ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

【8月19日】

今年の春、沢泊で来た時に、夏にもう一度訪れてみたいと思っていたので企画しました。
今回は、日帰りでサクっと抜けましょう。前夜泊は黒滝の道の駅です。
こないだ前鬼に行った時に、久し振りにお会いしたyoccoさんに声をかけると、喜んで参加してくれたのが嬉しかったな。
O浦さんと、初めましてのH森君は早々と眠られましたが、残った不良メンバーは、遅くまで前夜宴会を楽しむのであった。
イメージ 1 イメージ 2

それでも朝は早く起きて、朝食を済ませて車で移動します。
下山予定の白倉谷の岩本橋付近にO浦号とyocco号をデポしてキンゴ号で神童子谷に向かう。
途中ではぐれたyamaちゃんは、神童子谷の林道終点付近にいました。支度を整えて出発じゃ! 7:13
イメージ 3

【タイトル】  あっ! と驚く、キンゴロー♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、yama2、えのっきー、坪姉、yocco、O浦、H森
【日  程】  2012年8月18日夜発〜8月19日
【天  気】  久し振りの快晴!
【場  所】  大峰 川迫川・神童子谷 
【地  図】  弥山(1/25000)

谷に降りて鉄の桟道を伝って進むと、へっついさんです。7:50
春に来た時よりも少しだけ浅いかな。元気なH森君は、早速泳いでましたわ。
背丈の短いわんこちゃんとyoccoさんは、胸まで浸かったとか。
イメージ 4 イメージ 5

イメージ 6 イメージ 7

少し進むと赤鍋の滝です。8:00
イメージ 8

O浦さんにビレイを頼んで、ロープを引っ張って右側を抜けるが、残置シュリンゲに意味不明なピンクのビニールテープが結んでありました。
景観を損ねるので回収しようかと思ったが、何か意味があるのかなって考えて、そのままにしておきました。もちろん、釣り屋さんのゴミは回収しましたよ。
イメージ 9 イメージ 10

左岸の枝谷に架かる滝もイイ感じですね。
イメージ 11

次にO浦さんが登って来たので、あとを任せて斜滝を登ると、春に残置したハーケンが残っていたので回収します。ラッキー♪
イメージ 12 イメージ 13

yocco、坪姉、yamaちゃん、えのっきー、登ってきます。
イメージ 14 イメージ 15

イメージ 16 イメージ 17

斜滝の上は右に廻り込んで、ジャブっと浸かれば対岸に届くんやけど、却下するメンバーもいて、渋々ロープを出します。
イメージ 18

「アラフォーが何やね〜ん! わてはアラセブやでぇ〜!」って、豪語しながら泳いでくる坪姉の加齢な姿に、私は見惚れてしまう。
ん?? ちゃうちゃう、華麗な姿に私は見惚れてしまう・・・・・・・でした ^_^;
イメージ 19

この上は、残置シュリンゲを頼りに抜けますが、この谷の核心部はここだけでしょう。
イメージ 20

自然林が美しい癒し渓を進むと、渓游会代表の吉岡さん著の「関西起点沢登りルート100」の表紙を飾る釜滝に到着です。9:54
イメージ 21 イメージ 22

イメージ 23

泳いでいいですか?ってH森君が聞いてくるので、泳ぎたい所では泳げ!って答えます。
イメージ 24 イメージ 25

H森君が、あまりにも気持ち良く泳いでいるので、私も飛び込みまーす♪ ほんま、楽しいね (^^)
釜滝を左から簡単に巻くと上は二又となり、右がノウナシ谷で左が犬取谷です。
左に進むとすぐに癒しの空間です。
イメージ 26

淵の奥に架かる二の滝5m。10:26
イメージ 27

二の滝を右から簡単に巻いて元気が出るポーズ! ん? yamaちゃんは、後ろでツイストでも踊っているのだろうか・・・・・?
イメージ 28

大きな釜を持つ一の滝10m。10:38
イメージ 29

一の滝も簡単に右から巻き、右にレンゲ谷を見送って小滝をいくつか越えると犬取滝15mが架かる。11:20
イメージ 30 イメージ 31

イメージ 32

少し休憩して左から巻いて滝上に降り立つ。11:40 
独特な形のカリガネソウが何だか夏の終わりを感じさせますね。
イメージ 33

そして・・・・・あっと驚くキンゴローでした! なるほど、沢童子が潜む谷かぁ。
左からルンゼが入るところで谷は右に折れ、4m滝を越えて左に枝谷を見送り、斜滝、5m滝を越えると前方に何やら大滝が見えてくる。
大滝手前の左岸に架かる雫滝15mも良い感じです。
イメージ 34

大滝は2段60mのジョレンの滝で、中々ええ感じやん♪
イメージ 35

上段は迫力がありますねー。
イメージ 36

さてと、ここでランチタイムです。12:25 8人もいるとワイガヤで楽しいね♪
イメージ 37 イメージ 38

ジョレンの滝も左から簡単に巻けます。13:20発ー滝上13:40
イメージ 39 イメージ 40

滝上は、自然林の癒し渓となり、小滝も連なって良い感じですね。
イメージ 41 イメージ 42

源流部の左の気持ち良さげな斜面を登って稜線を目指すが、結構キツイな。大日山のピークのすぐ傍に乗り上げる。14:30
イメージ 43 イメージ 44

大休止の後、登山道を北に進んで西に伸びる尾根に乗り換えてクロモジ尾を下ります。
この尾根を下ったことのあるyoccoさんが居てくれたので、何も考える事無く簡単に車のデポ地まで戻れました。16:30
下山途中で見かけた極上のハナビラタケです。採って帰らなかった事を今でも後悔しているキンゴです。
イメージ 45

そうそう、伐採地で左の尾根に乗り換えるのが下山のポイントかもね。
イメージ 46

O浦号とyocco号で神童子谷に向かい、キンゴ号とyama2号を回収して、帰りに天の川温泉に立ち寄るが、入浴するのに待ち時間がありました。
温泉で待ち時間なんて私は初めてやわ。温泉のロビーにある木のオブジェに本物のクワガタ虫がくっついていて、えのっきーもビックリです。

犬取谷は、そないに難しい所は無いんやけど、何故だか結構くたびれました。 そやけど、また訪れたいなって銀六が言うてますわ ^_^;
今回の溯行メンバーの中に、ミンちゃんが居なかったのが残念です。だから、また来なあかんなってキンゴが言うてますわ (^_-)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事