ここから本文です
春ですねぇ、目ん玉が痒い!

書庫近鉄・三岐鉄道

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

久々のネタ更新となります。
今日は近鉄五十鈴川−宇治山田で行われた近鉄ハイキングに行ってきました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

松尾観音寺を出たととこにある運動公園に地元出身の野口みずき選手の記念碑が。
高校時代に練習で走ったコースが「野口みずき金メダルロード」とされてるそうです。

イメージ 4
そして今回のお目当て、伊勢角屋の地ビール。
何年か前に同じく近鉄ハイキングで行ったときは、炎天下のせいで注いだビールがすっかり温くなっていましたが、今回はちゃんと冷たくて美味しいのをいただくことができました。

イメージ 5
この先コースマップどおりに行くと田畑ばかりで歩いていてもあまり楽しくなかった記憶があるので、川沿いを歩いて河崎の街へ向かいます。

ゴールの宇治山田駅に着いて、お昼を食べたらする事もないのでさっさと帰ります。
イメージ 6
ブラタモリでも紹介された、バスの転車台

イメージ 7

イメージ 8
しまかぜもやっと初めて撮ることができました。



最近、さわウォも近場の神社やお寺を巡るコースしか無くて、鉄分ほぼゼロなコースばかりですっかりご無沙汰してましたが、近鉄で「湯めぐりまちある記」なる企画が行われていて、今回は北勢線!ということで行ってきました。

イメージ 1
今回は楚原から定番撮影スポットのねじり橋・めがね橋を経由して、阿下喜で温泉に入ってきます。

イメージ 2
めがね橋では、黄色い電車に田んぼと土手と森の緑、そして田舎のポルシェ(w を絡めて撮ることに。

イメージ 4
イメージ 3











電車が来るまでの間、目の前の田んぼに居る小さなカエルを撮ってみたりしてましたが、田舎のポルシェも撤収してしまい、直前になって割り込みが…(ウォーキングの時にはよくあることです)

イメージ 5
なので急遽土手の裏側へ回って撮りました。

イメージ 6
楚原で擦れ違い、すぐにやって来る阿下喜行きをねじり橋で。
もっとローアングルで手前の水路も入れて、枝が顔に掛からないように撮りたかったのに…

イメージ 7
幸い電車のスピードが遅いので、田んぼの方へ駆け下りていって、めがね橋でも撮ることが出来ました。

イメージ 8
イメージ 9

























北勢線の線路に沿って進んでいき、麻生田駅から阿下喜まで170円のお布施をして電車に乗ってワープ。


久しぶりにあじさいの里へ行きましたが、外の露天風呂が若干広くなってました。
と言っても、定員が3人から4人になった程度ですが…



昨日は近鉄ハイキングで、湯の山線中川原から八王子線西日野まで歩いてきました。
スタートの中川原駅には9時過ぎに到着。
しかし、スタート受付開始が9時半と名鉄・JRに比べて遅いので、コースマップを貰わずに2年前の同じ時期に行った時の記憶を頼りに歩いてきました。
 
なので、今回の写真はこれだけ!
イメージ 1
 
イメージ 2
 

京都私鉄案内 近鉄編

丹波橋で近鉄京都線に乗り換えて京都駅へ向かいます。
もうすでに京阪でお腹いっぱいになったのと、車両も名古屋で走ってるのと変わりないので、京都駅で駅撮りするだけになりました。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
京阪と近鉄、2大ダブルデッカー特急車両も見ることが出来ました。
 
イメージ 4
 
 
今日は近鉄ハイキングでいなべ市を歩いてきました。
去年もほぼ同じコースを歩いたのですが、その時は直前に開催予定駅で脱線事故があったので急遽コース変更されたものをベースにめがね橋・ねじり橋を加えたコースとなっております。
 
イメージ 1
近鉄名古屋駅にて発車待ちのとき、団体ツアー専用車「かぎろひ」が居たので初捕捉。
まだ「しまかぜ」が全然撮れてないなぁ〜。
 
イメージ 2
毎回三岐鉄道に乗るときは一旦改札を出て窓口で硬券の切符を購入。
 
梅戸井駅を出たらひたすら員弁川沿いの田んぼ道で何も見所がないので中略
めがね橋で撮り鉄です。
イメージ 3
去年と比べて草や笹がだいぶ伸びてしまったのと、去年はほぼ一人でまったりと撮れたのにコースに組み込まれて撮影する人が多くなったので、いいアングルを見つけるのに苦労しました。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
今回も「乗って残そう北勢線」ってな訳で楚原駅からゴールの大泉駅まで1区間乗車してワープ。
イメージ 6
ゴール受付を済ませて藤原岳をバックに大豆畑を行く北勢線をパシャリ。
あとは桑名の駅前でお昼を食べて、名古屋駅の東急ハンズと地下のアウトドアショップをブラリと見て帰ってきました。
 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事