ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

【11月6日】

私の今回の目的は尾根でした。しかし脱線してしまいまーす♪
前夜泊は某チカチューです。
ここできょーちゃんと久し振りの再会でっす! さすがにオヤジのキンゴは、ここでハグが出来ないのよねー。
そして前夜宴会突入です。
巷では、一番HOTなコンビと噂のカオリン&たつや〜ん♪も加わって、宴会は更に盛り上がる〜♪
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

私のノイズだらけの記憶の中では、たつや〜ん♪は、たつにゃ〜ん♪に変身していたような気がするが・・・・・。
かなり遅くまで飲んでいたのは間違いないです。

【タイトル】  うれしい!たのしい!しんどい!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、坪姉、きょーちゃん、yama2、カオリン&たつや〜ん♪、H君
【日  程】  2011年11月5日夜発〜11月6日
【天  気】  曇り
【場  所】  台高 三之公川・アワホラ谷
【地  図】  大和柏木、大台ヶ原山、宮川貯水池、大杉峡谷(1/25000)

三之公川沿いの林道の終点に車を停めて、仕度を整えて出発です。9:43
久し振りやなぁ〜って、話が弾む寧吉とキンゴ号です。女性4人組も話が弾んでいるような。
イメージ 4 イメージ 5

ほな、行きましょか。そやけど今日は、面白いメンバー構成やなー。
河原を進むが台風の影響はあまり無いようだ。
イメージ 6 イメージ 7

すぐに、左から入るヒウラ谷の大滝が望める。
イメージ 8

単調な河原を暫く進むが、ん?何かオッサンみたいやなぁ〜!?
イメージ 9

おぉ〜、やっぱり○○○○やぁ〜。
イメージ 10

湯谷の出合を過ぎると二又となり左に進む。
今回、体験山行のH君は、アマゴちゃんに興味があるのか潜って追いかけていた。ん?私と気が合うかもです。
イメージ 11 イメージ 12

谷は開けているが荒れた感じです。
イメージ 13 イメージ 14

ミンちゃんが居なくて淋しいのか、yamaちゃんはさっさと先に行ってしまい、右から滝が落ちる滝股谷の出合で追いつく。
イメージ 15

出合は広い釜となっていて、奥に2m滝が架かるが、この時期に泳ぐ気にはなれないので左の岩盤を乗り越えます。10:50
イメージ 16

イメージ 17

ふたつみっつ小滝を越えると、両岸が立つ行合いとなり、そこには釜がある。
げっ! ここは泳ぐしかないなー。
イメージ 18

H君が泳いで行って、わんこちゃんをロープで引っ張ります。
次は私が泳ぎますぅ〜♪
イメージ 19 イメージ 20

坪姉は、ロープで引っ張られて到着ですー。
イメージ 21

お次は、きょーちゃん! 流石、カヤックの女王やきにー。泳ぎも上手いしバランスもええちや。
今では、はちきんながやき、舐めたらいかんぜよー!
イメージ 22 イメージ 23

続いては、カオリン。嬉しそうに泳いで来るなー。乗っ越しのシュリンゲで減点2ですね。
イメージ 24 イメージ 25

そして、yamaちゃん。ジタバタと泳いできたが・・・・おおっ! 戻されて行くぅ〜。
ここで新たな発見です。yamaちゃんは水に弱い!
イメージ 26 イメージ 27

ラストは、たつや〜ん♪。最後のオチもなく、ぐわーっと泳いできて、がしっと登りました。流石やね、ゴルゴY口は健在ってとこか。
カオリンが見ているからなのか、何か気合が入っていましたねー。でも、カオリンは、お喋りに夢中やった。
イメージ 28 イメージ 29

すぐに右からフタクラ谷が入る二又です。11:28
左に進むと、斜面の上に何か茶色いキノコが見えたので、私ときょーちゃんが登ると、美味しそうなクリタケでした。
H君も登ってきました。キノコにも興味があるらしい。ますます気が合いそうやなー。
イメージ 30

次の二又(12:14)を左に進むと、あっと驚くタメゴロ〜!!! ゲバゲバ・ピー
ここでランチタイムです。いつもと違うラーメンも旨い。
かなり遊び過ぎたので、下山時刻が気になるが、闇下覚悟で進むことにする。きょーちゃん、ごめんね。

またすぐに二又(13:16)で、左に進むと倒木が突き刺さる10m滝が架かり、ここは右巻きです。
イメージ 31

6m滝、斜L7m滝を越えて行くが、中々右岸尾根は立っていて登れそうに無い。
イメージ 32 イメージ 33

源頭まで登り、少し左にトラバースして右岸尾根に乗っかる。高度1000m付近です。15:23
イメージ 34

大休止の後、下山にかかるが、何故だか私だけバテ気味です。何でこんなにしんどいんやろー。
あまりにもしんどいんで、途中で休憩をとり菓子パンを貪る。
三之公の河原に降り立った頃には、もう辺りは真っ暗になっていた。
私だけがヘロヘロで、先頭から最後尾となる。遥か先に見えなくなったわんこちゃを罵りながら、怒りをパワーに変えてヨレヨレと真っ暗な河原を戻ります。カオリン&たつや〜ん♪が、一緒に居てくれたのが嬉しかった。

車のデポ地で解散するが、巷HOTペア&ワンキンペアは、吉野の仁に寄ってチャイナを楽しむ。
家に帰ってから、遡行途中で私のザックに放り込んだものを計ると、9.5kgもありました。
なるほど、18kgも担いで日帰りペースに付き合えば、バテるわな〜。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事