ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫茸と山菜

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

【4月21日】

前夜宴会は道の駅で4人で乾杯です。0:15
イメージ 1 イメージ 2

【タイトル】  つくしと、こごみと、江ちゃん♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ダカオ、賢ちゃん、さっちゃん、江ちゃん、O俣、南
【日  程】  2019年4月20日夜発〜4月21日
【天  気】  曇り時々晴れ

今日もショウジョウバカマが出迎えてくれました。7:35
イメージ 3

良い感じのこごみもありました。
イメージ 4

谷に入ろう。8:10
イメージ 5

まだ石楠花も咲いていないので早いとは思うけど、とりあえず登ってみます。9:30
イメージ 6

ん? 私はそんな所を登ってないぞ。
イメージ 7

結局のところ、コシアブラは芽吹いてもいなかったので、タラの芽を少しだけ頂いて別の谷に行く事にする。車まで戻って移動します。
イメージ 8

木蓮通りを通過して林道の奥に車で進みます。12:40
イメージ 9

谷に降りてランチタイムを楽しむ。まずは、こごみのお浸しです。味はあっさりとしているが、僅かに滑り感があるのが良いですね。
イメージ 10 
 
次はウィンナーを炒めます。
イメージ 11

こごみの天婦羅です。

イメージ 12

タラの芽も加えます。
イメージ 13 イメージ 14

土筆とウィンナーを炒めます。
イメージ 15

美味しい山菜ピクニックを堪能いたしました。今日の一番の収穫は、江ちゃんの笑顔かな。
イメージ 16


〜追伸〜

その昔、全てに厳しくて才知に長けろ! おおらかで安らかな心を持て! そんな事を願った御仁が居たそうな。私の場合は和尚さんと弘法太師を絡めたそうだが、成程、弘法も筆の誤りやな。名は体を表すかどうかは、私には今のところわからない。でも、いつかは、その結果を知りたいと思うようになった。

【4月7日】

今年は雪が少なかったので山菜も早いだろうと期待しての偵察山菜行ですわ。私の場合はフィールドを決めて通い続けるパターンですが、この感じではまだ早そうです。8:00
イメージ 1

【タイトル】  フキノトウ♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ
【日  程】  2019年4月6日夜発〜4月7日
【天  気】  晴れ

まずは、ショウジョウバカマが出迎えてくれました。
イメージ 2

残雪は少ないな。8:20
イメージ 3

春の訪れを真っ先に知らせてくれる蕗の薹。
イメージ 4

イメージ 5

この先で何と、私が失くしたサンダルの片方を見つけました。昨年の10月7日に失くして
https://blogs.yahoo.co.jp/sawakingo/36820670.html

昨年の11月18日に片方(右足)を見つけて
https://blogs.yahoo.co.jp/sawakingo/36838282.html 

今回、残りの左足分を見つけました! 私の頭の中では ♪からぁ〜ん・ころぉ〜ん・からんからんころん♪ って、鬼太郎のゲタの音が響いていました。このサンダルには霊力があるのかな? だから沢童子が時々覗きに来るのかもしれないな。ホンマカイナ(^^;
イメージ 6

目的を完全に忘れた能天気なわんこちゃん。9:20
イメージ 7 
 
雪が解けると、昨年の秋の顔を見せてくれるところもあります。
イメージ 8

シャクに似てるが何だろう?
イメージ 9

バランスライトも日向ぼっこ。
イメージ 10

春の風に揺れる柳かな。
イメージ 11

成果も上がらないので早々に戻って車のデポ地に到着です。12:50 この後、温泉で疲れを癒します。

イメージ 12

イメージ 13

風呂上がりに花見を楽しむ。大阪では満開やけどこの辺りはまだ七分咲きかな。
イメージ 14

イメージ 15

私の春はいつも、蕗の薹のほろ苦さから始まる。
イメージ 16

積雪量に関係なく、山菜行の一回目は蕗の薹だけに終わりますね。

【11月23〜24日】

早朝発で奥美濃に向かうが雨やった。

【タイトル】  爆発やん♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、みのる
【日  程】  2018年11月23日〜11月24日
【天  気】  雨のち快晴
【場  所】  奥美濃の沢

(一日目)

とりあえず入渓地点まで行くが結構降ってます。谷中泊の予定やったけど、これは諦めるしかないな。車中で結構粘ったが、降り続く雨に断念する。この雨はきっと、2〜3日後には素晴らしいプレゼントを贈ってくれるのだろうが、そこまでは居られない。とりあえず戻ろうかと思ってふと茂みの中に目をやると、誰かが呼んだような気がして傘を差して茂みに入ると、立派なヒラタケ君でした。
イメージ 1

この日は何もする事が無く、長い一日であった。夕方になって谷の中で頂くはずだったメニューを頂く。それでは乾杯!
イメージ 2

本日採れたヒラタケを頂きましょう。
イメージ 3

色々と頂いて締めは定番の沢丼&鍋。この日は早々と眠りに就きました。
イメージ 4 

(二日目)

朝一番にわんこちゃんがお昼の弁当を作ってくれました。6:00
イメージ 5

朝食は、ぶっかけ御飯。
イメージ 6

亀ラビコンビがやって来たので、少し話を交わした後、目的の谷に移動します。

ほな行こか。8:40
イメージ 7

すぐに支流に入るんやけど、快晴やね。
イメージ 8

これは大きく成りすぎているな。
イメージ 9

ここから斜面を這い上がる。
イメージ 10

そして谷に戻ります。
イメージ 11
 
おおっ、ナメコが凍っている。そら寒い筈やわ。
イメージ 12

この後、谷を右に曲がると・・・・・きゃぁ〜! 思わず叫んでしまった。ぷにゅぷにゅやん♪12:00
イメージ 13

山の宝石やね。
イメージ 14

みのる君も嬉しそう。
イメージ 15

二人に収穫を任せて周りを散策すると、こちらにもありました。
イメージ 16

おっ、こっちにもあるぞ。
イメージ 17

その数歩先には・・・・・♪
イメージ 18

イメージ 19

その横にも。
イメージ 20

まさに大爆発やね。もう笑いが止まらない。しかし、これだけでは終わらなかった。みのる君が対岸の斜面を少し登って見つけてきました。
イメージ 21

イメージ 22 
 
そこから斜面をトラバースすると、またまたありました。
イメージ 23

余は満足じゃ。
イメージ 24

乾杯!
イメージ 25

かなり遅めのランチタイムを楽しむ♪14:00
イメージ 26

イメージ 27

務めを果たした私は、背中に哀愁を漂わせながら来た谷を戻るのであった。
イメージ 28

今年は、この辺りの晩秋のキノコは遅くて、少し焦りました。来週くらいが一番良いかもしれないな。でも、今年も爆発に出会えて、山の神様に感謝です。

(おまけ)

翌日はナメコうどんを堪能しました。so-kei♪さんを真似て、麺リフト〜〜〜♪
イメージ 29

これで今年の茸行は終わりましたとさ。

【11月18日】 

甲斐バンドの曲を熱唱しながらホリホリ号は奥美濃に向かう。うさぴょん、ありがとう♪ 前夜宴会を楽しんだかどうかなんて記憶にある筈が無い。翌朝、パパリン&ママリンと合流して出合に向かう。本日は軽めのKにしましょう。

【タイトル】  今年は不作なのか!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ホリホリ、うさぴょん、パパリン、ママリン
【日  程】  2018年11月17日夜発〜11月18日
【天  気】  晴れ
【場  所】  奥美濃の沢

8時出発! それでは渓に入りましょう。
イメージ 1

ぷにゅぷにゅナメコとムキタケに出会って、期待に胸を膨らませる。
イメージ 2 イメージ 3

キンゴちゃんも忙しい。
イメージ 4

やはり、先週同様に乾燥気味やなぁ〜。9:00
イメージ 5

陽当たりの良い所で休憩しましょう。
イメージ 6

苔の事はよく判らないけど、元気が無いように見えます。
イメージ 7

先週と同じ支流を詰め上がりますが、斜面は冬枯れの模様。
イメージ 8

イメージ 9

ナメコは、まだ出て来るのを躊躇っているようだ。10:30
イメージ 10

でも可愛いね。
イメージ 11

登って来た支流を下って本流を進みます。11:40
イメージ 12

そして私が失くしたサンダルを片方だけ発見! もう片方は、いずこへ・・・・。
イメージ 13

本日の収穫は、クリタケとムキタケとナメコです。
イメージ 14

それではランチを楽しもう♪ 晩秋のキノコの定番メニューです。まずはキノコ三種の炒め物。
イメージ 15

ムキタケとベーコン炒め。
イメージ 16

あっさりと、ミズのお浸し。
イメージ 17

締めは、ナメコうどん。
イメージ 18

収穫が少ないので、尾根に乗り上げて帰る事に決める。コンタ差で100m位やけど、やっぱりしんどいわ。尾根上に乗り上げて奇声を発して休憩に入ろうとすると、誰かさんが忘れ物をしたとか。再び下って登り返す。でも、失せ物が見つかって良かったわ。しんどかったけど! 尾根上にも僅かながら有りましたよ。
イメージ 19

藪漕ぎを楽しみながら尾根伝いに進むが、石楠花のキツイ藪もあったりする。あとは下るだけやなってな所で藪を潜ってトラバースして後続を待つ。わんこちゃんの姿が5m程先に見えたので声をかけてからしゃがみ込むと、私は少しうたた寝をしてしまった。16:00 ふと目を覚ますと何か薄暗くなっていて誰も居てないやん。16:25 げっ、残置されたわ。急いで降りなければって思うが、まだ少しの藪もあり心細いな。尾根を忠実に下って車のデポ地に到着。17:10 あれ?誰も居てへんやん。う〜ん、彼等は尾根から右に降りたのか、左に降りたのか迷うところやけど、まずは左に降りたと考えてヘッデンを灯して林道を奥まで進むが、斜面を見上げても光が見えない。これは厄介やな。一旦戻って渓の中を進んで斜面を見上げるが、やはり光は見えない。右往左往して車に戻ると、林道の奥にヘッデンの光が見えてほっとする。誘われてフラメンコ状態やったらしくて、下るのに苦労したらしい。渓の中で忘れ物をした誰かさんに、さんざん罵られましたが、全てキンゴが悪うござんす。男は黙ってサッポロビールやで (^_-)

キノコに関しては、このフィールドで11月の第三週でも此のような状態では、今年は不作なのかって思いましたが、その答えは来週も来れば判るよね。山行については、ママリン、ごめんなさいm(__)m この一言です。 温泉に浸かって帰路についた先は、サービス定食♪
イメージ 20

まだ爆発には出会ってないので、諦めないキンゴであった。

【11月11日】 

前夜泊地でホリホリの誕生日を祝う。おめでと〜♪
イメージ 1

乾杯やね。
イメージ 2

翌朝、亀さん、ラビちゃん、スージー、スージーのお友達に会えたのが嬉しかった。
イメージ 3

【タイトル】  まだ早いのか!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ホリホリ、尚やん、絢、吉岡、荒池
【日  程】  2018年11月10日夜発〜11月11日
【天  気】  晴れ
【場  所】  奥美濃の沢

支度を整えて8時に出発するが、今年の紅葉は色付きが悪いです。台風で葉っぱが飛ばされて、全体的に暖かみと重厚さに欠ける。
イメージ 4

イメージ 5

ムキタケとミズ。
イメージ 6

ムキタケを採取する絢ちゃん。
イメージ 7

こいつらは可愛いね。
イメージ 8

支流を登ってマル秘の場所に行くが、やはり早すぎたようだ。それに空気が乾燥し過ぎている。お菓子のようなナメコです。
イメージ 9

支流から支尾根に乗り上げて日向ぼっこを楽しむ。10:35 下る途中で御大が木を登る。
イメージ 10

大きなムキタケ。
イメージ 11

渓に降りて陽当たりの良い所で休憩するが、御大が背もたれに使っているのは俺のザックやん。13:00
イメージ 12

そしてランチタイムを楽しむ♪
イメージ 13

定番のミズのお浸し。
イメージ 14

ムキタケとベーコンの炒め物。
イメージ 15

ムキタケの炙り焼き。
イメージ 16

キノコうどん。
イメージ 17

ピクニックを楽しんだ後は、下山にかかります。14:30
イメージ 18

車のデポ地に到着します。15:20
イメージ 19

今年は随分と晩秋のキノコの出始めが遅くて、紅葉の進み具合と足並みを揃えるものだと思っていましたが、そうではないことがわかりました。でも、御大も参加してくれて楽しい茸行になりましたよ。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事