ここから本文です
Take up a sword and fight back, or we'll have no rights left
アンチファ、ソロスに約束された金(暴動参加報酬)を求め、ソロス事務所の前で抗議。

シャーロッツビルの事件は、死者がリアルに出たようだが、動画を見ればすぐにCIAのFalse Flagとわかる。車を逆走している犯人は完全に訓練されたプロの走り方であり、また、捕まった犯人(眼鏡を常時着用)とは違う人間のようだ。

そんななか、私はデンマークのフォロワーさんからこの情報をもらった:

あるアメリカ人の投稿:


「エヴァ―グリーン大学構内で見つけたアンチファ・マニュアル。
個人的にどう理解していいのかわからないな。
現実のものなのか、それとも風刺なのか?
これが何であるかはさておき、読むのは全くおもしろいよ。」

イメージ 1

「白人男(※CISとは、トランスではなく、生まれつきの男)、有色人種以外、LGBT以外、つまるところはファシストには配布しないでください」

=>白人男はファシスト、それ以外はファシストではない、という定義上のファシズム、レイシズムであり、冗談としか思えない。

目的は、ワンワールド政府(世界統一政府)とNWO(ニューワールドオーダー、新世界秩序)とあるので、サタニスト/ルシファリアン/シオニストの仕業、政府関係者に違いない。

これで、アンチファシストという名のファシスト運動が、国境開放/世界統一通貨・政府・宗教etc.運動であるとわかる。

内容はこんな感じだ:

・メディアを支配して自分たちの味方の書き方をさせる。
・自分たちに敢えて反撃してきた奴の生活を脅かせばやがて黙るようになる。
・nwo/ワンワールド政府に逆らう者はファシスト。
要は、自分たちが法律であり、それに逆らうものは暴力で弾圧するという嗜虐、全体主義、集団主義、恐怖政治な危険思想である

日本に住む私にもなじみ深い。私自身を恫喝している権力者たち、日本のガンがやっていることそのものだからである。彼らは法を堂々と犯しても罪に問われず、弁護士懲戒請求されても門前払いされるほど守られている。

最初の章は、「白人の特権」から始まる。
広島、長崎への原爆投下も、アメリカ原住民インディアン虐殺も白人が悪い、とある。->本当は、悪いのは白人全体ではなく、ユダヤ主義者(シオニズム。政治的思想。ユダヤ教ではない)である。

イメージ 2


「白人男の利得は、レイプと収奪だけによって達成された」

=> シオニストによる洗脳や虐待、レイプによって達成された

「白人男と同じ土俵で生きるには、ゲイと障害者と有色人種には保護が必要だ」

=> この思想こそ差別、優生思想そのもの。



「すべての人類の保護と向上」と書いてあるが、ただ単に白人あるいは主権国家をジェノサイドして、自分たちの勝手なアジェンダ(NWO)を達成したいだけである。

しつこいが、私個人の見解を示しておく。みなさんは自分の結論に達してください。
「白人男以外を保護することの目的は、ワンワールド政府/ニューワールドオーダー」
=>この運動を出資しているのは、白人男ジョージ・ソロスという欺瞞
=>ワンワールド政府は、単に中央銀行家が世界の資産を独占するだけの話。
=>自分の利益のために、反対者を排斥する危険思想。
以下、このアンチファシスト(アメリカンパヨク)マニュアルをかいつまんで訳しました。


「寛容の文化」
寛容の文化を作るためには、まず、あらゆる形態のヘイトスピーチを撲滅させる必要がある。私たちの運動や考え方に批判的なすべての概念を「レイシスト、ホモフォビア、ミソジニスト」として糾弾しろ。事実も歴史も我々側にある(※嘘)。すべてが失敗したら、その人間をヒトラーに例えよ。私たちの仲間が、たまに幻滅して、保守派(すなわちファシスト)として話し始めることがある。”妄想してる”と呼んで、見下して扱え。私たちの肌の色、例えば、私の黒さが、第一だ。それは私を定義するものだからだ。黒人第一。アメリカ第二。ゲイ/レズビアン第一。小人が2番、3番目がアメリカ人。などのように。

不寛容を寛容と呼ぶのがダブルスピーク。

肌の色を自分のアイデンティティにしろ(アイデンティティ・ポリティクス;アイデンティティ政治)と平気で言うことこそ、人種差別そのものだろう。



国境をつぶせ

ほとんどのリベラルは、(まだ)アンチファではないが、もうすぐそうなる。
シリア情勢などによって作られた難民危機は、アメリカに有色人種を流入させる理想的な方法だ。彼らは我々の助けを必要としている。海岸に打ち寄せられた赤ちゃんの死体などの写真を使って、アメリカにもっと有色人種を入れることの支援を得ろ。移民のことを”違法”と呼ぶな。”登録されてない”移民と呼べ。2017年、白人以外を70%にするのが目標だ。

自分たちの利益のために、イメージで人々の感情に訴えて支持を得ろ、という不正直で、心理操作的な奴らである。


メディアを統制しろ

いかなる手段を用いても、メディアを統制することが重要だ。現時点のようなこの運動の初期段階では、我々側についている白人男をまだ排除しないことが大事。
地位のある男には、白人の罪悪感と恥を使って、我々の理想に媚びへつらわせろ。
SNSは、我々の理想の新しい闘争の場だ。私たちは、かつてこれらのプラットフォームから、主だったファシストを追っ払うことによって、このようなアウトレットがいかに力を持っているかを知っている。


メディアの中で地位ある人物になりたければ、各種SNSプラットフォームでは、必ず自分の意図を曖昧にして隠しておけ。山の上から自分の思想を大声で叫ぶより、ミステリアスになって大きな力を操る方がよい。客観事実は我々側にある
常にそれを投影しろ。


SNSは、ファシスト思想を持つ者を叩きのめすバトンとして使え
そいつらをレイシスト、ミソジニストと呼べ。自分の周りにエコーチャンバーを作れ。


我々の多くは、アンチファについて、国内各地の大学で学んだ。もっと早くから開始する必要がある。教職に就け。若者にファシズムの危険を教えろ。ファシストの親がいそうな、弱そうな生徒と友達になれ。よい書物を教えるだけでなく、どうやって考えて行動するのがよいか教えろ。


我々と同じように考えろ。でなければ仕事を解雇される。

我々のアジェンダに対して敢て反対意見を述べる者の生活を脅かせ。奴らは明らかにレイシスト、ホモフォビアのファシストだ。こんな思考の者がいては会社を動かせない。この目標を果たせたら、ほぼ我々は勝利を味わったも同然だ。しかし、これからも、目的達成までには長い道のりがある。


生活の糧を失うことの恐怖は、明らかに、大きな動機付けとなる。白人男ファシストは、影に隠れるようになる。奴らはネットの掲示板やメジャーでないメディアに潜むようになるが、差別者のラベルを恐れ、自分自身の声と名前で意見を述べることを恐れるようになる。


多くの企業まだこんなヘイト煽り野郎に働く場所を提供している。でも、こんなヘイトスピーチを許容するような最も邪悪な企業にさえも、我々のランクが浸透するのはもう時間の問題だ。



我々は大量殺戮は容認しない。しかし、少数のムスリムは自爆テロをやった。これは、明らかに、白人男の文化の何百年もの介入のせいだ。..


①イスラエルがパレスチナを攻撃しているのは悪い ->
 アンチファは本当は、イスラエル大好きの政府が作ったはず。なのでごまかしているのだろう。 

②アメリカが日本に原爆を落とさなければ、オサマビンラディンが911をやらなかったはずだ。白人が悪い。 -> ひどく愚かな思考だ。
ちなみに、911も原爆も、こういうサイコパスのような残虐行為は、ユダヤがやったはず。(筆者の考え)


笑われ男@時時通信 Retweeted Naomi
Naomiさんが、"アンティファのマニュアル"を訳してくれてます。内容を見るとタビストック、IPS(政策研究所)、CIAジーン・シャープやらの背後があるのは間違い無いと思います。
==


他人の出版や言論を暴力で妨害し、弁護士特権を使って一般人を恫喝する卑怯なパヨクの手口を学べたかと思います。おそらくマニュアル通りに行動しているんでしょう。当然、報酬をもらって。

このような過激思想=メインストリームにされていますが、心ある人々には、自分で考えて、騙されないようにしてほしい、そう願います。ぜひ、広めてください。




この記事に

ブライトバートの言葉


ブライトバートの自叙伝の、この部分を思い出します。

私が今住み始めた世界は、考えることを必要としていた。
なぜなら、その世界は、結果を要求しているからだ。
私の給料袋が結果だった。
スージー(妻)の幸せが結果だった。
請求書を支払えるのが結果だった。
自分で買った靴を履いて仕事できることは、私が短期間にいかに長い道のりをやってきたかを表す象徴だった。

私は、父がその行動を通して、私になるように教えてくれたものになろうとしていた。ー 自立した人間になりつつあった。そして(グッ!)、自分が保守であるという、認めるのが困難な新事実を受け入れようとしていた。

同時に気が付いたことは、私はハリウッドから出たい、ということだった。
もう週4日映画に行く生活はやめていた。
もうTVの録音された笑い声と一緒に笑わなくなっていた。

ある日、私は辞職通知も出さずに、職場を去り、二度と戻らなかった。

少し後のある夜、私はセンティネラ辺りのウィルシャー通りを東方向に運転していた。私はそのとき、大学卒業後3年間、苦痛を伴いながら学んだことから来たフラストレーションに圧倒されていた。思考錯誤、政治的および哲学的な転換 − 転換したが、まだ、何かが足りないままだった。

私は25歳だった。そして、唯一のキャリアの展望だった仕事を去った。なのに、次に何をしていいのか全く見当もつかなかった。

私はあまり宗教的な人間ではない。実際、当時は自分を無心論者だと思っていた。
しかし、溜まりに溜まったフラストレーションから、私は車の中で大声を上げた。

お願いです、神様。私が情熱的にやれるものを何か与えてください。私に使命を与えてください。


イメージ 2



その次の章が「Thank God for the Internet」(インターネットを神に感謝する)です。

インターネットニュースの先駆けとなったブライトバート。

イスラエルのために働くシオニストであったところが気になりますが、彼は偽善者ではなく、genuineな(真の)人だと私は信じています。

そのインターネットの自由がもう瀕死です。
「イスラエルとシオニストの悪口はヘイトだ、白人はヘイトだ、だから犯罪だ」
=つまり、支配者の批判は一切できない全世界北朝鮮(NWO)になってしまったからです。

ブライトバートは25歳すぎて使命を見つけましたが、支配者の小児性虐待ネットワークを暴いたり、オバマを暴いたことから、この悪魔に殺されてしまいました。
イメージ 1


彼が使命を果たせたのは20年にも満たなかったのです。

人生一体何なんでしょうか?

世界は一体何なんでしょうか?

レイピスト&大量殺人鬼、ビル・クリントンが銅像になったり:


こんな身の毛のよだつような虐待者たちに支配、抑圧され、反対の声を発しただけで殺される。彼らの嘘と偽善と狂気を受け入れろと命令される。

生きることに一体何の意味があるんでしょうか?


ルシファリアンな像: 




この記事に


Truth Media Revolutionさんは、ジェームス・アレファンテスのサイコパスっぷり、トランプとヒラリーのサーカスっぷり、フェイクニュースのMSMが、私たち個人ジャーナリストをフェイクニュースと呼ぶ、愕然とした現状を、鋭く暴いてきました。
最近、全く動画の投稿がありません。過去の動画を楽しもうと思ったら、多くが消えていました。(私のブログにはいくつか訳が残っているかと思いますが)

この人の声やコンテンツが、本当に好きでした。
今回、新たに見た古い動画を訳しました。これは、大統領選のだいぶ前である、9月末に作成されたものです。
Truth Media Revolutionさんは、今、無事に元気に生きているでしょうか?

音声も素敵なので、ぜひ聞いてみてください。


We Live In A Completely Fake World


ときどき私は、周りを見渡して、ただ思いを巡らせることがあります。
この人たちに何が起こるだろう?と。
ニュースで見ることを信じる、投票すればシステムが変わると信じる、人類が火星に行くと信じる、空っぽの魂たちが。

You know, sometimes I look around and just wonder what's gonna happen to all these people. All these lost souls who believe what they see on the news, believe voting can change a system, believe we're going to Mars. 

イメージ 1

今、私たちは、人類史上、最大の転換に瀕しています。
なのに、この人たちが気にすることと言えば、
「トランプに投票する?それともヒラリーに投票する?」
「日曜の試合で、どっちのチームが勝った?」
「iphone7買った?」
...本当に信じられません。

We are on the verge of the biggest transformation in human history, and all these people care about is "Are you voting for Trump or Hillary?" "Who won the game on Sunday?" or "Did you buy an iphone 7?"  It's truly unbelievable. 

送電網が途絶したらどうなるか想像できますか?
人々は、たった5分も携帯電話なしで生きることができません。
電気が5ヵ月断たれたら、どうなるのでしょう?

Could you imagine if the power grid went out? 
People cannot live without their phone for 5 minutes. 
What if the power went out for 5 months?

この人たちは、日常生活において、毎日、毎日、嘘をつかれて生きています。
彼らの想像を絶するほどの、最大の虚構の中を生きています。
この世界が崩壊するとき − いずれ本当に崩壊するでしょう − 彼らは、自分たちが何に撃たれたかを知ることはありません。

彼らも、いつかは、何とか目覚めるでしょう。
でもその時には、時遅しなのです。

These people are lied to every single day of their lives. 
They are living the biggest lie they can possibly imagine. 
They are not going to know what hit them when this world crumbles, and it will. 
They will wake up all right. But it'll be too late.

あなたたちの多くも、同じ思いをしていることでしょう。
でも、私は、時々、自分の頭で考える人間じゃなければよかったのに、と願うことがあります。
物事を調べたり、システム(支配体制)に疑問を抱いたり、しなければよかったと。
だって、それは時に、あまりにも打ちのめされることだから。

I'm sure many of you feel the same, but sometimes I wish I never thought for myself. Sometimes I wish I never looked into things, questioned the system, questioned reality, because it's just so overwhelming sometimes. 

この世界は、非常に病んでいます。
すべてが逆さで、後退しています。
不正操作されています。腐敗しています。偽物です。
理解を超えるほどに。
わたしたちは合成の現実の中に生きています。
この世界に関するすべてのことが、偽物なのです。

This world is so sick. 
Everything is so backwards. Rigged. Corrupt. Fake. Beyond comprehension.
We live in such a synthetic reality. Everything about this world is fake.

偽の食べ物。
Fake food.

イメージ 2

偽の政治制度。
Fake political system.

イメージ 3

偽の宗教制度。
Fake religious system.

イメージ 4

偽の医療制度。
Fake medical system.

イメージ 5

偽の貨幣。
Fake money.

イメージ 6

偽の空。
Fake skies.

イメージ 7

イメージ 8

現実とは思えない.... 
It's unreal.

私がどう思うか、お話ししましょう。
You know what I think?
「クラブ 詐欺」  クライシスアクター
イメージ 9

あなたは、自分たちが住んでいるこの全くの偽物の、不正な現実の中で、何が本物であるかを知りたいですか?

唯一大事であるもの、そして、真であるもの。− それはあなたの精神です。あなたの魂です。精神性です。

なぜなら、支配層は、それだけはあなたから奪うことはできないからです。それだけは、あなたは救うことができます。

I think in this absolute fake rigged reality in which we live, you wanna know what only real thing is? The only thing that matters that's real it's your spirit. 
Your soul. The spiritual. 
Because they cannot take that from you. That you can save. 

わたしたちは、このシステムを変えることはできません。
Because you can't change the system.

イメージ 10

この狂った、偽物の世界は、私たちにふりかかる運命だったのです。これを避けることは不可能だったのです。
相手はただの人間だと思いますか?

This sick, fake world was meant to fall, and there's no way around it. 
You think we are dealing with mere humans?

イメージ 11

世界を支配をしているサイコパスたちは、「入れ物」です。
奴らは、世界の領域を超えた、そして、人間の知覚を超えた、そして、人間が知覚できる物理的な次元を超えた力によって、影響されているのです。だから、世界は、現状のようなものになっているのです。

These psychopaths in control are the vessels. They're all influenced by the forces beyond this realm, beyond this your perception, beyond the physical dimensions that you perceive.

This is why the world the way it is.

イメージ 12

だから奴らは、すべての人民に対して、その狂ったアジェンダを実行することができるのです。そして、彼らがやれる能力のあることをすべて実行できるのです。なぜなら、このことを理解してください。これは、肉体の域を超えているのです。だから、New World Orderが存在するのです。

This is how they are able to carry out their sick agenda against us all and do the things they are capable of doing. 

Because understand. This goes beyond the flesh.
This is why there is a new world order.

私は、この世界の中の何らかの真実を探そうと長年の旅を続けてきたあげく、ついに、次の事を悟りました。

After many years on this journey of some type of truth in this world, this is what I finally realized: 

Ephesians 6:12わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。


わたしたちが格闘している相手は、これなのです。
だから、世界はこんな風になってしまったのです。
私が思うに、あなたがこの単純な真実を早く理解すればするほど、あなたの人生は、よりましな状態になるでしょう。
ー あなたに神の恵みがあらんことを。

This is what we are dealing with. 
This is why the world is the way it is.

The way I see it, the sooner you understand this simple truth, the better off you'll be. God bless. 

イメージ 13


<終わり>

訳者あとがき
聖書の同じ部分の残りを紹介します。

ephesians 6:10, 6:11主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。 悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。


Ephesians 6:13それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。


ephesians 6:16 その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう


6:19また、わたしが口を開くときに語るべき言葉を賜わり、大胆に福音の奥義を明らかに示しうるように、わたしのためにも祈ってほしい。
6:20わたしはこの福音のための使節であり、そして鎖につながれているのであるが、つながれていても、語るべき時には大胆に語れるように祈ってほしい。


==
私はこんな中年真っただ中になるまで、聖書やキリスト教のありがたみを理解していませんでした。大学の時のアイルランド人の教授に、キリスト教を信じるように勧められましたが、結局受け付けず、今まで来ました。

Sermon on the mount は好きでした。悪魔オバマは、これを嘲笑していました。

“Blessed are the poor in spirit,
    for theirs is the kingdom of heaven.
Blessed are those who mourn,
    for they will be comforted.
Blessed are the meek,
    for they will inherit the earth.
Blessed are those who hunger and thirst for righteousness,
    for they will be filled.
Blessed are the merciful,
    for they will be shown mercy.
Blessed are the pure in heart,
    for they will see God.
Blessed are the peacemakers,
    for they will be called children of God.
10 Blessed are those who are persecuted because of righteousness,
    for theirs is the kingdom of heaven.

幸福なるかな、心の貧しき者。 天国はその人のものなり
幸福なるかな、悲しむ者。その人は慰められん。
幸福なるかな、柔和なる者。その人は地を嗣がん。
幸福なるかな、義に飢え渇く者。その人は飽くことを得ん。
幸福なるかな、憐憫ある者。その人は憐憫を得ん。
幸福なるかな、心の清き者。その人は神を見ん。
幸福なるかな、平和ならしむる者。その人は神の子と称えられん。
幸福なるかな、義のために責められたる者。天国はその人のものなり。


そして今、この聖書というものは、本物の悪魔(偽のユダヤ人とパヨク)と戦う善良な人のためであったとやっとわかりました。

私は人間がもともと苦手だし、悪いこともたくさんした、罪深い人間ではあります。

けれども、動物や子供を虐待して利益を得たり、他人の金をぶんどったり、他人の言論に粘着して背後から突き刺してきながら、口では真逆のきれいごとをいう、狂った卑劣な奴らの邪悪さは理解できません。

ただ単に、私は貧しい奴隷に生まれ、無力だから、「選民」に虐待、抑圧されて苦しむ人生を送っているのでしょう。

そこには、世の中がこういう現実である以外に、何の理由もないのかもしれません。

この記事に


民主党詐欺訴訟の検事、「自殺」認定される


5月末、DNC(米民主党)に対する不正選挙訴訟を担当していた検事、デビー・ワッサーマン・シュルツの選挙区のフロリダで、白昼に死体で見つかった。
DNCは、サンダースへの寄付金を勝手にヒラリーのために流用したことで訴えられていた。


「民主党は全く「民主」(デモクラット)ではなく、莫大なマフィアになったようだ。アメリカはもう、白昼にこんな光景が見られる国になってしまった。
クリントンボディカウント(死体数)は、果てしない数になり、単なるリストではなく、ノートになりそうだ。」




それが、今日(アメリカ現地時間の8月11日)、自殺と断定されました。

ベラントン・ウィセナント・ジュニアさん37歳。
奥さんは医者で、フロリダの大学で教えていた。3人の子供がいる。
自殺の動機があるわけない。自分を背中から撃てるわけがない。

銃はどこにあったか、検死結果はどうだったのか一切リポートなし。

米民主党は殺人をしては自殺にできる莫大な権力腐敗。




安らかにお眠りください。

もう1人、ヒラリー・クリントンのボディカウントリストに追加


このクリントンのドナー、インド系アメリカン、フランク・イスラムの邸宅を建てた建築家、ジェームス・エドワード・ギブソン氏、謎の死を遂げるが、報道されなかった。

イメージ 1

ANOTHER ASSASSINATION BY BILL CLINTON S PERSONAL CIA HIT MEN

ビル・クリントンの個人付きCIA殺し屋によるもう1つの暗殺事件

James Edward Gibson Built Frank Islam's Mansion - He Died Suspiciously
イメージ 2

イメージ 3

安らかにお眠りください。

ヒラリーのトップ寄付者宅で、売春者がドラッグ大量摂取にて死亡

さらにこんな事件が発覚:

MALE PROSTITUTE DIES AT HOME OF HILLARY CLINTON DONOR ED BUCK WHO LIKES ‘YOUNG BLACK GAYS HE COULD NJECT WITH DRUGS’

Mystery swirls around death of gay sex-worker

26歳の男娼が、クリントンのトップドナー(主要寄付者)、エド・バックの邸宅で死亡。死因はメタンフェタミンのオーバードース(過量摂取)。

バックは、若い黒人のゲイにドラッグを注射して、どんな反応をするかを見るのが好きだった。

死亡したMooreの母親は、息子の死は、発表されているよりももっと邪悪な状況だったと話す。

ワクチン接種を義務付ける悪魔政府

Rocky‏ @BlueballsNina
 International Crackdown on Parents who Refuse to Vaccinate Children Has Begun—Punishment & Fines Now a Reality
子供へのワクチン接種を拒む親への国際的な取り締まりが始まる。
罰則や罰金が現実に。

チェルシー・マニング、女になったから恩赦されたのか

生前のジュリアン・アサンジが、ブラッドリー・マニング(Bradley Manning)が米軍がイラク兵捕虜に行った犯罪を告発したことで刑務所に入れられたことで、オバマを糾弾していたものだった。マニングは、35年の刑期を宣告されていたが、2017年5月17日に釈放された。

イメージ 4



Grace Retweeted Zara Rahim
Do you ever feel like Chelsea MANning was only released from jail as long as Chelsea left a woman?Feels rude to question it, BUT I'm rude

グレース:「チェルシー・マニングは、彼が男を捨てたままでいる約束をしたから釈放されたのだと感じますか?無礼な質問だと思いますが、私は無礼なので。」
Chelsea Manning for the September issue of Vogue. Stunning photo by Annie Leibovitz.
チェルシー・マニングのVogueの9月号の美しい写真。


コメントには、「ごめん、男にしか見えない」とあり。

プロジェクト・ベリタスのジェームス・オキーフ、極左ファシストを暴く(極左だけではない、ジャーナリズムの腐敗)

民主党が、投票資格のない人に投票させていた。
オキーフは、この不正投票(voter fraud)の暴露ビデオを公表した。

イメージ 5

以下、ジェームス・オキーフのスピーチ:
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


彼らはこんなことをしてきたんです。
ビデオを1つ公開するたびに、刑事裁判の陪審員の召喚を脅す手紙を1通ずつよこしたのです。
ほとんどの人はそこで引き下がります。
犯罪行為を脅すあらゆる手紙を受け取ると。
なぜなら、現実を受け入れることができないからです。このようなことが存在すると受容できないからです。

これは文字通り、善と悪、真実と闇との闘いです。
わたしたちは、アメリカ国民に情報を提供しようとしているのに、彼らは私たちを牢屋に入れようとするのです。これより最悪なことはありません。

みなさんは、左翼の人々が、正義と平等と言論の自由を重んじるかと思うでしょうが、違います。彼らは我々を牢屋に入れたいのです。

Here's what they do, this is what they try to do. 
They sent us three letters threatening a criminal jury subpoena one letter after releasing each video. Most people would back down, getting all these letters threatening criminal activities, because they cannot accept reality, they cannot accept this stuff exists. This is literally fight of good versus evil, truth versus darkness. We're trying to give American people the information, and they are trying to put me in jail. It doesn't get any worse than that. 
These people of the left, you think that they care about justice and equality and freedom of the first but they don't. They wanna put us in jail.

イメージ 7


アメリカに実際このような報道をしようという、捜査リポーターの名前を1人でも思いつきますか?

70年代後半、ウォーターゲートの直後、多くのジャーナリストが、この種のジャーナリズムをやるのをやめることを決めたようです。
腐敗・不正追及のジャーナリズムをもうやらなくなったのです。
腐敗があまりにもリアルになったからのかもしれません。

こういうジャーナリストたちは、自分自身を高く評価しすぎているのかもしれません。自分を神か何かだと思っているのかもしれません
もう過去のような仕事をやることを拒むようになりました。

それとともに、正直さも捨て去ったのです。

私たちは、次の3つのことが起きたと考えています。

強欲(拝金主義)、怠惰、そして(政府からの報復に対する)恐れです。

Can you name an investigative reporter of America who's actually willing to do this?
In the late 70s, many of these people right after Watergate they decided we were not gonna be doing this type of journalism. We're  not gonna be doing this muck raking journalism. Maybe it become too real. Maybe they thought too highly of themselves. Maybe they thought of themselves as a sort of new Gods. They are unwilling to do the work they used to do. And the integrity went by the wayside along with it. 
We think a few things happened: Greed, laziness, and fear. These are three factors. 

イメージ 8

彼らは情報を許せないのです。
自分たちの嫌いな結論に人々を導くような情報が出るのを禁止したがるのです。

特定の情報が、自由な国民を、自分たちの求めるのでない結論に導かせるのならば、そのような情報を見せたくないのです。

CNNをつけると、何を見ますか?捜査的な報道を見ることはありません。

「証拠はこれです。あなた自身の結論に達してください」という報道は存在しません。
多くの人が、わけのわからない難解な言葉をしゃべってるのを見せられるだけです。

今、衝突が起きているように思います。私のビジョンとメディアの間に。

私のビジョンは、自由な国民が、誰に投票すべきかを自分で決められるほど頭がよい、というものです。

しかしメディアは、「ほら、これがヒラリー・クリントンに投票すべき理由です」というナラティブを、視聴者に無理矢理押し付けて飲み込ませようとします。

They cannot allow information. We cannot allow information that leads people to conclusions that we don't like. 
So they literally don't want you to see certain information if it leads a free people to a conclusion that we don't want to be led to. 
You turn on CNN, what do you see? You don't see investigative reporting, you don't see, let's look at this evidence and make our own decision. 
It's a bunch of people talking gobbledygook. 
So there's this conflict that's happening. A conflict of vision between sort of my vision of the world which is free people are smart enough to make decisions about who to vote for. and the media which just shoves narratives down the throat and "here you should vote for Hillary Clinton." 


イメージ 9

選挙の数日前に、ヒラリー応援の高官が、詐欺を犯そうという発言をしているのに、
メディアは、ヒラリーが大統領になった時に報復をされるのを恐れて、国民に情報を共有しようとしませんでした。

自国の政府から復讐されるのを恐れて、みなさんに真実を共有しようとしません。

私たちは恐れません。プロジェクトベリタスは恐れません。

でも、私たちが頼れる組織が誰も残っていないんです。

このビデオをテレビで見ることがない理由がわかったでしょ。ちなみにFOXニュースもですけどね。なぜなら、怖いから。

私たちは恐れません。そして今、多くの人々が立ち上がって、「私たちも恐れません」と言っています。


CNN、 自分の棺に釘を打ち込む


CNN's Proverbial Nail in the Coffin

2017/06/27 

プロジェクト・ベリタスのジェームス・オキーフのおかげで、CNNがロシアのハッキングは「大嘘かもしれないが、証拠もないのに視聴率のためにやっている」とスタッフが自分で言っていたことがばれた。

イメージ 10


CNNではこれが共通の認識なんだろう。
CNNのスタッフたちは、国民に嘘をついているのをわかってやっている。
もちろん嘘だと知っててやってるよ。

年収何千万ドル、何百万ドルの報酬をもらっているんだからね。
彼らは国民に嘘をついていようが、気にしちゃいないさ。
OK? ほんとにどうでもいいんだよ。

それから一部のスタッフは、アメリカを憎んでいるから、そこまで報酬が高くなくても喜んでやるだろう。

私たちはこのことを理解する必要がある。この人たちは全く嘘をつくことを何とも思ってないし、真実なんかどうでもいい。ただ、自分の仕事をやり続けるということを。

イメージ 11

CNNは嘘をつき続けてきた。

CNNは、湾岸戦争プロパガンダを流すために、スタジオから「サウジアラビアから中継」と言ってガスマスクを着けて中継し、危険を煽ったメディアだよ!

イメージ 12

CNNのブライアン・ステルター:
個人の意見における多様性が、CNNを強くするものです。私たちは意見の多様性を受容し、歓迎します。

ああ、もちろんそうだろうね!
多様性を受容する。だから、バーニー・サンダーズが「CNNはフェイクニュース。ハハハハ」と冗談で言ったときに、彼のマイクを切断したんだよね?

イメージ 13

サンダース:「さあ、私にはわからない。」

イメージ 14

サンダース:「彼はCNNフェイクニュースを見てたんじゃない?あなたはどう思う?」

イメージ 15

イメージ 16

サンダース:「ハハ。冗談だよ」
エリン・バーネット:「もちろん冗談だとわかってますよ。彼の言ってることを信じないんですね、明らかに。」

イメージ 17

サンダース:「エリン?つながってる?もしもし?もしもし?」

イメージ 18

エリン・バーネット:「どうやらサンダース議員との接続を失ってしまったようです。」

バイバイ!(See ya!)
イメージ 19

もちろんこういう種類の多様な意見は許せないみたいだね。

日本のアマゾン、レビューを検閲


ちょっとしたことですが、アマゾンを利用しているものですが、香山リカさんの新書を読んで、相変わらず独りよがりな文と香山リカさんの行動での批判レビューを書きました。そしたら500以上の「役に立った」という意見をもらいましたが、なんと翌日に削除されました。これって言論封殺ですよね。


Replying to 
フォロー外から失礼します。中塚某w氏がお怒りのようで、どうやら実力行使?したようですwただ書評について書かれているのに一切を無視するのが、この方のスタンスらしいし。住所なんて教えたら?お仲間の弁護士さんが裁判所でお待ちしてるのがオチ。ヤブ蚊に刺されたぐらいに思っておきましょうw


住所を教えろー>法的措置を取る、と脅す。
「素敵〜」と褒められないと脅すのか。
金正恩のような恐怖政治が好きらしい。



極左/支配層は、事実が嫌いである。

「差別、いじめ」が支配層による国民の言論弾圧に利用される証明:

イメージ 20


この記事に


8/10の動画より

HOW THEY USE COMEDY, HUMOR, AND JOKES TO DEFLECT AND DISTRACT!


ハリウッドのフリーメーソンの最高位の聖職者、ジム・キャリー

イメージ 1

ジム・キャリー:「今日は告発者になる。私は嘘や秘密にうんざりしている。イルミナティ(※会場爆笑)の秘密のシンボルに。」

イメージ 2

ジム・キャリー:「嘲笑する舌のシンボル。もう長年、”政府によって雇われた”(※会場爆笑)、シットコムの俳優たちやトークショーのホストたちが、大衆を脇道に逸らそうとしているんだ。目逸らしして、笑わせることによって。人々を喜ばせて、家畜のように従順にさせるために。本当に何が起きているかに気づかせないためにね。(throw you off the track, distract you, make you laugh. Stuff like that. Make you happy and docile, so you don't know what's really going on.)
森の中に裸で出て行って、イルミナッテエーが、世界で起きることを自分たちで決めてるんだってさ。(※ボヘミアングローブのことかと思われる)」

ーー 会場、意味がわかっているかのようにハハハ!と笑い続ける(録音された笑い声のように)ーー 

イメージ 3

ジム・キャリー:「超オカシイよな。(hilarious!)」

イメージ 4

動画作者
A call for an Uprising:

ユーモアは、エリートによって人々をそのマインドコントロールに閉じ込めておくために最もよく使われる、最も簡単な戦術だ。

人々がますます目覚めるようになるにつれ、色々と物事が見えてきて、疑問を抱くようになり、NWOやイルミナティについてリサーチを始める。

すると、そんな人たちは、Googleでの検索結果から、この手の火消しの記事の砲火を浴びることになる。

いかにこの話がジョークであるか、「陰謀論者」を嘲笑しながら。そして私たち調査者の「虚言を暴いたぞ!」などと主張するような偽の記事だ。

ジム・キャリーのような有名人が、「イルミナッテ!!」のように大声で叫んでバカにして笑う。

このような有名人は、メディアによって礼賛されて私たちに無理矢理押し付けられない限り、ただの負け犬、不良品(社会から拒否された人)に過ぎないのに。
実社会では、このようなセレブが彼らが望むような方法で愛されたり、関心を持たれることはない。
彼らが愛されたり、関心を持たれる唯一の理由は、メディアが無理矢理流しているからだ。これらの有名人は、NWOの命令を実行し続けているだけの、才能のない御用に過ぎない。

Humor is the easiest, most used tactic used by the elites to keep people trapped in their mind control. As people become more and more awake,  as they start seeing things and start questioning it, they start researching the New World Order or the Illuminati, they'll be bombarded with articles about what a joke it is, mocking conspiracy theorists, "debunking" us. Celebrities like Jim Carry making fun of it, going like "illuminate!" acting like the losers and rejects that they are, who would never be in those positions of fame and fortune and beloved if they weren't force fed on people. In real world nobody would love or care about these people. The only reason they are is that they are forced down everybody's throat, and they are under mind control from MSM. These people are just talentless hacks who continue to do bidding of the NWO. 

彼らは、皮肉やユーモアを使うだけでいいんだ。こんな風に。
「私が誰かを殺したって?ああ、殺したよ。ハハハハ!そうだよ!私は殺したハハハ!」

そうすれば人々は「だよね、だよね。そんな話狂ってる」となる。
話をそらす最も簡単な方法だ。
it's the easiest way to deflect. 

Google検索すると、本当の真実は埋もらされてている。

ぺドリング(小児性愛ネットワーク)、アレイスタ・クラウリー崇拝、彼らが読んでいる本、タルムードなどについては検索しても出てこない。

出てくるのは、「ビヨンセの双子の陰謀!」などだけだ。



8/6の動画より

BASEBALL PLAYER TOLD TO ZIP IT! THROWN OUT AT THE PLATE AND EJECTED BY MLB!


野球選手が自分から観客を攻撃することはない。この日、マット・ジョイスは、おそらく、観客席からヤジで挑発されて、男性をバカにする言葉、「おかま」など、同性愛を表す言葉(faggotかfagまたはQueer)で返したのだろう。

すると、この選手は「ヘイトスピーチ」で2ゲーム無給で停止処分にされ、お金をLGBT団体に寄付させられた!


世の中の人の多くは、自分の上に屋根を持つためのだけに苦闘している。
この選手は当然高給取りだろうが、家族を養っているだろう。
この選手の2ゲーム分の報酬という莫大な金額を、無理矢理寄付させるのはもちろん思想警察だが、同じ寄付するなら、大勢の飢えている人にあげればいいのに、LGBTQ団体に寄付させる。このように虐待することによって、言論の自由を奪う試みだ。


この選手は謝罪を強要され、謝罪文をツイートさせられた。
「おかま」と言っただけで「そんな言葉を吐くべきではなかった」と陳謝させられ、誰も「ああ、言ったとも!言いました!そう思ったから言った。」と立ち上がらない。

なぜならそうしないと、野球場にデモ隊が来て騒いで脅したり、もっと金を取られるから。そしてMBLももちろんNWO体制側で、ゲイ推進だから。

もはや、軽蔑語(Fagなど、アメリカ人が非常に一般的に使う言葉だが)だけでなく、「homosexual」(同性愛)と呼ぶことすら「ヘイトスピーチ」と呼び始めるほどの抑圧が始まった。支配層に逆らうなという独裁政治だ。
イメージ 6


まだ言論の自由があるうちに、我々の意見に対してヘイトスピーチであると違反報告をすることはできない。
”We can't flag our speech as hate speech when we have free speech still."

私たちは皆、自由言論を擁護すべきである。
「ヘイトスピーチ」というものは存在しない。
なぜなら、誰でも、何でも「ヘイトスピーチ」だと主張することができるからだ。

You should be pro-free speech, and there should be no such thing as hate speech. Because anybody can claim anything as hate speech.

この野球選手がなぜLGBTQ団体に寄付させられたか。
そもそも、XX財団、XXアドボカシーグループ、などの「慈善事業」(フィランソロピー)というものは、スカル&ボーンズなどの支配層オカルトが、詐欺をするために作ったスキームだからである。
イメージ 5


=============
日本も。山の手線の虹色。


「誰でも何でも好きなものを着ることができるように」男の我が子にスカートを吐かせるセレブの親。

ジョリーとピットは自分たちの白人の実子をトランスジェンダーにしてホルモン治療をさせる。

これを子供虐待と言う。=>ヘイトスピーチ!



この記事に

<つづき>

3.
ジョージ・オーウェルの小説の中では、政府によって実施される、洗脳や拷問の幇助がなされている。これについて長々と説明する必要はない。私たちはもう嫌になるほど(ad nauseam)聞かされてきた。水責め(waterboarding)などなどだ。

CIAが抑留者に用いた13の「改善された尋問テクニック」

イメージ 1

イメージ 2
「CIA契約人: 改善された尋問テクニックが”命を救った”」

また、ニュースピーク(新話法)では、「拷問」は、「改善された尋問テクニック」と入れ替えられた。

2.
「1984」では、国家によってコントロールされるメディアは、1つの単一ナラティブだけを反映していた。ジョージ・オーウェルはこれを「真理省」と名付けた。

イメージ 3

生活の中の「フェイクニュース」をフィルタアウトして、人々に「真実」をもたらすために設立された官僚制度である。

イメージ 4

「フェイクニュース」が「エスタブリッメント以外のメディア」という意味に置き換えられるようになった

イメージ 5

ドイツの法律、フェイクニュースを発行したSNSサービスに罰金を科す

現在(2016年12月)押し付けられている莫大なフェイクニュースのナラティブと検閲のほかに、バラク・オバマが政権を去るまでに取った最後の措置の1つが、文字通りの「真理省」を設立したことである。

イメージ 6

ドイツ、フェイクニュースに対抗する特殊ユニットの設立を計画

イメージ 7

国民が見ることを許される情報を拡散する官僚制度である。
ジョージ・オーウェルの「1984」と全く同じような、単一のナラティブである。

イメージ 8

国家によって決定された、単一のナラティブだ。

1.
小説「1984」の中では、各世帯に「テレスクリーン」なるものが設置されていた。
政府は、これによって、ビデオと音声で人々を監視しただけでなく、プロパガンダを流布した。

これについて長く説明する必要はない。私たちは皆、エドワード・スノウデンが公にリークしたように、NSAによる大規模なスパイプログラムについて知っているからだ。それ以外にも、多くの莫大な監視が進行中だ。あまりに多く実施されすぎていて、誰もすべてを追跡することができない。ほぼすべてのプラットフォームで実施されている。インストールされたソフトウェアやファームウェア、電話など。

イメージ 9

真実 それは新しいヘイトスピーチ
全世界が詐欺をしている時代にあって、真実を語ることは、革命的な行為になる

イメージ 10

エドワード・スノウデン:「何も隠し事はないからプライバシー権のことなど気にしないと論じることは、何も言うべきことはないから、言論の自由なんかどうでもいい、と言うことと同じである。

イメージ 11

ジョージ・オーウェル自身も、まさかこの規模と範囲になるとは想像していなかっただろう。

イメージ 12

ジョーク:「オーウェルが墓の中でぐるぐる回り始める。体を回らせるオーウェルに生成器を取り付けると、無限のエネルギー」
(偉大な作家などが今の時代に生きていたら、このひどい現状に墓をひっくり返すだろう、墓の中で体をよじらせるだろう、などの言い回しに基づき)

イメージ 13

政府が大規模に実施している最も脅迫的なことは、あらゆるサブリミナルメッセージングだろう。実際、現在これがすべてになっている。すべての広告、コマーシャル、どこでも見られる。

イメージ 14

(訳者解説:9のとなりにツインタワーが11を表していて、911。支配層は、911を実行することを予め多くの番組の作品などで刷り込んでいた。)

政府がスポンサーしている極悪メディアも、これをやっている。

例として、CNNがイタリアのテナー歌手、パヴァロッティの死亡に関するクリップの中に挿入したサブリミナルメッセージを見てみよう。

イメージ 15

イメージ 16

(訳者注:ここで一瞬カチっと画面が白くなる)

2%にスローダウンして見えたのはこれだった:

イメージ 17

「気分がよくなったからといって、あなたに危険が迫ってないわけではない」
==
最終的には、あなた自身が何を信じるべきかを決める必要があります。
私の言うことを信じず、自分でリサーチしてください。

視聴者の皆さんにプレゼントがあります。オーウェルの1984のオーディオのリンクを書いておきます。みなさん、メリークリスマス!


<訳者あとがき>
コメントの中には、「恒久的な戦争について忘れたぞ」「1984というよりは、Brave New Worldに近い」などと知的なコメントがありました。

同じジャーナリスト、Edさんの最近のビデオでは、「クリントンを捜査することは、アメリカの政治的規範に挑戦するものである」という言葉が使われたことが指摘されていました。クリントンの腐敗を追及することが「ポリコレ」(政治的に正しい)ではない、と。つまり、腐敗をごまかし、権力者を守り、一般人を弾圧する恐怖政治が進行中であることを意味します。

イメージ 18


日本でも、言葉に刑罰を科したいが、自分たちは平気で犯罪をするサディストなパヨクのせいで、不正と不公正と人権侵害がまかり通っている。

地裁の判決などは、小西ひろゆきや辻元清美による保守系ジャーナリストへの恫喝訴訟を「真実ではない」からといって勝訴させている。また、ヘイト法(日本人弾圧法)には強制力がないにもかかわらず、大阪地裁などは、「朝鮮おばさん」といっただけで、賠償命令するなど、違憲で腐敗した司法システムになっている。

このような恫喝訴訟を可能にして、自由な言論ジャーナリズムをほぼ不可能にしていることが、日本は隣国とさして変わりがないことがわかりました。
というか、隣国の敵対集団を司法に潜伏させているので、日本国民が、民族的に弾圧されています。

山尾や辻元はいくらでも税金を横領できるが、全く金のない無力な一般人を脅かして抑圧するテロリスト。
人権のない弱者を力でねじふせる卑怯さ。
言葉で勝てなければ、金と暴力を使う野蛮さ。
そのくせ表では逆のきれいごとばかり言って自分に酔いしれる偽善者。
地上のゴミ、当たり屋ヤクザ、たかり乞食、愚かで極悪なルシファリアン。

自分たちはメディアから嘘ばかり垂れ流して、実質的で莫大な損害を与えておきながら、真実を暴いた人に損害賠償しろと言ってくる。彼らは恥を知らない。
全体主義の狂信者である。

この記事に


8ヵ月前の動画ですが、示唆に富んでいたのでご紹介(要約)。


5 Reasons We are living in 1984 #illuminati


「1984」は、ジョージ・オーウェルの有名な小説で、政府が社会のすべての局面を支配するという、ディストピアな未来について書いたものです。

イメージ 1

現在、多くの人が、この本とそのディストピアな将来が、今私たちが生きている現実だと言っています。

イメージ 2

あなたは「そこまで同じじゃない。」と言うかもしれません。
まあ、聞いてください。
この本を引用しながら、「私たちが今、1984に生きている5つの理由」を説明しますので。

イメージ 3

5.
「1984」の中で、ジョージ・オーウェルは、ダブルスピーク(二重話法)と言われるものに言及しました。メディアによって使われる言葉です。
これは真逆の2つの言葉を一緒につなげて、新しい価値を作り出し、それまでの言葉の古い価値を切り取ることです。

この全体主義の支配政党(与党)のモットーの最たる例は:

イメージ 4

戦争は平和
自由は奴隷
無知は力

真理省

イメージ 5

現代における、これの純然たる例は、人種差別を終わらせるために、「ダイバーシティ(多様性)」という言葉を出してくる人たちである。

例えば、ハーバード大学では、アジア出身の生徒は ― 韓国、日本、中国など − SATで他の民族よりも500点も余分に得点を取らないと、大学の中のクラス分けで同じチャンスを得られない。

イメージ 6

完璧なACT(アメリカン・カレッジ・テスト)スコアでもこの生徒はイェール大学に入れなかった。彼は、自分がアジア系アメリカ人だからと言う

反人種差別を推進しながらも、学生に対する決定を、その人種に基づいて行っていることは、実際には、まさに人種差別の核心である。

よって本質的に、現在では、反人種差別は人種差別になり、人種差別は反人種差別になった。

マーティン・ルーサー・キングのこの有名な言葉を覚えていますか?

イメージ 7

マーティン・ルーサー・キング:
私には夢がある。私の4人の小さい子供たちが、その肌の色で判断されるのでなく、人格の中身で判断されるような国に、いつか住めるようになること。


今行われているような、主要大学の計画は、「反人種差別」とスペルしていようが、実際には、まさに人種差別の定義を地で行くものである。

イメージ 8

マーティン・ルーサー・キング:
暗闇は、暗闇を追い払うことはできない。光だけがそれをすることができる。
 憎悪は憎悪を追い払うことはできない。愛だけがそれをすることができる。


イメージ 9

エリート大学に出現するアジア人への最善の助言:
なるべくアジア人に見えないような外見になる

これらのメジャーな大学は、マーティン・ルーサー・キングに追従するように口では言いながら、哲学的にはその真逆をやっているのである。

イメージ 10

実質的に、全人類は催眠術にかけられている。なぜなら、人類は、他の人に言われたとおりに思考しているからだ。


4.
ジョージ・オーウェルの「1984」の中心的な部分の1つが、ニュースピーク(New speak;新話法)という心理的なツールである。これは、言葉の使い方を変更し、コントロールすることで、ナラティブの感情を誘導することだ。

本質的には、言葉の意味を減らし、人々の会話の深さを減らすことだ。
したがって、人々が互いに話すときに、特定の言葉だけを使うとき、政府がプロパガンダを広め、知力を操作し(マインドコントロール)、議論の流れを支配することになる。

change and control the use of words in order to direct emotionality of the narrative.

イメージ 11

マルコムX:「他の人があなたと同じように考えない、または同じことをしないからといって、そんなに急いで非難するな。あなたにだって、あなたが今知っていることを知らない時があったのだから。


イメージ 12

新話法の目的は、思考の幅を狭めることだというのがわからないか? 
 私たちは最終的には、思想犯罪を犯すことすら不可能になる。
 なぜなら、それを表現すべき言葉も失われるからだ
。」

イメージ 13

ジョージ・バーナード・ショウ:
誤った知識に気を付けろ。無知よりも危険だから。


イメージ 14


「1984」の例を1つ取ると、WARM(温かい)という言葉が、UNCOLD(寒くない)に変えられた。

なぜそんな変更をする必要があるかって?
なぜなら、"I feel warm."「わたしは温かい」(温かいと感じる)と言う言葉から、warmという言葉をなくしてしまうと、"It's uncold."「気温は寒くない」になる。
よって、人は、「自分が感じる」ことができなくなる、という狙いである。

イメージ 15

言葉を変えることで、人々が何を考えるかが変わる。
 これは、考案されたナラティブの方向を変える
。」


「私は温かい」から、「私」の「主観」を奪うことで、徐々に、人々が実際に思考し、コミュニケーションをする方法を操作するのだ。

イメージ 16



「ポリコレ」=政治的に正しい という言葉を例に取ろう。

これは、政治的なナラティブの中で、何が正しいか、という意味である。

ちょっと、一歩下がって考えてみてください。
なぜ大勢の政治家、あるいは政治的支配層が何を考えようが、私たちに関係があるんでしょう?
イメージ 17
POW(戦争捕虜)=>敵の戦闘員
戦争=>強制された武装解除
コマーシャル => インフォマーシャル 
転覆 => 政権交代
市民 => 納税者
拷問 => 改善された統合

そして、最も有名な例は、「陰謀論/論者」である。
これは、情報を無視する(却下する)ための、魔法の言葉である。
almost a magical word to dismiss information

イメージ 18


陰謀論/陰謀論者とは、メインストリームのナラティブへの疑問を退けるための「魔法」の言葉

Conspiracyとは本来、複数の個人の集団が、何らかの事件や行動に関与した、ことを意味するに過ぎないのに。

<つづき>
は、できたらやります。できないかも。?

ブログをやめるといったり、更新したり、先が見えなくてすみません。

不安定な派遣である以上、いつかはこんな日が来るとわかっていましたが、生活の糧を奪われるというのは大変なことですね。

仕事を探していて、「ダイバーシティ事業部」(派遣会社)とか、翻訳会社の求人欄に「多様性ガ」などと書いてあって、こんなNWOの中で仕事、見つけられるのかなと怖くなります。

さぁ、奴隷は今日も行く。


この記事に



"Words are weapons" The end of Free Speech!


「テキストメッセージによる死」

イメージ 1

教えてください。
なぜメインストリームメディア発信局が、1人の10代の少年の死のことをそこまで気にするのか?

なぜ来る日も来る日も、ニュースをこれで塗り固めるのか?

「テキストメッセージによる死」、「テキストメッセージによる死」、「テキストメッセージによる死」。

悲しくて感情的になった両親を出し、視聴者の心の糸を引っ張る(感情に訴えかける)。

「テキストメッセージによる死」で、この女性に求刑する。

被告が、「彼女の言葉は武器だった」、「彼女の言葉は死に至らしめた」(her words are deadly)と言う。

イメージ 2

「言葉は殺すことができる」(Words can kill.)

マサチューセッツ州の少年裁判所の判事は金曜、20歳のミシェル・カーターを、2014年、当時のボーイフレンド、コンラド・ロイ3世の自殺における非故意故殺(involuntary manslaughter)で有罪判決を下した。

疑いもなく、この広義の解釈での非故意故殺は、潜在的に、私たちがオンラインで互いにどのようにしゃべるか、そして、ソーシャルメディアプラットフォームがサイバーでの苛めにどのように対応するかに対して、後々まで影響する可能性がある。

そうだよ、そうだよ。
これは言論の自由に悲惨な結果をもたらすことは、疑いもないだろう。

なぜかって?なぜなら、ミシェルはいかなる脅迫を自ら発しなかった。
彼女がしたことは、言葉を使っただけだ。

そして今、彼女は、法的に告訴されて、過失致死罪で有罪になった。
いかなる脅迫も含まないメッセージを送信したことに対して、だ。

この事件の背景の道徳的問題にもかかわらず − 「そうだ、彼女が彼を殺した」、とか、「彼女は有罪だ」とか、「彼女はxxすべきだった」とか、そんなことは全く関係ない。あなたがこの事件をどのように認識するかは関係ない。

なぜなら、我が国の憲法の中の法律制度には、我々を我々の政府に対して保護するための法律が制定されているからだ。

イメージ 3

私たちのファースト・アメンドメント(米国憲法修正第1項◆「言論の自由」条項)は、理由があってそこに入れられているのだ。

これは最も重要な修正条項だ。だから1番目(ファースト)なんだ。

あなたは、「彼女はこの刑に値することをしたんだ」と言うかもしれない。

じゃあ、あなたは、自分が言ったことが、政府が国民から聞きたいことにそぐわなかったからといって、自分が刑務所に入れられたらどう思う?

宗教の例で行こう。政府があなたに、「おまえの宗教はヘイトだ」「おまえの宗教は人を殺す」「おまえの宗教の言葉は人を殺す」と言ったらどうする?

メディアやジャーナリズムについてはどうだ?
もし政府がこう言ったらどうなる?

「Tyranny Unmaskedっていうユーチューバ―が、アメリカ政府のシオニストの問題を指摘したから、ジョン・ドー(誰誰さん)っていうイスラエルの二重国籍の男性が殺されたよ。だから、Tyranny Unmaskedは、この犯罪で有罪だ。なぜなら、彼の言ったことが殺したからだ。言葉は武器だ。」と。

笑。

みなさん、これを理解しなければいけないよ。

政府は、いったん「言葉は武器だ」をクリアできたら(once it's over the hump of "words are weapons")、今度は何でも、自分が好きなように定義することができるようになる。

僕たち国民を守ってくれているファースト・アメンドメント(米国憲法修正第1項)のベールの外で。

これは重要なんだ。

我々の政府が腐敗しているとき、政府は法律をねじ曲げたり、強制したりして、私たちを法律以下の位置に追い込むことができると、政府は、道徳的良心から踏み外して、嘘をつくので、我々は政府に不公平な優位を与えてしまう。

私たちは、ファースト・アメンドメント(米国憲法修正第1項)から、できる限りの助けを得なければならない。

言論の自由は、私たちの最後の砦だ。(It's our last line of defense.)
これが引き裂かれて、なくなってしまったら、今度は撃ち合いの戦争になるだろう。
なぜなら、私たちが自分の権利を守れる方法はそれしかなくなるからだ。
Because it will be the only way you can protect your rights.

だから、セカンド・アメンドメント(憲法修正第2条:銃器所持、武装権)があるんだ。

でも、それを避けるためには、私たちがまだそのチャンスがあるときに、憲法を守らなければならない。
だから、このような判決は、阻止されなければならない。
私たちは抗議する必要がある。
こういうことが起きるのを許すことはできない。

「テキストメッセージによる死」とか、「言葉による死」とかは、国民の言論の自由を奪うために、操作された言葉に過ぎない。

is just a manipulated term to come after our freedom of speech.

「ヘイトスピーチ」だとか、「サイバー苛め」とか、政府が、腐敗政府である自分たちにとって危険な言葉を攻撃するために、どんな言葉を出してこようとも。

腐敗政府が標的にしているのはそれだよ。

彼らは、「あらまあ、かわいそうな人たち」とか、「家族に同情する。悲しい事件だ。」とか、そういうことをターゲットにしてるんじゃないだ。

政府が我々を攻撃するためになら、嘘泣きをいくらでもできるのを知ってるよね。

なぜなら、本当の武器は、腐敗政府に対する私たちの言葉だからだ
Because the real weapon is our words against our corrupt government.

言葉が傷つけることができる唯一のものはそれだ。それだけだ ー 腐敗だ
That's the only thing, the only thing words can hurt. It's the corruption.

これが、今回の判決の背後にある、真のストーリーだ。
私たちは、すべてのメディア、ニュース発信局が、アジェンダの後にまたアジェンダ、アジェンダの後アジェンダ、False Flag(偽旗、自作自演事件)の後にまたアジェンダ...ナラティブの後にまたナラティブ...を押し付けてきたのを知っている。

それが突然、心がやさしくなって、このストーリーを推進し始めた。
何の理由もなく。

これが理由だ。

もう目覚めるべき時が来たよ。
目を開いたままでいてね。
Continue to keep your eyes open.

Tyranny Unmaskedでした。

<終わり>



この記事に




It's Time to Boycott YouTube


YouTubeが、過激派、不快とみなした動画を、停滞させたままにすることを決めた。
彼らはもうこれを長いことやっているが、ついにこれを本格的に展開した。
僕は過去6ヵ月〜1年、彼らのベータテストだったんじゃないかと強く疑うよ。
彼らはこのアルゴリズムをテストしてきた。たぶんAIがやるんだろう。
だから、コンテンツを不快か、過激かを判断するのは、人間ではない。
YouTubeは、ADLなどの「アンチヘイト」グループと提携してきているから、これは明らかにイデオロギー主導(ideology-driven)なのは間違いない。

イメージ 1

訳者注:「アンチヘイト」と言いながら、引用符のジェスチャーをしているのは、「アンチヘイト」こそ「ヘイト」なグループだから。


YouTubeに「不快」とみなされると、推奨ページなどに一切出てこなくなる。
コンテンツクリエーターにはものすごい損害だ。
特に政治ビデオを作る人の目的は、メッセージを外に出して拡散することだから。

「911」とか「アルトライト」とか「ピザゲート」とかの言葉を含んでいたら、アルゴリズムでひっかかるだろう。

物議をかもすコンテンツを含んでるだけでも。
例えば「シリア」「ベネズエラ」という言葉を含んでいたり。
「ドナルド・トランプ」を含んでいても、ああもちろん!全くダメだろう。

これまではマネタイズ解除(広告収入ゼロ)されるだけだったけど、これからはビデオが流されなくなる(put in limbo)。ってことは、表示されなくなる。

これは非常に悪いニュースだ。
もう私たちはYouTubeから100%離れるべきだろう。

これでYouTubeが破たんすることを願うよ。
今回の導入を受けて、莫大な数のユーザがYouTubeを去ることによって。

私たちはもう、能動的に、活発に、ボイコットをする努力をしなければいけない。
絶対にその努力を実践しないといけないよ。

なぜなら、YouTubeは私たちの敵だからだ!

奴らはイデオロギー信奉者だ。
They are ideologues.

彼らは事実が嫌い。
彼らはサヨクのマルクス主義ではない意見が嫌い。
彼らが洗脳収容所で教えてるようなこと以外が嫌いなんだ。
彼らと同じ思想じゃないものは、彼らは嫌なんだよ。

They don't like facts, they don't like opinions that aren't lefty Marxist, indoctrination camp, what they teach. If it's not that, they don't like it.

YouTubeから離れないといけない。
私たちはこれをやらなきゃいけないよ。

We have to move away from it. 
We have to do this.

あなたが、私や他の人たちが、YouTubeで言っていることを大事に思うなら。
あなたがNWOに反対なら。
あなたがマルクス主義者のアジェンダに反対なら。
あなたがネオリベラリズム、ネオコン、戦争屋とか、ああいう戯言に反対なら。

If you care about, what I say or what others say on Youtube, 
If you are against New World Order, 
If you are against the Marxist agenda, 
If you are against neo-liberalism and neo-conservatism, and war-mongering and all the bullshit, 

YouTubeから離れなければいけない。彼らは敵だから。

We have to move away from the YouTube. They are the enemy.

彼らは取り締まり始めたんだ。僕たちが大きくなりすぎて、多くの人を目覚めさせつつあるから。

They are cracking down, because we are getting too big, and are waking too many people up.

毎度ながら、前向きにね。リアルのままでいて。そして、怖がらないで!
As always, keep your head up, stay real, and no fear! 

<おわり>


この記事に




Quit Protecting The Pedophiles, Pizzagate Is Real. (Podesta Emails) #PIZZAGATE #PEDOGATE

小児性虐待者を守るのはやめろ。ピザゲートは現実だ。
(ポデスタメール)

動画作者PIZZAGATEさん:

多くの人が、ピザゲートを信じない主な理由は、コード(暗号)であると私に説明してきます。

イメージ 1

暗号
ホットドック:少年
ピザ:少女
チーズ:幼女
パスタ:幼い男の子
アイスクリーム:男娼
ウォルナッツ:有色人種> または 女性のまだ成熟していない外陰部
地図:精液
ソース:乱交

この人たちは、これらの暗号を信じません。これらの暗号に関する文献がない、と言うのです。

しかし、これらはすでに教えられてきたものであり、Webの奥深くに何年も存在しており、すでに長年知られていることです。

そう説明しても、彼らはそれを理解しません。

これらのコードが事実でなければ、Wikileaksについて捜査がなされる必要がない、というのは理解できませんね。

これらのメールを見ればわかりますが、大多数のメールは、何が書かれているのか理解するために、ピザが関係している必要はありません。

多くの人がすでに見たであろうこのメール:

イメージ 24

ボニーがUber(タクシーサービス)でルビー、エマソン、マイーブ・ルザッド(11歳、9歳、7歳近く)をさらなるエンターテインメントのために移動させます。この子たちは確実にプールに入ります。

あなたはこれを見て、何も問題を感じないと言えるのですか。
私には、どうすればそう思えるのかわかりません。

11歳、9歳、7歳が、エンターテインメントのために確実にプールに入る。


こちらは、マリナ・アブラモビッチからトニー・ポデスタに。

私の家でのスピリットクッキングディナーを楽しみにしています。あなたの弟も来れるかどうか教えていただけるかしら?
イメージ 4


これを書いたのは、血液と精液を混ぜて、壁に書いている女性です。

イメージ 5


ジョークではありません。
この女性がこれをやっている動画を、あなたが自分で見てください。

これのせいで、トランプが勝ったんですよ。
人々はこれを見たんです。

これのどの部分がフェイクなんですか?すべて現実ではないですか。

えっと、私はまだ、ピザの話にまで行ってません。


そしてこちら。
オバマはそう遠くない昔に、ホワイトハウスのプライベートパーティのために、ピザ/ホットドッグを飛行機で飛ばすのに、税金を65,000ドル使ったと思うけど。今回も同じ経路を使うの?
イメージ 3


65,000ドル(650万円相当)とは、大変な量のピザやホットドッグになりますね。

こんにちは。私の弁護士系の若い友人が木曜夜にコメットピンポンでオバマのファンドレイジング(資金集め)パーティをやって、そのときに討論を見ます。だいたい150人来て、25Kから35Kドル集める予定です・・・
イメージ 2


150人のために、650Kドル(650万円)をホットドッグとピザに費やし、同時に、25K〜35K(250万〜350万円)の寄付金を集める。。

そして、あなたはこれらがすべて偽物だと言うのですか?
そして、ピザが何かを意味するコードでないと。
あなたは、頭がおかしくなってますよ。
Then you've lost your minds!
あなたたち全員が気が狂ってます。

私はもううんざりです。誰でも、そしてすべての人が、このことを懸念すべきです。
下はギャングから、上はビジネスの階層まで。
すべての人がこれを調査すべきです。

これは全く意味をなさないことですし、私たちがこれについて意見が分かれるべきではありません。

<終わり>

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事