はなす手、つなぐ手、心の手

兄は自閉症で重度知的障害者、だけど精一杯生きています!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

以前、私のブログで兄が障害者区分判定で調査員が来られてから数日後に施設内のものを壊して
しまったという記事を書きましたが、そのことで、次のような記事を書いていただけましたので、
ご紹介いたします。私もいろいろと考えさせられました・・・。

ある知的障害を持つ方の認定調査が終わったという記事がありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/sayakayamase/trackback/1364414/18260478

そして調査が終わった数日後に施設で暴れ、物を壊してしまったとのことです。施設で暴れることは
今回だけではなく何度かあったようです。

この方はコミュニケーションにも障害があるため、調査員は主に施設職員から聞き取りを行ったよう
です。

この方の場合、106項目の「基本調査項目」のうち次の項目を職員がどのように回答したかが気に
なります。




○暴言や暴行が     1.ない 2.ときどきある 3.ある


○物や衣類を壊したり、破いたりすることが  1.ない 2.ときどきある 3.ある


○パニックや不安定な行動が

        1.ない 2.稀にある 3.月に1回以上 4.週に1回以上 5.ほぼ毎日


○叩いたり蹴ったり器物を壊したりなどの行為が

        1.ない 2.稀にある 3.月に1回以上 4.週に1回以上 5.ほぼ毎日


1次判定で「区分1」以上に該当すれば、上記項目の後ろ3つが2次判定で使われます。これらは
「行動障害」に関する項目です。


この方の場合、知的障害ですので1次判定ではそれほど重い区分にはならないでしょう。しかし、
調理、食事、掃除、買い物等のIADLの項目でも「一部介助」か「全介助」だと思われますので、
先ほどの「行動障害」の項目と合わせて判定すれば2次判定でより重い区分に判定されるはずです。


障害者自立支援法による障害程度区分では、原則「区分4」以上でないと施設サービスが利用できま
せん。この方も施設に入所しておられるようですので、「区分3」と「区分4」とでは大きな差があ
るのです。


さて、しかし・・・。


ここで大きな疑問が涌いてきませんか?


目的もなく動き回ったり、物を壊したり、自傷行為があるなどの「行動障害」は、職員の良い関わり
によって抑えることができます。


とても良いケアを実践し、利用者が安定している場合、「行動障害」はあまり出ません。認定調査で
もそのように書かれるでしょう。ということは、区分判定で低い区分になります。


逆に、ケアが悪く、利用者がいつも不安定で「行動障害」が頻繁に出る場合、認定調査でもそのよう
に書かれます。ということは、区分判定で重い区分になります。


ひょっとしたら、良いケアが提供され安定していることで区分が「3」や「2」となり、施設にいら
れなくなる可能性もあります。


知的障害を持つ人が日常生活をしていく上で、暴力やパニックなどの行動障害があまり出ず、安定し
ている方が本人にも良いことです。そのためには専門職員集団による良い関わりが重要になります。


しかし、障害程度区分によって使えるサービスが限定されていると、より「重い」区分を望む心理も
働きます。


サービスの選択肢を増やしより受けやすくするためには、より「重い」区分にならないといけな
い・・・。よい実践によって安定したり自立度が増すことが本人のサービス利用を逆に狭めていく・・・。


これは大きな矛盾ではないかと思いますが、皆様いかがお考えですか?





たしかに、質のよいケアをしていただける場合には、利用者も落ち着きますね。

兄の場合、実は現在の施設に行く前には、何軒かの施設で問題を起こしました。やっと入所させても
らえた施設でも、兄の問題行動には困っていて、土日には職員数が減るという理由で、土日には自宅
に連れ帰るように言われました。それで母は往復6時間以上の道程を毎週行き来していました。

そのような過程を経て、現在の施設に入所してから随分落ち着きました。
最初は、施設内のものを破壊したり、ほかの入所者を叩いたりすることは頻繁でした。職員さんもさ
すがに一番手がかかる方だとおっしゃっていました。
しかし、入所後数年で、集団生活にも慣れた兄は随分おとなしくなりました。
少しずつですが、他の入所者にも迷惑をかけることも減りました。

20年以上、現在の施設にお世話になっていますが、兄の場合、年に数回は大暴れをするみたいです。
昨年は年に2回ほどだったと思います。

服は興奮するたびに毎週破っている時期もありましたが、最近はめったに破りません。

買い物は自分で好きなものを選びます。ユ●クロに連れて行きますと、サイズなどわからないまま並
んでいるのを1つずつ入れていきます。放って置いたら全色入れてしまうくらいの勢いです。
お金の計算はできません。
だたし、施設内の自動販売機で缶コーヒーを買うのに100円玉1枚と10円玉2枚で買えることを知っ
た兄は、外出先でも私の財布からその分だけ出して買うようになりました。
以前なら自動販売機に1円玉や5円玉を入れて何度もボタンを押していたのですが、今はすんなり買
えます。

兄の場合、生活パターンが急変されなければ、ある程度落ち着いているようです。
私が面会に来る日は朝から施設の玄関先でずっと待ってくれています。
もし私が来るのが遅ければ、他の利用者の保護者に「イモウト」とか私の名前を言うそうです。
事情はわかっているのです。

しかし、食べ物への執着が強くて、それから興奮して施設内の器物を壊してしまうこともありますし、
他の軽度の利用者さんから何か言われてそれに腹を立てて2〜3日後に、別の弱い利用者さんに向かっ
ていくということがあるそうです。

前回の調査員の方と職員さんとのやりとりを聞いている限りでは、兄のようは障害を持つ人は季節の影響を受けて機嫌が悪くなることがあるとのことでした。
ただ、もしも兄が私のかばんに執着して問題行動を起こさなければ、おそらく調査員の方は実際よりも軽度の判定をしていたと思います。なにせ兄はちょこんと素直に座っていましたから・・・。
私は判定の面接に同伴していましたので、兄の問題行動を気づいたことを述べてゆきましたし、兄も興奮し始めていましたから、最初のお話よりもやや判定が重度になったように見えます。

正直なところ、調査員の方もあまりわかっていないのではないかと思います。
その場の雰囲気と職員のお話で捕らえるしかないというのが実態ではないでしょうか。

保護者の立場として、兄の施設は質のよいケアをしてくれているような気がします。
ただ、障害者自立支援法の影響で利用者のお小遣いを減らさないために、外出が減ったというのも、
兄にはかなり影響があったと思います。
いつもならもっと一緒に外出しているのですが、ここ数ヶ月は私も兄を外出させてあげられなかった
ので、それも影響して兄に不満がたまりやすい状況にはあったと思います。

先月の面会で、兄と一緒に外出して、食べたいものと食べさせてあげたら、ものすごく機嫌がよくな
りました。


私も障害者自立支援法は矛盾だらけだと思います。

ケアの質がよくなると区分判定は軽くなり、もしかしたら施設にいられなくなるかもしれないって
おかしいと思います。


悪いように考えてゆけば、こんなことになるのでしょうか?

障害者自立支援法で、施設も質のよいケアができなくなり、利用者の区分判定も重度となれば、利用
者は施設を出られない。
しかし、施設は利用者を自立させなければ施設の実績も上がらなくて、結局、助成金も減らされて、
さらに苦しくなる。
ということは、結局、重度の障害者は施設から出られず、施設もケアの質を下げなければやっていけ
ない。
そして障害者区分判定も重度になり、さらに施設に入所し続ける・・・・。

結局、障害者自立支援法が「自立の妨げ」になっているような気がしますが、どうなのでしょうか?

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

トラバ&コメントありがとうございました。 「区分」と「区分に対応したサービス・報酬単価」という一見すると公平に思えるシステムが、実は障害者自立支援法の抱える大きな矛盾だということですよね。お兄さんの場合、かなり重度の行動障害があったようですが、現在の施設のケアによって安定しているようですね。「良いケア」が評価されるシステムが本来求められているはずなのに、法律がその逆を奨励してしまう・・・、というのが大きな問題点だと思います。 削除

2006/9/4(月) 午前 0:28 [ マンデリン ] 返信する

顔アイコン

こちらこそ! マンデリンさんのブログに訪問して、本当にそうだなって思いました。矛盾だらけの障害者自立支援法はいったい誰のためにあるのでしょうか。何のためにあるのでしょうか。わからないことばかりです。

2006/9/5(火) 午後 3:15 まあちゃん 返信する

顔アイコン

『Enough for tody?』というHPでは、障害程度区分の問題点など日々アップデートしており勉強させて頂いています。自閉症の少年の父親によるHPです。よろしければ・・・ http://www.eft.gr.jp/index.htm 削除

2006/9/6(水) 午前 1:01 [ stratomaster ] 返信する

顔アイコン

stratomasterさんへ:ありがとうございます。早速、そのHPに訪問させていただきます。

2006/9/6(水) 午前 3:40 まあちゃん 返信する

顔アイコン

自立支援法。様々な物議を起こしています。複雑すぎて、当事者に分かりづらい事は問題の一つだと思います。そして、この法のベースにあるとしか思えない「予算削減」。改正に向けてしっかりと声を上げていくことが大切だと思います。

2006/9/15(金) 午後 9:15 [ winniePooh ] 返信する

顔アイコン

winpoohさん:同感です。国に反論できない障害者を犠牲にするこの法は、改善する必要があると思います。

2006/9/16(土) 午前 0:03 まあちゃん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事