ここから本文です
Don't be intimidated. Speak your truth.


2:12から聞き始めて遠くからの銃弾、2:15からもっと近くでバチバチという銃弾が聞こえる。2つの別の銃からの別の種類の音が同時にオーバーラップして聞こえる。
射撃犯は2人いるという証拠。


2:12  distant shooting  遠くからの銃弾の音(音がこもっている)
2:15  nearby shooting 近くからの銃弾の音(バチバチとつんざくような高い音で音が大きい)
(overlaps) オーバーラップする。
2:21 someone shouts: "2 shooters! 2 shooters!"
   男性が「射撃犯が2人いる!射撃犯が2人いる!」と叫んでいる。



2:42 ~ Distant shooting 遠くからの銃弾の音(音がこもっている)
2:47~ Nearby shooting (high-pitch) 近くからの銃弾の音(バチバチとつんざくような高い音で音が大きい)
2:49~ Distant shooting 遠くからの銃弾の音
(some overlapping)少しだけオーバーラップしている。

遠くで撃っている音と近くで撃っている音は周波数が全く違うので素人もよくわかる

目撃者証言 1:20~

イメージ 1

「私たちはみんな走り始めた。そしたら奴らが中に入って来た。
 人間業でも物理的にも、ホテルにいた男だけが唯一の射撃犯というのはありえない。」

警察1:「射撃実行犯がフェアグラウンドの中にいる!」
Police 1: "We have an active shooter inside the Fairground" 

赤○を付けた所がマンダレイベイ

警察2:「管理官、連絡します。銃弾は7番ゲートから来ています」


Police 3: "Shooter's shots coming from Mandalay Bay! Half way up!" 
警察3: 「射撃犯の弾はマンダレイベイホテルの半分くらいの階から着ている」
半分は32F からはほど遠い。

32F というのは嘘なのか

06:31~ "At least 2 shooters with fully automatic weapons"  
警察4の声:「フルオート銃を持った射撃犯が少なくとも2人いる」

Law enforcement themselves said the shooter couldn't have acted alone.
法施行機関自身が、「犯人は単独で行動していたのはありえない」と発言していた。



06:59~
First-hand police officer: "Control. Confirmed, I have. We have casualties at Alibaba and Geils, East of Catholic Shrine, as well as in the Mandalay Bay. So we have two scenes." 
「管理官。確認しました。死傷者がカソリック殿堂の東のアリババ&ゲールに出ています。マンダレイベイホテルにもいます。よって現場は2つあります。」

さらに、ニューヨークニューヨークの中から銃弾が発射された。
Also, shots fired inside of New York, New York.
Officer: "Control. We have shots fired inside New York, New York. "


07:22 
警察(女性):「フロントデスクに射撃犯がいたとの情報がありました。実行中の射撃犯が、ニューヨークニューヨークのエスカレーターから降りてきたかもしれないとの情報がありました。」


さらに、トロピカーナで、医者/衛生兵が撃たれたとの報告があった。

Active shooter reports of medics under fire near the Tropicana
Officer: "Control. I got medics reporting, they're getting shot at Tropicana"
「管理官。救急医療隊員から、撃たれているとの報告がされています。トロピカーナで撃たれています。」

Officer 2(女性): ”Control. Be advised. Active shooter at Tropicana. Active shooter at Tropicana." 
「管理官。連絡します。トロピカーナに実行中の射撃犯がいます。」

Officer 2(女性):  "There's one WMA(white male adult) in black fatigues in a white RV near Cobalt? in Tropicana, self up"
「トロピカーナのコバルトに?白いRVに乗った?黒い軍服を着た白人男性がいます。??」


シーザー&ベラジオでも銃が発射されていた。目撃者証言とも一致。
Officer(女性): ”Be advised we're getting shots fired at Caesers and Bellagio" 
- backed up by eyewitness testimony


Eyewitness at the Bellagio: "The shots came firing in through the front door of the Lobby and the mass chaos." 

ベラジオにいた目撃者:「私が知ってるのはベラジオのことだけだけど。ロビーの玄関ドアから銃弾が発射されてきた。すごいカオスになった。夫はテーブルの下にもぐり、私は...」




イメージ 2
<要約>
ラボの科学者であり、熱狂的な長距離ターゲット射撃者のMike Adamsさんの話。

銃弾は、銃口を発射されたときから、音の3倍の速さで到達する。
だから、銃弾が舗道を撃った音と、銃弾が発射された時の射撃音が到着するまでのタイムラグを測れば、発射された場所までの距離を特定することができる。

射撃音は、遠ければ遠いほど、空気を通してやってくる(波形が長い)ので、鈍い低い振動音になる。逆に、近ければ近いほど、ハイピッチの高周波数の音になる。

第一次、第二次世界大戦やベトナム戦争を経験した兵隊たちは、どこから発砲されたのか、射撃音の周波数スペクトルから、自分の耳で、どのくらい遠いかを推測していた。

7:12〜、近くから撃たれた射撃音の後、遠くから撃たれた音があるのを聞いてください。
イメージ 3


7:25~ 高周波音の音だけを聞いてください。

イメージ 4

では、7:41~、遠くから長距離を通してあなたの耳または録音装置に到達するときの音を聞いてください。低周波数音です。

イメージ 5
イメージ 6


タイムラグから、銃弾が発された場所からの距離を測りました。
射撃犯は2人います。
Shooter#1は、388~435Mの距離から撃っていました。これはマンダレイベイと一致しています。

Shooter#2は、録音装置から228〜251Mの距離の場所から撃っていました。
地図の中の、青の点々の線の○ではさまれた場所のどこかに犯人がいたことになります。FBIならピンポイントで特定できるはずです。

地図で見るとこれくらいの距離です。

イメージ 7


射撃犯は3人いたかもしれない、4人かもしれない。私にはわからない。でも私は2人はいたことを確実に知っている。
でも、FBIやメディアによってその可能性が消されてしまった。
私はFBIを助けたいと思っているよ。喜んで時間をボランティアしたい。
私は愛国者だ。同胞のアメリカ人が銃弾に倒れるのを見たくない。この悪い奴とこいつを幇助した他の奴を捕まえたい。

私たちはそいつを特定しなければならない。それが、殺された無実の人たちに敬意を払える唯一の方法だ。

2人目の射撃犯の可能性を排除して、彼らの名誉を汚すつもりか?
FBIからプッシュされた政治的なナラティブを理由に?

私はこの凶悪事件の真相を究明したいのだ。
アメリカにもう1度安全になってほしい。
撃たれずにコンサートに行けるようになりたい。
だからすべてのデータを見てほしいんだ。
FBIがプッシュしたいナラティブに合わないからといって、気に入らないデータは無視するのでなく。

そんなのアメリカでは通用しないよ。
It doesn't fly in America.

ごめんよみんな。無理だから。
Sorry folks, doesn't fly.

私たち市民、個人の科学者、個人の発行者、武器愛好家・・・・
私たちはバカじゃないんだよ。私たちは自分でこれを特定することができる。
弾道学だって数学だって理解してる。音響分析だってできる。
地図を得ることもできる。すべてを合わせて考えることもできる。
私たち市民は本当にこの件について、同情心を持っているから。

現時点では、今回の件について真の質問をしているのは我々独立メディアだけだよ。メインストリームメディアは、数学、物理学、銃器に関して無教養なだけではない。毎日何を言うべきかを命令されるだけなんだ。
もう実際のジャーナリズムをやらなくなった。
捜査ジャーナリストではない。
公式ナラティブのためのパペットであり、売春婦だ。
その公式ナラティブってのは、全くの嘘だ。

多くの人がこれをカバーしている。
独立メディアとその分析を応援してください。
そして広めてください。
フェイクなナラティブを暴き、法施行機関にもっと証拠や手掛かりを提供しよう。
そしてこの凶悪犯罪を犯した射撃チームを捕まえようよ。
それだけだ、私が望むのは。

<おわり>

その他重要アップデート

警察がパドックの車について聞かれたら、後ろのFBIエージェントが話すなと小声で指示。
The police was told by the agent behind him "Don't go there" when asked about Steven Paddock's car.



この動画の1:13で音声を確認できます☝


THE HORRIFYING TRUTH YOU'RE NOT BEING TOLD ABOUT THE VEGAS EVENT


VEGAS CASE CLOSED: The Nail In The Coffin!


This FBI handler Aaron Rouse before being assigned as special agent in charge of the Las Vegas division of the FBI most recently served as the section chief in the counter intelligence at FBI HQ.

このベガス担当FBIハンドラー、エアロン・ラウスは


直近の仕事はFBI本部のコインテル(カウンターインテリジェンス)の課長だった。


ジョージ・ソロスはラスベガス自作自演殺戮の60日前135万ドルのMGMの株に対するプットを購入した。

メモ:プット・オプションは「売る権利」を意味する投資商品



MGM社長のマレンは、自分の所有株を、高いうちに売った。
計画されていた射撃事件が起きて、株価が落ちた。
それをまたマレンは買い戻した。
すると、アブラカダブラ!
何にもしてないのに何百万ドルもの利益が手に入った。
それには名前があり、インサイダー取引と呼ぶ。
これは違法である。しかし、大量殺戮ほど違法ではない。

MGM's Murren sells his share as theyR high, the shooting that was planned happens, the stock drops, and he buys them back for pennies on a $
abracadabra
You just made millions of profits for nothing, it's called insider trading, it's illegal, but not as illegal as mass murder.


MGMの寄付先:
ADL(反名誉毀損同盟=>ユダヤ)
SPLC
CAIR(テロリスト)
NAACP


この記事に


マイノリティが支配すると、社会は破壊される

ユダヤ/シオニスト(ザイオニスト)/ジオコン/ネオコン/グローバリスト/サタニスト/ルシファリアン


多様性という名の統一性 ->世界統一政府

以前は沖縄でサタニズムもソロス金暴動もなかったですし
沖縄でマルクス主義/サタニズムが進んでるなんて嘆かわしいことです。
#かん英紀 


「立憲民主」を騙る、自分が法律になりたいだけの「独裁共産主義者」

イメージ 6

後ろはイ・シネ(日本の政治に口出す権利あるの?)。
イメージ 1

こちらのリアルリンチに関わった方。

NHK:「匿名の誹謗中傷ガー」「ネット工作員を通報しろ」=>自分で自分を通報すれば?

CatNA Retweeted NHKニュース
NHKが『組織的に投稿を繰り返す「ネット工作員」』に関する情報提供を呼びかけたら、その大部分がしばき隊に関するネタだった、というのが笑える。まぁ、どうせNHKは、しばき隊に関して「報道しない自由」を行使し、ネトウヨ叩きの番組を作るんでしょうね。

また言論弾圧アジェンダを推進
ネット言論を検閲したくてウズウズ。
そりゃしつこいですよ。目的を達成するまで続きます。#NWO

匿名で繰り広げられるネットでの誹謗中傷。組織的に投稿を繰り返す「ネット工作員」が存在するという指摘も。誰が何のために?皆さんからの情報をもとに炎上などの処方箋を探るクローズアップ現代+取材中です。情報・ご意見をお寄せ下さい。

これにぶらさがったリプライは、いずれもしばき隊などNHKの仲間を訴えるものだばかり。
なぜか私のリプライだけ全くRTされず。
Replying to 
ソロス様とCIA様に言われて日本人の言論を検閲して朝鮮人上級国民工作員しかしゃべれないようにするというNWOアジェンダを実行中。      工作員はおまえだろ。国民の受信料でアメリカのプロパガンダ流すな。

Replying to 
誰が何のためって、こんなことをする嗜虐政治に抗うため。フェイクニュースを暴くため。         


Replying to 
有田ヨシフ先生界隈を洗ってください。暴力団構成員や活動家と繋がっています。これにネットリンチの指示を出している可能性があります
Replying to 
このツイートはもう犯罪的です。その背景、関連する業者や団体などもよく洗ってください。放送を楽しみにしています。


ぱよぱよちーんこと久保田直己さん☝

ヘンリー・キッシンジャー:第三世界の人口削減を目標とする男

「人間は未知のことを恐れる。シナリオを提示されたら、自分の福祉を世界政府に保障してもらおうとして、個人の権利は率先して手放されるだろう」
-1992年ビルダーバーグ会議にて

テロリズムとは

想像してみてくれないか。世界の政府が一団となってカオスを作り出す。
人民の自由をはく奪するという唯一の目的のために。


テロリズムの定義:
威嚇する、または強制するために、暴力や脅しを使うこと。
特に政治目的で。

=>しばき隊そのもの。「裁判女子」「わたしたち裁判してみました」と裁判を暴力に使うとこも。

ラスベガス射撃事件とFBIの役割


Las Vegas Shooting And The Role Of The FBI

Published on Oct 10, 2017


複数の射撃犯が確認されたゆえ、FBIは容疑者リストのNo.1に来る。

FBIにFBI自身を捜査させたままで、公衆による詳細な質問(full public inquiry)に相当するものがなされない限り、我々は自分たちの基本的な人権や自由を失い続ける。そして近い将来、このような人工的にでっちあげられた(製造された)テロリズム(manufactured terrorism)が起こり続けるだろう。

FBIはテロを作り出すビジネスをしている。
FBI is in the business of creating terrorists.

FBIによる税金を使ったテロリズムはこれまでにない大規模になっている。
ほとんどのテロはFBIかCIAの仕業である。

アメリカ政府が、警察国家にするために、罪のない人をあれだけ銃で撃ちまくった狂気に怒りを表明しない人は、工作員である可能性が高い。
人権などどうでもいい、むしろ奪う側にいるからである。

逆に言えば、アメリカの諜報機関に金をもらった工作員が騒ぐデモ、レイプ、殺人などは、全部嘘、捏造、詐欺、仕込みと言えるだろう。我々国民の人権を奪うために我々の税金を浪費するのが目的だからである。

HRW土井香苗の真っ赤な嘘




土井香苗のあからさまな嘘を発見した。


ヒューマンライツウォッチはアメリカ政府の傘下かと聞かれて、

土井香苗:「全くの誤解。独立したNGOであり、いかなる政府からも直接的にも間接的にも資金を受け取っていない。国連からも。

マネーロンダリングをしているからばれないということだろうか?
直接ソロスとは関係ない第三者から金が来ているから「間接的」でもないと言っているのか?
...と考えたりもしたが、いや、それは違った。
その10日後に、直接ソロスから10億ドル来ているとツイートしていたからだ。




真実をフェイクニュース、名誉毀損と言って恫喝訴訟する夫にしてこの妻あり。
嘘をつくのは平気で、嘘をつくことをなんとも思ってない。

やっぱり夫婦なのにはわけがある。どうしてあの女性があんな男と....などという話は世の中にはないのである。(って自分は完全なる独身です、すいません

土井香苗:「日本の日本のNGOはほとんど日本人が支援していますが」
=>嘘ですよね。

そもそも日本のNGOはほとんどが朝鮮人じゃないですか?
そこにタイズ財団、オープンソサエティ財団などのアメリカから金が来てますよね。そこに触れられると困るから夫使って恫喝ですか?

自分の手は汚さずにおいて、配偶者の手で、ソロスの金を使って恫喝裁判をして日本人を苦しめているのかもしれない?

土井香苗:「人間を傷つけるな」

ほう、この人たちにってはユダヤ人と朝鮮人以外は人間でなく虫けらだから、例えばラスベガス事件でアメリカ政府に銃撃されて死のうがどうでもよいし、ソロスたちに子供がセックストラフィッキングされて利益のために搾取されたり、悪魔儀式で殺されてもどうでもいいということなのだろう。

自分たちの利益だけを傷つけるなと。そういうことですね。

#パヨク #上級国民 #間接支配 #中間支配層 #国家転覆 #ヘイト法は言論弾圧

本名隠せどエラは隠せず。
嘘をついてソロスに金をもらうだけの簡単なお仕事。
何年留学しても大した英語喋れない。
ヒューマンライツッチと発音する。
けど上級国民 支配者層なんでかな
アファーマティブアクションだからですかね?

#サタニスト
#トンイル
#ユダヤ人代理支配
#真実はヘイトスピーチ
#日本人弾圧してご褒美もらおう



権威に質問することさえ許されないのだったら、どうやったら腐敗や不正を制限することができるのか?

Sealdsは政治資金規正法違反なのに、無罪放免なのは腐敗だ。
にヒューマンライツウォッチの夫が一般人に訴訟を起こす。

#ソロス金でメシウマ 
#cia 
#cointelpro 
#ヤクザ 
#優勢民族

偽旗作戦や人工芝暴動ばかりやられている事態は、もう十分に奴隷制度であり、圧政、嗜虐政治である。

If you can't question authority, how can corruption be limited? False flag terror - that's enough slavery.

当然ながら、言論を弾圧して来る方は、権力者が権力を乱用しているのである。それは、当然、貴族である自分の不正や腐敗に盾突く奴隷が邪魔だからである。

In the end, truth is authority, authority isn't truth.
でも、最終的には、真実が権威である。権威は真実ではない。

政府が本当のことを言ってるなら、オンラインで疑問を持った人々を「過激派」「フェイクニュース」と言って検閲する必要ない。

土井香苗と言えば竹中平蔵のダボス会議(世界経済フォーラム)。

イメージ 1


「グローバルアジェンダ」=NWOとちゃんと書いてある。
何のことはない、世界統一サタニズムにしたいのだ。

森ビルは私はイルミナティだと思っている。Save the ChildrenなどのNGOのスポンサーとしてよく登場する。

言ってること全部嘘な人たち。
真実を証明しなければ名誉毀損といいながら訴えてくるのが信じられない。
「真実」という言葉の意味もわからずに一生を終わりそうな人たちだが?

山尾志桜里氏、演説で訴え「信じて」 : スポーツ報知 「疑いをかけられるようなことをしたけどキャリアに期待する」と諭されると「してないから。仕事で返します。信じて(私を)使って下さい」へぇ〜あの状況で?あっそうなんだー(棒)



しかし、サタニストは莫大なナルシストなので、自分を批判する奴が許せないのだろう。

「日本ガ悪い」でメシウマの朝鮮工作員の虚偽を暴く



元CIA Robert David Steele:

"The US carried out 8 individual covert acts of war against Japan before Pearl Harbor with the specific intent of forcing them to do Pearl Harbor so we could then enter the war." 

「ベガス偽旗事件についてだが、まず歴史を見ろ。アメリカは真珠湾攻撃の前に8つの秘密の戦争工作を日本に対して行った。日本に真珠湾を実行させて、無理やり戦争に引き込むためであった。
USSリバティ事件もFalseFlagだ。あれはイスラエルがアメリカの軍隊を殺して、エジプトのせいにして、アメリカ政府はイスラエルを庇った。
真珠湾をやったルーズベルトは悪魔で、大恐慌も故意に銀行にやらせた。1%が故意に中流階級を破壊するためである。
なぜなら中流階級は強くなりすぎて、政府に銀行との専制をやめろ、などと正直な政府を要求するようになっていたからである。」

要はすべてシオニスト銀行家の仕業であった。
日本人は原爆まで落とされてジェノサイドされ、フィリピンに持っていたゴールドを収奪され、戦後侵略され、朝鮮人に中間支配されて税金を収奪されている。
アメリカ人には、「真珠湾をやったひどい日本」と言われ、朝鮮人には「慰安婦謝れ」とゆすられ続け、実は悪いのはユダヤと代理ユダヤ人朝鮮人であったというオチだった。詐欺はやった方が勝ち、嘘は言ったもの勝ちなのかもしれない。

無理やりサブリミナルで悪魔主義を押し付けるフリーメーソン


滝川クリステルがやっているハンドサイン
は沈黙の誓い「Shhhh....」である。


こちらのハンドサインは片目のプロビデンスの目と、手のOKサインのような666(野獣の刻印)のコンビである。

サタニズムが何を意味するかと言えば、ラスベガスの偽旗射撃事件では、バンドがステージを去り、犯人が撃っているときだけ、見えやすいように観客をライトで照らし、銃撃が終わったら、被害者たちの救護のトリアージを妨害するために、再び電気を消した。


出口は塞がれ、被害者らは迷路の中のネズミのように閉じ込められた。

閉じ込められて、塞がれたドアを飛び越えようとする被害者らを、警備は蹴り飛ばして中に戻していた。

サタニストのエリートたちがやっているSRA(悪魔儀式虐待)を示唆するYouTubeのビデオのサムネイル。これらの動画の閲覧数は非常に高く、ラスベガスを暴く個人ジャーナリストは検閲されて、YouTubeから追放されたりするのに、このような子供虐待者は全く無傷である。

テープで張り付けて押さえつけたり、縛るのが彼らのやり方らしい。





注射器は、人身売買する子供を薬漬けにするため。



なぜ糞の描写がこんなに多いかと言えば、サタニストは儀式で食べる習慣があるからである。アレイスター・クロウリーもセックス儀式中に相手の女性の便を食べていた。
イメージ 2

ヒューマンライツウォッチは子供の養子縁組をやってたけど、子供の性的人身売買のためではないかと疑うのは自然ではないか?
彼ら朝鮮NGOが子供虐待や子供レイプに怒るのを聞いたことがない。
彼らが怒ってるふりをするのは、捏造された、他人に罪をなすりつけるための詩織レイプくらいである。

こんなものがかっこいいとでも?
こんなネガティブなものを一般人に無理やり押し付けるのはやめていただけないか?

この記事に


事件翌日の時点でのTruth Media Filmsさんの動画を訳しました。
当然のことを言っているだけですが、私はこの人の動画を本当に好きで、自由を愛し、自由のために闘うアメリカ人を見習いたいからです。

以前に紹介したことのある元CIAのRobert David Steeleは、タイタス・フロストさんたちが信用できない、と言っていたのを聞いた偏見もあるかもしれませんが、今日このベガスの事件についての動画を見ていたら、「政府がスポンサーしたのではない、シオニストだ」(?!?!)と言っていたり、まだトランプを褒めていたり、自分は諜報機関出身なので諜報機関は好きだと言っていたので、信用できないと判断。
もう見ないことにしました。

でも、Steele氏は、パドックは騙されて、政府の仕事を手伝うように言われてはめられたのだろう、事情を知らずに殺されたのだろうと言っていました。そのような情報はありがたいですが。。

わたしたちは憲法があるにもかかわらず、ヤクザ弁護士に恫喝裁判を起こされるなど許されており、言論が弾圧されています。でも、好きな時に調査内容を投稿するのは、本来は私たちの権利であり、勝手に奪われたら反撃しなければいけないのだと思いました(ただし、アメリカと事情が違って、国民の人権はもっと弱いので、なんともいえませんが)。

では、以下がTruthMediaFilmsさんの動画の翻訳です。


Vegas Shooting is GOVT SPONSORED TERROR - Video evidence shows MULTIPLE shooters (SHARE)


Published on Oct 2, 2017
イメージ 1


私たちが常に1つ1つの事件に疑問を持ち、自分で調査しなければならない理由は、こんなことがあるからだ。そして、私たちがいつでも好きな時に、ネットで自分のビデオを投稿することを許されている理由は、こんなことがあるからだ。
なぜならそれは我々の権利だから

this is why we need to always question every single event, do our own research, and this is why we are allowed to post our own video anytime we want online because that is our right.

先のビデオでも見せたように、ラスベガスのメトロポリタン警察は、最初に警察にビデオを見せるように要請している。警察署に訪問して、自分のビデオを警察に置いていけ、と言っているのだ。笑
自分のビデオを投稿するなと。

なぜだかわかる?

人々がビデオを投稿したら、彼らのナラティブ、彼らの嘘と矛盾する可能性があるからだ。

だからビデオを没収したいのだ。

ここで見てのとおり、一般人が投稿したビデオが、32階の一匹狼(単独犯)の射撃犯のナラティブに矛盾している。
32階よりも下から閃光(flashes)が見える。
それは、複数の射撃者を示唆する。

複数の射撃犯。

OK?

それは報道されない。なぜならそれは、政府がスポンサーしたオペレーションを示唆するからだ。

だからまたしても、政府がスポンサーしたテロ事件だ。

OK?

政府が
スポンサーした
テロリズム

だ。

だから、世界の一般市民、アメリカ合衆国の一般市民は、ヤクザ政府を相手にしているのだ。

私たちが対峙しているのは、嗜虐政治だ。
We're dealing with tyranny.

OK?

私たちは、私たちに敵対しているメディアと政府を相手にしているのだよ。
We are dealing with the media and the government who are against us.

2012年のNDA法は、アメリカ国民に敵対するプロパガンダや心理作戦(PsyOp)を合法化した。

私たちがこれらの事業体と戦争状態にあることをあなたは理解できますか?

そういうことだ、この事件の目的は。

常にメディアを疑ってください。
だから私たちは自分で調査しなければならないし、自分たちの証拠を自分で投稿しなければならないのだ。

イメージ 2

ご覧のように、ラスベガスのプレイボーイのビリオネアが、警察に自分の動画をリプライしている。
ビデオを解析してみると、明らかに発砲は下の階から見える。

無事でいてね。
神のご加護を。
Stay safe out there, God bless. 

この記事に


順番が前後しますが、TyrannyUnmaskedさんが、4chanの暴露が出てくる前に行っていた推論の動画を一部のみメモしておきます。重複する部分もあります。

この記事で紹介した動画の前の動画です。




Zionist connection with the Las Vegas Shooting. (My thoughts)


Published on Oct 3, 2017

マンダレイベイホテルのオーナーを見なければならない。

イメージ 1


所有者は、MGMリゾートインターナショナル。

その経営者はジェームス・マレン。

イメージ 2


ジェームス・マレンについて興味深いことは、彼はハマスに資金を提供したことを非難されたことがあるということだ。

ジェームス・マレンは、トランプ一族のエスタブリッシュメントに対する大いなる反対者であり、ムスリムや、人々が車に轢かれるという結果に終わったシャーロッツビルの事件に関与した極左団体に資金を提供している。

これらのグループはハマスに関係していると想定される。
彼らは、ハマスをISISと同じ団体とみなしてほしいようで、それは、シオニストによってプッシュされる、よくある語り口調(talking point)になっている。

その対照として、あるラスベガスの新聞が、この悲劇を報じるために、速攻で動員されていた。


興味深いことに、このラスベガス・リビュー・ジャーナルは、シェルドン・アデルソンによって所有されている。シェルドン・アデルソンは、最近、2016年に、このニュースジャーナルを買収した。この新聞社を赤色(共和党)に変えたいのだ。
もっと正確にいうと、もう1つの「ブライトバート」にしたいのだ。みんな知ってのとおり、ブライトバート紙は、アメリカを代表するシオニストのマウスピースである。


思い出してほしいのは、シェルドン・アデルソンは、ドナルド・トランプを大統領にすることを支援した、No1サポーターであり − ナンバーワンですよ − 少なくとも2500万ドルをドナルド・トランプに寄付した。

ドナルド・トランプのシオニスト団体との関係は、すでにご存じのとおりだ。

POLITICOのインタビューで、アデルソンはイスラエル国家を制定したいこと、それが常に自分の政策の一部であったことを述べている。

そして偶然にも、シェルドン・アデルソンはラスベガスに自分自身の大きなカジノを所有している。
そして、最近、トランプと、アメリカ政府関連のプロジェクトを拡大することについて協議した。

ずいぶんな利益相反取引だね?

現時点で、これは単なる推論であり、完全につなげられるようなものは私は何も持っていない。これは予備調査段階での推測に過ぎない。

でも、あなたたちがこれから調査すべきことは:

彼らはこれからも、犯人がISISのメンバーだったというナラティブをプッシュし続けるのか?

ハマスにつながっていたと飛躍するだろうか?

左翼VS右翼の虚構のパラダイム、分断する市民戦争を推進する気だろうか?

代替メディアのチャンネルは、市民戦争を推進し始めた。
犯人は過激派極左だと言ってみたり、あるいは、過激な共和党支持者だと言ってみたり。

まだ特定するには非常に早すぎるし、控えめに言っても、これはものすごく変なストーリーだ。

確かに、パドックは政府のために働いていたことがあるが、それは80年代のことで、短期間のことだった。その関連もあるかもしれない。

だがまだ何もわかっていない状況であり、私は非常に勤勉に調査に取り組んでいる。


この記事に


ReallyGracefulさんの動画の最後の1/3くらいだけ訳しました。前半はオクラホマシティ爆破事件などのさまざまなFalseFlagの仕組みなどを話しています。



Does This Possibility Make You Uncomfortable? (Las Vegas) この可能性はあなたを心地悪くさせますか?(ラスベガス)

Published on Oct 4, 2017

ケネディ暗殺のときから、政府のナラティブを信じないものは、陰謀論者やキチガイ(a nut job)と呼ばれました。以来、メディアは疑問を持つ者を悪者にしてきました。「陰謀論者は被害者に対して失礼だ」と言いながら。

しかし、私たちが人工的な解決策しか提案されないのに、どうすれば被害者を増やさないことができるのでしょうか?
イメージ 21


TSAに全身を徹底的に叩いて調べられるとか、銃規制を厳格化されるなど、自由を奪われながら。
イメージ 20

私たちにこのような事件に対して疑問を持たれたり、細かく分析されて困るのは、そもそもこのような事件を画策した人たちです。

メディアはわざと、私たちの間で口論させたり、分断させたりしたいのでしょうか?
私たちがこの悲劇から利益を得た個人を特定できないようにするために?


これらのテロ攻撃に共通するかもしれない潜在的なパターンを認識できなくするために?

最近のパターンで言えば、
ハリー王子のインビクタスゲームとテロです。
ゲームは、2016年5月にフロリダ州のオーランドで開催されました。
パルスナイトクラブでの射撃事件は、その年の6月にオーランドで起きました。
イメージ 13


今年はカナダでインビクタスゲームが開催されました。
イメージ 14


そして先週、エドモントンテロ攻撃が連動して起きました。

イメージ 15

その後、ラスベガス射撃事件が続きました。


ミスラスという神秘宗教(ローマ帝国が慣習としていた。ミトラ/ミスラス教。ミトラ《光の神・太陽神)は、ソル・インビクタス(Sol Invictus)と同義語です。これは、ローマ帝国の正式な太陽の神のことで、意味は「征服されることのない太陽」です。

イメージ 16
<訳者注:ハリーはデビルホーンと隠された手のコンビのハンドサインをやっている>

イメージ 17



また、兵士たちのパトロン(後援者)でもあります。

イメージ 18


インビクタスゲームでは、試合は負傷兵たちの間で行われます。

イメージ 19


おそらく「対テロ戦争」で負傷したのでしょうけど。

検知可能なパターンはあるでしょうか?

今、世界で起きている事柄の答えは、グローバル政府が信奉する宗教に見つけることができるでしょうか?


メディアは「いいえ」と言うでしょう。
そんなことを言うものは「村の愚か者」と言うでしょう。
「イスラム過激派」とか「ジハードする人殺しの無信仰者」とかいう言葉を付け加えながら。
イメージ 1



自分たちの好きなフレーバのモスリムを世界各国に広めまくり、ムスリムが強くなりすぎたら、彼らは西洋のキリスト教信者を殺す。だから私たちは対テロ戦争を闘い続けなければならない。質問するな。

メディアは私たちを陰謀論者と呼びます。上層部(ロイヤルファミリーを含む)の宗教さえも訊くなと言います。
イメージ 2


同時にプロパガンダ、恐怖煽りポルノ(fear porn)を促進します。
イメージ 3


大衆に「犠牲」(sacrifice, 生贄の意味もある)の概念が染みつくように条件付けをしながら。

私たちアメリカ国民が、我が国で起きている事態を冷静に審査したらどうなるでしょうか?次のような奇妙な点について。

複数の射撃犯がいたという疑問

銃撃が始まる45分前に、「私たちはここでみんな死ぬ」と言った女性が近くの警官に連れ去れたという目撃者情報
イメージ 4


あれだけの銃をホテルに運び込んだ射撃犯を捕らえた監視TVの録画映像がないこと。

動機がないこと。

犯人の呆れるような職歴。(訳者注:パイロットとか、ロッキーマウンテン?とかNSAとかFBIとか、政府関係だったと思います)

イメージ 5

これらのすべての奇妙な点が、大衆によって質問されないのです。
イメージ 6


政府とエンターテインメント業界の両方によって、この事件がすごいスピードで政治化されているというのに。

イメージ 7


私たちがメディアに質問させて、メディアから回答を私たちにリポートすることを許していたら、いつも同じ結末で終わるでしょう。

私たちはラスベガスの射撃犯に関する真実を、50年後、こっそりと、機密扱いを解除された情報が出てくるまで、知ることは許されないのです。

ラスベガスはもう起きたことです。
過去は変えることができません。

イメージ 10


でも未来は... 未来は常に変わり続けます。

アメリカ合衆国は、神の下に1つの国として建国されました。

でも、我が国は、死を崇拝する国となってしまいました。
イメージ 8


終わりのない戦争の文化を浸透させる個人たちによってリードされています。

そして、血が乾く前から、この悲劇を政治化するメディアによって洗脳されています。

この国の最高の日々はもう過去のものとなったのでしょうか?

私は悲観的でも楽観的でもありません。現実的です。

国民が誰を大統領に選ぼうとも関係ないのです。本当に。

これまでも関係あったことは一度もないかもしれません。

イメージ 9


そして、我が国の政府、グローバル政府、影の政府、NWO は − どの名前で呼ぼうとも − それを知っているのです。

他の国では、例えばオーストラリアでは、大量乱射事件があった後に、銃を手放しました。

イメージ 11

どの銃撃事件があった後も、銃規制を厳格化するための明らかなプッシュがなされます。

1つの悲劇があるごとに、さらに一歩、厳格化を進めるのです。
我らが人民が、本当のテロリストが誰であるかに目覚め出しているのと同時に。
本当のテロリスト − 自分の国の政府です。

イメージ 12


憲法修正第2条が存在する理由はまさにそれです。

力は国民にあります。そして、国民が変革をもたらす能力に宿ります。
まずは自分たちの家庭の中から、そしてコミュニティの中から始まります。

私たちの中で、リードする自信のある人は誰かいますか?
独占的に恐怖と分断を推進する、略奪的なメディアのナラティブにリードされる代わりに。

あなたは何を決めますか、インターネット友達。

あなたの考えを教えてね。
視聴、サブスクライブ、チャンネルの支援をしてくれてありがとう。
さようなら!

グレース

この記事に

この動画の前半のみを訳しました。


Shine the Light Conference Trailer - Exposing Illuminati Mind Control


Published on Oct 8, 2017

マインドコントロールには2つの異なる種類がある。ハードマインドコントロールとソフトマインドコントロールだ。
The mind control can be defined as two different types: 
You've hard mind control and soft mind control.

まずソフトマインドコントロールから説明する。

ネットで検索して出てくる最初のマインドコントロールのバージョンは、情報コントロール(information control)だ。

情報コントロールという種類のマインドコントロールの例として、「マインドコントロール」で検索すると、「洗脳」(brainwashing)という言葉にリダイレクトされるという単なる事実がある。

情報コントロールは、最も広く使われるマインドコントロールのバージョンである。
そしてこれは、New World Orderを結実させるためにアメリカ国民に対して使われるマインドコントロールのバージョンでもある。
and is the version of mind control employed against the American populace in order to bring force the New World Order.

情報コントロールは極めて危険であり、そして、時の権力者であるべきでない者たちが、自分たちのやりたいことをそのとおりに実行するために、大衆をソーシャライズ(社会的に順応させる)ために使われることがある。
and can be used to socialize people in order to do exactly the power that shouldn't be want.

時の権力者であるべきでない者たちは知っている。
大衆が受け取る情報をコントロールできれば、大衆が何をどのように考えるかをコントロールできることを。
そして、もし大衆が何をどのように考えるかをコントロールできれば、そのコントロールを使って、自分たちが何千年も推進しているアジェンダを実現することができることを。

The power shouldn't be know that if they can control the information you receive, they can control what you think, how you think, and if they can control what you think and how you think, then they can use the control to bring forth the agenda they've been trying to push for thousands of centuries. 

情報コントロールの例その1。
911はFalse Flagだった。

イメージ 1

米政府は情報コントロールを通して911を多くの目的に使うことができた。大衆を脅かして、戦争に賛成させただけでなく、世界のその他の国の政府に対して、自分たちが戦争をする決意を見せつけることができた。戦争でさらに何百万人も殺すために、何千人もの自国民を消えさせるのだと。

この事件をめぐる情報コントロールは、彼らの目的を達成するために、完璧に調整(コーディネート)されていた。
イメージ 2


もう1つの情報コントロールの例は、サンディフックである。
サンディフックは明らかにHoaxだった。この画像☝のような映画「We need to talk about Sandy Hook」(私たちはサンディフックについて話さなければいけない)は、メインストリームの大衆が見なかった情報を調査している。
大衆は一度もこのような情報を見ていないので、時の権力者(であるべきでない者たち)は、この事件を、他の事件と同様、自分たちのアジェンダを推進するために利用することができた。

イメージ 3

そしてもちろん、最新のマインドコントロールオペレーション、アメリカの大衆に対する心理操作は、「ラスベガス 高インシデントプロジェクト」だった。

これもまた背後にいる時の権力者の連携によって、彼らの隠されたアジェンダを促進するために、情報コントロールが利用された、きわめて新しいケースである。


この種の情報心理作戦プロジェクトを止める唯一の方法は、これらを晒して、これらのオペレーションが何であるか、そして、メインストリームメディアのナラティブを通してコントロールされて出てくる情報が何であるかについて、認識を広めることである。

イメージ 4

2番目のタイプのマインドコントロールは、さらに邪悪なタイプのマインドコントロールであり、私(Titus Frost)はこれをハードマインドコントロールと呼んでいる。

イメージ 5

これは、dissociative identity disorder(解離性同一性障害◆【略】DID)、多重人格(multiple personalities)、分身(alters)を作ることである。
これは、モナーク・マインドコントロール・プログラミングなどで行われていることである。その前身は、MKウルトラ・マインドコントロール・プログラミングであった。

MKウルトラは、すでに機密扱いを解除されており、閲覧することができる。
これは、拷問やドラッグなどあらゆる手段を使って、人に解離性同一性障害を起こさせることによって、マインドコントロールすることである。

私の意見では、これは現在モナーク・マインドコントロール・プログラミングとして行われており、サタニック・リチュアル・アビュース(SAS; Satanic Ritual Abuse 悪魔儀式虐待)を通して行われている。3歳の子供から開始されていると思われる。

しかし、国家安全保障、情報管理のためにモナークプロジェクトについては非公開である。しかし、MKウルトラについては、閲覧することができる。

アメリカ政府が自分の言葉で、このようなマインドコントロールをやっていることを明かしているのだから、憶測でも陰謀論でも何でもない。

イメージ 6


Sex Kitten プログラミング

イメージ 10
イメージ 7
イメージ 13
イメージ 9
イメージ 8
イメージ 12
イメージ 11


モナークプログラミングには蝶がよく使われる。
片目をふさいでいたり。また、口を塞いでいる場合、そのセレブが「沈黙させられている」ことを示している。大衆に丸見えにされている。

イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19


この記事に


THE MOST IMPORTANT VIDEO ON THE WEB OF VEGAS SHOOTING! Key Players IDENTIFIED, THIS is it!


Published on Oct 5, 2017

今日、推奨したい、みなさんにシェアしたいビデオが1つある。
これはラスベガス銃撃事件に関するビデオの中で、ダントツで重要なビデオだ。
誰がこの事件の背後にいるか、そして何がアジェンダなのかを知りたいのなら、今やってることの手を止めて、視聴してほしい。そして可能な限りの方法で広めてシェアしてほしい。

ビデオのタイトルはこれだ。
「Eerie prediction in Vegas: Qui Bono?」
(ベガスの奇妙な予言:誰が得をする?」
(※訳者が前ページに要約したビデオのことです)


Qui Bonoだよ、誰が得をするのか?
すべての事件について、私たちはこれ(誰が得をするのか)を見るべきだ。

このビデオで、Truestream Mediaのメリッサとエアロンは、何が起きているか、そして関与しているプレーヤーについて、驚異的な方法で概説している。

この2人がカバーした内容を、私がちょっとだけ要約しよう。
彼らはあるフォーラムにあった投稿について話していた。
4CHANの誰かが、実際に起きたことを予言していたのだ。
非常に気持ち悪く、非常に薄気味が悪い。
この投稿は、プレーヤーが誰であるか、彼らのアジェンダが何か、そしてこの事件の後に来るべき、すべての事について示唆していた。

基本的にこの匿名の投稿者は、次のように語った。
すでにセキュリティ、監視レベルが高い場所でも、さらなるセキュリティが必要だと思わせたいのだと。

ベガスでセキュリティシステム、監視システムがどれだけハイテクであるか、そして、これらがすでに設置済みであることを考えると、CCTVの録画映像が出てくるべきだが、出てこない。これってジョークだよね。OK?

このような事件が起きて、銃がどうやって運ばれたのかを収めた公開動画もなしで、もっとセキュリティを配備する必要がある、などと言ったら、もう、何がアジェンダだったかわかるよね?

目的は、銃規制だけではない。
次期フェーズのセキュリティを実装することだ。
彼らが実行したい、マイノリティリポートのような社会への道の段階を踏むために。

では、関与しているプレーヤーは誰か?

Chertoffグループのマイケル・チェラトフ(Michael Chertoff)。
チェラトフは、ブッシュ政権時、911のときの国土安全保障省の大臣だった。
チェラトフはイスラエルの国籍を持った二重国籍の人間であり、イスラエルのスパイを無罪放免で帰国させた。スパイはここアメリカにいたんだ。いいね?

チェラトフとそのグループ企業が何を製造したと思う?

後方散乱X線マシン。
裸のボディスキャナー。
これらのマシンを、これらすべてのホテルに配備したいのだと。
ホテルだけではない。最終的には、私たちが行くすべての場所に。

だから私はさっき、「マイノリティリポート」式社会と言った。
彼らは社会がそうなることを目標としている。
それが彼らの陰謀の最終目標だ。いいね?

そのためのカタプルトになるのなら、奴らがやらせを自演することは、完全に理に適っている。

マイケル・チェラトフ − この売国奴 − は、ビリオネアのシェルドン・アデルソンにつながっている。

アデルソンも、また1人のシオニストの極悪人だ。
ちなみに、Ashkenazi Jews(アシュケナージ系ユダヤ人)。
彼はトランプとつながっており、トランプに寄付をしたし、ベガスでの討論会にも寄付をした。これらのカジノにも資金を出している。

フォーラムに投稿した人物は、次のように書いていた:「このアデルソンが、このマシンとChertoffに資金を提供するそうだ。なぜなら彼はChertoffにつながっているから。」と。

シェルドン・アデルソン ・・・私の昨年11月の「トランプが沼地だ(Trump is the swamp)」のビデオを覚えてる?彼は、私がそのビデオで紹介した人物だ。

タイトルは、「トランプが沼地だ。トランプのユダヤ人のエリートマフィアと5人の踊るイスラエル人(Trump is the swamp. Trump's Jewish elite mafia and five dancing Israeli)」。
(※ 訳者は見た覚えがあるが、この動画は見つからない)

ここでもう1度、私のそのビデオのその部分を再生しよう。

イメージ 1


当時の音声:
「シェルドン・アデルソン。Donald J.Trump for Presidentの推薦人。Future 45 Packの寄付者。金融副議長。トランプ大統領就任委員会。Ashkenazi Jews(アシュケナージ系ユダヤ人)。」

いいね?

そして、ここで、メリッサのビデオの音声を聞いてください。

メリッサの声:「今回私たちが目にしているのは、すべてのメインストリームメディア局で、ホテルのセキュリティがいかに脆弱であるかという話がたくさんなされている。すべての場所で。」

イメージ 3

メリッサ:「これはNew York Timesの記事で、ラスベガスの乱射事件により、ホテルのセキュリティの選択の重要性が強調された、と書いてある。」

イメージ 4


メリッサ:「こちらはFOXニュース。”ホテルはラスベガスの事件の後、セキュリティを見直している。しかし、顧客はプライバシーを犠牲にするだろうか?”という記事のタイトル。そんな風な記事が延々と続くの。」

イメージ 2

いいね?

これでアジェンダがわかったでしょ。
これらの記事のナラティブに書いてあるとおりそのまんまだ。
OK? これで確認できた。

そして、射撃事件のまさに翌日。
メリッサがビデオで概説しているとおり。

別の記事を見せるね。

イメージ 5


ブルームバーグの記事:「ラスベガスの未来の一瞥として、Wynn(ウィン)ホテルで、宿泊客がスキャンされた」、とある。

理解できます?

WynnホテルのSteve Wynn。
イメージ 6


スティーブ・ウィンもまたアシュケナージ系ユダヤ人。
アシュケナージというより、アシュケナチ(ナチス)と読んだ方がいいだろう。

そうだよ、彼もまたシオニストのカバルの一味だ。
だからまた、私のことを「パラノイアの陰謀論の狂人」とか言い始めないでくれよ。
火を見るよりも明らかだから(plain as day)。

この人たちが全員、シオニストで、イスラエルとアメリカの二重国籍のアシュケナージ系ユダヤ人なのは、偶然ではない。

よって、アシュケナージ系ユダヤ人のスティーブ・ウィンも、このアジェンダの一部である。彼は自分で、ボヘミアングローブのメンバーであることを自認している。

そうだよ、あのボヘミアングローブ。
生贄儀式、ゲイの乱交をするオカルト。
サンフランシスコのボヘミアングローブで。
オカルトのエリート、シオニストのリゾートだ。
彼もまた、極悪人の売国奴。

ボヘミアングローブはその中にキャンプ場を含んでいる。
これらのキャンプはすべて違う名前を持っている。
そして、何だと思う?
ボヘミアングローブにあるマンダレイ・キャンプは ー 基本的に、ボヘミアングローブの中の敷地の中の敷地だ − 最も内密な敷地だそうだ。

ボヘミアングローブの中で最大の内密の敷地だ。
それがたまたま、「マンダレイ・コンパウンド」「マンダレイ・キャンプ」と呼ばれている。

そこには、秘密の電動式の滑車(ベルト車、プーリー)に乗らないとそこに行きつけないらしい。

そこで何が起きているのか、私には想像することさえできない。
おそらく子供の血を飲んで、子供を生贄にして、悪魔的なゲイの乱交儀式をしていることだろう。

このWynn(ウィン)という男もその一部なのだろう。
こいつらはみんな、精神を病んだ、変態たちだ。
理解できます?

よって、彼らはこのアジェンダに関与している。
社会にこの次期セキュリティのフェーズを実施するために。
銃規制だけに関する問題ではないのだ。

もっともっと多くのことに関することなのだ。

ところでマンダレイという名前は、詩人から来ている。その詩人はたまたまフリーメーソンだそうだ。

マンダレイの名は詩から来ている、その詩を創作した人はフリーメーソンだった。
これまた、さらなる偶然だわな。

もちろんパドックが去年1年の間に33本の武器を購入したのも、9分から11分にかけて銃弾を断続的に発射したのも、もちろん偶然だよな?
それは全部偶然で、私は狂人で・・・ 気にするな。もうあっち行けよ。

ともかく、このTruestream Mediaのビデオを広範囲に拡散してください。
どうもありがとう、みんな。
神の恵みを。
God bless.


この記事に




Eerie Predictions in Vegas... Cui Bono?

ベガスの奇妙な予言「誰が得をする?」


<かなりはしょった要約です。4chanの謎の予言についても述べているが、前ページに書いたので、省略。>

イメージ 6


我々が常に、最初に自問すべきは、ラテン語の「キ(クイ)・ボーノ」(誰の得になるか)である。まずそこを最初に特定してから、遡って調査してください。


かつて、下着爆弾男の偽旗事件が起こされた時、当時ブッシュ政権の国土安全保障省の長は、Michael Chertoff(マイケル・チェラトフ)だった。彼はこの地位に2005~2009年就いていた。

イメージ 1

その頃までに、彼は、民間のセキュリティコンサルティング代理店、Chertoffを経営していた。

イメージ 2

そして、下着爆弾事件(False Flag)が起きた後、CharteffはRapiscan(ラピスキャン)の裸ボディスキャナーと後方散乱X線マシン(back scatter X ray machine)をすべての空港に配備しろと、本当に強く推進し始めた。

そのとき彼は、推進しながら、自分の主要顧客の1社が、OSIであることを告白した。OSIは、前述のRapiscan(ラピスキャン)というマシンのメーカーを所有している。

ちなみにOSIは、ディーパック・チョプラ(Deepak Chopra)によって経営されている。あのオプラに出てくるディーパック・チョプラではない。同姓同名の別人だ。

彼は民主党に多額の寄付をしている。

イメージ 3
2010年にオバマとインドに訪問して、貿易を推進したほどだ。
そのレベルの男なんだ。
これでビッグなプレイヤーが関与しているのがわかったでしょ。

イメージ 4

ちなみにOSIもRapiscan(ラピスキャン)も当然、Chertoffグループである。

さらに、マンダレイベイホテルのオーナー、MGMインターナショナルのCEO、ジェームス・マレンは、*偶然にも*国土安全保障省の国家基盤諮問機関の基盤安全&復旧力の研究&調査というグループに属している。


James Murren, the CEO of MGM International which owns the Mandalay Bay Casino happens 2 Ba sitting member of the Department of Homeland Security
National Infrastructure Advisory Council. He actually sits on a group called Critical Infrastructure Security & Resilience R&D Working Group.


このグループが書く報告書は、「セキュリティテクノロジーのインフラを配備するために、どうやって新しい法律や規制を可決させるか」という類である。

つまり株主(カジノ所有者)にこれらのテクノロジーを適正価格で買わせたり、このような技術を、国民に抵抗させずに受け入れさせるにはどうしたらいいかなど検討する。

They write reports like this: Things they can do to help get legislation passed, regulations to put in security technology infrastructure how to make that affordable for shareholders(casino owners). Also they consider things like public acceptance of such technologies. 

大統領は、自身もベガス・ストリップにタワーを所有しており、カジノ所有者たちを全員知っており、私的にも公的にも付き合いがある。

特にシェルドン・アデルソンは、昨年大統領選で共和党ベガス討論会をスポンサーした。共和党候補者たちは皆、彼の金を乞うた。彼の支援を得ることが大きな影響力となる。


この討論会で、共和党候補者たちは、誰が最も大胆に強く対抗セキュリティ措置を講じることを話すかを競った。テロ対策はどうするか。国を守るために、新たに戦争を始めるかどうか。

イメージ 5

トランプはこのとき、反テロ政権にして、ブッシュがやり残したところからまた始める、と非常に強くアピールした。


アデルソンは、共和党候補者たちに自分の台本が読まれたことにご満悦の様子だった。

今回のラスベガス偽旗事件を利用したセキュリティテクノロジーの設置は、基本的に、このときのディベートに端を発しており、これを反映したものである。


トランプが最初に自分のホテルにこれを整備するかもしれないね。
そうしない理由がある?だってこれが目的であり、彼らはこれを推進してきたんだから。

まだ文字通り、1日しか経っていないのに、彼らはもう人々をスキャンし始めている。もうやっているんだよ!
イメージ 7


これはものすごいスピードである。でも、これはまだ、ほんの始まりにすぎない。

イメージ 8

将来、すべてが自動化されたマイノリティリポートみたいな社会にするには、後方散乱マシンとかあらゆるテクノロジーが、どこにもかしこにも存在する必要がある。そこまでのレベルに到達するには、それしか方法はない。

イメージ 9



でも彼らは単に制度化して、設置するというわけにはいかない。すべての民衆に受け入れさせるために、社会的に工作を仕掛けなければ(ソーシャルエンジニアリング)ならない。

イメージ 10



彼らがそうすることのできる方法の1つが、False Flagテロである。

False Flag Terror(偽旗テロ):
悲惨な事件を仕込む(自作自演する)。
それを政敵のせいにする。
戦争を始める口実にする。
または、厳格な法律を施行する口実にする。
国家安全のため、という名目で。

私たちのプライバシーに、もっともっと侵害し、侵入してくる。
だから、毎回このような事件が起こされるたびに、私たちは、「誰の得になるのか?」を自問しなければならない。

地位の高い人たちは、莫大な金を儲けることができる。
私たちの自由を少し奪うことによって。

イメージ 11


ちなみに、これらのマシンはすでに、抜け穴だらけであることが証明されている。
色んな人が試したところ、あらゆる物を忍び込ませても通過することができるらしい。

私はブロッコリを買いにスーパーに行くのでも、いちいちX線検査されるなんて嫌だ。家を出てどこかに行くたびに、スキャンされるとか。
それは自由ではないし、人間でもない。

でもこれが、彼らが押し付けようとしている現実なんだ。
彼らはいつ止めるの?
いったんやり始めたら、いつ終わるのだろうか?
<終わり>

この記事に



Las Vegas shooting False Flag Smoking Gun "The Motive"


Published on Oct 5, 2017

2日前、ラスベガスの大量射撃事件に関して、ドナルド・トランプとの関係は言うまでもなく、Sheldon Adelson(Vegas Sands CorporationのCEO)やJames Murren(ラスベガスのMGMリゾートインターナショナルのCEO)、シオニストのつながりを指摘した。

イメージ 2
James Murren


イメージ 1

その後、この推論を支持するような爆弾的暴露がなされた。この推論をさらに拡大するだけでなく、わたしたち皆が探していた動機が明らかになったのだ。

イメージ 3

なぜそもそもこの射撃事件が起きたのか。
誰がこれによって得をするのか。
今回の暴露が、その隙間を埋めるすべての答えになるかもれしれない。

まず最初に、みなさんの多くが聞いたかもしれないこの4chanの投稿について。
10月1日の3週間前の9月11日に、ラスベガスのヘンダーソン地域の人の集まるイベントに近づくなというものだった。


この匿名の4chanユーザは、このように書いた。
「一部の人たちを気の毒に思う。だからちょっと秘密を教えるよ。あなたがラスベガスのヘンダーソン地区に住んでいるのなら、明日は外に出ないで。
それから、3台黒いライトバンが並んで駐車してあるのを見たら、すぐにその場所を立ち去って。礼はいらないよ、ジョン」

その後彼は次のように追記した。
「これは”レベル高のインシデント(事件)のプロジェクト”と呼ばれている。彼らはアメリカ国民に、極めてセキュリティの高い場所が、それでもまだ安全ではないと思わせたいんだ。」

この事件のあったコンサートでは、セキュリティオフィサー(警備員)が50人いたから、この匿名ユーザの言っていることが意味を成し始めた。

彼はさらに次のように続けた。
「彼らはもっと多くの規制を作りたいんだ。これから2~3年の間に、金属検知器やその他のセキュリティ装置を設置するための法案が提出されるはずだ。メディアは政治家は、多くの警察官がいる場所に、さらに多くの警察官が必要だと言い始めるはずだ。明日これが起きるとは保証しないが、彼らはラスベガスを頭に入れているとのことだ。」

これは9月11日の翌日には起きず、その3週間後に起きた。ラスベガスの人が大勢集まっていて、警備がたくさんいる場所で。まるで水晶玉で占ったかのようにぴったりと一致していた。

また、彼は次のようにフォローした。
「もし彼らのプランが成功したら、将来すべてのカジノが金属検知器と後方散乱マシンの設置を義務付けられるようになる。そのすぐ後にこれらのマシンを大学、高校、連邦政府事務所、などでも設置するようにするための連邦法が可決されるだろう。
OSIシステムとChertoffは、これらのマシンの主要製造者だ。2020年頃には、マイケル・チェラトフとOSIが合併して1つの会社になる。合併後、所有者らは自社の株をすべて売り、何十億ドルもの利益を上げるだろう。チェラトフ氏はシェルドン・アデルソンと連絡をしている。アデルソン氏はこれらのマシンの巨大なスポンサーになり、法律が可決した後、自社のカジノに最初の導入者になるだろう。これが僕からの最後のメッセージだ。もうしばらく戻らない。―ジョン」


マイケル・チェラトフは、”下着爆弾男”のFalse Flag事件のときに、全身スキャナーを提唱した人物である。彼がそのスキャナー会社の一部を所有している。
奇妙だな!(Go figure!)

Photo published for 4chan Warned About Vegas 3 Weeks Early: Possible Financial and Political Gain Behind Mass Murder

アデルソンはラスベガスのストリップ(商業地)にカジノを所有する話をしており、この将来のプロジェクトについてドナルド・トランプとすでに話していたことを思い出してほしい。作り事でもありえない!(You can't make this shit up!)

これは決定的証拠だ(smoking gun)。
偶然と言う人もいるかもしれないが、私はそれは非常に疑わしいと思う。
この匿名ユーザは、これを事件が起こる前に予言している。
場所を言い当てている。
ほぼ完全に一致したナラティブ。そして事件が遂行されたやり方も全く同じ。
何らかの方法で内情に通じていない限り、偶然思いつくことではない。

別の記事:
「事件のシナリオについてもっと深く探ってみよう。結局のところ、私たちはジョージ・ソロスのような奴に妨害されたくないんだ。奇妙にも、この攻撃の前日に、陰謀論について警告するツイートを投稿していた」

イメージ 5

ジョージ・ソロス:「陰謀論の増加は、世界中で政治に関して、深い、懸念されるようなトレンドが起きていることを反映している。
(添付記事のタイトルは:「ソロスへのヘイトはグローバルな病気」



謎の投稿者が言及した、ボディスキャナーや金属探知機などの会社の株価は、事件後劇的に上昇し、今年最高に達した。現在もなお、さらに上昇中である。
シェルドン・アデルソンは、この事件から何十億ドルもの利益を上げようとしている。

OSI system's(full body scanner, metal detector) stock went up dramatically and still on an upward trend. And Sheldon Adelson set to make billions of profit off of this incident. 

イメージ 6

思い出してほしいのは、シェルドン・アデルソンは、2016年にラスベガスで最大手のローカル新聞を買収して自分のプロパガンダ発信局に変えた。今回の事件で、最初にこの悲劇の現場に動員して報道した!どれだけ偶然なんだ?(棒)

Sheldon Adelson bought Las Vegas Review Journal, largest newspaper in Las Vegas in 2016 and turned it into his propaganda outlet.
which was the first to mobilize on the scene to cover the tragedy. 
How coincidental is that?


はい、偶然、はい、偶然。そう思う人もいるだろう。
確かにこれがFalse Flagの100%の証拠ではない。でもこれで動機ははっきりしたし、誰を掘るべきかはわかった。

メディアは銃規制を推進している。これはいつものことなんだ。

イメージ 7

しかし、みなさんも自分で調べてみてほしい。
今回は、メディアは、何よりも、ホテルに金属探知器とその他スクリーニング装置を導入して、このような攻撃を防ぐ話をしている。

イメージ 8

なぜなら、これによって、ホテル会社や、Chertoffグループを所有するOSIカンパニーの男たちに何十億ドルもの利益をもたらされるからだ。

Chertoffグループはこういうことをやるので知られているし、過去も似たようなことのために詐欺をして、横領しているのが発覚したこともある。

そして、これらのプロパガンダ機関がそれを発信しまくっている。
Boom! ほらごらん。ABCニュースは「このような攻撃を防ぐために」X線マシンをプッシュし始めた。

イメージ 9

USA Today:「ハイリスクな国では、金属検知器を使っている・・・」

イメージ 10

NYTは爆発物スキャナーやX線マシンについて話し、
「ホスピタリティ企業は、反テロリズムに関してちゃんと対応してこなかった。これはプッシュされるのではない。プルされる。(押すのでなく、引っ張る)」

イメージ 11

そして、ほらまた出た、金属探知器

イメージ 12

CNBC:
「業界がこれを見直すなか、低リスクのホテルでさえも、荷物のスクリーニングや金属探知器を検討。」

イメージ 13

Forbes: 「インドでは、2008年のモンバイのTajホテルでの攻撃を受け、さらにセキュリティを強化し、国内全域で、マリオットやTaj、Accorなどの主要ホテルが、爆発物痕跡発見器やX線システムを用いるようになった。」
また、顔認識ソフトウェアについても話している!!
お願いだから気づこうよ、みんな!(Come on people!)


Foxニュース:

「ほとんどのアメリカのホテルは金属探知器を持っていない。誰でも気づかれずに武器を持ってホテルに入ることができる」

イメージ 14

”あ〜〜怖いよ〜〜おまえたちの権利を放棄しろ!”という脅しを、何度も何度も。

SKIFT:ホテルは金属検知器や荷物スクリーニングエリアを設置すべきか?

イメージ 15

イメージ 16

「アメリカのホテルで金属検知器と荷物スクリーニングが標準になるのも時間の問題だ」

今度は、もう設置済みというホテルが出てきた。

イメージ 17

「宿泊客や従業員に、ハンドヘルド(手持ち)式の金属検知器・・・」

イメージ 18

イメージ 19

ラスベガスに訪問10回目というこの夫婦は:

金属検知器を通らなければならなかった。こんなことしなければならなかったのはこれが初めてだ。」

イメージ 20

初めてだろうが、これが最後ではないだろうね。

なぜなら、金持ちのシオニスト、シェルドン・アデルソン ― 過去にイスラエルで新聞社を経営していた − は、最近、ドナルド・トランプを「イスラエルに十分に好意的(pro-Israel)ではない」として非難した。

そうだよ、あの「私はイスラエルと100%、1000%共にいます」さんだよ。
「エルサレムはイスラエルの首都になるべき」さんだよ。

ドナルド・トランプがそれでもまだイスラエル賛成ではないって?
このスーパーシオニストのシェルドン・アデルソンにとっては。
この事件のあらゆる局面が、彼の指紋だらけだけど。
お友達のマイケル・チェラトフと一緒に彼のホテルで何百万ドルも金儲けしようという、シェルドン・アデルソン。

もう1回、先に言った4chanの匿名のソースの言ったことを復習してみよう。

「もし彼らのプランが成功したら、将来すべてのカジノで、金属検知器と後方散乱マシンを義務付けられるようになる。
そのすぐ後にこれらのマシンを大学、高校、連邦政府事務所ビルなどでも設置するようにするための連邦法が可決されるだろう。
OSIシステムとChertoffは、これらのマシンの主要製造者だ。2020年頃には、マイケル・チェラトフとOSIが合併して1つの会社になる。
合併後、所有者らは自社の株をすべて売り、何十億ドルもの利益を上げるだろう。
チェラトフ氏はシェルドン・アデルソンと連絡を取り合っている。
アデルソン氏はこれらのマシンの巨大なスポンサーになり、法律が可決した後、自社のカジノに最初の導入者になるだろう。」


「何十億ドルもの利益」これが動機だよ。
数十人の生命を犠牲にして。
そんなのシオニストにとっては何でもないことだ。
これは十分すぎる動機だ。

私たちはもっと証拠を見つけなければならない。
そしてこの男たちを収監する方法を見つけなければならない。

私はもううんざりだ。
君たちがうんざりなのも知っている。
911はもうたくさんだ。
これ以上偽旗(False Flag)なんか要らない。
シオニストの戦争なんかもう要らない。

他の国で、この種の詐欺(scam)をやってるのが見つかった人に何が起きるか知ってる?
イメージ 21

ベトナムではちょうど数日前、2500万ドルを横領したことが見つかった人物が、銃殺隊(put to death by a firing squad◆死刑囚を射殺する一団の兵士たち)によって死刑に処せられた。

私は数十億ドルの利益を上げるために大量の人を殺すような人は、それと同じような、あるいはもっとはるかにひどい目に遭うべきだと思っている。
---
リンクは以下の説明ボックスに貼っておきます。
もし私たちがこの地上の人間のクズどもを暴露するのをご支援くださるなら、ペイトリオンへの寄付をご検討ください。
目を開いたままでいてね。
毎度ながら、Tyranny Unmasked でした。

<おわり>



この記事に


2017年10月1日のラスベガス射撃事件。

私は情報を聞いた時点でまたHoaxだろうと思って、やれやれと思って調査をする気はなかった。
アメリカではメディアから、「勝手に動画を投稿せずに警察に最初に届けろ」という異例の通告が出た。今、アメリカやドイツや日本などで検閲が進んでいるが、どうしても市民ジャーナリズムを弾圧したいのだろうと理解した。

それらの動画にコメントしたアメリカ人たちが、「言うこと聞くな、どんどん投稿しろ」「バカじゃねーの」と言っていた。国民が警察からの命令をものともしていないことに、さすが自由に対する意識の高いアメリカ人だと感心した。


Vegas Shooting: LVPD requesting citizens leave all videos with them first (LOL)


私はこんなドラマチックな写真でまた大衆の心理を操る気なんだと思い、Hoaxだと思って意に介していなかった。



その間、トランプはイスラエルにアメリカ人の税金7,500万ドルを提供した。
ハリケーンで(これも人工的と言われている)ホームレスになった人たちがいるというのに。



「救急車ですごく速く病院に着いた。信じられないくらいに。ハッハッハ」
と大笑いするクライシスアクター。
(おかしい状況にいたから気がふれた可能性もなきにしもあらずだが、ニュースに出てきたのはおそらくクライシスアクターではないか)


私はさしずめ銀行口座に金が増えて笑いが止まらないのだろう、くらいに思っていた。

こちらは弟☟ 
"He did it, no question about it" - 兄がやった、疑いもない、という奇妙なふるまい。普通、親族が出てきてベラベラしゃべれるか?


これは私自身の10月4日の投稿☟

自分が死んだかもしれない、誰かが死んだと思ったらかなり取り乱されるだろう、普通の人間なら。クライシスアクターは笑いを隠せず、泣いてそうなるかのようにふるまうが、感情がない。calm cool smiling


文脈なしで聞いたので、このクライシスアクターも泣くふりをして笑っているかのような顔に見えた。Hoaxだと先入観を持っていたからそう見えた。

しかし、この女性は、実は、事件の起こる45分前に1人の女性が「私たちはみんなここで死ぬ」と予言したことについて語っていた人だった。ヒスパニックのカップルだったと言っている。この描写に当てはまる人を見た人は他に出てきていない。

#7 Why was one woman telling people in the crowd that they were all going to die 45 minutes before the attack?


この動画の1:10~くらいから見てみると、本当のことを言って、感情をこらえきれずに泣いているように見える。この女性はもしかして、真実を言っているのかもしれないと思えてきた。もしそうなら、なぜ、このインタビューが報道されることが許されたのか、謎だ。

騙しているクライシスアクターである可能性も捨てきれない。


イメージ 1

犯人の部屋。死んでから自分がこの位置にライフルを置かないだろう。



銃弾(弾薬)の量もすごい。遺書には何と書いてある?


ルームサービスの記録によると、ゲストは2人だった。

イメージ 2

撃ったアングル



ピラミッドとオベリスクのすぐそばでやられたことから、フリーメーソンによる人間の生贄と考えられる。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 15


スティーブン・パドックの首にはオカルトの「13」の文字。


テイラー・スウィフトも13を見せている。




ポデスタの14は何を意味するかは不明。

多くの調査者はFBIがやったと言っている。
オクラホマシティ爆破をティモシー・マクベイが1人でやったと言っているのと同じで(本当はFBIによる組織的犯行)、組織的な犯行でないとできるわけがないのだ。
監視カメラの映像を公開しないのがその証拠。

スティーブン・パドックは、オクラホマシティ爆破のティモシー・マクベイのようなマンチュリアン・キャンディデートかも。
オクラホマシティ爆破の後は、クリントンが反テロ法を可決させ、拘留者は裁判や弁護を受けれなくなり、アメリカ憲法の原則が失われた。


マクベイは、自分はMKウルトラされており、体にチップを入れ込まれていると言っていた。



今回のがFalse Flagというのは、こういうことからもわかる。32階から単独犯が撃ったことになっているのに、監視カメラだらけのホテルで、CCTVの録画が一切公開されていない。また、4Fから射撃がされているので単独犯ではない。音がするのも、射撃の様子が見えるのも4Fからである。

メディアは32Fから単独犯と報じているので、グルである。



また、イルミナティカードにラスベガス射撃事件の予想と思われるものがあった。


ジャックは10 エースは1 
10月1日


バラのコイン(ギャンブル用語わからない)?が3つ
積み重ねの束が2つ
32階? 




この日コンサートだったミュージシャンだそう。

Replying to 
こんにちは。これって確か当日のコンサートで歌ってた「Jason Aldean」って歌手じゃないかな?銃撃中にいの一番で逃げたって言われてた。かなり怪しいね?

その入れ墨がこちら:

イメージ 6

「射撃犯は、断続的に9~11分間射撃した」
=> 911 (イルミナティの犯行声明)

33個の銃を購入した。

33はフリーメーソンの最高位、お気に入りの数字。なので、これも犯行声明。
例:ヒラリーの33000件のEmail
  ヒラリーの部下、ローラ・シルスビーはハイチから33人の子供を誘拐した
  
ゴイムに対する嘲笑。それでもまだ陰謀論と言ってるやつは救いようがない。


イメージ 7

さっそくセレブがフリーメーソンのアジェンダを暴露し始める。
泣きながらお芝居(私は気分が悪いので見てません)。

これらのセレブは、地位の高いプロパガンディストであることを忘れてはならない。買収され、報酬をもらった、魂を売った人であることを。
エリートのナラティブ/アジェンダを大衆に売りつけるために訓練され、コーチされていることを。

そのために、嘘泣きしながらモノローグをやっている。まだ人が殺されたばかりだと言うのに、政治の話をしているのである。

すべてが崩壊してきたときに(金融危機など)、国民が腐敗政府に反撃できないように武器を奪い、自己防御できなくすることがエリートの最終目的だ。
今回はそれだけではない。それは次回以降に述べる。

Make no mistake, these ppl R high-level propagandists, bought and paid for, sellouts, coached, trained to give this propagandists narrative. Throughout this whole monologue he's fake crying,and this is completely coached and trained, you have to understand, to sell you out, and the endgame is for us to be defenseless,once it all comes crushing down. 

アメリカ人がマシンガンでなく、拳銃(ハンドガン)しか持てなくなったらおしまいだ、とアメリカ人のジャーナリスト。
このセレブは、自分はあちら側、エリート
国民を売り飛ばすことによって、自分は高い報酬をもらって支配層のクラブに属しているのだ。自分の利益のために国民を売り渡し、国民の人権を奪い、自由を抑圧しているのだ。

どっかで聞いたな?そうです、パヨクです。たまたま判明したことがあるので少し脱線します。

この伊藤穣一はズルシーのドメインの会社の人間だった。

その伊藤穣一と土井香苗がつながってた件。当たり前か。両方ソロスつながり。
投稿したのはロフトの人間、林千晶。
イメージ 8





ウィキピディアも #上級国民 の好き放題の自画自賛


  • SEALDSの恫喝弁護士は土井香苗の夫 
  • 土井香苗(ヒューマンライツウォッチ)のドナーはソロス 
  • 土井香苗とロフトと伊藤穣一はイベント 
  • ロフトはSEALDSとイベント
  • SEALDSのドメインは伊藤穣一の会社 
  • 伊藤穣一はオバマにつながる
  • オバマはソロスと、米国内と世界の国家転覆運動に出資 
  • SEALDSとオバマは握手する仲
  • 目標は NWO One World Government
    (日本死ね!!自分は日本でメシウマだけどな!) 

These ppl, labeled as "activists" they aren't political activists. They don't care about you. OK? They're part of the elite club, an elite agenda, they're bought and paid for to give you this bullshit. 
This is what this Vegas shooting is all about. The same line here.


この人たち(左は宇宙飛行士、右は元議員のギャビー・ギフォード。頭を撃たれて奇跡的に助かったという芝居をした詐欺師)は、TVでアクティビストとラベルを貼られているが、政治活動家などではない。自分はエリートクラブの一員で、国民のことなどどうでもいいのだ。金で買収されてるだけ(=パヨクと同じ)。

TVに「政治活動家」として出てくる人間や、政治的意見を言う芸能人は、金をもらって支配者のプロパガンダを国民に洗脳して、国民の人権と自由を奪うために自分は高い報酬をもらっている詐欺師だろう。
下々の者を売り飛ばすことで金持ちになるエリートクラブの一員。

その最も恥ずべき、卑しむべき、憎むべき行為に国民が腹を立てると
・出る杭だから叩かれたぁ
・売国奴とか言われたぁ
・立ち上がったから叩かれたぁ
・モノ申す女だから叩かれたぁ

と言いながら、ダボス会議に出るようなエリートの配偶者らの弁護士の名前を連ねて弱い国民を訴えてくる外道である。

今回のラスベガスの事件がHoaxだったなら、私も言論の自由やジャーナリズム、警察国家になることだけ気にしていればよかった。しかし、False Flagであった。
犠牲者が本当に出たのである。
それはこの動画を見て確認できた。
(CONTIUEを押すと閲覧できる)

この動画すらもやらせのフェイクだとコメントしている人がたくさんいて驚いた。
このタクシードライバーがトリアージしているような動画はFBから削除されたそうだが、何十万人にも閲覧された。

終わりの方で "rice" と言ってるのが何かわからないが、それ以外はだいたいわかる。

「まだ生きてる?」(are you with me?)
「弾が入った傷と出た傷(entry wound, exit wound) 」、
「まだ脈がある,まだ息してるぞ」(she's got pulse. She's breathing)、
「どこを撃たれた?」「頭」(Where are you hit? - In the head)


口から唾液が出ていたり、息がわずかになっていたり、目が開いていたり・・・
これまで多くのHoax(オーランドなど)を見てきて、「本当に殺戮があったときは疑いようがない、疑うってことは、フェイクだからだ」と、HowISeeTheWorldという調査者(今は消えた)が言っていたのを思い出した。
この動画を見て、私は本当に人が死んだことを理解し、激しい怒りを覚えた。

これが、シオニストがやることだ。
自分たちのアジェンダと金儲けのために、アメリカを中東のような殺戮の場にして、
コンサートに来ていただけの人たちを、会場の出口を塞いで逃げられないようにして、無実のアメリカ人たちを虐殺したのだ。
到底許す事ができない。ただただ唖然とする。

私の祖先を原爆で殺したのもシオニストだし、現在パヨクを使って日本人を苦しめているのもシオニストだ。シリアなどすべての国に反乱軍を入れ込んで世界を不幸にしているのもシオニストである。サタニストだ。

閲覧注意

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13


肝心の、銃規制以外のアジェンダなどについてはつづく。

PS: ホテルでは、乱射があった場合の避難訓練の期限?が9月30日になっていた。

Vegas union worker blows whistle on “mandatory active shooter training” which was due “Sept. 30” at “12 a.m.”

 

イメージ 14

ラスベガスホテル従業員が告発。
同じ日に乱射犯がいる設定で訓練がなされると通達が出ていた。
当日武器を運ぶのを隠蔽するために実施されたと思われる。

多くのFalseFlagは、訓練として行われる。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事