ここから本文です
Stop the One World Order
The Goyim Defense League(GDL)

今日はジャーナリズム調査でなく、辛いので独り言の日記です。誰も読んでなくても、吐き出したいので書いておく。
==================================

JewTubeから検閲されたTMFさんのことが恋しくて恋しくて、今日も耐えがたい1日を過ごした。この耐えがたさをどう耐えればいいのか?いつか戻ってきて声が聞こえるかもしれないという嘘の希望を持つのもむなしい。もうおそらく彼は2度とJew Tubeには戻らないだろうし、他のサイトにも投稿しないだろう。
2度と声が聴けない事実を受け入れ、胸が張り裂けそうな辛さにひたすら耐えるしかないのか。これからずっとずっと。

YouTubeで退屈しのぎに他のユーザの動画を聴いてみても、TMFでないことの欠落感が一層増すばかり。もともとobsess(執着)しやすい体質なので。
生きがいを憎きユダヤに奪われて、どうすれば元気を出せるのか?

元気を出すために、彼の住んでいるラスベガスに一人で旅してみようかと思った(もちろん会えるわけでない)。でも、そんなの現地で寂しくなるだけだろう。
無実のアメリカ人が、コンサートに行っていただけなのに、意味もなく惨殺された地でもある。

イメージ 4

今年3月に彼が投稿してたラスベガスの空はこんな感じらしい。
空の見えない東京に住んでいるのでうらやましい。

本当に1984の世界に住んでいることを実感した。
ウィンストンと違って、私には愛人はいない。

そして我が国の私の敵は、1984の世界にしている側のくせに、「1984の世界だー」だの、「あたしは黙らない」だの、自作自演をしては被害者ぶっている邪悪な特権民族様だ。そんな国で私は生きていかねばならない。私が朝電車で一緒になる人たちにも、そんな悪い仕事をしている悪い人たちがいっぱいいるのだろう。

人々は何を楽しそうに会話しているのか?私はTMFを聴けなければ何もしたい会話もなく、何も面白くなく、ひたすら退屈の苦痛を感じるだけである。もっとも、この世の中がこんなユダヤに支配された悪魔的な世でなければ、TMFのような価値のある人を見つける必要もなかったが。

ダウンロードしていた昔の彼の動画を見ていた。
ユダヤのキチガイオカルトにとって「8」という数字が時間と空間を意味する重要な意味を持つらしい。だから「8」と「8」は、2つの世界が衝突の意味があって、「88」という数字はさらに重要らしい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

だから、「Back to the future」の映画の時計には「88」のシンボリズムが使われていたとのことだ。

ふと、そのとき食べていた小池屋のポテトチップスの袋に目をやったら「88g」だったのでぞっとした。事実は小説よりも奇なり、というが、ポテトチップスの会社までオカルトなのかと思った。


それから、TMFの声が聴けるこの動画の20:45あたり。
イルミナティの「666」のシンボリズムについて話しているとき。
(だからホロコーストで死んだ人の数は600万人、など)

トランプの娘婿のジャレド・クシュナーのビルの住所が「666」であることは知っていたが、Lucent Technologiesの関係するビルだったとは。

ルーセント=ルシファーテクノロジーだった。
そして、ロゴのシンボルはオボロスだった。悪魔教のシンボルが丸見えにしてあったのだ。

Luciferian, Satanic connection right there 
It's crazy unbelievable it's right in your face.
ルシファリアン、悪魔的なコネクションがそこにあった。
丸見えにしてある。狂ってる。信じられない。


イメージ 5


TMFさんは、ルーセントテクノロジーの所有する「ベル研究所(Bell Laboratories)」も、オカルトのシンボルだと言っているが、具体的に何のシンボルなのか、私にはどうしてもそこが聞き取れなかった。

実は自分が最近訳したのも、偶然にもベル研究所が開発した技術だったのだ!



666 Fifth Avenue NYC where Lucent Technologies is working on the RFID chip for every American The building is owned by Jared Kushner

自分は昔は医薬翻訳か、マーケティング翻訳か、IT翻訳に行くかで迷って、たまたま仕事を紹介されることの多いIT翻訳を選んだ。
前の前の会社はフリーメーソンの隣のビルだった。そこを首になって、給料が半分になって行った次の会社は、フランスの映画を作る会社でもろにハリウッドと関係していた。技術翻訳はAIなどだった。翻訳そのものは楽しかった。
しかし給料が安すぎたので暮らせなくなり、少しでも暮らせる時給を目指して今のところに転職した。技術翻訳は楽しいが、完全なるNWOだった。もう雇ってもらいにくい年齢をとっくに過ぎているので、通信の翻訳以外に売れるものもなし。
少々は自分を裏切ってでもやるしかない(死ねるわけではないので、食べるため)、と思っていたが、666 mark of the beastのために働いているのなら、何のために生きているのかわからなくなった。
今までは、仕事中の自分を1984のウィンストンだと割り切っていたが、TMFの声が聞けないのなら、家に帰っても1984だ。
ユダヤとは本当にひどい奴らである。もう怒りを通り越して疲れた。
こうやってすべてをユダヤにされ、ユダヤ以外のものはことごとく抹殺されるので、生きがいも楽しみもないのに生きて行かねばならない。彼らの奴隷として。それももう体力が追い付かなくて失業しそうなので、そしたらそれこそ文字通り生きていけないが。
奴隷は一生所有しない家のために家賃を払いながら生きて、何も残らないでも、屋根があって食べ物を食べられるだけでもありがたがらないといけないのだろう。
特権民族様がヨーロッパに御殿を持っていて御馳走を食ってることに文句をいう事さえも許されないでスラップされるのだから、ユダヤと朝鮮民族様の弾圧はすさまじい。悪い貴族様たちは、奴隷の自由がどうしても許せないそうです。
ああもうこんな時間だ。明日もちゃんと出勤する。もはや何のために生きるのかわからないまま。仕事ってそんなものですよね。

この記事に

この動画を以下に訳して、家に帰って英語トランスクリプトを書き出そうとしてYouTubeを開いたら、TMFさんが邪悪なYouTubeによって、チャンネルを削除されていた。
これで、私の唯一の生きがいまで潰されてしまった。邪悪なフリーメーソンめ。
よって、ダウンロードしていた動画から、書くしかなくなった。
この声がもう2度と聞けないのか。辛い。辛すぎる。
顔も見たことないしもちろんご家族がいらっしゃるのだろうが(そして幸せでいてほしい)、私が真に愛を感じる、でなくても愛を理解できる気がするのは彼だけだった。
He's been missed. He will be missed. I will miss him forever.
これからどうやって生きていったらよいものか。
彼らは本当に邪悪だ。
特に日本で私をスラップした奴らに関しては、本当に死んでほしいと切に願っている。私に関しては、こんな世に生きるのも辛いだけなので、命はそこまで惜しくない。

外国に住めることはなかったが、TMFのような素晴らしい人を理解できるツールとして、英語を学んでよかった、と思っていた。
その英語能力を、これからはAIだのIoTだのダイバーチチーだのジェンダーアアイデンチチーだの、インクルーシブネスだの、奴らのNWOだけのために使わなければならないのか。今まではそんな苦しい意思に反する翻訳をして帰っても、朝起きればTMFの動画を聴くことができた。

食べるためにユダヤの奴隷として働く。
そんな人生なら、ない方がいいじゃないか。
いやさらに苦しめられるのか?
TMFは、次の911は決まっていて、我々みたいな人はFEMAキャンプに入れられるはずだと言っていた。今はスラッパーの胃袋に収められる税金のために働いているが、今度は監禁され体を虐待されて、脳にチップを入れられるのか?

TMFさんがFEMAのことを言った日は、心配だったが、よく考えてみれば私の祖先も原爆でジェノサイドされたのだった。
今現在も、世界のあらゆる場所で、人間は嗜虐政府によって虐待され続けている。
自分一人が弾圧されたからといって、何も新しいことではないのだ。

さよならTMF
最後にコメントに返事してくれたときのキャプチャ 自分の記念に

イメージ 11









====================================


WELCOME TO CLUB DECEPTION featuring Yet Another Staged Hoax Suite #33 Tickets $666.66



ディビット・ディーズのすばらしい技能の作品を見てみよう。
Let's take a closer look at the masterful work of David Deese.  
イメージ 1

この絵は今、これ以上はないほど当てはまる。
These illustrations and this one couldn't be more relevant right now. 

彼のクライシスアクターの作品だ。
His crisis actors piece. 

たくさん理解すべきところがあるから、もっと近くで見てみようか。
A lot to take in here so take a closer look you know. 

最初に見えるのは、中央、前の女性が、「銃を禁止しろ」シンボルのネックレスを着けている。
The first thing we see is the woman front in center wearing the ban the gun symbol. wearing a necklace. Ban the guns.  

イメージ 2

イメージ 3

涙はない。細部まで行き届いたすばらしいタッチだね、デイビット。
No tears. Very nice touch there David.

そしてもちろんマイクを向けているのはFOXニュースとCNN。
Of course the Fox news and the CNN.
これらはどれもが同じだよ。
They are all the same.
全部フェイクだ。
It's all fake. 

この世界では、我々は真のメディアは得られないんだ。
We get no real media in our world. 

だから、左翼VS右翼の大嘘に騙されないでね。
So don't be duped by the left right bullshit.
イメージ 4


「バフォメット・タレント有限会社」だってさ。アハハ。
He we have Baphomet talent. Inc.  

イメージ 5

こちらにはこの(ユダヤの)マーク。
非常に関係あるね。
Here we have this. Very relevant. 
赤だ。
うまいタッチだね。
It's red. Nice touch.

イメージ 6

クライシスアクター。Crisis actors. 

コロラドのオーロラ乱射事件やらせ。
サンディフックやらせ。
ボストン爆破事件やらせ。
サンバーナディーノやらせ。
オーランド ゲイクラブ乱射事件のやらせ。


イメージ 7

上に行ってみよう。
Go to the top here. 

(クライシス・クリスティンと呼ばれる、ヘラヘラ笑いながらうれしそうに出てきた気持ち悪い女の写真)

最近出てきたのを思い起こさせるな。
Indeed. Someone i saw recently reminds of her, wouldn't you say?
「母親」役だ。
a mother. 
イメージ 8

イメージ 9

そしてこの辺りときたら、もう天才だ。
Here we go here this is just genius right here.

「クラブ DECEPTION(詐欺)」

イメージ 10

"NOW PLAYING"(上映中)であるべきところが、
Club Deception. Yet another hoax. 


「また1つ、お膳立てされた自作自演」

になっている。

これを上演する映画館の部屋の番号は「33」(フリーメーソン最高位のシンボル)
Theater number 33. Why not? 

なんでそれ以外の数字がありえるだろう?

これが私たちの世界だ。
要約すると。
So this is our world in a nutshell.

このイメージが、君たちが得るニュースだ。
This image right here. That's the news you get. 

すばらしいじゃないか?
Wonderful isn't it?

この記事に


ユダヤ人が牛耳るアメリカ政府(フリーメーソン)が、銃規制のための自作自演を起こした後、必ずアジェンダを述べるのが決まりだ。

子供を殺されたばかりの遺族がインタビューに出てきて、銃規制を促す。

このクライシスアクターの息子役は、偶然2017.10.1のラスベガスの銃撃事件(政府の自作自演False Flag)をサバイブした、というありえない設定である。

考えれば誰でもわかるはずだ。我が子のいない私でもわかる。我が子を殺されたばかりの親がTVに出てきてインタビューに答えて、銃規制を促すはずがないのである。


Mother of Borderline Victim Who Survived VEGAS Shooting Demands "NO MORE GUNS!"



TruthMediaFilmsProd.
Published on Nov 9, 2018

TMFさんは、「コメントしたら「ヘイト」「いじめ」で検閲されるので何も言えないが、説明するまでもなく、この動画を見るだけで自明だろう(speaks for itself)」、とコメントした。


この音楽もふざけている。
0:27 から視聴してみてほしい。

0:53
母親のセリフ(わざと声を震わせ、涙は出ない):「昨夜のボーダーラインでの乱射事件で、私たちは息子を失った。息子は大勢の友達とラスベガスにいたが、家に帰ってきた。昨夜は帰って来なかった。私は祈りの言葉も、思いやりの言葉もかけてもらいたくない。私は神に誓う、誰もこれ以上、私に祈りの言葉を送ってこないでほしい。私は銃規制を望む。もう銃はなくせ!(No! More! Guns!)ありがとう」


この呆れた演技とセリフに、TMFさんが笑っているのが聞こえる。

これがユダヤのお仕事である。

ハフポストが報じるのは、フェイクニュースである。
日本のハフポストは?というと、

日本から「難民」が出る時代に?  伊藤詩織さんと辛淑玉さんのケースに見る日本における迫害と人権侵害


日本カ゛悪いから、この極悪な売国奴&テロリスト&侵略者が日本にいられなくなった(外国に住める資金はどこから?税金ですか?)、という、我々日本国のマジョリティを意味もなく濡れ衣を着せて攻撃し、脅すものである。
人権を侵害されているのは私たちである。

日本のハフポスト(特権民族様)と、アメリカのハフポストは、同じ人たち(ユダヤ銀行マフィア)に牛耳られており、邪悪な、全くのフェイクニュースであることがおわかりいただけると思う。

無論、この↑のカリフォルニアの母親役も、国民を騙し、権利を奪うための仕事に加担したことに対して、莫大な報酬をもらったはずだ。伊藤詩織も大金をもらって笑いが止まらないはずである。(常識的に考えて。)


THESE CRY-SIS" ACTORS CANNOT STOP LAUGHING!

Published on Nov 10, 2018


このA Call for an Uprisingさんの動画は、4部で構成される。
タイトルはご覧のとおり、「このクライシスアクターたちは笑いが止まらない」。

1. 最初はこの、毛布にくるまれた2人組。右は、笑っている、化粧バッチリ。涙が出ないのでマスカラも落ちてこない。
この人たちは、もちろんフリーメーソンの工作員。
イメージ 1



2. 次に、さっきと同じ人。「銃規制を望む!!」はいはい、わかったわかった。
イメージ 2



3. 次に、ひどい演技の男性。横にいるのはハンドラーか?
涙が一滴も出てないのに、鼻をすすりまくり、「息子の名前はコリー・コフマンでした。私に最初に生まれた子です」と言った後、涙も出てないのにハンカチを目に当てた。
イメージ 3



4.次が、さっきの2.の女性の夫役。
これもひどい。
7:52あたりで、「彼はラスベガス事件の生存者だったんだ」と言いながら笑う。
イメージ 4


このクライシスアクターのセリフ:
「皮肉だよね。息子はラスベガスの生存者だった。情熱を持ってた。それがこんな方法で殺された。私はそれは全く皮肉だと思う。誰がこの事件に責任があるか、私は知っている。銃の文化。それから、トップのそのまたトップからそれは始まる(※トランプが悪い)。政治問題化(politicization)するような問題ではない(※してるじゃないか)。単なる事実だ。また何度も何度も同じことが起きるだろう。急襲用ライフルで
5歳児を大量殺戮して(mow down)るような人がいて、他方で、この事件をやらせ(hoax)だと言ってるような人たちがいるような状況では、何も変わらないだろう」

あまりにひどい筋書きと演技だ。国民を侮辱しているとしか思えない。それとも、事件が自作自演であることをばらしたいのだろうか?

子供を引き合いにして、ライフルを人民が持っているのが悪だと言う。
自分たちは子供をレイプし、ジェノサイドをやりまくる人間のくせに。
それがユダヤだ。

そして最後に、この事件をやらせだと暴く言論を弾圧せよと。

①修正第2条項(武装権)を奪え
②修正第1条項(言論の自由)を奪え

これがユダヤの狙い。ユダヤは、自分が911などの自作自演を仕掛けては、「中東の国の人間(例:ビンラディンなど。ビンラディンはCIA工作員)が、我々の自由が嫌いだから我々にテロを起こした」と主張する。でも、本当は、「自由が嫌い」なのは、彼らユダヤ支配層自身なのである。国民が自由を持っているのが許せないのだ。

「1984」の世界をもっと強化したいのである。
人民の脳にチップを入れたいのである。



がんばれアメリカ人!(気づいている人たち)
気づいてない人は、目覚めろ!
言論の自由のために戦い、守ってください。

アメリカ国民も、日本国民も、ユダヤに弾圧、虐待、略奪され続けている。



この記事に


「チョッパリ絶対殺す」土井香苗がソロスの資金を得たことを公表したのが2010年。


イメージ 1


最近、もう少し詳細な証拠を見つけた。

「国際NGOで働くということ」

  •      第1部 土井香苗氏 講演「国際NGO代表となるまで、そして国際NGOのダイナミズム」
          第2部 トークセッション with 北岡伸一教授  - 国際NGO機関で働くことの役割と意義 -
         第3部 質疑応答

    日時: 2010年10月6日(水)開場15:30 開演16:00 終了18:00
    場所: 東京大学本郷キャンパス 小柴ホール
    講師: 土井香苗 国際NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表、弁護士
    司会: 北岡伸一 東京大学大学院法学政治学研究科・法学部 教授

<抜粋>
今ヒューマン・ライツ・ウォッチは年間40億円の団体でありまして、毎年40億円くらいの寄付を一般の個人や個人が作った財団を中心に集めているのですが、それを今後5年でなんとか80億円の団体にするのだと、すなわち2倍の予算にするのだということを掲げています。今そうやって予算規模を2倍にするために、つまりこれまでは年間40億円を集めればいいものを今度は80億円を集めなければいけないわけで、それに向けていろんなフィージビリティースタディーなどをやりまして、いろんな戦略を立てるわけです。来年から5ヵ年計画の1年目が始まるのですが、もしかしたら皆さんもご覧になったかも知れませんが、この前ニュースがありました。ジョージ・ソロスが、今後ヒューマン・ライツ・ウォッチに10年間で100億円あげますと、毎年毎年10億円を出しますというようなことがありました。ソロス氏はヒューマン・ライツ・ウォッチの長年のサポーターで、40億円の内たぶん1億円くらいをくれていただけだと思いますが、長年ずっと20年間くらいたぶん毎年1億円とかそのくらいのお金をくれているドナーの1人だったのですが、ジョージ・ソロス氏は慈善家としても非常に有名でたくさん寄付をしている方なのですが、とは言え、彼自身の財団以外に出すものとしては今までで最大の額だったということで、ニューヨークタイムズの一面に載ったと記憶しています。日本でも日本経済新聞などで取り上げられています。これは偶然そうなったのではなくて、5ヵ年計画を作り、そして40億円のギャップがありますので、このギャップを埋めるためにまず1レイヤー、2レイヤー、3レイヤーと段階的にどうやって40億円を埋めていくかを考えて、最初に一番大口の寄付者を募って、そこからさらに今度は1千万円とか、2千万円レベルで出してくれる人達を募るといったような順番があります。その第一弾がたぶんジョージ・ソロス氏です。とにかく、40億、80億円をはじき出して、世界中のお金持ちからどうやってお金をもらうかということに関して、実際に計画も立ててお金をどんどん集めてくるというそのやり方も、私にしては毎日毎日びっくり仰天です
 少し話し過ぎたかも知れませんが、とりあえずこの辺で一旦、私のプレゼンテーションを終えさせて頂ければと思います。どうもご静聴頂きましてありがとうございました。」

<抜粋終わり>

本当に話し過ぎですね。笑 
非常に頭が悪そうな人です。
そして、あんなのと一生を添い遂げてその子供を2人も産めるという、本当に恐ろしい気持ちの悪い女です。
普通の人間でないことは確かです。普通の人間は国を売れないでしょう。
本当に邪悪な怪物、売国奴です。

私は独身ですから、こういうを含めて人間の大半のする「結婚」とやら、理解できないので、特にキムチ悪いです。

こういう嘘つきって、夫婦間でも嘘つきまくってるんでしょうか。それとも「今日もチョッパリ懲らしめてやったぜ」と祝杯あげてるんでしょうか?

「40億円、80億円はじき出して、金持ちから金をもらう」とか、品がない物言いだと思います。

こうして(2010年以前はわかりませんが)、日本人は内政干渉され、金の力で弾圧される歴史をたどることとなりました。もちろん違憲です。でも金が物を言うのでしょう。

ざっと日本人弾圧の歴史の年表を作ってみました。
===================================−
2010年からジョージ・ソロスが毎年10億円ペースで100億くれるようになった。

2011年3月11日後、奥田愛基らが原発うんぬんの活動をピースボート吉岡達也らと開始。

2013年11月、秘密保護法の可決にソロスのオープンソサエティ財団が反対。
SEALDS福田和香子らがSAPSLを開始。「自然に出会った」と強調(もちろん嘘)


2015年1月、安倍がネタネヤフに会って、CIAとモサド合作であるISISとの戦いのために日本国民の税金を献上。その後後藤健二(韓国人。緒方貞子の関係者)のやらせ事件を起こし、国民の心理を操作。パヨク工作員らが「I AM KENJI」劇場を演じ、日本人が悪いと責めた。

2015年6月ごろ、CIA/ソロス/オバマの製作であるSEALDSが登場し、報道されるようになる。「普通の学生が自然に集まった」と国民を担いだ。

2015年9月、米国のために安保法が可決。SAPSLからネームロンダリングしたSEALDSが国会前で茶番を演じ、土井香苗の夫らを「見回り用心棒」と報じ言論弾圧開始。
しばき隊とスラップ訴訟をやっている弁護士界隈とメディアの癒着を自ら暴露した。

2015年12月ごろ、SEALDS福田和香子がパリ、ドイツなどで政治活動しながらダイヤモンドなど買い物やごちそうを食べている写真をアップ。パリにポールダンススタジオを持っていることまで自慢する。

2016年4月ごろ、福田和香子が神原元と小倉秀夫を使って私の身元を探り始める。

2016年5月アースデイやLGBTパレードなどをソロス人工芝がやり始める。

2016年5月、ソロス人工芝/国連工作員とその仲間の政治屋ら(山尾や有田)などがロビイングし、違憲のヘイトスピーチ法を可決させた。
人工芝工作員らが大喜びで、なんでもかんでも「ヘイトだ」「デマダデマダ」「煽動だ」「刑罰にしろ」などと言論弾圧を加速させた。

2016年5月、SEALDSの資金に触れた某記者を、香山リカが小倉秀夫を使って脅した。

2016年6月 フロリダのオーランドでアメリカ政府による乱射事件の自作自演が起こされた。舞台は「ゲイクラブ」。ここからLGBT運動が加速され始め、「偏見はいけない」というナラティブが流される。ちなみにこの頃はまだYouTubeが今ほど検閲されていなかったので、この事件のやらせを暴く動画が多々出され、私はめでたくフリーメーソン/イルミナティの存在にやっと目覚めるに至りました。

2016年7月、植松のやらせ事件。県警も結託。植松のtwitterには見てくれといわんばかりにイルミナティのシンボル。ピザゲートに関与したソロスから資金を受ける土井香苗は「養子縁組」を可決させた。

ソロス財団の勝見:



2016年9月、東京地裁が福田和香子の言い分を「正当と認め」勝訴させ、私のIPアドレスを彼らに渡すようツイッターに命じ、アメリカのツイッター社が翌日にこれに従った(私の言い分は聞く気もなかった)。福田が使った法律事務所は、日本再建イニシアチブ/CIAと関係する日本で3番目に大手の長島・大野・恒松法律事務所だった。

2016年10月 ピザゲートがトランプ応援工作員によって暴露される。イスラエル工作員のジュリアン・アサンジが大使館から連れ去られた(たぶんこの時点で死んだ)。
CIA朝日新聞などはこの機会に乗じて、「フェイクニュースを取り締まろう」と言論弾圧の口実にし始めた。

2016年11月  イスラエルが大好きのシオニスト、トランプ大統領が勝利。
その前にSEALDS奥田愛基がヒラリーの応援に渡米して、セレブのコンサートなどに行く。

2017年1月 パヨク工作員らがワシントンのWomens Marchに倣って、東京などでピンクの膣帽子をかぶってパレードを行った。

2017年2月、辛淑玉が沖縄で暴動を起こし、「若い人は死んで。年寄は捕まっちゃってください」と暴動を扇動した。質問から逃げてニュージーランドに1ヵ月以上滞在し、フレンチフライを食っていた。

2017年5月、香山リカが小倉秀夫を使って、前述の記者に嫌がらせ訴訟を起こして和解金という名の金を恐喝し、謝罪文まで公開するよう強制した。

2017年5月、新たな工作員、伊藤詩織が登場。韓国のライダイハンを暴いたとされるメーソンのパペット、山口さんをレイピストだと主張し、冤罪の罪に陥れ、集団リンチを仕掛けた。

2017年8月、シャーロッツビルでCIAとソロスの自作自演で暴動が起こされ、死んだ人をパヨク工作員が持ち上げてツイッターアカウントまで作って偽の被害を訴え、右翼と左翼の対立を煽った。

イメージ 2


2017年9月 ヒューマンライツナウの伊藤和子が、香山リカ、小倉秀夫などと「あたしたち裁判してみました」と恫喝訴訟による言論弾圧を推進した。

2017年10月1日、ラスベガスでトランプの仲間、イスラエル二重国籍の富豪、シェルドン・アデルソンらカジノ王が、国民惨殺事件を起こす。犯人は、おとりであったスティーブン・パドックの1人だとされた。

2017年11月 ラスベガスの事件やピザゲートなどのエリートの児童虐待から目を逸らすように、CIAがMETOO運動を仕掛ける。

2017年12月、ヒューマンライツウォッチやCIAのNYTなどのユダヤメインストリームメディアで、伊藤詩織#METOO運動が報じられ、男性をレイピストに簡単に仕向けるような弾圧と偽のフェミニズムがプッシュされた。

イメージ 3


2018年1月、福田和香子が私のプロバイダに対する恫喝訴訟に勝訴し、私の名前と住所を掴む。脅しに反応して「和解/示談」を申し出た私に、福田は500万円払ったうえに、実名で「全部妄想でした」との謝罪文を公開しろと恫喝した。


2018年3月 辛淑玉が神原元を使って、某記者(前述と同じ)に、意味不明の見せしめ恫喝訴訟を起こす。

2018年5月 ソロス財団のパヨゴシ(ささきりょう、神原元、小倉秀夫、北なんとから)らが、「大量懲戒請求されたー煽ったサイトは犯罪だー業務妨害で訴えてやる」と恫喝し、和解金と言う名の金を恐喝。メディアも彼らの言い分を100%肩を持って報じ、彼らに懲戒請求する方が「マインドコントロールされていた」と揶揄した。

2018年6月 伊藤詩織が「バッシングされたので日本にいられなくなった。ロンドンのジンケン団体が受け入れてくれた」と言って言論弾圧を扇動した。「杉田水脈とはすみとしこに笑われた」「盗聴されてた」などのユダヤらしいホラのドラマを報じた。また、筆者のブログも「バッシングしてる」サイトとして紹介した。

2018年8月 杉田水脈議員の「LGBTは生産性がないので税金を投入する必要はない」という常識的な発言に対して、ソロス財団の工作員らが、なぜか植松の事件と結び付けてリンチし報道する。

(そもそも植松の件は自作自演であり、特定の人を殺害したいと思っているのは、こいつら自身である)

イメージ 4


2018年10月 小池百合子と都議会が、「東京都民は悪魔教を尊重し、イルミナティイベントであるオリンピックのために特権民族様とLGBTに反論する言論をしてはいけない」という超違憲の条例を可決させた。

2018年10月 懲戒請求した方が33万(33はメーソンのシンボル)を賠償するよう命令されたという報道される。(ほんとかなー?やらせかな?)


もっともっとある。
何という理不尽な弾圧の歴史だろうか。
なぜマジョリティが悪者にされ、憎まれ、頭がおかしいように言われないといけないのか。キチガイもヘイトも彼らなのに。
日本人はかわいそうだ。言論弾圧に対しては絶対に戦わないといけない。
失ったら取り戻すことができないからだ。

この記事に


前回に続き、ついでにもう少しサンプルを追加することにしました。日本を侵略しジェノサイドを目論み、抹殺したい対象である日本人から税金を奪う極悪なソロス財団の工作員が、いかにユダヤ主義の優生主義であるか。

科研費もらうしばき隊スラップ学者、五野井郁夫

イメージ 1


「反ユダヤ陰謀論者」?

陰謀論でなく、陰謀事実です。
「金融ユダヤ」を庇うなんて、ネオコンですね。
金融ユダヤから金をもらってるんですか? 
こいつらに行く税金をやめれば、消費税上げなくてもいいではないか。



イメージ 2


オルタナ右翼(トランプ礼賛工作員)がなぜか反ユダヤという設定になっているが、トランプほどユダヤを支持する人はいない。
本当の標的は、ウヨサヨ虚構を暴き、ユダヤ政府を暴く一般人である。

この自己陶酔な顔。ただ暴力で脅して恫喝で言論を潰してるだけじゃないか。
で、自分をゴリ押し。



世界連邦、ヒューマンライツナウの勝見貴弘。辛淑玉ともお友達のソロス金でメシウマの方。

イメージ 3


高須さんもフリーメーソンですし、お二人はお友達のようなので、この件はやらせですかね。

イメージ 4







迫害されたーんと被害者になればあら不思議。世界を支配できました。

イメージ 5

さかさまな世界にするのがユダヤのおしごと。
膣工作員パヨリを礼賛しながら「あべこべな世界で逆立ちすると何が見える」と詐欺師が申しております。ソロス金と税金で、あべこべな世界にしているのはおまえらだろうが。↓勝見貴弘のタンブラー


ヒューマンライツナウ伊藤和子は、表向きイスラエル批判。でも日本人は弾圧する選択的差別者。

イメージ 6


息を吐くように嘘をつく。
ソロスから金もらってましぇん!
イメージ 7



こちらはカナダ在住、sealdsの仲間のciaソロス工作員。香山リカともお友達です。
nwoのプロパガンダをいい人ぶって流すお仕事をしている邪悪な人です。この人のフォローを見るとメインストリームメディアの「記者」(詐欺師)だらけゆえ、日本のフェイクニュース工場はこいつらユダヤの犬だなとわかります。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


ローガン・ポールもユダヤのお仕事。
上に命令されたとおりにニュースを作っては流す簡単なお仕事。

イメージ 13


私が以前当ブログで訳したこの動画、彼が字幕つけてたんですね。

イメージ 14


私はタダで目をショボショボにしながら、騙される人を減らしたくて人類のためにやっているのに、このちひろ悪党さんは、世に害悪をもたらし、日本人を差別弾圧してゼニをもらっている。この人たちは正直ではない。人を騙すことは悪い事である。

これを見てもまだ、伊藤詩織物語がオペレーションでないと信じる人がいれば、相当洗脳されている。

シナゴーグ🕍銃撃事件が仕込みであるように、伊藤詩織もまたレイプされてない。彼らの言う真逆が真実である。

金のためなら何でも利用する。
サイコパスのようなホラを平気で吹く。
残虐なジェノサイドを実行する。
それがユダヤだ。
優生主義だ。
フリーメーソンは、ユダヤの神秘教であり、自分を神と見なすものである。彼らは自分を優れた血統と信じ、日本人などの特定民族を弾圧する人種差別者である。

この記事に

http://archive.is/Ppd6W

さんざん日本の被害者民族様たちがユダヤ主義だと書いたので、サンプルをあげておこう。

香山リカ。
この集団の資金につっこんだ某記者に、小倉秀夫パヨゴシを使って嫌がらせ訴訟をし、大金をせしめた邪悪な脅迫者。ご覧のとおりユダヤ贔屓。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

優生思想は、調子に乗って日本人を差別、弾圧しまくっているてめえだろうが。
そんなにチョッパリが嫌いなら、チョッパリのTVに出てきてうれしげに自分をゴリ押しするなよ。誰もおまえなんか見たくない。

自分がチョッパリに教育する資格があると思っている。それを優生主義という。
自分がチョッパリの言論を弾圧する資格があると思っている。それは侵略であり侵害である。


神原元。

イメージ 4


歴史修正主義とはこいつらのことである。
慰安婦の捏造を広め、殺されてもない後藤健二の自演で国民を担いだ国家反逆者。

中沢けい。
資金に突っ込まれると「さくっと訴訟」を脅した教育者、作家にあるまじき不道徳者もまた、ユダヤ「陰謀論者」を非難。陰謀論でなく、陰謀事実なんですけど。


イメージ 5


職権を濫用して、FBの個人情報を抜いて脅迫した犯罪者、ぱよぱよちーんこと久保田直己。

イメージ 6


ソロスデモに日当を出ていることを火消し。

イメージ 7


証拠あるのに、とつっこんだ私に、ユダヤ陰謀論者のレッテルを貼りブロック。

イメージ 8

イメージ 9



パヨチンが伊藤詩織を宣伝。
工作(オペレーション)であることが丸わかり。

イメージ 10


その前に、パヨチンのアイコンは、Antifa =ソロスそのまんま。

辛淑玉は、神原元を使って、ある記者に言いがかりで恫喝訴訟を起こした。
裁判はパヨゴシに任せて自分はドイツ。
ドイツで優雅にユダヤのコンサートに。いいご身分ですね特権民族様は。
そのユダヤは、同じくユダヤのソロスを表彰したとか。辛淑玉はスポンサー様をヨイショ。
イメージ 11


イメージ 12



この辛淑玉のブログのタイトルの「でるくい」ってまさか「出る杭は打たれる」のことだろうか?こいつのどこが秀でているのだろうか。嘘をつきまくり、恫喝しまくり、金と権力を使って日本人を弾圧しまくり。特権民族様であること以外に何の根拠もなしで自分を優れていると言えてしまう。さすがレイシストである。


土井香苗は、イスラエルのパレスチナ占領を非難しているものの、ただトランプ系シオニストとは系統が違うのだろう。
イメージ 13


イスラエルによる世界制覇と、国連による世界制覇はグループは違っても、どちらもユダヤ。

悪魔のような邪悪な非人間。

いかでしたでしょう。
ソロス人口芝の工作員の誰1人、ホロホークスに否定的な人はいません。
被害を捏造すれば支配でき、働かなくても奴隷から搾取していい生活ができることに味を占めたヤクザたちである。

この記事に




50-60 Borderline Survivors ALSO Survived VEGAS Shooting

Published on Nov 8, 2018
SUBSCRIBED 21K
I just can't

==================================
大好きなTMFさんより続報。
なんとも呆れた。
私は昨日、アメリカ政府によるラスベガスの自国民大量虐殺事件からちょうど1年と書いたばかりだが、アメリカのフェイクニュースCBSが、なんと今回のカリフォルニアの自作自演に、

50人から80人も、ラスベガスの「生存者」が「偶然居合わせた」

と狂ったことを報じている。まさに狂気。
動画のインタビューされているアクター(パット見ちょっとだけイケメン?)を見ると、セリフを言わされている嘘つきであるのが丸見えだ。まるで伊藤詩織。

人材不足のため、同じクライシスアクターをリサイクルしているので、あらかじめつっこまれる前にお知らせしているのだろうか。
イメージ 1


おもしろいコメントがあった。

イメージ 2

コメント主が、奴らは「なんてまあ!信じられない!」という愚民の反応を期待しているんだぜ、と書くと、それに対するコメントが、

「きっとHOLOHOAX サバイバー4世もいたに違いない」

(ホロホークスとは、ホロコーストならぬダジャレで、「ホロコーストやらせ」の意味である)



日本にもいますね。徴用工だの慰安婦だの、強制連行されただの、伊藤詩織がレイプされただの、被爆3世だの在日3世だの。被害者になるのが大好きで、被害者になりさえすれば支配できて、楽をして人の一生懸命働いた金を剥奪するのが大好きなヤクザどもが。



その他コメント

イメージ 3

この記事に


今日も激務でした。もう目を酷使したくありませんが、またユダヤがお仕事をしたので仕方なく。

仕事が終わってブログをチェックするためにYahooアプリを開くと、「カリフォルニアで銃乱射」の速報が無理やり目に入れられた。

確かめる必要もなく、またユダヤのお仕事とわかる。

この頃のユダヤのお仕事の頻度と執拗さと、あまりに(さらなる弾圧と嗜虐政治を)急いでる様子に、驚かされる。

私たちは終末の世に生きている。

10月30日に起こされた「シナゴーグ襲撃事件」自作自演の記事さえも書く時間さえまだ見つからなかったのに。まだ10日も経っていないではないか。

彼らは本当にゴイムのことが憎いらしい。

シナゴーグの事件は、「犯人は”侵略者”を恐れるトランプファンだった。SNSのヘイトがすごい。SNSの言論を取り締まらなければ」というセリフであった。

当然彼らの手下である日本の被害者民族様がいつも言ってるのと同じセリフである。

今回のピッツバーグのシナゴーグの事件もまた、私のような政府の腐敗を暴く一般人の言論を潰すのが目的の邪悪な事件である。

私は常日頃から、売国奴が国を支配し、侵略しているという当たり前の事実を指摘しているが、彼らはその言葉さえも禁じようとする。

私は外国人にスラップされて身元を暴かれたが、外国人に国語の授業を受けなければいけないなんて、侵略そのものである。

イメージ 1

ほら、日本のパヨク新聞(被害者民族様によるプロパガンダ)にもちゃんと「ソーシャルメディアを取り締まれ」「犯人は民族虐殺を呼びかけていた」とある。

無論、自分の罪を相手になすりつけて濡れ衣を着せるユダヤである。

民族虐殺をしているのは、パレスチナを侵略してジェノサイドをしているユダヤである。私の祖先も原爆でユダヤにジェノサイドされた。

それ以上の「ヘイト」「民族虐殺」があるのだろうか?

日本では、弁護士資格を取り、悪用して「言論を刑罰にするのが夢」「俺が正義」というキチガイ(自称被害者民族様。バカでもエリートになれる特権民族様)が、「チョッパリ絶対殺す」とチョッパリのジェノサイドを呼びかけている。

でも、*彼ら*が「ヘイト」の被害者様だそうだ。なぜなら彼らは金を持っている、権力者だからだ。被害者になりさえすれば、支配できる民族がいるのだ。
血統が優れている、優生な民族だからだ。
彼らはそう信じている。
とてつもない差別者である。

イメージ 2

シナゴーグの自作自演事件後、トランプは次のようにスピーチした。

トランプ:「今*ヘイト*で起きていることはひどいひどいことだ。アメリカだけでなく、率直に言って世界中で。何か策を講じなければいけない。何かをしなければ。」


トランプ、記者に「銃規制が必要か」と聞かれて:

トランプ:「世界は暴力だ。ここは暴力的な世界だ。もう終わった、なくなったと思ってたら、また再発する。狂人(a mad man)という形で。イカレタ奴だ(a wacko)」

「狂人」とは、アメリカ政府(CIAやFBI)が仕掛けた「おとり」に過ぎない。
汚れ役を演じるのも、フリーメーソン、ユダヤ工作員なのだ。

ご覧の通り、犯人役は、「隠された手」のメソニックシンボルをやっている。


トランプ:

「こういうことをする奴は、死刑になるべきだと思う。死刑になるまでに何十年も待つべきじゃない。今、弁護士に関与させてる、ゆくゆくは10年後にはこういう奴を死刑にできるようになるだろう。私は法律を厳罰化すべきだと思う。こういうことをする奴は死刑にするべきだ」

これは、言論弾圧をまた新たなレベルに引き上げるというものである。

日本でも、ユダヤのパペットであり、ソロス金でメシウマのパヨクヤクザ弁護士が常に言っているように、特権民族様を批判する言論を刑罰に処せるように、また一歩踏み込まれたのである。

「インターネット、特にSNSでの一般人の言論を取り締まれ。」

これがこの事件のアジェンダの1つであった。

我々日本人には言論の自由しかないが、アメリカ人にはそれに加えて武装権がある。

乱射事件が何度も繰り返し起こされるのは、武装権を奪うためである。
完全に奪うまで、何度もフリーメーソンが自作自演を起こし続ける。
ちょうど去年起きたラスベガスの惨殺事件でも、自国民を大量殺戮したユダヤ政府である。(犯人はトランプ選挙ドナー、イスラエル二重国籍のシェルドン・アデルソンなど。)


TMFさん、「これまで11-13人死んだとされる」という動画をアップ。

Thousand oaks CA Bar shooting 11-13 allegedly dead so far (live link below)





TMF氏は説明していないが、11はたぶん911と同じでイルミナティの数字。
13はイルミナティの数字。
1+1+1+3 = 6 
6もイルミナティの数字。
ホロコーストで死んだとユダヤが自称しているのは「600万人」でしたよね。笑

数字だけでは証拠とは言えないが、この笑いをこらえているような泣き真似のクライシスアクターを見れば、やらせとわからない人はいないだろう。


Yep. WTF. Gene Rosens grand daughters?


Published on Nov 8, 2018

TMFさんがここで「なんじゃこれ。ジーン・ローゼンズの孫か?」とタイトルに書いてあるジーン・ローゼンズとは、サンディフックのやらせ(これは誰も死んでいないHOAX)のクライシスアクターのことである。

イメージ 3


そしてこのクライシスアクターの涙の出ない泣き真似もすごすぎて鳥肌もの。大笑い。


HOLY CRAP ! This is bad...


Published on Nov 8, 2018
TMFさんは、↑のクライシスアクターを、かつて、「アサドが保育器の中の赤ちゃんを殺している。ワーん」と泣き真似をした、CIAとモサドの工作員に例えていた。
イメージ 4

日本で言えば、こういうメーソンのパペットの詐欺師は、私をスラップした女(元SEALDs)や、レイプしてもない男性をレイピストだ、と泣き真似する伊藤詩織にあたる。彼らはCIAとMOSSADの工作員であると同時に、政府の(つまり我々の税金)給与名簿に載っている工作員と見るのが自然であり常識である。

政府の工作員であろうが、法を適用されまいが、彼らが犯罪者であることに変わりはない。
犯罪者だからこそ、真実を述べた人をスラップするのだから。
真実はヘイトスピーチ。

TMFさんは、今回のクライシスアクターは、私たちみたいに以前から政府の自作自演を暴いている人でなく、普通の人でも気づくくらいのひどい演技だ、普通の人もこの事件がやらせであることを指摘している、と述べた。

この記事に


アクセス数もかなり減っているこの頃ですが、日本シリーズ終わり(結果はトラウマになってしまいました。笑)人生初の「野球ロス」(にわかファンです)になってしまったのを紛らすために、今日も小出し投稿をしておきます。
観戦スポーツは、ゴイムを消耗させて権力腐敗から気を散らすためにあるとはいえ、プレーヤーは本当にすばらしくてかっこっよくて。
刑務所やFEMAキャンプに収監されたら見れないかと思うと、貴重に思えてきました。笑

以下、TMFさんの動画の翻訳です。

===================================

Qtubers #qanon Fake Awakening, Controlled (((synthetic movement)))

Qチューバーの偽の目覚め。コントロールされた((人工的ムーブメント))


Published on Nov 5, 2018
イメージ 1


ここに、Qアノン心理作戦(Q-ANON psyop)の代表的なサイトの1つがあるよ。
YouTube上のQチューバー。

サブスクライバは19万人。

このQチューバーは、最も白痴な間抜けか、あるいは、コントロールド・オポジション(コントロールされた反対派)だろう。
率先してYouTube上の人々を騙している。

彼がどちらであれ、哀れと言うしかない。

彼は確実に、ユダヤの左翼VS右翼のマインドコントロール、「分断統治」(divide and conquer)のパラダイムを永続させる手助けをしている。

世界を舞台とする、偽の政治的な虚構。
fake political facade, world stage

我々はこれによってプログラミングされている。

トランプとか、MAGA(make america great again)とか。
トランプVSヒラリーとか。赤VS青(共和党VS民主党)とか。

Q-ANONはそこにつけこんでいる。
Q-Anon plays into that.

Q-ANONは、このシステム − この悪魔的なシステム − の権力の中枢には本当は誰がいるのかを理解しようとしている人々を捕まえる手法である。

It's a way to capture people who are trying to figure out the system, who's really at the core power of this satanic system.

このような(目覚めかけた)人々を、奴らは騙し、民主党のカバル(陰謀団)こそが牛耳っているのだと信じさせるのである。

of course they are snagging these people and duping them into believing it's the Democrat cabal that's in charge.

みなさんはこれが心理作戦であることをわかってるよね。

この演劇が、いかにパワフルで重大であるか、みなさんも見て取ることができるだろう。

私が言ってるのは、このQ劇場のことだ。

「分断統治」支配グリッドの中の、Q部分のことだ。

いずれにせよ、このYouTuberのサブスクライバは19万人で、1つ1つの動画の再生回数は10万回以上。

もちろん、「サタンのシナゴーグ(SOS)」(ユダヤ悪魔教)を暴いているNoMoreNewsのアダム・グリーン(※TMFの友達)みたいに通報されている様子は、このQチューバーには全くない。

当然ながら、アダム・グリーンは最近、オンラインでADL(ユダヤのAntiDefmation League;名誉毀損防止同盟)の工作員のターゲットにされている。

政府の諜報機関の工作員だ。
(government intelligence operatives)
イスラエルMOSSADの工作員。
イスラエルの工作員。
ADLの工作員。

アダムは、これらの工作員による、チャンネル削除もための一斉通報の標的にされている。

アダム・グリーンは、かろうじて4万人のサブスクライバに達しようかと言うレベルだ。

このようなQチューバーの視聴回数と比べたら、アダムはレーダーの一瞬のブリップにもならないのに。

アダム・グリーンはチャンネル抹消に追い込まれることを脅されているし、ユダヤ政府の自作自演などを暴いていたJohnny Gatも、先日チャンネルを削除されたばかりだ。

本当の権力者を暴露する、本物(ガチの人)のチャンネル。
大衆が、いったん理解してしまえば、(ユダヤの仕掛けた)幻想を見抜けるようになるのを助けてくれるようなチャンネル。
the real channel exposing the real power that can make people see through the illusion if they can figure it out

奴らはこういうチャンネルにYouTubeで繁栄してほしくない。

代わりに、この偽物の(フェイクな)ろくでなし、このバカに、YouTube上で繁栄してほしいのだ。

This is what we are up against.
我々が今、こんなものに立ちはだかられているんだよ。

このYouTuberチャンネルは、ただ一例に過ぎない。
STD Reportとか、その他大勢のYouTubeチャンネルと同じようなね。
SGT Reportだっけか。
(※"STD"は性的感染症を意味することから、トランプ応援団工作員、大嘘つきのプロパガンダ屋である悪質なyoutuber, SGT Report氏を揶揄して冗談でわざと間違えて言っている)

今日は、ただこの1人の一例を指摘しておきたかっただけだ。
わかっている視聴者のみなさんのために。
For those who are aware.

じゃあね。

TMF

この記事に

The Thinning: New World Order-2


私にとって夢の共演であるJeff CとTMFのディスカッションをかいつまんで訳しました。先日に続いて、ユダヤ悪魔教工作員ローガン・ポールの"Thinning:New World Order"に関してです。

3:36:55あたりから

MAGABomber Cesar Altier Sayoc - New World Order DISCUSSION + SOLUTIONS WITH TMF

Streamed live on Oct 26, 2018


TMF:
The thinning "New World Order"で推進していた主要な点のうちの1つは、FEMAキャンプだったと思う。つまるところは、パージ(粛清)を呼びかけるものだった。

Jeff C:
もちろんローガンと弟のジェイク・ポールはアシュケナージ・ユダヤ人である。
多かれ少なかれ、彼らはサタニスト(悪魔崇拝者)である。

この映画は未来を描いたものである。人類は地下に住んでおり、誰も地上に住んでいない。

イメージ 1

映画の中で、IQテスト、適性テストを使って人間を殺すことにより、人口を減らしている。それを彼らはThinning(まびき)と呼んでいる。
高校でテストに不合格になった人たちは、皆殺しにされる。They kill you off. 
映画の中でこれらの登場人物たちは、生き残るためにそれに対して闘うとか、そんなものだった。
映画の始終にを通して見られるのは、警察国家。人々が殴打され、投獄され、誰しも身元を特定され、コンピュータチップを体内に入れられている。

ひどいNew World Orderのプログラミングだよ。

TMF:
要は、ハンガーゲームのまた1つのバリエーションだよな。それにまた1つの要素を加えたものだ。

イメージ 2

Jeff C:
奴らはみんな、「終末がもうすぐ訪れる」(The end is coming soon)と言っているよね。

TMF:
ところで、終末だけでなく、奴らは強制収容所「labor camp」についても話していたよ。俺が間違ってなければ。

Jeff C:
うん!

イメージ 3


そして「間引き」によって殺された人たち全員の墓を描写。
で、ローガン・ポールは、どうにかして死んだふりをするか何かして、サバイブするとかそんな話だった。

TMF:
奴らは実世界では死んだふりなんかしないよ。笑

(※ 冗談。イルミナティは死んでもない人を死んだことにすることがしょっちゅうある)

Jeff C:
イメージ 4


このキューバの国旗に似てる旗には、星が1つ。俺の意見では、もう50州ではなくなり、New World Orderだから1つの国になった、という意味だと思う。
1つの国であり、全員が従わなければならない。
ある意味、本当に共産主義だよね。

イメージ 5

ここで描写しているのは、あまりにもバカらしいよ。
政府の中に、1つのネットワークを構成している人たちがいる。
ここにいる黒人の男、白人の女は、人類に起きていることを本当に気にかけている慈悲深い人間として描かれている。
この莫大なネットワークの政治家たちが、このNew World Orderに対抗して戦っている、という話になっている。


TMF:

あああ! それって何のように聞こえると思う?
What does it sound like?
今実際に起きている心理作戦と同じように聞こえる、それは何だと思う?
What does it sound like a psyop that's taking place right now?

人参のようにぶら下げるられた希望。
A dangling hope.

彼らは「ホピウム」(※アヘンの”オピウム”と、希望の”ホウプ”をかけて。「希望ドラッグ」というべきか。TMFさんの造語)と呼ばれる薬を投与しているんだ。奴らが今俺たちアメリカ国民にやってるのがまさにそれだ。
administering this drug called Hopium.
That's exactly what they are doing to us.


Jeff C: 100%そのとおりだ。

映画を早送りすると、地下の牢獄の中。完全なる警察国家。
イメージ 6


ローガン・ポールは大衆のヒーローだ。彼は実験台にされている。

イメージ 7



まあいい、最後のシーンに行こう。
ローガン・ポールのTシャツには不死鳥(フェニックス)のシンボルがある。
イメージ 8

イメージ 9



さらに、フェニックスの形が「V」になっている。
第5世代のNew world orderの誕生という意味だ。

この映画の冒頭にも「V」シンボルがあった。
イメージ 10



意味は1つではなく、複数あるが、フェニックスがカオス(混沌)から羽ばたいて舞い立っている。古い世界の破壊による混沌だ。また、ここでは黒と白のシンボルが使われている(ユダヤの神秘主義であるフリーメーソンのシンボル)。

本当に不気味で気持ち悪いのが、ここでローガン・ポールは、「New World Orderがもうすぐ訪れる」と言いながら、「ウィンク、ウィンク」と言っていることだ。
彼が意味しているのはこの映画ではなく、実際のNew World Orderのことである。
TVショウの演技のことじゃない。だから「ウィンク、ウィンク」と言っているのだ。

<動画でお確かめください>↓


Logan Paul's" Creepy Bull$hit *wink wink* Comment on The Thinning NWO trailer


イメージ 11


ローガン・ポール:「New World Orderがとってもとっても近いうちにやってくるよ。ウィンク、ウィンク、YouTubeプレミアムに。」


機能している脳を持っている人には、あまりにもあからさまにも露骨である。(blatantly obvious to those with a functioning brain)

TMF:

これは俺にとっては、気持ち悪いほどのジョージ・ブッシュのNew World Order演説と同じだ。



George Bush Sr 1991 New World Order Speech : NWO



”We will be" と言った時みたいな(笑)身の毛のよだつような気持ち悪さ!(笑)

(※ ジョージ・ブッシュは、When we are successful, and we will be (我々がNWOに成功した暁には − そして我々は実際に成功する)と言った)

もちろん、ブッシュが言った言葉の1語1語は、脚本に書かれたものであり、完璧になるようにリハーサルされたものである。もちろん、彼ら(支配層カバル)が彼にやらせたのであるが、なぜ彼はそこまで気持ち悪い言い方をしなければならなかったのか?

Jeff C:
最近多くのAリストのユーチューバーたちが、「心配するな。終末はもうすぐ来る」(Don't worry. The end is coming soon)と言ってるよね。
本当に気持ち悪いよ。(It creeps me out)

TMF:
でも、このローガン・ポールは、「Very very soon」ってあまりにもあからさまに言ったよね。世界で何が起きているかを認識している、俺たちみたいな人たちの顔を露骨にひっぱたくようなものだった(blatant slap in the face)。

Jeff C:
経済がまず先に下落するのかもしれない。それから同時に911みたいな大規模なテロが起こされるのかもしれない。経済が完全に破綻して、デジタル通貨になって、フェニックスが灰の中から舞い立つのかもしれない。そして完全なる、軍事化された、戒厳令が宣言され、FEMAキャンプができる警察国家かな。

それが起きた後には、我々は違う世界にいるのだから。

だから俺はみんなに言っている。このシステムから抜け出す時が来たと(Start getting yourself out of the system.)。早ければ早いほどいい。

これはあらゆるシンボルに見られる。なぜ2012年のオリンピックで古い世界の灰から舞い立つフェニックスが見せられたのか?なぜX-MENの映画にダーク・フェニックスが出てくるのか?知らない人がいるかもしれないが、X-MENは70年代のコミックブック(漫画)のリバイバル(reboot)なんだよ。虹色プロパガンダを加えた変種だ。

漫画は常にプログラミングであった。
だから我々は気を付けなければいけない。自分の子供時代と、子供時代に自分が大好きだったものに関して。それは奴らの策略(machination)の一部であった。奴らは我々に、奴らのペテン(shenanigan)に従い、受容させたいのである。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事