「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)

次回、第35回「夢道サロン」は2019年9月14日「橋本夢道資料室」で開催します。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
            ●狭山事件現地本部で石川一雄さんと殿岡駿星。(2011年11月)

★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
 ☆    「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)」    ☆
★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
   2019/08/01                      (殿岡駿星)

◆雨、雨、雨、狭山事件と雨は切り離せない
    雨から見た事件の真相とは? 
   「狭山事件 50年目の心理分析」◆
       
わたしが、「狭山事件 50年目の心理分析」を書いてから8年が過ぎた。石川一雄さんの無実を証明する決定的な本だと自負している。その中でも、一番特徴的な事実は雨だ。事件の真相を語る上で、雨を無視してはいけない。この「50年目の心理分析」では、全編を通じて、雨の状況を語りながら、事件の推理をしている。

ところが、裁判の内容を調べると、まるで雨が降っていないところで事件が起きたように説明している。被害者の松田善枝さん(仮名)が誘拐された1963年5月1日は、午後4時ごろから、脅迫状が善枝さんの自宅玄関で見つかった午後7時40分ごろも、家族が警察に届けた午後7時55分ごろも、土砂降りの雨だった。

善枝さんの死体が埋められたとされる午後8時ごろも、狭山市は土砂降りだった。ところが、殺したとされる石川一雄さんの供述に、雨の話が出てこない。もし、本当に石川さんが、善枝さんの死体を埋めたとしたら、土砂降りの中だった。ところが、5月4日に農道に埋められていた死体は、それほど濡れていなかった。

土砂降りの雨の中で、農道に穴を掘ったら、穴は泥んこで、そこに死体を置いたら、服が濡れないですむはずがない。善枝さんは、土の中に埋められていたにもかかわらず、着ていた服も下着もほとんど濡れていなかった。死体を検分した刑事の証言だ。

そもそも、石川さんが自供させられた、午後8時ごろに死体を埋めたというのはウソだったのだ。石川さんは、この日午後8時ごろには、とっくに自宅に戻ってきていて、家族と夕食を食べ、テレビを見ている。それは、家族の証言から明らかだ。

そのため、死体を埋めたのは、午後8時ごろでないと犯人でなくなる。刑事たちは、家族が石川さんをかばってウソついていると考えただろうが、あまりにそろって同じ証言をするので、午後8時ごろには自宅にいたのは本当だと考えた。それで、善枝さんの死体を埋めたのは、午後8時までとするしかなかった。しかし、そのころは土砂降りの雨だった。この日、雨がやんだのは午後11時すぎ、夜中だった。

脅迫状が善枝さんの自宅、玄関で見つかった午後7時40分ごろも土砂降りの雨が降っていた。ところが、脅迫状も濡れていなかった。脅迫状を玄関のガラス戸に挟んだとき、石川さんは傘を差していない。石川さんは、善枝さんの自転車に乗って、雨の中を善枝さんの自宅まで走った。脅迫状はズボンの尻のポケットに入れていた、という。土砂降りの雨をご存じだと思うが、ポケットに紙の封筒を入れておいたら、それはぐしょぐしょに濡れてしまう。

濡れている手紙を玄関のガラス戸に挟んだら、手紙は濡れているだろう。玄関の中に放り込んだのではなく、ガラス戸に挟んだのだ。当然、ガラス戸にも雨は降りかかる。そこに挟んだ、手紙が濡れないはずはない。ところが、その脅迫状を見つけた家族が読んだ時は濡れていなかったのだ。警察に届けた脅迫状も濡れていなかった。脅迫状は、雨の中で石川さんが万年筆で訂正しているらしいが、そのインクもにじんでいなかった。乾いていたのだ。

雨の話はもっとある。善枝さんの自転車は、石川さんが善枝さんを殺してから、その自転車に乗って、善枝さんの自宅まで脅迫状を届けに行った、と自供している。ところが、善枝さん宅で見つかった自転車も、それほど濡れていなかった。石川さんは、土砂降りの雨の中を、4キロも走って、善枝さんの自宅へ来たのに、自転車が雨に濡れた様子がないというのは、どういう意味だろう。

さらに、問題は、石川さんは、善枝さんの自宅まで乗って来た自転車を、納屋の庇の下に置いて、脅迫状を玄関に挟んでから、歩いて殺害現場といわれる、4キロも離れた雑木林へ戻っている。土砂降りの雨の中を、傘も差さず、歩いて殺害現場へ戻るとは、ちょっとおかしい。せっかく、奪った自転車をなぜ、善枝さんの自宅に返さないといけなかったのか。それも、濡れないように庇の下に、いつも善枝さんが自転車を置く場所に。まるで、雨に濡れないようにしたみたいだ。おかしいね。

土砂降りの雨の中を4キロも歩いたら、1時間はかかるだろう。なぜ自転車に乗らなかったのだ。自転車で来た犯人が、なぜ自転車で殺害現場に戻らなかったのだろう。もしかしたら、雨がやんだ夜中にその自転車に乗って、死体を埋めに行く予定でもあったのだろうか。自転車が、そこに残されたのは、石川さんが犯人でない証拠ではないか。自転車も濡らさず、善枝さんの服も濡らさず、脅迫状も濡らさずに、この事件をやってのけるだけの、人物がどこかにいたからではないのか。

「狭山事件 50年目の心理分析」は、このように、この日の土砂降りの雨から真相を推理している。雨は、真相を知っていた。事件は、今年の5月で56年となった。逮捕されたとき24歳だった石川一雄さんは、80歳となった。無実の人が殺人者として56年も濡れ衣を着せられている。一日でも犯罪者として疑われるのは苦しい。それが、56年だ。國家がその苦しみを与え続けるのは、絶対に許されない。

 ◆
☆「狭山事件 50年目の心理分析」は全国書店で販売しております。勝どき書房での直売はしておりません。全国の書店で購入を。定価3200円税別  
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
ブログ読者割引直売 2000円(送料込み)
   郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房へ送金し、 
   振替用紙にブログ「狭山事件の真犯人」読者と書いてください。

◎ 俳句「雨雨雨、この國の空いつ晴れる(駿星)」
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第3回「自由俳句の会」は8月24日第4土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。8月15日ごろまでにメールで投句してください。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。8月の研究テーマは「総身にルビー残して一糸もなし」夢道物語96頁。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第35回は9月14日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「小さき村なれど」−成田の寒村でキリスト教伝道に
生涯を捧げた元幕臣飯田栄次郎の物語−
 小松栄三郎著(四六判 236頁)定価1800円税別
     全国書店で好評発売中
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
  ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
  「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
   定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  埼玉いた真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
   ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
 ………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別 ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が真相を追求
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由俳句の会」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
イメージ 1
イメージ 2
●写真は映画「獄友」の一場面。えん罪で千葉刑務所に収監されていた5人ら。左から杉山章男さん、ひとりおいて、袴田巌さん、石川一雄さん、管家利明さん、桜井昌司さん。「狭山事件 50年目の心理分析」の表紙。

★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
 ☆    「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)」    ☆
★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
   2019/07/07                      (殿岡駿星)

◆映画「獄友(ごくとも)」を見る 
  千葉刑務所に収監されていたえん罪の5人
    みんな底抜けに明るいのだが、
    どこか寂しそうな石川一雄さん◆
       
2019/07/03、妻浩佳と映画「獄友(ごくとも)」(なかの芸能小ホール)を見ました。金聖雄(Kim Sung Woong )監督のえん罪を追求するドキュメント映画シリーズ第3弾です。わたしは、狭山事件をテーマに「犯人 狭山事件より」「狭山事件の真犯人」「狭山事件 50年目の心理分析」の3冊の本を出している関係で、金監督の「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」は見たのですが、「獄友」は浩佳に誘われて見に行ったのです。

「橋本夢道物語―妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね」を読んだ浩佳の友人K氏が、作者のわたしが、狭山事件の本を出しているのを知って、ぜひ「獄友」を見てほしいと、チケットを2枚くれました。金監督に聞いて知ったのですが、K氏とはかなり仲の良い友だちだったのです。おかげさまで、出所後の5人の底抜けに明るい友だち付き合いが見られました。

いずれも殺人犯にされた5人、布川事件の桜井昌司さんと杉山章男さんは29年、足利事件の管家利明さん17年6か月、袴田事件の袴田巌さんは死刑囚として48年、狭山事件の石川一雄さんは無期懲役囚として31年7か月、千葉刑務所にいました。互いに無実を信じて「いつか出られる日までがんばろう」と励まし合ってきました。

そして、桜井さん、杉山さん、管家さんは、再審開始され無罪を勝ち取りました。ところが、袴田さんは再審開始が決定しても、まだ再審がスタートしていません。また、石川さんは、1963年5月23日に逮捕されてから56年、再審開始を求めて闘っていますが、再審開始の決定も出ていません。

5人のうち杉山さんは亡くなりました。残る4人は元気に普通の生活しています。とても明るいです。しかし、狭山事件を追求してきた私にしてみると、みんなと話をする石川さんは、どことなく寂しく見えました。袴田さんも同じで、やはり再審開始して、無実を勝ち取らないと「濡れ衣」は外せないのです。とても、大声は出せないと思います。

歌の上手な桜井さんは、CDを出しました。桜井さんが29年の獄中生活の体験を通して、作詞作曲した歌です。妻はそれを買って、当日トークに来てくれた桜井さんのサインをもらいました。桜井さんは「国家賠償訴訟」にも勝利しました。しかし、石川さん、袴田さんは、再審開始への音沙汰が感じられないのはなぜでしょう。

トークで桜井さんが話していましたが、鹿児島の大崎事件では、殺人罪で10年服役した原口ヤス子さん(92歳)の再審開始が、地裁、高裁で決定したのに、このほど最高裁で取り消しとなりました。地裁、高裁の判事の決定を最高裁の判事5人が全員一致で決めたのです。日本の判事たちが、それほど食い違う法的見解を持つのでしょうか。いったい、その裏にどんな「忖度」があるのでしょうか。

石川さんが、今年5月23日の「不当逮捕56カ年糾弾再審実現集会」に向けての声明で「裁判所を動かすのは,一にも二にも世論の喚起でないかと思うのです」といっていたように、われわれ1人ひとりが、声を大にして叫ばねばならないと思いました。

◆「南瓜大玉の日の本國憲法私案」の著者
             南瓜先生の意見◆

日の本國はえん罪事件が後を絶たない。それは、自白偏重の捜査が江戸時代、明治時代、戦前、戦後を永遠に続いているからだ。日の本國憲法の38条を知っていると思う。「何人も、自己に不利益な供述を強要されない。強制、拷問若しは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることはできない」とある。

しかし、狭山事件も、足利事件も、袴田事件も、多くのえん罪事件が、長期の勾留の後に自白している。狭山事件は1963年5月1日に発生、23日に石川さんが逮捕された。石川さんは否認したが、6月に再逮捕され、兄の犯行と思わされ「自白したら10年で出してやる」という約束で、ウソの自白をした。一審の浦和地裁では死刑の判決。

ところが、留置場の風呂で元気な顔をしている石川さんを見て、留置場仲間から「お前、死刑判決が出ているのに、なぜ平気なんだ」と聞かれ「オレは10年で出る約束だから、死刑にならない」と答えた。とんでもない、お前は警察にだまされている。控訴しないと本当に死刑になるぞ、といわれ、初めて自分がだまされたと分かったのだ。

殿岡氏の推理によると、誤字脱字だらけの脅迫状が女子高校生の自宅玄関に置かれ、家族が警察に届けた。それを読んだ警察は、小学校もろくに行っていない、被差別部落の男が犯人と考えた。最初から差別的な捜査だった。

死体発見の畑の近くに、養豚場から盗んだスコップが見つかった。このスコップで死体を埋めたと考えた警察は、養豚場で働いている男たちを調べた。捜査の範囲を狭山市の被差別部落に住む、字がかけない、養豚場と関係がある、血液型がBの男を捜した。石川さんが浮かんだ。

石川さんは養豚場で働いていた。血液型もB、字が書けない。犯行当日のアリバイがなかった。5月23日に逮捕した。実際には殺していないのに、矛盾だらけの自白を誘導した。

詳しい話は「狭山事件 50年目の心理分析」を読んでもらえば理解できるが、殿岡氏はこの本で、真犯人がだれか、と断定していない。読めば、なんとなく真犯人らしい人物が浮かんでくる。しかし、それはあくまで、浮かんでくるだけで、その人物が犯人とはいっていない。

しかし、世間では殿岡氏の推理を「○○氏犯行説」とかいって、まるで真犯人がだれかを断定しているようにいっている人がいる。それは大間違いだ。それから、殿岡氏の説を否定する意味で、「犯人は女子高校生の死体を農道に埋めているが、とても一人では不可能で、故に殿岡説は間違いだ」などと主張している。殿岡氏によると、死体を埋める点だけをクローズアップして、単独犯を否定するのはおかしい、という。

たしかに、その通りだ。殿岡氏の推理は多岐に亘っている。死体を埋める事実はその一部だ。それだけを、否定して、推理を全部否認するのはおかしいね。まあ、とにかく読んでみてくれ。

 ◆
☆「狭山事件 50年目の心理分析」は全国書店で販売しております。勝どき書房での直売はしておりません。全国の書店で購入を。定価3200円税別  
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)

☆「南瓜大玉の日の本國憲法私案」も全国の書店で販売しています。勝どき書房の直売希望の場合は、送料込み2000円です。下記に送金をお願いします。
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 

◎ 俳句「雨雨雨雨雨この國の雨、いつ晴れる(駿星)」
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第34回は7月13日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第3回「自由俳句の会」は8月24日第4土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「小さき村なれど」−成田の寒村でキリスト教伝道に
生涯を捧げた元幕臣飯田栄次郎の物語−
 小松栄三郎著(四六判 236頁)定価1800円税別
     全国書店で好評発売中
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
  ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
  「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
   定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  埼玉いた真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
   ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
 ………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別 ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が真相を追求
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由俳句の会」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
イメージ 1
    ●「狭山事件 50年目の心理分析」の表紙の写真

★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
 ☆    「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)」    ☆
★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
   2019/05/23                                   (殿岡駿星)

◆狭山事件から56年
  5.23不当逮捕糾弾集会へ向けて
     石川一雄さんのメッセージ◆
       
◆不当逮捕56カ年糾弾再審実現集会へ向けて 
       5.23  石川一雄さんのメッセージ

再審の扉を開けぬまま、不当逮捕56年を迎えてしまったことは至極残念で悔しい思いでありますが、第3次再審においては、私の無実を示す証拠は沢山提出されているので、必ずや再審開始を勝ち取るべく、今年も県下各地より決起集会にご参集頂けたものと思われ、例年の事ながら、支援者各位に心より感謝の意を表しておきたいと思います。

私は当然の事乍ら、今時の第3次再審請求に命を懸けて活動を展開している訳ですが、恐らく現在の状況から察して、今年の後半は裁判所が鑑定人尋問などの事実調べをおこなうかどうかのヤマ場を迎えると思われ、それだけに、皆さん方の最大限のご支援は不可欠であり、皆さんのご理解とご協力を伏して願わずにおれません。

一方、弁護団も確定判決で有罪の根拠と指摘した全ての証拠と検察官の反証・反論に対して、科学や医学の力をもって潰した上で、裁判所に鑑定人尋問と再審開始を求めて意見書を提出する由であり、だからこそ、今が如何に重要であるかを皆さんの胸に刻んで頂きたいのです。裁判所を動かすのは,一にも二にも世論の喚起でないかと思うのです。

楽観できませんが、前述のように、私を殺人犯にデッチあげるため、警察、検察の自白の強要、証拠のねつ造、証拠隠しがおこなわれ、長い闘いの年月を要しましたが、これだけ冤罪の真相が新証拠によって暴かれた今、最早、真相究明のために、法廷の場で明らかにしないわけにはいかないと思います。

そのためにも、あせることなく今の第3次再審の闘いで必ず勝利するとの決意で、私も全力で闘って参りますので、何卒皆さん方も私の冤罪を晴らすべく可能な限りご支援を賜りますよう衷心よりお願い申し上げて、不当逮捕56カ年糾弾再審実現集会のご挨拶に代えさせて頂きます。

2019年5月23日 
                         石川 一雄
「冤罪 狭山事件」より全文転載 http://www.sayama-jiken.com/ ;

◆「南瓜大玉の日の本國憲法私案」の著者
     南瓜大玉先生の意見◆

狭山事件は1963年5月1日に発生した。その月の23日に石川さんが逮捕された。そのころの報道では、だれもが石川さんの犯行だと思った。なにしろ、石川さんの自宅勝手口の鴨居の上から、被害者の女子高校生の使っていた万年筆が出てきたんだから、それが報道されたら世間ではみんな犯人だと思ったね。

しかし、殿岡駿星氏の書いた「狭山事件 50年目の心理分析」によると、その万年筆はニセモノだった。とにかく、これほど徹底したでっち上げ事件は、珍しいね。女子高校生は学校帰りに殺されて、カバンも教科書も死体とは別の場所で見つかった。カバンの中に筆箱がなかったので、おそらく犯人が持ち帰ったのだろうと警察は考えた。しかし、筆箱の中にあった万年筆だけを石川さんが持ち帰ったのだろうか。

石川さんは字をほとんど書けなかった。それなのに、万年筆だけを自宅に持ち帰る必要があったのだろうか。さらに、問題はその万年筆のペン先がほとんど使用していない、という検定結果が出ている。中のインクがブルーブラックだった。ところが、女子高校生は殺される前日まで、ライトブルーのインクを使っていた。だれが、インクを取り替えたのか。

万年筆が置いてあった、勝手口の鴨居というのは、戸を開けたらすぐ上だ。外からだれかが手を伸ばせば置ける場所だ。そんなところに、女子高校生の万年筆を隠すだろうか。仮に石川さんが犯人だったら、証拠の品をそんな場所に置かないだろう。押し入れの奥とか、天井裏とかに隠すのではないか。いや、むしろ雑木林に捨ててしまうだろう。石川さんは字を書かない人だからね。

殿岡氏の推理によると、逮捕された石川さん宅を捜索しても、証拠の品が何も出ないために、だれかが万年筆を置いたのではないか、というのだ。それも、新品の万年筆だ。インクはライトブルーでなく、ブルーブラックだと思い込んでいた。しかし、女子高校生の家族が「ホンモノ」と認めたので、それは重要な証拠となってしまった。

ワシもその当時は学生だったので、報道でしか事件の内容は分からなかったが、自宅から女子高校生の万年筆が出てきた、と知ったときは、石川さんが犯人だと信じたね。この事件に対する関心はなくなった。ところが、「狭山事件 50年目の心理分析」を読んで、事件がまったく違う筋書きだと分かったのだ。

誤字脱字だらけの脅迫状が女子高校生の自宅玄関に置かれ、家族が警察に届けた。それを読んだ警察は、小学校もろくに行っていない、被差別部落の男が犯人と考えた。最初から差別的な捜査だった。

死体発見の畑の近くに、養豚場から盗んだスコップが見つかった。このスコップで死体を埋めたと考えた警察は、養豚場で働いている男たちを調べた。捜査の範囲を狭山市の被差別部落に住む、字がかけない、養豚場と関係がある、血液型がBの男を捜した。石川さんが浮かんだ。

石川さんは養豚場で働いていた。血液型もB、字が書けない。犯行当日のアリバイがなかった。5月23日に逮捕した。実際には殺していないのに、矛盾だらけの自白を誘導した。

詳しい話は「狭山事件 50年目の心理分析」を読んでもらえば理解できるが、殿岡氏はこの本で、真犯人がだれか、と断定していない。読めば、なんとなく真犯人らしい人物が浮かんでくる。しかし、それはあくまで、浮かんでくるだけで、その人物が犯人とはいっていない。

しかし、世間では殿岡氏の推理を「○○氏犯行説」とかいって、まるで真犯人がだれかを断定しているようにいっている人がいる。それは大間違いだ。それから、殿岡氏の説を否定する意味で、「犯人は女子高校生の死体を農道に埋めているが、とても一人では不可能で、故に殿岡説は間違いだ」などと主張している。殿岡氏によると、死体を埋める点だけをクローズアップして、単独犯を否定するのはおかしい、という。

たしかに、その通りだ。殿岡氏の推理は多岐に亘っている。死体を埋める事実はその一部だ。それだけを、否定して、推理を全部否認するのはおかしいね。まあ、とにかく読んでみてくれ。

そして、石川さんが無実と確信したら、56年もえん罪に苦しんでいる一人の日の本人を支援してほしい。どんな方法でもいい。國民の一人として、叫んでほしい。人を殺していないのに、殺人者とされている人がいる。それは絶対に許されないのだ。

 ◆
☆「狭山事件 50年目の心理分析」は全国書店で販売しております。勝どき書房での直売はしておりません。全国の書店で購入を。定価3200円税別  
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)

☆「南瓜大玉の日の本國憲法私案」も全国の書店で販売しています。勝どき書房の直売希望の場合は、送料込み2000円です。下記に送金をお願いします。
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 

◎ 俳句「この國の空いつ晴れる56年(駿星)
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第34回は7月13日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2回「自由俳句の会」は6月8日第2土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。
    メール syunsei777@yahoo.co.jp  殿岡駿星
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
イメージ 2
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
  ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
イメージ 3
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
  全国書店で発売、勝どき書房で直売もしています
  2160円(送料込み)で受け付けおります
……………………………………………………………………………
イメージ 4
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2000円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
  勝どき書房で直売はしていません。   
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
    直売希望の方は下記へご送金ください。
  郵便振替NO 00120-9- 538001  資)勝どき書房
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   「死刑制度」のある国は民主国家ではない
   忠臣蔵、最後の脱盟者毛利小平太の言い分とは?
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女性週刊誌記者が1963年5月狭山市で発生の
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別  ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が編集局長から
 特命を受け事件の真相を追究する
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由の杜」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イメージ 1
                              ●「狭山事件 50年目の心理分析」の表紙の写真

★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
 ☆    「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)」    ☆
★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
   2019/05/06                      (殿岡駿星)

◆脅迫状を頭から信じたのでは事件は解決しない
  事件発生の日に見つかった脅迫状
  なぜ警察はそれに引き込まれたのか?
         「狭山事件 50年目の心理分析」
            「日の本國憲法私案」の著者
        南瓜大玉の意見を聴く◆

1963年5月1日に埼玉県狭山市で発生した狭山事件は、一通の脅迫状からスタートした。
「子供の命がほ知かたら5月2日夜12時に
 金二十万円女の人がもってさのヤの門のところにいろ」
で始まるこの脅迫状で、女子高校生が誘拐されたと警察は判断した。

字は下手で、誤字が多く、ところどころ間違っている。たとえば、警察のことを「刑札」と書いたりしている。警察は、この字から、小学校もろくに行っていない、被差別部落の男が犯人と考えた。

しかし、小学校もろくに通っていない男なら、「刑札」とは書かない。「けいさつ」とか「ケイサツ」と書くのだ。「命がほ知かたら」というのも、おかしい。「し」という字を知らないで「知」と書くのは常識的に考えられない。

ところが、警察はそれを「犯人が書いた」と信じてしました。だいたい、脅迫状というものは、犯人が自分の素性を知られたくないので、ウソを書くものだ。「金二十万円」が欲しかったように思えるのだが、実際には「佐野屋」の店の前で、被害者の姉が立っていたが、犯人は「時間がない」といって消えてしまった。

脅迫状は最初からウソだったのだ。詳しい話は、事件の真相をプロファイリングして真相を解明した「狭山事件 50年目の心理分析」(殿岡駿星著・2012年5月23日刊行)を読んでくれたら分かる。それで、今日は狭山事件について「南瓜大玉の日の本國憲法私案」の著者南瓜先生の意見を聞いてみた。

  ◆南瓜大玉(かぼちゃだいおう)先生の話◆

「狭山事件 50年目の心理分析」は、内容的に充実していて勉強になった。これを読めば事件の真相は解明できていると確信する。

ただ、残念なのは、事件発生当初、警察が脅迫状の内容を信じてしまった。実際には、金を目的にした誘拐ではない。女子高校生を強姦して殺した事件なんだ。しかし、「二十万円」というのに、引っ張られて、佐野屋の前に被害者の姉を立たせ、そこへ来た犯人を取り逃がしてしまった。

最初から「二十万円」が目的でないと分かっていたら、犯人が現れた瞬間に警察官が突撃したはずだ。しかし、金が目的だと信じていたので、姉の前に現れたところで、現行犯逮捕しようとしていた。ところが、犯人は金よりも、逃げるのが目的だったので、消えてしまった。

消えてからも、刑事たちはしばらく待っていた。もう一度、金を奪いに出てくると思ったのだ。なにしろ「金二十万円」を持って来いと犯人が脅迫状に書いているので、必ず金を取りに来ると思ったのだ。それが、そもそもの大間違いだった。

なぜ、警察は脅迫状の書いてある文字を信じてしまうのだろう。かつて、西宮で朝日新聞の阪神支局事件があり、記者二人が散弾銃で撃たれ死傷した。この事件の場合も、その直後に犯行声明があった。

警察は、この事件の場合も、犯行声明の内容を信じてしまったようだ。犯行声明は、右翼の犯行と思わせる内容だった。それで、右翼関係者を徹底的に調べたらしい。しかし、ワシは最初から、この犯行声明の内容はウソだと思ったね。

狭山事件と同じだよ。本当の話を書いたら、犯人が分かってしまう。「反日・朝日」と書いているが、具体的にどの記事がどのように「反日」なのか書いていない。それも、阪神支局の記者が殺されたのだから、阪神支局のどの記事がおかしいのか、書いてもいいはずだ。その後、名古屋の社員寮、静岡支局、東京本社などを攻撃したが、なぜ名古屋なのか、なぜ静岡なのか、声明文で説明はしていない。

ワシは、阪神支局の記者を殺傷した動機は、まったく別にあると推理した。警察は見当違いの捜査をしたんだと思う。だからといって、犯人がだれなのかは分からない。ただ、右翼関係者ではないと思うね。

狭山事件の場合も、脅迫状から、小学校の3年生ぐらいから学校に行かなかった、石川一雄さんを逮捕した。まともに、字が書ける男は容疑者にならなかった。そして、石川さんは血液型がBで、被害者の体内にあった精子からB型の男が犯人と分かったので、ますます容疑が濃くなった。

しかし、字が書けない男が犯人なら、最初から脅迫状は書かないだろう。誘拐したら、被害者の自宅に電話したらいいだろう。「20万円用意して佐野屋の前にいろ」と伝えたらすむ話だ。それを、脅迫状にした理由はなんだ。脅迫状は犯行現場から4キロも離れた被害者の自宅に運ばなければならないが、電話なら犯行現場近くの公衆電話からかければ済むのだ。

ワシは、警察の捜査方法が失敗だったと思うね。「狭山事件 50年目の心理分析」を読んで、つくづくそう思うよ。

狭山事件は、発生から56年も過ぎてしまった。えん罪に苦しんでいる石川一雄さんは80歳になった。再審開始を求めて今日も闘っている。どうか、支援してほしい。事件について知りたい人は、ぜひ殿岡駿星氏が書いた「狭山事件 50年目の心理分析」を読んでほしい。
 ◆
☆「狭山事件 50年目の心理分析」は全国書店で販売しております。勝どき書房での直売はしておりません。全国の書店で購入を。定価3200円税別  
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
☆「南瓜大玉の日の本國憲法私案」も全国の書店で販売しています。勝どき書房の直売希望の場合は、送料込み2000円です。下記に送金をお願いします。
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 

◎ 俳句「よかったね夫婦ツバメのお引っ越し(駿星)」
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第33回は5月11日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2回「自由俳句の会」は6月8日第2土曜日午後2時から開催します。メール投稿も可能です。季語や、575のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。橋本夢道の俳句を学び、また自作発表の場とします。投句の中から金銀銅賞を選定し、ブログで報告します。年会費は1000円です。
    メール syunsei777@yahoo.co.jp  殿岡駿星
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
  ……………………………………………………………………………
イメージ 2
◆『橋本夢道物語  妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』
  殿岡駿星著・46判上製・424頁、口絵8頁、定価1900円・税別
  激動の昭和を反骨の精神で生き抜いた自由律俳人橋本夢道の生涯
  ◇全国の書店で発売・「月島・相田書店」に常備。
   ブログ読者の直売特別割引  1000円(送料込み)
……………………………………………………………………………
◆「橋本夢道の獄中句・戦中日記 
   大戦起るこの日のために獄をたまわる」
  殿岡駿星編著(A5版、320頁)定価 2000円税別
  全国書店で発売、勝どき書房で直売もしています
  2160円(送料込み)で受け付けおります
……………………………………………………………………………
イメージ 3
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2000円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
  勝どき書房で直売はしていません。   
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
……………………………………………………………………………
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
    直売希望の方は下記へご送金ください。
  郵便振替NO 00120-9- 538001  資)勝どき書房
  ………………………………………………………………………………
◆「こんばんは、毛利小平太です。−霊談忠臣蔵−」
       殿岡駿星著・46判上製・360頁。
   切腹も仇討ちも討ち入りも人殺しは間違いだ
   「死刑制度」のある国は民主国家ではない
   忠臣蔵、最後の脱盟者毛利小平太の言い分とは?
   定価2000円・税別・ブログ読者割引 送料込み1000円
…………………………………………………………………………………
◆「火 みちのく一関忠臣蔵」小野寺苓著
   46判・ハードカバー、332頁、2000円税別
  全国書店で好評発売中。火は常に胸中に在り、
  灯りにもなれば、火事にもなる。
  小野寺苓のみちのく歴史小説シリーズ第3弾。 
 勝どき書房の直売はありません。書店に注文してください。
………………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女性週刊誌記者が1963年5月狭山市で発生の
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別  ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
◆「新聞記者はなぜ殺されたのか」殿岡駿星著・46判並製・328頁
 毎朝新聞さいたま支局記者が殺され、さいたま困民党を
 名乗る犯行声明が届いた。親友の記者が編集局長から
 特命を受け事件の真相を追究する
 定価2300円税別・ ブログ読者直売割引1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
 □勝どき書房から直売希望の場合は下記に送金をお願いします
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「自由の杜」 https://blog.goo.ne.jp/jiyuuhaiku
☆「自由俳句の会」 https://blogs.yahoo.co.jp/sen2ousyunkai
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「夢道サロン」(橋本夢道の会) http://blogs.yahoo.co.jp/tukisimamudou
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆「勝どき物語」 https://blogs.yahoo.co.jp/nhksirami
☆「勝どき書房 書籍案内」  https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イメージ 1
                                      ●「狭山事件 50年目の心理分析」の表紙の写真

★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
 ☆    「狭山事件の真犯人」(勝どき書房)」    ☆
★〜★★〜★〜★〜★★☆★(*^_^*)★☆★★〜★〜★〜★
   2019/01/06                                  (殿岡駿星)

◆「狭山事件 50年目の心理分析」
  出版から7年、まだまだ好評です。
    「日の本國憲法私案」の著者
        南瓜大玉の意見を聴く◆

狭山事件の真相をプロファイリングして解明した「狭山事件 50年目の心理分析」(殿岡駿星著)は、2012年5月23日に勝どき書房から刊行しましたが、出版から7年を経過しても、むしろ注文が増えています。7年もすると、ほとんど売れないのが普通ですが、この本は違います。なぜなのでしょうか。「南瓜大玉の日の本國憲法私案」の著者南瓜先生の意見を聞いてみました。

  ◆南瓜大玉(かぼちゃだいおう)先生の話◆
イメージ 2
                         ●南瓜大玉先生の似顔絵

「狭山事件 50年目の心理分析」はワシも読んだが、狭山事件に関する本としては、かなり詳しく内容的に充実していて勉強になった。ただ、残念なのは、最近になって売れているというのが信じられない。どうしたのだろう。事件は1963年5月1日に発生、容疑者として石川一雄さんが逮捕されたのは、5月23日だ。すでに、事件から55年も経過している。

反応が遅いよ。石川一雄さんは55年も濡れ衣の辛さ、苦しさに生きている。殺人犯人とされて、55年だよ。分かるかね。人に疑われるという苦しみを。それも、殺人だ。人殺しとして55年も濡れ衣の苦しみの中にいる。

石川さんは、犯行を自供している。やっていないのに、なぜ自白したのだ、と素人はいう。しかし、日の本の司法は江戸時代から変わっていない。世界でも珍しい自白偏重の捜査を続けているのだ。今市事件の勝又拓哉被告の場合もそうだが、殺人の自白が唯一の証拠なのに有罪にされている。

欧米の民主化された國では、逮捕から1日から3日ぐらいで保釈される。それから、裁判になる。しかも、取り調べでは弁護士が立ち会う。未成年の場合は両親か家族が立ち会える。ところが、日の本では、逮捕、送検、勾留、勾留延長、再逮捕、送検、勾留、勾留延長と、長期間の勾留が続くのだ。NISSANのゴーンさん、籠池泰典・諄子夫妻の場合をみてもわかるだろう。一度逮捕したら、簡単には外に出さないのだ。

しかも、拘置所は冷暖房なし。面接に行った友人が「南瓜くん、拘置所は冷房があったよ。涼しくて快適だった」なんていっていたけど、それは一般の人がいる待合室とか、職員がいる事務所だろう。よく調べろといいたいね。容疑者を閉じ込めている独房や雑居房は冷暖房なしだよ。とにかく、長期拘留して容疑者を苦しめる。

その理由が、自白を求める検察、警察の姿勢だ。石川さんの場合もそうだ。最初の逮捕から勾留、勾留延長までは、自白しなかった。ところが、再逮捕、勾留となって、警察官から「兄の犯行」と思い込まされ、兄をかばうために自白してしまう。兄は建設業を営む一家の大黒柱だった。ところが石川さんは、失業中だった。

今、兄が逮捕されたら、一家は生活できなくなる。それで自分が殺したと自白した。「刑事さん、兄貴は逮捕しないでくれ」というと、「大丈夫だ。お前が自白したら、監獄に入っても10年で出してやる。これは男と男の約束だ」といって、石川さんをだました。

それから、石川さんは殺人を自白するのだが、本当に殺していないので、矛盾だらけの自白を続ける。「狭山事件 50年目の心理分析」は、その矛盾を追及している。犯人ではないので、取り調べの刑事に言われるとおり、自白している。

たとえば、自転車だ。石川さんは、脅迫状を持って、被害者の自転車に乗って、被害者の自宅に行った。そこで、被害者を誘拐したという脅迫状を玄関のドアに差し、殺害現場に戻っている。ここで、石川さんは被害者の自転車を、物置の前に置いて、歩いて殺害現場へ戻ったと自白した。

ところが、殺害現場は4キロも離れている。歩いたら、1時間はかかる。なぜ、自転車を被害者の家に残したのだ。その日は、土砂降りの雨だった。雨の中を、自転車で被害者の自宅へ脅迫状を届けたなら、その自転車をなぜ被害者宅に置いて、自分は歩いたのだ。おかしいと思うだろう。「狭山事件 50年目の心理分析」は、そのあたりをしっかり、心理的に分析している。

人の心を無視した捜査はあり得ない。被害者の自転車だ。それに乗って、被害者の自宅へ行くのもおかしい。もし、女子高校生の帰宅が遅いので心配していた、被害者の家族に見つかったら「お前、なぜうちの娘の自転車に乗っているのだ」と追及される心配があった。さらに、その自転車を、被害者宅に置いて、なぜ歩いて殺害現場へ行ったのだ。不思議だね。

雨の中を殺害現場まで歩くよりも、自転車の方が楽だろう。さらに、その自転車は、被害者宅の物置のひさしの下、いつも被害者が置いている場所に置いている。石川さんは、殺害した女子高校生にそれまで1度も会っていない。それなのに、女子高校生がいつも自転車を置く場所を知っていたのだろうか。その場所にきちんと、自転車を返却しないといけないという律儀な心になってしまうのだろうか。

おかしい話だ。この事件は、検察の言い分をそのまま読んだら、それはそれで納得できるかもしれない。しかし、殿岡駿星氏が書いているように、心なのだ。人には心がある。その心を無視して事件は解明できない。「狭山事件 50年目の心理分析」は、心を読む本だ。なんとしても、55年間、えん罪に苦しむ石川さんを支援してほしい。今年こそだ!
イメージ 3
        ●写真は2011年狭山市の現地本部で石川一雄さんと握手する殿岡駿星。        
  ◆
☆「狭山事件 50年目の心理分析」は全国書店で販売しております。勝どき書房での直売はしておりません。全国の書店で購入を。定価3200円税別 
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)

☆「南瓜大玉の日の本國憲法私案」も全国の書店で販売しています。勝どき書房の直売希望の場合は、送料込み2000円です。下記に送金をお願いします。
    郵便振替NO  00120-9- 538001  資)勝どき書房 

◎ 俳句「寒の入りなぜか無口で仕事する(駿星)」
…………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「夢道サロン」第33回は5月11日(第2土曜日)午後2時から5時まで、勝どき書房の「橋本夢道資料室」で開催します。参加者には自由なテーマで話してもらいます。「橋本夢道・俳句」「狭山事件・えん罪」「憲法・政治」「歴史」など。その内容はブログ「夢道サロン」などで紹介します。聞くだけでもけっこうです。参加費無料。初めて参加希望の方は事前にメールをください。 syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「自由俳句の会」は4月13日に発会します。参加希望者を募ります。メール投稿も可能です。原則として偶数月の第2土曜日午後2時から、勝どき書房「橋本夢道資料室」で開く予定です。「自由俳句の会」は、季語や、五七五のリズムにこだわらず、自由な気持で俳句を作り学ぶ会です。戦前、「昭和俳句弾圧事件」で検挙された月島に住む橋本夢道は「大戦起るこの日のために獄をたまわる」「妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね」という句を作っています。夢道の作品を学び、また自作発表の場としたいです。遠くにお住まいの方は、俳句だけでなく短歌、詩の好きな人もぜひ参加してください。年会費は1000円です。
    メール syunsei777@yahoo.co.jp  殿岡駿星
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★〜★〜★〜★〜★ 勝どき書房の本紹介★〜★〜★〜★〜★
  ◆本にしたい原稿がありましたら、ご相談ください。
……………………………………………………………………………
◆『狭山事件 50年目の心理分析』殿岡駿星著・46判並製440頁
 「狭山事件・取材ノート」を土台に事件のデータ、
 家族の証言などを心理的に分析し事件の真実を追求。
  全国の書店で購入を。定価3200円税別  
  勝どき書房で直売はしていません。   
    ◇築地・弘尚堂書店に常備しております。(0335410333)
……………………………………………………………………………
◆『南瓜大玉の日の本國憲法私案』南瓜大玉著・46判並製272頁
 ちょっと待てよ!日本憲法を「私」ならこう変える。
   「檻」も「框」も取り払って
 天皇制廃止・大統領制・国防軍・地方自衛隊
 都道府県やめて10州制・司法改革・死刑廃止
 脱原発・教育委員選挙制・ベーシックインカム……
   南瓜先生の信州別所温泉の講演記録です。
  定価2000円税別・全国書店で好評発売中
 ブログ書籍案内で紹介 https://blogs.yahoo.co.jp/asashiounnga
  直売希望の方は、下記に2000円を送金してください。
   郵便振替 00120-9- 538001  資)勝どき書房
 ……………………………………………………………………………
◆「狭山事件の真犯人」殿岡 駿星著・46判上製・302頁
  犯人とされている石川一雄さんは無実だ
  女性週刊誌記者が1963年5月狭山市で発生の
  女子高校生殺人のトリックを暴き真犯人を推理
   定価1800円税別  ブログ読者直売割引 1000円(送料込み)
………………………………………………………………………………
イメージ 4
◆『三億円事件の真犯人』殿岡 駿星著   ・46判上製・332頁
  現在の貨幣価値にして50億円に相当する現金強奪事件
  真犯人が40年後に事件のすべてを語る
  BSスカパー・テレビ東京に著者が出演、真相を語る
  ◇第2版・好評発売中 定価1700円・税別
  勝どき書房直売の場合は送料込み 2000円です。
    直売希望の方は下記へご送金ください。
  郵便振替NO 00120-9- 538001  資)勝どき書房
  ………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★「勝どき書房」のネット配信、ブログのアドレス
☆「殿岡駿星」   https://ameblo.jp/ashashio10ri10n  ;
☆「コラムゆりかもめ」 http://blogs.yahoo.co.jp/syunsei777
☆「狭山事件の真犯人」http://blogs.yahoo.co.jp/sayama506351
☆「三億円事件の真犯人」  http://blogs.yahoo.co.jp/koureipaso
☆無料メルマガ「コラムゆりかもめ」  http://www.mag2.com/ 
 ◆ メールでの連絡は  syunsei777@yahoo.co.jp  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事