ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫南紀の山と谷

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【4月13日〜4月14日】

尚やんからのリクエストがあったので、3年半ぶり6回目の南紀の立間戸谷を遡行します。前夜は道の駅「瀞峡街道熊野川」で仮眠します。翌朝、車で出合まで移動して檻のある広場に車を停めて出発しますが、いつものジャージ姿で無い私を見て、尚やんから「キンゴさんってジャージ履いてないと全然締まらないわねー」って散々言われました。松木さぁ〜ん、此奴に何とか言ってやってくださいよぉ〜!6:46
イメージ 1

イメージ 2

【タイトル】  平成最後の南紀シリーズ!
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、尚やん
【日  程】  2019年4月12日夜発〜2019年4月14日
【天  気】  晴れのち曇り、下山のち雨
【場  所】  南紀 熊野川・立間戸谷
【地  図】  大里(1/25000)

出合から子ノ泊山に伸びる登山道を辿るが、登山道から外れて巨岩帯で遊んだりもします。昔は、源助滝までは藪の中を縫って行くような感じでしたが、水害の後は荒れ果てて随分と変わってしまったな。聳え立つ瑤論里里泙泙笋福
イメージ 3

登山道は左岸から右岸に渡り、樹林帯を登って崩壊したルンゼを渡ると源助滝の手前で右岸の瑤両紊悗反びている。
イメージ 4

今日は天気も良くて、山桜が南紀の暖かい春を感じさせてくれますね。
イメージ 5

登山道を進み左岸から支流が入る広場のテン場予定地に到着すると、真新しくて後片付けの出来ていない焚火の跡がありました。8:54 
イメージ 6

テントを張って遡行に不要な荷物をデポして出発します。9:36 少し進むと右から斜8m滝が流れ落ちていて、ここを右から巻き上がるが平坦になるまでの長さを加えたら斜L18滝と言えなくもない。滝下の右岸の支流を進めば両壁が立ってすぐに行き止まりとなり屏風滝が右から落ちるが今回はパスしました。
イメージ 7

滝の上のすぐ先に35m滝(牛鬼滝)が架かる空間が、いつ来ても素晴らしい。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10 イメージ 11

牛鬼滝を右から巻くと、すぐに15m滝が架かって、ここも右から巻きます。10:20
イメージ 12

落口に立つと吸い込まれそうやな。
イメージ 13
 
次の25m滝は右岸の樹林帯を登って落口にトラバースしますが、念の為にロープを出します。
イメージ 14

イメージ 15

その先の右岸に瑤聳え立つ下に架かる15m滝は右から巻く。
イメージ 16

巻き上がるとキャサリンがカモォ〜ンって言ってるような斜L10mナメ滝に誘われてヒタヒタと核心部に向かって登るんやけど、途中でズルッっと滑ったので右から巻いた軟弱な草食系のキンゴであった。後で思い出したが、23〜4年前に初めて来た時もMOGUさんと小山伏が見てる前でここでズルッっと滑ったわ。もしもここで、甲斐バンドの「野獣」が流れていたなら、私は滑った後に登り切ったであろう。音楽の無い空間に踏み込んだ時、みゅーじっくが恋しくなる時がごく稀にあります。
イメージ 17

落口から振り返ると、まるでウォータースライダーのようだな。
イメージ 18

すぐに20m滝が行く手を塞ぎます。11:35
イメージ 19

ここは右の岩稜帯を登って巻くが両側がスパッと切れ落ちていて中々高度感がありますよ。ゴジラの背中からは熊野川が望めます。
イメージ 20 イメージ 21

巻き降りた先はナメ床が綺麗ですね。ここで牛鬼滝から始まった大滝群が終わりますが、本当に次から次へと現れる素晴らしい大滝の連瀑帯です。
イメージ 22

椿の花を口に銜えてポール・マッカートニーを真似ておどけて見せる。レッド・カメリア・スピードウェイ!
イメージ 23

谷が少し右に折れる所に小屋跡が現れて、此処からしばらくの間は退屈なゴーロ帯の歩きが続くが、所々に赤テープが見られる。
イメージ 24

右から支流が入るすぐ先に右から斜滝が架かる。この斜滝の上からナメ床が山頂直下まで延々と続きます。斜滝の下を直進すると子ノ泊山への最短ルートになるだろうけど、登ったことは無い。
イメージ 25 

イメージ 26

この季節は山桜が迎えてくれます。
イメージ 27
 
谷を詰め上がると林道に飛び出す。14:17 そこから3分で子ノ泊山に到着です。14:20 山頂で大休止。
イメージ 28

山頂からは熊野灘も望めます。
イメージ 29

山頂直下の林道を少し北に進んで西に伸びる尾根を下ると山腹をトラバースしている登山道に降り立つ。登山道を辿って小屋跡に到着です。16:13 更に登山道を辿ってテン場に下るが、昔は滑り易くて嫌らしい所もあったけど、ここ数年前からはトラロープが沢山張られていて、迷う事も滑る事もなく簡単に下れます。テン場に着いて一息入れた後、花見気分で薪を集める。17:30
イメージ 30

日が暮れる前に焚火を熾す。18:30
イメージ 31

見上げると、そこには輝くお月さん。語りかけても返事は無いが、今宵は「想い出がつきない夜」になりそうです。
イメージ 32
 
わんこ亭が開店して時の流れが穏やかになると、私の心は宙に浮かぶ。
イメージ 33 イメージ 34

イメージ 35 イメージ 36

お米も美味しく炊けました〜♪ って、めっちゃ焦げてるやん!@粗品(霜降り明星)21:00
イメージ 37

いつもいつも、自分が作った焚火と旨い酒に酔い痴れて記憶のプラグがショートする。22:00
イメージ 38

翌朝は目を覚ましてテントの外に出ると曇天になってました。7:30
イメージ 39

美味しい朝食を頂く。8:30
イメージ 40

支度を整えて下山にかかります。9:55 登山道から源助滝を見降ろすが、瑤扉のように立つ谷を立間戸谷とはよく名付けたものだと感心する。
イメージ 41

下山は忠実に登山道を下って車のデポ地に到着します。11:30 この谷には6回も来たけれど、良い谷はやっぱり良い! でも、今回は源助滝にさよならを言いました。帰りに湯泉地温泉の滝の湯で疲れを癒して蕎麦甘味処の風庵で蕎麦を食べてから帰路につく。

【3月30日〜31日】

今回は古座川の支流の小川の源流部に行く事にする。以前から地形図を眺めながら行ってみたいと思っていた場所だが、かなり奥深い所にあってペンディングになっていました。本来なら、滝の拝から小森川の集落に入って別荘ノ坂を越えて遡行したかったのだが、そのルートを選ぶと車が2台必要になる。県道45号線沿いの樫原の集落の外れにある神社の下から源流部に下ると周回コースを楽しめそうなので、そちらに決めます。日帰りで充分行ける行程やけど、我々は焚火を楽しみたいので泊りで行きました。前夜泊は時間も遅くて滝本まで行く気力もなく、道の駅瀞峡街道熊野川にする。このメンバーだと大人しく寝たのは言うまでもないが、ここからだと朝の移動にも時間がかかりますね。支度を整えて出発です。11:05
イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3

【タイトル】  春のテラスは心地良い
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ホリホリ
【日  程】  2019年3月29日夜発〜3月31日
【天  気】  曇りのち晴れ
【場  所】  南紀 古座川・小川源流部・狩場谷
【地  図】  紀伊大野(1/25000)

イメージ 4

谷に下ると最初はむさ苦しい感じですが、すぐにナメ床となり心地良くヒタヒタと下ります。
イメージ 5

いくつかの小滝が現れて楽しませてくれる。
イメージ 6 

イメージ 7

谷を下って行くと、狩場谷の出合の上流の右岸に支流が入るが、その手前の右岸に良いテン場があったので今宵のお宿とします。15:40
イメージ 8

わんこ亭が開店して豪華なメニューに舌鼓を打つ!
イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12

締めはいつもの沢丼ですよ。
イメージ 13 イメージ 14

今宵も豪勢な「焚火」を堪能できました。22:00
イメージ 15

翌朝、わんこちゃんは早くから起きてたらしいが、私とホリちゃんは7:30起床です。
イメージ 16

イメージ 17

わんこちゃんが沢弁当を作ってくれてました。
イメージ 18

美味しい朝食を頂いて出発です。10:00 谷を少し下って狩場谷入ると、ナメ床と釜の饗宴に酔い痴れる。
イメージ 19

イメージ 20

春の谷は明るくて、陽光を浴びながらの遡行はとても楽しい。
イメージ 21

わんこちゃん、頑張れ!
イメージ 22

そしてポットホールが連なるプチ七ツ釜の先には、釜、3m滝、斜L5m滝、深い釜に落ちる15m滝(この連瀑が狩場谷の一ノ滝)が現れて、我々は歓声を上げる。ここで大休止です。11:20
イメージ 23

イメージ 24
 
イメージ 25

一時間以上休憩した後に右の緩いリッジ状を登ると真新しい残置ロープがありました。残置した人は知り合いなんですが、クリスマスイブの日に一人でこんな奥山まで入って滝を見に来るなんて、素敵な馬鹿野郎が居るんやなぁ〜って思わず微笑んでしまいました。成程、凹角部を渡るのが結構嫌らしいですね。私もロープを伸ばして渡りますが、ビレイヤーが居るので単独で来た素敵な馬鹿野郎さんよりは楽かもね。残置ロープは回収出来なかった感じがしたので回収しようと後続に提案すると、残しときって却下されましたわ。
イメージ 26 

イメージ 27

滝上は広いテラスになっていて、その上に20m滝(狩場谷の昇竜ノ滝)が架かる。陽当たりもロケーションも良いので、滝下で大休止したことも忘れてランチタイムを楽しむ♪13:30
イメージ 28

沢弁当が旨いな!
イメージ 29

昇竜ノ滝は右から中段まで登って、一旦右岸の樹林帯に逃げて再び滝身に戻って落口に乗り上げます。
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

滝上もナメ床が続いています。
イメージ 33

その先も広い釜と小滝が現れて楽しませてくれますよ。
イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

暫くナメ床を進むと谷は植林に囲まれた凡流となり休憩後に左岸の杣道に乗り上げる。地形図上に載っている卍マークの所に何があるのか気になっていたので立ち寄ると、そこには石仏と沢山の墓石がありました。墓石に刻まれた年号は明治と大正と昭和初期の物が殆どで何か重みを感じました。私達は手を合わせる事しか出来ないけれど、安らかに眠ってください。
イメージ 37

ここから県道に向かって尾根上に踏み跡が続いていたので、地形図上の破線の道から離れて踏み跡を登って県道に乗り上げます。18:44 車のデポ地に着いたのが19:00で闇下ですね。途中で遊びすぎやんって、わんこちゃんに叱られるが、私は大満足です。でも、ここからの帰りの運転を思うと気が重い。そんな様を見て誰かがクスって笑った気がしたが気のせいかな。石仏様、また来ますわ。ここから温泉で疲れを癒すこともなく、長ぁ〜い帰路につく。

【2月10日〜11日】

6時30分起床! 焚火を熾す。
イメージ 1

美味しい朝ご飯を頂く。7:00
イメージ 2

わんこちゃんが沢弁当を作ってくれました。
イメージ 3

小雨が降る中、雨具を着込んで出発です。9:05
イメージ 4

【タイトル】  下山は三日月に照らされて・・・
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ
【日  程】  2019年2月9日夜発〜2月11日
【天  気】  晴れのち雪
【場  所】  南紀 日置川・前ノ川・南谷〜大塔山
【地  図】  木守(1/25000)

岩清水が旨いな。
イメージ 5

廊下状の谷を進み
イメージ 6

小滝と戯れる。
イメージ 7

左に滝を架ける枝谷を見送って釜を持つ斜L2m滝を越えて進む。9:53
イメージ 8

イメージ 9

右に枝谷を2本見送り釜を持つ3m滝は右から越える。
イメージ 10

右に滝を架ける枝谷を2本見送って進むと斜L4m滝が迎えてくれるが、この頃には雨が雪に変わる。10:46
イメージ 11

イメージ 12

雪も本降りとなり積もってきたので、標高800m付近の二又で作戦会議を開きます。大塔山を諦めて東に伸びる右又を進むとすぐに登山道に出るのだが、ここは予定通り北に伸びる左又を詰め上がって大塔山を目指すことにする。11:13 暫く登ると傾斜が増してきて側壁が立ち、降り積もる雪のせいでかなり登り辛い。
イメージ 13
 
ん? 私達は間違っているのか?と、思って足元を見ると沢足袋を履いているので、自分達は間違っていない事を確信する。
イメージ 14

ただ、空身で登って荷揚げをしなければいけないところもあって、左又に入った事を少しだけ後悔するが後の祭りですわ。
イメージ 15
 
やっと大塔山の山頂(1121.8m)に着きました。12:55
イメージ 16

降り続く雪を少しでも避けようと少し下って木の下でランチタイムとするが、寒くて冷たくて厳しいランチタイムとなりました。冷たいビールは身体の芯から冷やしてくれますね。ほな出発しましょか。13:40
イメージ 17

大塔山の山頂から南に伸びる尾根を下るが、ここからは地形図上に数字が入っているピークが六つもあるし、それ以外にも小ピークがあるので長い縦走となる。フェルトの下に雪がくっついて久し振りの高下駄状態になるが楽しむ余裕が無い。P973mに着いたのが15:30 何とか明るいうちに林道に出たかったのだが、この先もまだまだ雪がありますね。
イメージ 18

いつしか雪も止んでくれたが周りは暗くなって来て、見上げると三日月が輝いている。闇に包まれると中々思うようには進まなくて右往左往するが、それでもルートを外さずに林道に降り立つ。19:40 車のデポ地までは少しあるけれど林道に出れば気楽なものですね。ただヘロヘロになりましたわ。

前の川源流部はとても綺麗な渓でした。雪の無い頃に訪れると少し物足りないかもしれないが、年末の宴会山行には・・・・・・・また来よう♪

【2月10日〜11日】

今回はペンディングになっていた前ノ川を遡行して大塔山に登ることにする。2016年の1月に偵察に来て、2018年の2月に来た時は入る林道を間違えて、今回は3度目の正直と言ったところかな。前夜宴会は屋根のあるいつものところです。0:00〜2:00
イメージ 1 イメージ 2

前夜泊地からスタート地点までは、けっこう時間が掛かります。でも今回は沢泊なので気にしない。車をデポして支度を整えて出発です。9:35
イメージ 3

【タイトル】  下山は三日月に照らされて・・・
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ
【日  程】  2019年2月9日夜発〜2月11日
【天  気】  晴れのち雪
【場  所】  南紀 日置川・前ノ川・南谷〜大塔山
【地  図】  木守(1/25000)

林道を、てくてくと歩いて進みます。
イメージ 4

林道終点には見覚えのある岩に書かれた道しるべがあります。10:40
イメージ 5

休憩後に左下にある踏み跡を辿って本流左岸の支流に降り立つ。11:10
イメージ 6

滝の架かる支流の出合です。
イメージ 7

廊下状の谷を進むが、前に来た時と比べると少し荒れた感じがします。
イメージ 8

流木が釜に突き刺さる2m滝は左から越えます。11:20
イメージ 9

相変わらず水が綺麗やな。
イメージ 10

すぐに釜を持つ10m滝が現れる。11:40 三階の滝と言うらしいが前に来た時よりも釜が埋まっているのが残念です。昨年の台風の影響だろう。この滝の手前の陽当たりの良い所でランタイムを楽しむ♪ 
イメージ 11

三階の滝を右から簡単に巻いて滝上に出ると、斜L7m滝が続き滝の右側を登ります。12:35
イメージ 12
 
谷は右に折れて、釜・2m滝、釜・1m滝と続き、いい雰囲気です。12:50
イメージ 13 

イメージ 14

2月の沢のへつりは緊張感がある。
イメージ 15

まだまだ釜と小滝が出てきます。
イメージ 16

滑ったら大変やな。
イメージ 17

イメージ 18

この先で谷は廊下状となって小滝が連なり、とても美しいところです。13:20
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

二又に到着です。13:28
イメージ 22

右又を少し進むと右岸に台地がある絶好のテン場がありました。
イメージ 23

時間はたっぷりとあるので左又散策を楽しんだりした後、ふんだんにある薪を集めて焚火を熾します。15:00
イメージ 24

そして深山食堂「わんこ亭」が開店します。16:10
イメージ 25

ほな、乾杯や!
イメージ 26

鴨ロースを炙ります。
イメージ 27

やきにくぅ〜〜〜!
イメージ 28

ほるもん〜〜〜!
イメージ 29

渓の中で喰らう旨い料理と旨い酒。そして豪勢な焚火に酔い痴れる。これ以上に幸せな気分になれる場所を私は知らない。
イメージ 30

米も焚火で美味しそうに炊けました。
イメージ 31

今宵の締めは、味噌鍋と沢丼ですね。19:05
イメージ 32

「俺の焚火に火がついて」心地良い空間を充分に味わった後、テントに潜り込む。
イメージ 33

【2月2日】

2019年冬の南紀の沢シリーズ第三弾は、ペンディングになっていた日置川の源流部に挑みます。法師山まで登るのなら、前夜は出合付近に泊まった方が良いとわかっているんだけど、いつもの快適な場所で前夜宴会を楽しむ♪ 0:50〜2:40
イメージ 1 イメージ 2

【タイトル】  やはり南紀は暖かい♪
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、ヤシマン
【日  程】  2019年2月1日夜発〜2月2日
【天  気】  晴れ
【場  所】  南紀 日置川・中ノ川・右俣
【地  図】  木守(1/25000)

前夜泊地から車で移動して、支度を整えて出発です。10:15
イメージ 3

暫く進むと滝が出てきます。10:50
イメージ 4

楽しく登りましょう。
イメージ 5

イメージ 6

すぐに二又の前衛の二条滝。11:05
イメージ 7

前衛の二条滝の落口。
イメージ 8

左又に架かる滝。
イメージ 9

右又に架かる滝。
イメージ 10

右又の滝の左側を登ります。
イメージ 11

ここで一年のブランクのあるヤシマンからロープを要求されたので、お助けを出します。
イメージ 12

次の釜を持つ15m滝は右巻きです。
イメージ 13

まだまだ立派な滝が現れます。
イメージ 14

落口に立つ、わんこちゃん。12:20
イメージ 15

今は二月。小滝と言えど侮れないのです。
イメージ 16

沢は戯れる事が大事なのです。
イメージ 17

この先で瑤立つ。
イメージ 18

その奥にある、水の無いCS滝は左を登る。
イメージ 19

この上の日溜りで少し遅めのランチタイムを楽しんだ後、下山にかかります。13:55  左岸の杣道を伝って車のデポ地に到着です。14:34
イメージ 20

法師山まで行くつもりでしたが、もう少し早く出発しないと駄目ですね。わかっちゃいるけどやめられない。源流部は来年の楽しみにとっておこう。ショートショートの遡行を楽しんだ後は、白浜のとれとれの湯で疲れを癒して帰路につく。

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事