はなす手、つなぐ手、心の手

兄は自閉症で重度知的障害者、だけど精一杯生きています!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

このような記事を見つけました。
具体的に書かれていて参考になると思いますので、転載させていただきました。


週刊ダイヤモンド誌9月16日号に、「給料全比較―職種別・会社別・年齢別・国内外別」という特集がありました。

冒頭で職種別の推定年収ランキングが掲載されています。この調査、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を基に算出されています。1位はプロ野球選手、2位は力士(十両以上)、3位は国会議員、4位は弁護士、5位は競艇選手・・・、普通の職業じゃないですね。

・・・<略>・・・

ちなみに、福祉系の職種はどのくらいの収入なのか?

記事では介護支援専門員(第69位、392万円、平均年齢44歳)、保育士(第88位、328万円、平均年齢32.3歳)、ホームヘルパー(第94位、274万円、平均年齢42.6歳)が登場します。

ん?介護職員は?(記事では100職種を選び出しているため掲載されていません)

ということで、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を調べてみました。

「福祉施設介護員」という区分がありました。これは介護福祉士を中心に介護職員を指し、施設長は対象外です。「福祉施設介護員」の年収は305万円、平均年齢35.6歳でした。

特集記事の順位に当てはめると保育士の下、89位の「(百貨店を除く)販売店員」(307万円)と90位の「タクシー運転手」(301万円)の間ということになります。

介護職員の年収305万円・・・。

これをどのように見るか・・・。難しいところですね。

それより、厚生労働省のデータでは「福祉施設介護員」の「超過実労働時間数」が「3時間」となっています・・・。実態を全く反映していません!!!

雑誌の記事では、ホームヘルパーについて記述があり、常勤よりパートタイマーが増えている実態と介護職員基礎研修の話が載っています。そして3年の実務で介護福祉士の国家試験が受験でき、合格すれば「役職に就けたり、能力給が付く」とあります。そんな甘くはありませんが・・・。更に、「500時間もの講習にどれほどの参加者が集まるのか、その先行きは不透明。さらにいえば、介護福祉士の資格を取ったとしても、介護事業者が経営難に追い込まれている状態で、収入が増えるかどうかもわからない。」と締めくくられています。

介護職員がもっともっと社会に認めてもらえる社会にしなければ!!


転載元:マンデリンさん「研究室の窓から」
http://cafe-mandheling.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6567.html


この記事から介護職員がいかに大変であるのかを実感させられています。

兄の施設の職員さんのお給料の安さに驚いていたのですが、これが現実なのですね。

障害者の支援の前に、職員さんの生活を支援していただかないと、障害者の支援は充実することは難

しいでしょうね。

施設職員さんは利用者の支援だけでなく、私たち保護者、近隣住民、国や自治体に気を遣いながらお

仕事をされていますから、その精神的・身体的ストレスは並々ならぬものがあることでしょう。

このままでは、障害者やその家族の危機的状況が増すばかりでなく、職員さんの家族が真っ先に危機

的状況が訪れるのでがないかと不安になります。

思いやりを持った人が損する社会・・・。

間違っていると思います。

この記事に

閉じる コメント(7)

はじめまして。介護職はどうしてこんなにも給料が安いのでしょうか。 看護師と違い、介護福祉士という資格の歴史が浅いというのも原因のひとつでしょうが、介護士は給料を上げてほしいという訴えや活動を起こさないというのも大きいのでしょうね。この事実は多くの人たちに知ってもらい訴えかけて行きたい事実です。週間ダイアモンドの記事の部分を転載させてもらってもよろしいでしょうか?

2006/9/29(金) 午前 10:35 ぼやき人の介護魂 返信する

顔アイコン

YUKOさん:コメントありがとうございます。職種に関係なく、福祉に携わる方はお給料よりやりがいを優先されているかたが多いようですね。これから日本は高齢社会で福祉を充実させる必要性がますます高まっていくのですから、職員さんのお給料はもっとあげてほしいですね。職員さんの生活が成り立たないのによい支援は難しいですもの・・・。どうぞ転載してください。

2006/9/29(金) 午後 0:39 まあちゃん 返信する

介護職の方々の仕事の内容を考えると、給与は低すぎます。友人と話をしていても、ものすごい勘違いをしています。(夜勤等の手当があるから手取りが良いのでは等と言う勘違いがみうけられます)仕事の大切さを理解して、それにみあうだけの給与が得られる様にしないといけませんね。

2006/9/29(金) 午後 1:46 あしたがあるさ 返信する

抜粋して転載させていただきました(^^)ありがとうございます。

2006/9/29(金) 午後 5:20 ぼやき人の介護魂 返信する

顔アイコン

あしたがあるささん:そうですね。労働内容に応じたお給料をいただかなければ、介護職を続けていくことは難しいでしょう。もっと社会に理解してもらわなければ、支援も難しくなってくるのでしょうね。

2006/9/29(金) 午後 6:07 まあちゃん 返信する

顔アイコン

私は、訪問介護事業所のサービス提供責任者をしています。38歳男です。妻・子供三人を養うため、日々勤務に明け暮れていますが、全く給与が上がらず、ガソリン代だけが、あほの様にあがります。賞与もなく、これ以上この「過酷」に耐えられるか・・・?
看護師の方々が数年前に労働条件の改善を求め、ストライキを行っていたのを覚えていますか?みんなで声をそろえて叫びましょう! 削除

2007/8/6(月) 午後 11:57 [ きさらぎ ] 返信する

顔アイコン

きさらぎさん:コメントありがとうございます。介護・支援サービスは並大抵の意識では勤まらないと思います。ですから、それに見合う報酬をいただくべきです。まずは支援する側の生活保障があってこそよい支援が提供できるものだと思います。超高齢社会に進む日本の将来はまさにその部分で明暗が分かれるのかもしれません。

2007/8/8(水) 午前 5:17 まあちゃん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事