懐かしい。下山は暑かったですね!
    南紀の醍醐味です。水風呂とサウナのようにやみつきになってしまいそう。
    また来年も白い沢に一回は行きます!

    [ MINMIN ]

    2018/6/11(月) 午後 8:12

    返信する
  • > MINちゃん
    来年って・・・えらい先の話やなぁ〜(^^;
    来週は蛍やぞぉ〜(^^)/

    キンゴ

    2018/6/11(月) 午後 9:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事