ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

【3月6日】

3月の第一日曜日は、私の渓流釣りの解禁日です。
渓流釣りを覚えて、4年目のシーズンが始まります。
今年も例年通り、わんこちゃんと2人でのぉ〜んびりと、久し振りの感触を楽しむつもりやったが、ミンちゃんとカンちゃんが嬉しい参加表明!ん? 民と官。言い得て妙やな。
では、今年の解禁日は4人でのぉ〜んびりと楽しみましょう。
いつものように、五条のサークルKで遊漁券を購入する。

【タイトル】  2011解禁日!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ミンミン、カン
【日  程】  2011年3月5日夜発〜3月6日
【天  気】  晴れ
【釣  果】  5匹
【M A X】  20cm

呑んべのカンちゃんと、ウワバミのミンちゃんが参加となれば、これは呑みまくるしかないかな。
前夜宴会が遅くまで盛り上がるのは言うまでもないだろう。
3時過ぎまで呑んでたわ。
思い切り呑んで、1秒で眠りに落ちる。
イメージ 1 えのっきーテントは役に立つ!

翌朝、5時半に目を覚まして、皆を叩き起こす!
「朝やぞー!」「釣り屋の朝は早いぞー!」
何でかわからんけど、朝っぱらから元気なキンゴでした。
トイレサイド広場から、昨夜来た道を戻って、某林道の終点に向かう。
林道終点には1台の車が停めてあったが支度を整えて出発です。7:28
谷沿いの杣道を進むと、釣り屋さんが一人頑張っていた。
谷と杣道はけっこう離れているので、我々には気付いてないみたいです。
我々は、ここから杣道を1時間強歩いて、二又の奥に入るつもりなんで、彼の邪魔にはならないと思って先に進む。
杣道が右岸から左岸に移ってしばらく進むと、又、一人の釣り屋さんに出会う。
挨拶を交わして通り過ぎようとすると、彼は我々に来た道を戻れと言う。
真っ先に来てる自分にしか、この先に進む権利はないと主張する。
彼はそれが山のルールだと言うが、釣り屋のルールではなかろうか?
ただ、谷と道が5m以上も離れているのに、そのルールが適用されるのかな?
彼は、自分が釣り歩いてきた所では一匹も釣れないと言うので、釣って見せたら通ってもいいのか?って聞くと、やはりルールだから駄目らしい。
小一時間程のやりとりやったけど、何かだんだん面白くなって来て、一緒に行こか?なんて提案もしたりする。釣れたんか?って聞くと、小さいのが5匹釣れたと見せてくれた。結構素直なところもあるやん。遊漁券持ってるんか?って聞くと、持ってないけど帰りに買う!と、堂々と答えてくれた。
まっ、それが釣り屋のルールなら、戻ろうかな。
678のF井君、また会いたいな。密漁はあかんで!
来た道を戻ってると、最初に見た釣り屋さんが釣り登ってきていた。
6匹釣れたらしい。F井君の釣り歩いた後でもやっぱり釣れるみたいやね。

車に戻って別の谷に移動する。
気分は、解禁モードから宴会モードに変わってしまった。
適当なところで車を停めて、車から3分で谷床に到着です。9:30
キンゴは上流に、カンちゃんは下流に、ミンちゃんとわんこちゃんは真ん中で焚火。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

少し釣りを楽しんだ後にランチタイムです。
カンちゃん、薪を集めてくれてありがとう。わんこちゃん、いつもいつも食当ありがとう。
イメージ 6 イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9

イメージ 10 イメージ 11

イメージ 12 イメージ 13

食後に少し竿を振る。
イメージ 14 イメージ 15

イメージ 16 イメージ 17

カンちゃんのお手製の毛鉤を見せて貰うが、凄いですね。
テンカラもやってみたいけど、こんなん作れるやろか?
カンちゃんは、大した事無いよって言ってたけど、私には無理な気がする。
私も毛鉤は五つ持ってます。夢水師匠のお手製の物で私の宝物である。いつか使ってみたいなー。
イメージ 18

最後にカンちゃんから、テンカラ釣りの指導を受ける。
中々面白くて、テンカラ用の竿が欲しくなりました。テンカラは5月頃から有効らしいです。
山が笑ってくれる頃が楽しみですね。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事