ここから本文です
Don't be intimidated. Speak your truth.

TruthMediaRevolutionさんの2015年の動画より

Predictive Programming Reveals The Biggest False Flag In Human History 2015


予測プログラミングが、人類の歴史における最大の偽旗作戦を暴露する

イメージ 1
「メディアを支配する者が、人の思考を支配する。」− ジム・モリソン

メディア、テレビ、ラジオが始まった時から、意識下(サブリミナル)および潜在意識の操作と予測プログラミングが、大衆に対して(大衆の不利になるように)使われてきた。

Since the inception of the media, television and the radio the use of subliminal and subconscious manipulation as well as predictive programming has been used against the masses. 

イメージ 2

ジム・モリソンが言ったように、メディアを支配する者が、思考をコントロールするのだ。これは私たちに敵対して、映画、音楽、コマーシャルなどを通して使われてきた。
As Jim Morrison said, those who control the media control the mind. It is utilized against us via movies, music, commercial, you name it. 

イメージ 3


イメージ 4

この動画では、予測プログラミングが、今日世界で起きていること、そして近い将来何が起きる可能性があることに関して、どのように使用されているかに焦点を当てる。

The use of predictive programming would be the focus of this video in relation to what is currently taking place in our world today, and what could potentially occur in the near future. 

歴史の中で、予測プログラミングは無数の事件の中で使われてきた。
有名人の死から、7/7ロンドン爆破事件やボストン爆破事件などをはじめとする偽旗テロ、心理作戦事件に至るまで。
In history, predictive programming has been used in countless events from celebrity deaths to false flag terrorism, psyop events such as the 7/7 London bombing, Boston bombing, 9/11, etc. 

イメージ 5

特に9/11(nine-eleven)はこれを証明しており、予測プログラミングの使用の最たる例を提供している。しかし、9/11に関しては、この種のプログラミングが数年前のみならず、数十年も前から構築されていることを我々は学んだ。

9/11 especially proves this and serves as the prime example for the use of predictive programming, but in the case of 9/11, we learned that this type of programming constructs not just years in advance, but decades. 

話を先に進める前に、9/11に関する、メディアの中のあからさまでショッキングな予測プログラムの例を2つ見てみよう。

まず最初に、悪名高いXファイルのスピンオフのパイロットのエピソード。
「lone gunman」(単独の射撃犯)なる適切なタイトルが付けられている。
これは2001年9月11日の半年前に封切りされた。
これは民間航空機がWTC(ワールドトレードセンター)のタワーの中に飛ぶという話を中心に展開されている。

イメージ 6

これの実行犯は、"faction of our government"(米国政府の1つの派閥)だそうだ。

イメージ 7

映画の中のセリフ ジョン:「もしテロリストグループがこのシナリオを実行に移したいなら、なぜあなたを暗殺のターゲットにするのか?」

イメージ 8

 映画のセリフBさん:「誰がテロリストかによるよ。」

イメージ 9

映画のセリフ ジョン:「あなたは我々の政府が国内にテロ行為を働こうと計画していると言っているのか?」

映画のセリフBさん:「ご名答(there you go)。政府全体ではない。ほんの一部だ。」

映画のセリフ ジョン:「何の得をするというの?what possible gain?」

映画のセリフBさん:「冷戦(Cold War)は終わったんだよ、ジョン。でも武器市場の停滞を止めるための明らかな敵が存在しないんだ。」

イメージ 10

映画のセリフ ジョン:「彼らはニューヨークの街のど真ん中で我々を倒すつもりとおっしゃるのか?」

Bさん:<首を縦に振る>

ジョン:「爆弾がなかったらどうするの?」what if there's no bomb? 

Bさん:「どうやってWTCを倒すのかな?」how are they gonna bring it down? 

ジョン:「WTCの中に飛行機を激突させるよ」

イメージ 11

イメージ 12
ゴー

イメージ 13

次に、1996年の"The Long Kiss Goodnight"。
この映画では、1993年のWTCの爆破事件の犯人を暴露しただけでなく、9/11の犯人が誰になるかを説明している(laid out who would be blamed for 911)。

イメージ 14

映画の中のセリフAさん:「1993年のWTCの爆破事件。裁判の中で、爆破犯の1人が、CIAが事件の前にこのことを知っていたと主張した。テロリストのVISAの中にあった外交官がCIAだった。予算を増加させることを正当化するために、彼らが爆破事件を起こすのは、考えられないことではない。」

サミュエル・ジャクソンのキャラクター:「議会からいくらか金を引き出すだけのために、彼らがテロを自作自演したとでも言うの?」

イメージ 15

Aさんのセリフ:「ハネシーさん、残念ながら私は、4000人を殺すのを捏造できる方法を私は知りません。よって、我々は実際にそれを実行しなければなりません。そしてもちろん、それをムスリム(イスラム教徒)のせいにする。
so we just gonna have to do it for real, and blame it on the Muslims, naturally

イメージ 16


イメージ 17
別のキャラクター:「フッフッフ」

イメージ 18

次に、レスリング業界がある。レスリングはフリーメーソンとオカルト、これらの隠れた権力(freemasonry and the occult, and these hidden powers)に非常に緊密に関係している。

イメージ 19

そして、Vince McMahonは、常に、非常に内情に通じた駒(highly connected pawn)であり続けた。それ以上でも、それ以下でもない。nothing more, nothing less

誰がレスリングの世界に関与しているかを見れば、なぜこんなに多くのシンボリズムが使われているか、そしていかにレスリングが大衆を洗脳するために使われているかを理解するのは難しくない。

イメージ 26


イメージ 20

イメージ 21

<片目のシンボリズム>

かの悪名高い、グローバリストエリート、CNN,TBS, TNTを創立したメディア大御所のキングピン(中心人物)、テッド・ターナーが、WCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)を創立したんだ。
イメージ 22

これは「New World Orderが必要だ。人口を95%削減して、国連の下に、グローバルの中央集権型の警察によって運営される世界秩序が。と公に語ったのと同じ男だ。
(we need a new world order with the population reduced by 95% and run by a global centralized police under the United Nations)

ターナーは、「世界の総人口が現在より95%減って、2.5億から3億人になるのが望ましい」と述べた。

イメージ 23

レスリングは、エリートが大好きなものだ。
Wrestling is something that the elites absolutely love.
イメージ 24

なぜなら、皮肉にも、これは我々の政治制度(システム)の現実の、「犬と仔馬のショウ」(※サーカスに由来する言葉で、大衆を揺らがしたり、納得させるための、やらせ劇場、パフォーマンスなどの意味)のような幻想を反映するからである。ー 脚本に書かれ、事前に企画される、「パンとサーカス」である。(「パンとサーカス」Wikiより※詩人ユウェナリス(西暦60年 - 130年)が古代ローマ社会の世相を揶揄して詩篇中で使用した表現。 権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘した。)
 
Because the irony is it reflects the dog and pony show an illusion of political system of our reality, scripted, premeditated bread and circus.

メモ:
dog and pony show = an elaborately staged activity, performance, presentation, or event designed to sway or convince people (from a derisive term for a small circus)

このワールドチャンピオンシップのレスリングのショウに関与する人間は、全員、自分のステージ名を与えられ、台本を与えられ、命令されたことを実行している。

 Everyone involved in the show of wrestling is given their names, handed their scripts, and did what they are told.

イメージ 25

<つづく>

この記事に



YOU THINK YOU'VE SEEN IT ALL? GET A LOAD OF THIS! (SCIENCE)

Published on Dec 7, 2017

トランスジェンダーの狂気は、もう狂気の域を超えた。超知的障害レベルに達した。
この国に広がるこの狂気は、1秒ごとにもっともっと病んでいく。
この精神錯乱をたんとご覧あれ。Get a load of this lunacy.
トランスジェンダーの男と言ったら、女->男になったのか、男->女になったのか、よくわからないから、わかりやすい言葉で言おう。
ある母親が男に性転換した。同時に、その息子が女の子に性転換した。
A mother has transformed herself into a man while her son transformed himself into a girl.
イメージ 2
もしもし、DYFS(Division of Youth and Family Services )ですか?
子供を虐待している家族について通報したいのですが。この両親は閉じ込めて収容する必要があると思います(need to be locked up and committed)。
これは児童虐待の話だけではない。間違いなくこの人たちは、政府のアジェンダに沿っているってことは、オカルト崇拝者であろう。

They've transitioned into the genders that matches the one inside their heads. Can we officially just declare this what it is? A mental disorder, mental sickness this is obviously the mind control they are putting on the masses.

彼らは、「自分の頭の中の性と一致する性に転換した」とのこと。
ちゃんと正式にこれを宣言してもいい?「精神疾患」だと。「頭の病気」だと。
明らかにこれは支配層が大衆に仕掛けているマインドコントロールである。

イメージ 1


イメージ 3

「エリック」−この母親は、体の異形症に悩み、ついに乳房を両方除去した。
この記事を読むのに時間がかかる、なぜなら「彼女」であるべきところを、記事には「彼」と書いてあるからだ。彼女は、「若い頃、性転換したくて、乳房を切除するために癌にならないか願っていた」と話す。「私は自分の髪から胸から、自分の体が大嫌いでした。」と彼女は夫にはよくこう言っていたという。「これを切り落とせたらいいのに。」若い美しかった頃の自身の写真を見て、彼女は「この頃を思い返すと、なぜ自分が自分の体をこんなに恥ずかしく思うかわからなかった」

ー ほらきた、最近セレブがもっとビッグになると、「body shaming」(自分の体を恥ずかしく思うこと)を口にし始める、あのアジェンダだ。
彼らはbody shamingを「胸を切り落としてペニスを生やしたい」に利用し始めた!
そして人々は、「あっそう、いいね!じゃあPOKEMON GO!でもプレイするか」のような反応。この夫の方は、MKウルトラを受けているのかもね。それかLSDか、思いつく限りのことを。

イメージ 4


息子は、2年半ホルモン治療法を待った後、思春期を止める薬の処方箋を見た時、大喜びした。子供は「人生で1番幸せな日。公共の場に出ても誰も私をトランスジェンダーだとわからない」と感激した。

処方箋を見て歓喜する....ねぇ。私(Call for an Uprising)は子供の頃、クリスマスに親がソファーの下に任天堂のプレゼントを隠していたのを見つけて感激したものだったが。その頃はまだ目覚めてなかったから、こういうゲームが何のためのものか知らなかったし。それが、この子供はホルモン治療できることに泣いて喜ぶと。
イメージ 5

この少年は、思春期を抑制するインプラント(移植組織)に21,000ドルを費やした − もちろん政府が出した税金だろうよ。
I'm sure government funded that, probably came out of tax money.
18歳になったら性器を切除するそうだ。

我々はこういう行動に寛容になるべきらしいよ!こういう行動を支持しなければいけないらしい!
And we're supposed to be tolerant of this behavior!
We're supposed to support it!

これを推進しているのはメインストリームメディアだと誰も気づかない。YouTubeも含めて。

セレブの受賞式の番組。
トラニー(tranny;トランスジェンダーの短縮語)、トラニー、トラニー。
寛容、寛容、寛容(tolerance)。
条件付け、条件付け、条件付け(conditioning)だよ。

この記事はバカらしい。「この勇敢なティーンエイジャーは」と書いてある。
どうやら、クロスドレッシング(女装)して性器を切り落とすのが勇気があることらしい。勇気じゃなく、非常に精神を病んでいることだと思うがね。(that's not bravery, i think that's very mentally sick)

「この勇敢なティーンエイジャーはこう言った。私はずっといじめられてきた。学校で押しのけられたり、唾を吐かれたりしていじめられたが、両親は私を支援してくれたので幸運だった。」

ー これはいじめ防止キャンペーンの一環である。
Anti-bulllying campaigns are all to get people to be submissive, that's what they are for. 

いじめ防止キャンペーンとは、すべて、国民を従順にするためのものだ。それが目的だ。我々は誰しもいじめられた経験がある。私だって毎日YouTubeでいじめられている。首を吊れまで言われる。学校ではかっこいい子もダサイ子もみんないじめられる。
それに対して堂々と発言し、自分を擁護すれば、生涯いじめられないようにする準備をすることができる。私は自分を守るために、いじめられたらいじめ返すよ。
When you speak out against it, defend yourself, it prepares you for life to not get bullied. 

彼らはこういう社会を作ろうとしているんだ。
こういうキャンペーンを使って、「いじめがある。いじめ防止キャンペーンをやらなくちゃ。ヘイトを阻止しよう。」
I bully him back to defend myself. but what they are doing is creating a society where they're using things like this - look, bullying we gotta keep stopping the bullying campaign. Block the hate. 

でも、いじめは、人間の性だよ。自分のテリトリーを守る。自分を守る。嫉妬する。
支配層はそれを防止したいんだ。次世代の子供たちに、言われた通りのことを受容するようにさせたいんだ。自分を弾圧している体制(システム)に対して意見を述べるな。攻撃されても反撃するな。
They want to prevent that, because they want the next generation to be nothing but tolerant of whatever they are told. Do not speak up, do not fight back, against the system that is suppressing them. 

こういうことを言うと、「ひどいな、この子にいじめられろとでもいうのか」と返される。私はこの子がいじめられてもいい、とは言ってない。いじめがあるのは人生の現実だと言ってるんだ。
I'm saying that's the fact of life. 
あなたがどんな人間でも、必ずあなたを好きじゃない人はいるのだ。
人生のすべてにおいて、あなたの批判者はいるし、あなたを嫌いな人はいる。

支配層がいじめキャンペーンを出してきているのは、従順な社会がほしいからだ。
They wanna make sure the bullying campaign is out there because they want a submissive society. 

ともかく、このナンセンスに話を戻すと。記事によると、このコリーは、次のように語った。

「私はデートし始めたいけど、学校で男の子を好きな男の子はいないし。
学校にいる子は誰も勇敢じゃないから、他の男の子から「ゲイ」と言っていじめられる。
イメージ 6
もしもし?そうですよ、「ゲイ」と呼ばれますよ。でもそれはいじめとは呼ばないんだよ。女装する男の子と付き合う男の子がいたら、それはゲイです!

この話でもっとも病気なのは、この男になった母親「エリック」が、妊娠していたときの自分に吐き気がする、と言っている。矛盾語法(oxymoron)じゃないか?
そしてこの夫は、ヘテロのままであるにもかかわらず、「夫婦関係は一層強固になった」と言っている。

まだ11歳の子供 − そんなことを決断する判断力もない年齢 ー に性転換させるなど、この父親は児童虐待だし、これは病んでいる。

これが私たちが今住んでいる世界なんだ。
これらはすべて、人々を「生きたバフォメット」にするための大規模なマインドコントロールオペレーションの一環なのである。
性別のない(ジェンダーレス)世界。神を無視し、神を嘲笑し、正常なすべての人を病気にさせるための。
This is the world that we live in. And these agenda are all part of a massive mind control operation to turn people into living baphomet. Genderless society, defying God, mocking God, and making everyone out there who is normal sick.
<おわり>

訳者あとがき & パヨク調査
性別のない(ジェンダーレス)世界。それはワン(1つ)にするため。
ワンワールド政府のため。世界は1つ。
世界統一政府のため。中央銀行が儲けるため。支配層が富を独占するため。
すべての人民を平等に貧困にさせて奴隷にするため。

こちら、今年3月のヒューマンライツウォッチの記事:


日本:いじめ防止基本方針が改訂 LGBT生徒の保護 盛り込まれる

アジア太平洋・世界でのLGBT権利擁護における日本のリーダーシップ 


なぜ   が を推進し、日本にUNESCOに参加させるか知ってました?バフォメット崇拝のオカルトだから。
このオカルト()   (なぜか最近「ディープステート」と呼ぶ人が多いが)は、911などテロを自作自演する支配者である(中央銀行)。
バフォメットは乳房とペニスを持つ。彼らはジェンダーレス社会にして世界統一政府を実現するのが夢なのである(富の独占のため)
トランスジェンダーは精神病である。それを政治的権力独占のために「いじめがある」「日本は差別して遅れている」ということにしてしまえば、日本人を黙らせて従順にして、政府に逆らえないように洗脳できる。そうすれば、世界連邦を実現(ボーダーレス世界で日本という国の滅亡)というわけだ。 

レイプされてもいない詩織にギャーギャー騒ぐが、子供の性的拷問、殺人、トラフィッキングについては、ダンマリどころか隠蔽する(津田大介)。
子供をレイプして惨殺して食べるのがこのオカルトの儀式であることからすると、LGBTQはもちろん人権のためではなく、ペドフィリア(子供レイプ)の推進のため、社会の悪魔化のため、異常なセックスの正常化(子供の性的搾取、虐待、人身売買の合法化)、家族破壊などがアジェンダであることが丸見えである。
そして、ハニトラ詐欺師嬢の件は、レイプと何の関係もなく、法治国家の破壊と国民弾圧が狙いであることが丸わかりなのである。


別のYouTuber, TyrannyUnmaskedさんによると:


Independence isn't radicals receiving weapons and training to overthrow a thriving, sovereign nation in the name of humanity, which in reality more politial greed for power. 
独立とは、「人権」の名において、繁栄する主権国家を転覆させるために武器を受け取る過激派のことではない。

(CIAが世界の主権国家で暴動を起こして、クーデターを起こして、その国で選ばれた政府を転覆させることを言ってます。)

イメージ 7

「解放」前と後のリビア

イメージ 8
2011年と2015年のシリア

”Humanity” = more political greed for power
彼らの言う「人権」とは、尽きることのない政治的権力への渇望を意味する。
 
訳者コメント:
朝鮮マフィアが「ジンケン」と言う時、文字通りに捕らえて「じゃあなぜ #詩織 には騒いで、朝鮮人強姦魔には無言なんだ」と本気で問うてはならない。前者は権力拡大&人権剥奪のための詐欺だからである。

Courage is not the acceptance and normalization of contrary beliefs and mental disorders and the demonization of those who do not agree.
「勇気」とは、真逆の信念や精神病を受容する社会にして、それに同意しない人を悪者にすることではない。
イメージ 9

イメージ 10

 
訳者コメント:#LGBTQ は #世界連邦 #奴隷化 の為の詭弁である。
Courage is standing up to oppression and tyranny even if it means degradation or even death. 

「勇気」とは、圧政や嗜虐政治に対して立ち向かうことだ。たとえそれが名誉毀損や死を意味しても。

イメージ 11
トルコ政府がISISに武器を調達していることを暴いて殺されたジャーナリスト、
Serina Shim (訳者が勝手に選びました)

訳者コメント:#詩織さん が勇気があるのではない。真逆だ。
奴らは自分を暴露した側を「卑怯だぁ」と訴える権力者側。人権を奪う支配者側である。権力者がコントロールするMSMで「ヒーロー」と礼賛される人がヒーローなわけがないのである。

以下、すべて私の言葉

なぜLGBTばかり、自分の精神病を公表したら「勇気がある」と称賛されるか?

「いじめられたぁ」=>言論弾圧に誘導するため。
「いじめられたから政府守ってください」=>自由の弾圧、従順な奴隷化。

自分を擁護し、堂々と意見を述べ、虐待されたら虐待し返す人間をなくすためのアジェンダ。

いじめ防止の唯一の方法は、いじめられたらいじめ返すことである。
ただし、いじめている側が、腐敗した司法立法行政権力の場合は、裁判にかけられても負けるし、牢屋に入れられたり、殺されたり拷問されるかもしれない。

だから腐敗に立ち向かう人は本当に「勇気」があるのである。だから弾圧されるのである。

ジャーナリズムや政治的過程が、自己利益と金銭欲によって腐敗していることが、今の時代の問題である。


ジンケンジンケンという言葉に騙される人がいるが、普通に考えて、ヤクザがジンケンのこと考えるわけないだろ。ヤクザは何も生産せず、社会に貢献せずして、一生懸命真面目に働いた人の金を楽に盗むのが仕事なんだから。
人が自分を批判しただけで恥じらいもなく恫喝訴訟を起こして嫌がらせする奴らだぜ。

批判というのは、「こいつらは本気で活動しているのでなく、金をもらっている金のためにしか動かない工作員」ということだ。
つまりヤクザは自分のシノギを守ってるだけ。そのために言論を弾圧している。
あと、日本人を虐待できるのが快感というボーナスがある。

日本人弾圧のメシウマ度はプライスレス

資金源はカンパであたしは手弁当と言いながら、資金源聞いたら訴訟を起こす裁判女子。仲間の伊藤和子はソロス財団とお付き合い。
#男組 
#振り込みました
#捕まらんといてねー
#しばき隊
#メシウマ すぎてふるえる



この記事に

Call for an Uprisingさんの動画の一部の翻訳:

まだ、#METOO が、NWOのアジェンダと信じてなかった方には、これが証拠になりました。なぜなら、Timeマガジンの表紙 − MAN of the yearが今年はPerson of the Year(※MANにすると女性差別だぁ!ってことでポリティカルコレクトネス=>言論弾圧を推進)になり、「Silence Breaker」(沈黙を破った人)の4人の女性が出てきたからだ。




アシュレイ・ジャッド(訳者は認識できず、ケイトリン・ジェナ―かと思った)の腕に注目。


これは、イルミナティの「隠された手」(hidden hand)シンボルである。
この4人のどの女性の手も見えないが、リーダーのアシュレイ・ジャッドのやり方が1番目立っている。


復習:





もちろんこの人たちは魔女(covens)である。全員黒を着ているのも偶然ではない。そしてこちらの女性のネックレスに注目。
Uroboros(ウロボロス)じゃありませんか。

イメージ 1

自分の尻尾を食べている蛇。このシンボルをあらゆるところで目にする。
この人たちは自分たちは無限で、自分たちを再生し続けることができると信じているんだ。

イメージ 2


そのアシュレイ・ジャッドだが、「フェミニストってこんな外見の人です」というTシャツを着ているが、ネットを検索するとほぼ裸の写真がたくさん出てくる。これはまだマシな方だ。



訳者コメント:
これはSEALDSとそっくりだ。
「消費財である女」と言ってみたり「女であることを利用した」と言ってみたり、自分をモノ扱いしたり、自分の性を利用するしか能がないくせに、自称フェミニスト。矛盾しているだろう。

NWOではこの人たちしかフェミニストになれないみたいだ。

「女性の性を売りにしている」くせに「人権のために闘っている」という真逆のことを言うから許せないのに、「どんな格好をしていてもレイプしていいという意味ではない」「こんな格好をしたからおまえはレイプされたんだと言われたぁ」にすり替えて、言論弾圧に持っていこうとする。

ジョン・オリバーというパペットが、ダスティン・ホフマンが25年前にセクハラしたとか責める。

イメージ 3

ローズ・マゴワンが告発したとかいう。彼女はサタニストのマリリン・マンソンと付き合っていたんだぞ、何の冗談だ?

イメージ 4

この人たちはプロフェッショナルの嘘つき、俳優なのである。
平気な顔をして堂々と嘘を言う人たちなのである。bold face liar
魂を持ってないので、嘘をつくことを何とも思ってないんだ。

何らかのアジェンダがない限り、話題にはならないのだよ。

誰も告訴していない、訴訟も起こしていない。
3世紀前に(笑)イチゴ畑でケツを掴まれたと言って出てきて、いきなり雑誌の「誉れの高い」賞をもらう?
この人がイチゴ畑でセクハラされた証拠はどこにもない。しかし、そう主張したら、それが事実ということになり、「勇気がある」として雑誌で褒められるそうだ。
<終わり>

性を使うしか能がない権力の駒の詐欺師しか、「女性の権利」を謳わせてもらえないようになっている。本当は彼女らは、権利を奪うためにお金をもらってるからだ。
そんな女性を「フェミニスト」にしておけば、いつまでも権利は認められない(朝鮮人にレイプされた女性には正義は下されないように)から、支配層にとって都合がよい。 

レイプされた証拠はないが、「レイプされたぁ」と主張すれば、「勇気ある」として雑誌で祟られ、表彰される。
みんな支配層の特権貴族のナカーマだから。

ついに、国会議員が税金でクライシスアクターを使った詐欺を推進するという暴挙を始めた。



柚木道義「不起訴相当は疑念が深まった!丁稚上げもダメだが揉消しもダメ!」一般の方が検察審査会で不起訴処分は妥当と判断した事にすら難癖をつける柚木道義。伊藤詩織の言い分を丸のみし、無実の人を国会で犯罪者扱いを続ける柚木道義は犯罪の丁稚上げしようとしてるとしか思えない


Replying to 
国会は嘘捏造報道の犯罪を話す場はない、‼️この前福島瑞穂が失敗した話の続きか‼️馬鹿議員、罪もない話で情け無さいい加減にしろ‼️

Replying to 
こいつ名誉毀損で訴えて議員剥奪したら?いい加減アホに付き合うのはやめるべき


Replying to 
国会でやる事、柚木さん?疑念が止まらないなら自分で警察なり検察なりに訴えろ。探偵でも雇え。こんな事で立法府の、しかも有事前夜のような貴重な時間を潰すな。それよりこれから起こる可能性大な工作員、難民による略奪・強姦・殺人にどう対処するか、法は整っているのかを問え。

嘘をつくのが平気な朝鮮民族に政治家にならせるからこういうことになる。
それはアメリカCIAがやったことなんだろうけど。(彼らは暴力を使う人たちだが、暴力だけでここまでなるとは思えないから。)

例えば、山尾の愛人のブサ面パヨ護士は、ベネズエラのCIAパペットの反乱軍を礼賛していたが、CIAはベネズエラで、隣国2国を使ってまでして、ベネズエラの政権転覆を試みている。



CIAが中国と朝鮮を使って日本を転覆させようとしているというのもありうるのではないか?日本でアメリカ人のFCCJ特派員(米国務省に支援されていると聞いた覚えが?あるが)が蓮舫や朝鮮工作員の味方をしているのは、仲間だからだろうし。

メディアで無実の人を陥れて名誉を激しく毀損するような創作を平気で流し、ジョージ・ソロスの資金で、無敵の権力を悪用してさらに横暴をするようになった朝鮮マフィアが、ついに政治家として国会で詐欺を堂々と真顔で推進するようになった(#NWO 言論弾圧と法治国家破壊)。税金で堂々と国民を虐待・弾圧するようになった。税金で堂々と侵略行為をするようになった。

彼らは本当に最近超えてはいけない一線を越え始めた。
詐欺が平気なのだ。
横暴が止まらない。彼らは絶対に止めない。NWO目的を達するまでは。

さて、パヨ護士太田啓子と、クライシスアクター「伊藤詩織」がビジネスインサイダーでインタビューされて掲載された件:


記事を書いたのが「666」だから、グローバリスト&影の政府のマガジンには違いないだろうが、スポンサーは誰なのか?ソロスなのか?



いくらネットでビジネスインサイダーのスポンサーを調べても出てこないのだが、秘密なんだろうか?

しかし、ビジネスインサイダー上でロイター(ロスチャイルド)のニュースを掲載しているので、提携しているか、Reutersによってスポンサーされているか何かなんだろうか?

ビジネスインサイダーがロイターの写真を紹介。ベネズエラの反政府抗議者が焼かれたとある=>これ以上CIAクサイものはない。
焼かれた人をこんな美化してドラマ化するなんて、CIAのやりそうなことだ。これで「かわいそう」と心理を操作して、ベネズエラの国民に選ばれた大統領を勝手に転覆する口実にしたいのだろうか?

SEALDS関係工作員、パヨ護士太田啓子「伊藤詩織さんとの対談の機会をいただだきました」
=>どうせどういうツテで機会をもらえたのか言わないんでしょ?

=>ビジネスインサイダーの記者は666のハンドサイン(フリーメーソンシンボル)=>Reutersとbusiness insiderとCIAの合作か?


どうせビジネスインサイダー対談(  エセフェミニズムと言論弾圧アジェンダ )をゲットしたツテや経緯は書いてないんだろうな、と思ってクリックしたらブロックされてた。

外国人侵略者工作員が日本で日本人弾圧のために弁護士するのは反則と思うな。

Business Insiderがソロス金だろうがそうでなかろうが、ソロスを礼賛しているので、仲間であることは確かだ。

「ソロスは右翼のお気に入りのターゲット」とテロリストソロスの擁護記事。主権国家の侵略を正当化している。



主権国家を、自分の利益のために破壊して、世界統一政府にして、その主権国家の人民を奴隷にすることをどうやったら正当化できるのか?

そんな不条理な侵略に抗えば、「キチガイ右翼が、こんなすばらしいソロス様を不条理にバッシングしている」というナラティブで攻撃される。

yapooさんならビジネスインサイダーのスポンサーをご存じかと思って、聞いてみると:

Replying to 
わからないです。創設者はヒューマン・ライツ・ウオッチの人みたいですけど。創設者が作った別のサイトはソフトバンクとかゴールドマンとか

”Kevin serves on the boards of Human Rights Watch"

創設者は現在ヒューマンライツウォッチの役員。

キタ━( ゚∀゚ )っ ━( ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚ )っ ━!!!! 

仲間だからツテを使って自分たちのアジェンダを推進している、自画自賛だったというわけ。

結論:パヨク弁護士は日本転覆のために国家反逆工作をするのに弁護士資格とソロス金を悪用とみられる

活動家というか工作員。それに弁護士の資格を悪用するってことは、個人的に弁護士の資格ないと思うので、「パヨ護士」という言葉を造語しました。


通販生活記事 #太田啓子 を礼賛。
ビジネスインサイダーに載せられて無理やり大衆に押し付けられる彼女は、権力者そのものである。なのに、どうしても「権力に抗っている」ポーズを取りたいらしい。
「権力に異議申し立てをする方法を私たちはどこでも教わらない」
=>この人たちという権力者に異議申し立てをした一般人の私には、護士資格を悪用して #恫喝訴訟 を起こして黙らせようとする #裁判女子。最低な人たちです。

イルミナティはAIとかトランスヒューマニズムがだ〜〜〜いすき


#ソロス金でメシウマ #ヒューマンライツウォッチ #しばき隊 #土井香苗 と #CIA工作員 #船橋洋一 が #AI を語る。




サタニストはAIが大好きなので、AIに反対というのは嘘です。
この人たちは、平気で嘘をつくアクターであることを忘れないでください。

日本人奴隷にだけチップを入れて脳みそを操作してやるとかやりたそうなのがミエミエ。
#イルミナティ 

ソロス金とCIAというセットは、全世界で同じ、ワンパターン。

最近北朝鮮から工作員が来ているのもソロスかなと思ってしまいます。
撃ち殺せばいいのにと思います。
そして今日...
難民受け入れ実行しないハンガリーなど3か国をEUが提訴へ | NHKニュース
難民を出したジョージ・ソロスを提訴しない理由は?EUがサタニストだからか。      

この記事に


ラスベガスの偽旗事件も、ヒラリーやポデスタの件も、腐敗した悪魔的な世の中では何も進展があるはずもなく、この頃は、YouTubeアカウントを消されてしまった、大好きなYouTuber, TruthMediaRevolutionさんの昔の動画がミラーリングされてないか探して、わずかにあるものを見つけては、繰り返し見るようになった私です。

もちろん内容がすばらしいですが、彼の声に恋してしまって。
彼のアカウントが消されてしまい、楽しみの少ない私の楽しみをさらに奪われて、恨みタラタラです。YouTube(Google)の検閲はすざまじいようで、アメリカは憲法違反状態のようです。大変な損失だと思います。

今日ご紹介するこの動画は、そのようないきさつから見つけた昔のコンテンツです。2015年のパリのISISのFalse Flag射撃事件の脚本がいかにバカらしいかを報じています。

False Flagとはどういうものであるかを知っていただきたいので翻訳しました。それから、その後で、パヨクとの関連を指摘します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



足を撃たれたサバイバーとされるマシュー・ジョフというクライシスアクターのツイッターのカバーページは、1998年の映画「ビッグ・レボウスキ」のジーザスというキャラクターだった。もちろん、この映画のこの登場人物には、多くの謎の意味が隠されている。

there's a lot of esoteric meaning behind this character in this movie 

イメージ 1


紫の服(サタニズム)。それから、手がデビルホーンをやっている(サタニズム)。
映画の中で、このジーザス役は、指を指す時、必ずデビルホーンをやる。
それから、この映画には、911のpredictive programming(予測プログラミング)も入れ込まれている。911の予測プログラミング(イルミナティが自分が事件を起こす前に、その事件をサブリミナルで刷り込んでおく)については、それだけをテーマに、過去の動画で説明したのでご覧いただきたい(※訳者:その動画も見つかったので、機会あれば後でご紹介します)

この偽旗作戦(False Flag Op)の脚本のおかしいのは、このジョフが、フランスの「ISISの攻撃」だけでなく、911の事件にも居合わせて生き残ったという設定になっていることだ。

彼は最初のテロのブギーマン − 911のアルカイダ − だけでなく、今度はこのISISも生き残ったというのだ。
影の政府が創作した2つの異なるブギーマンがやった、2つのテロ攻撃を生き残る確率はどのくらいだと思う? そりゃすごいな。奇跡に他ならないと思わないか?

What are the odds that you survived two terror attacks from the two separate boogeyman that the shadow government have created? That's..Wow 
Nothing short of a miracle, wouldn't you say?

イメージ 2
イメージ 3

もう1つの奇跡は、この男性がどうやって救出されたかだ。
彼はそのプロフ文の中で、彼が「ヒーロー、天使」と呼ぶ、ある男性に助けられたと言っている。誰だか知ってる?

たった1つしかない現場動画を撮らえた人物は、たまたまそこに居合わせたような、典型的な見物人ではなかった。(not a typical random bystander)



フランスのル・モンドのメディアジャーナリストだった。


典型的なジャーナリストではない。彼は、30年以上のキャリアを持つ、業界メディアの専門家、TV評論家であった。

全くの戯言だ。(it's an absolute crap)
いったんこれを読んで、このナラティブ全部に気づいたら、この事件全体が、いかに完全なるおとぎ話であるかを悟り始める。
Wag the Dog(しっぽが犬を振っている、本末転倒)メディアのでっち上げ以外の何物でもない。
Once you just read and are aware of this whole narrative here, you begin to realize this whole thing is nothing but a complete fairy tale. 
Nothing more than a wag the dog media hoax. 

この救出者は、メディアジャーナリストであるだけでなく、現場バンタクランの避難出口を見渡すことのできるアパートに住んでいた。
だから彼は、我々全員が見ることができるように、動画を収録できたらしいよ。笑
我々全員にとって、なんと幸運なことだろう。彼がなんと偶然にも、事件現場の見える場所に住んでいたなんて!(棒)

物語はこれからどんどん面白くなっていくよ。本当にバカバカしいくらい。
私がこれまで呼んだ脚本の中でもワーストレベルに入る。
この男性は、動画を撮った後で、玄関ホールまで降りて行って、このジョフって男を助けたらしい。先にツイッターの写真を見せたclown(道化役者)。
救出後、ベストフレンドになって、病室で一緒に写真撮影したらしい。
そのストーリーは大々的に公開されている。

マシュー・ジョフは、Googleのマネジャーだそうだ。Googleの従業員らしい。

物語は完全なおとぎ話で、バタクランでは何も起こらなかった。
単なる「尻尾が犬を振る」(wag the dog)作り話だった。
Wag the Dogの映画をまだ見たことがない人は、見ておくことが重要だ。
なぜなら、この映画は、New World Orderがいかに、我々の目の前で、現実を創作して作り上げているかを示しているからだ。
it shows how the NWO uses the media to construct, create the reality right before our eyes.
メディアのインチキ(fakery)を使ったり、CGIを使ったりして。
メディア操作の戦法や技法を使いながら。
media manipulation tactics and techniques they use 

ジョフはもうじきツイッターアカウントを消して逃げるだろう(run for the hills)
もう完全に嘘がばれたから(absolutely busted)。
誰も彼の話を信じないだろう。

気づかない人もいるが。なぜなら人々は詳細まで見ないし、点と点を結んで、いかにこの脚本がバカらしく書かれているか、などを見ようとしないからだ。

<終わり>

パヨク調査
では、ここから再び訳者が、点と点をつないでジャーナリズムをやることにします。
「ル・モンド」と聞いて、思い出した。そういえばTwitterでチラっと、「伊藤詩織」がフランスのメディアでも報じられたというのを見てぞっとしたことがあるからだ。それはル・モンドだった。

検索してみると、「昏睡レイプ」とか物騒なことが書いてある。
ほら吹きサイコパスが作りそうな話だ。


れっどゴルゴ@ ANTIFAさん、頭にピンクのプッシーハットー>  の目印か?ル・モンドが  プロパガンダで  偽旗作戦を取り上げたから、「ネトウヨはきちんとしたメディアで反論しろ」。きちんとしたメディア=ソロス資金?



ルモンドがフェイクニュースかどうかを調べたいが、ネットで検索して英語で結果を見た限り(フランス語全くわからないから)、「ルモンドがxxはフェイクニュースだと言っている」というタイトルしか見つからない。つまり、自分がフェイクニュースのくせに、それを暴く人をフェイクニュースと呼ぶ、朝日新聞やCNNなどのCIAメディアのフランス版ってことだろうか?

日本では、パヨクのリテラが「安倍の改憲は大日本帝国カ゛ー」というバカバカしい記事をルモンドが報じた、と書いているので、パヨクと提携(つまりCIA紙)かもしれない。



フランス語を英語にWeb翻訳しながらチェックしたところ、ル・モンドは、「ハンガリーがソロスに反対するのは危険な運動だ」と報じているので、ソロス資金のフェイク新聞かもしれない。->だから日本のANTIFAパヨクと仲良しなんだろう。


こちらSorosConnection、「ソロスのアフリカNGO]というサイトでは:



フランスについてはわからないが、アフリカに関しては、オープンソサエティ西アフリカとアフリカのルモンド紙がパートナーシップを結んでいた!

ルモンドアフリカは、何度もNGOによる企業を批判する報告書に共鳴している。
例えば、ナイジェルのAreva(エネルギー企業)を批判するOXFAMや、Global WitnessというNGOなど。



OXFAMはジョージ・ソロスのオープンソサエティ財団の正規パートナーであり、
オープンソサエティはOXFAMアメリカにも資金を提供している。(2016年には1〜4.99百万ドル)。

Global Witnessに関しては、ソロスは最も気前のよい寄付者である。

ソロス資金のNGOがメディアと結託するという図式は、アフリカでも同じようだ。

日本のオックスファムは、黒田かをり氏が代表で、事務所は秋葉原のヒューマンライツナウと同じビル。OXFAM日本については、このブログでも昨年SEALDS関係で調査した覚えがある。

毎度同じSEALDS界隈の人 −土井香苗、辛淑玉、中野晃一らと行動
ここに入りきらなかったのに以下がいる:
吉岡 達也 氏 (ピースボート)
若林 秀樹 氏 (アムネスティインターナショナル)



詩織を使ったMETOOプロパガンダについては、まだ続きがありますが、とりあえずルモンドについてはここで締めて、新しい記事で続きを書こうと思います。



この記事に


O'Keefe Talks Moral Courage, Fighting Against Mass Media

Published on Dec 7, 2017

ジェームス・オキーフがImpactアワードなる賞を受賞した時、礼賛スピーチをした1人は、フェイクニュースFOXで、とっくに死んだジュリアン・アサンジの幻とインタビューした権力の番人のアンカー、ショーン・ハニティだった。

オキーフがアルトライトなのは知っている。ラスベガス偽旗事件については暴露しないし、トランプ応援団である。当然、アメリカがエルサレムに大使館を建ててFalse Flagを起こして第三次世界大戦に誘導しても(大イスラエル計画のため)文句を言わないだろう。今、トランプを非難するかどうかで、その人が本物かわかる。

とは言ったものの、でもオキーフは、アンダーカバー(潜伏捜査)による暴露で、腐敗を倒してきた本物のジャーナリストであるし、実際にリスクを犯し、弾圧されてきている。
故アンドリュー・ブライトバートとインターネット時代のジャーナリズムを切り開いたパイオニアである。

だから、このスピーチは、パヨクマフィアの恫喝弁護士に身元を追われる個人ジャーナリストである私にとって、大変意味深い言葉となった。

以下が要約
============================

今、この国では戦争が起きている。戦争と言っても、異なる種類の戦争だ。
それは、電子的な市民戦争、文化的戦争、情報の戦争だ。
「(大衆の)同意」を製造する人たち − 自由な人民の力を認めないメインストリームメディア、プロパガンディスト − と、自由な人民の力を信じる市民出版社、市民メディアとの間で、対立分断が起きている。

国民は情報提供を受けていれば、自分と自分のために最善の意志決定をすることができると私は信じている。(国民が自分と家族のために最善の決定をするためには、情報を得ることが必須である)。

これが、先に言った戦争である。
しかし、人々は怖がっている。その恐怖とは、(ジャーナリストが)メディアによって自分の名誉を毀損され、恥をかかされることに対するものである。メディアは公衆の面前で恥をかかせる力を持っている。その権力があまりに莫大すぎて、ジャーナリストは自分の命と名声が失われることを恐れている。これは誇張ではない。私がプロジェクトベリタスに人材をリクルートするときに、志願者が私にそう話す。

すぐ隣は法務省のビルだが、2016年に起きたあらゆることから、多くの人が、名乗りをあげてスポットライトを浴びるのを怖がっている。なぜなら、自分の評判を危険に晒すには、道徳的勇気(moral courage)が必要だからだ。自分自身を危険に晒すことになる。

JFKも著書「Profiles in Courage」の中でこう書いている。「敵意に直面しなければならない。個人的名誉毀損に直面しなければならない。傷つくことだ。でも、我々はそうしなければいけない。それは必要なことだ。それは、勝利において必要不可欠な一部だから。高い確率で起きることでなく、これは絶対確実に起こることである。」

私にはヒーローがいる(固有名称は省略)。みなさんに真実を伝えるために、Googleに在籍していたとき持っていたすべてを捨てた人。Planned Parenthoodを捜査していたために、カリフォルニア州の法務局に家宅捜索されたジャーナリスト。
この人たちは、すべてを放棄した。
では、敵は何を欲しているか?
私たちに止めてほしいんだ。彼らが求めていることはただ1つ。

イメージ 3

我々に止めてほしいんだ。
そして、彼らは、他の人にも、私たちがやっていることをやるのを思いとどまらせたいのだ。
よって、彼らは私を見せしめにしようとしている。
それに対するレスポンスとして、私は彼らを見せしめにしてやろうと思っている。

<会場👏拍手>

私は彼らを想像できないほどの強さで叩き返してやる。

紹介のスピーチをしてくれたxxさんが言ったとおり、これはボクシング試合だから。

なんでそんなことするかって?理解をはるかに超えていると言われる。だって、敵は怪物の種だから。どうして私たちはこんなことを敢えてしているの?どうしてそんなことをどうしてもやらざるを得ないのか?って?
なぜなら、私たちは、自分の良心を否定することができないからだ。
なぜなら、メインストリームメディアに礼賛されるよりもすばらしいことが世の中にはあるからだ。歴史を見てほしい。Patriotsは、この国の人たちではない、外国だけど。XX氏(シュルツン・イーツと聞こえるが不明)は、我々の想像を絶するほどの地獄を経験したが、彼はこう言った。

私は自分の魂を否定することができない。私は自分の魂を成長させる必要があるからだ。

だから、このような視点から見ると、我々に敵対している、反対側にいる人たちは、自分の良心に従っていないのである。実際には多くのやり方で、彼ら自身が拷問、虐待されている。

よって、私は人々に、次のように奨励している。名声を危険にさらすこと。それは必要だ。そして、私は人々に、アメリカの愛国者(建国の父の1人)、トマス・ペインの言葉に従うように激励したい。

彼はこういった。

「反抗者」と呼ばせておけばいい。そんなこと心配していない。私の魂を売春婦にしたら、私は悪魔の惨めさに苦しむことになる。」

<終わり>

訳者あとがき
たまたま無料相談した弁護士がガチのパヨクで、小倉秀夫をRTするような人だった。
その人は100%私の原告を味方して、電話口で私をガミガミ怒鳴り、尋問するようになじり続けた。CIAとかそんなものは狂った陰謀論だ、おまえは右翼が金もらって書いているデマのまとめサイトを信じただけだ、のように嘲笑、侮辱しておきながら、最後に、「あなた、怖くないんですか?そんな秘密結社だとかCIAとか言う人のことをこんなに書くなんて」と言った。
「「おかしいことをおかしいと言え」と私の原告が言ってたんですけど...」と私はへんちくりんな返事をしてしまった。苦笑

怖いとかそういう問題ではない。
怖かったら黙るのは正しいことなんだろうか?
もしこれで私の姪などに危害が及べば、私は悪者なんだろうし、そうならないと願うばかりだが。
もし何かあれば、犯人は小倉秀夫と神原元(が私のIDを漏らしたせいだと)だと言っておこう。神原元の妻のドナーはテロリスト(だが大富豪なので捕まらない法の超越者)ジョージ・ソロスであることは重要である。

プロバイダが裁判で負けて開示命令が出れば、私の名前は記事に書かれなくても、朝鮮マフィア新聞が私の名誉を毀損するような書き方をして辱めようとするだろう。そして、同じようにパヨクを批判しようとする人の勇気を削いで、ペンの力を抑制しようとするだろう(見せしめ)。

このスピーチを聴いて、なぜ自分が言論活動をしているかを整理することができた。
自分の良心を否定するわけにはいかないから。自分は国民が知るべき有益なことだから情報を発信していたと。自分の身に危険が及ぶからといって、黙っておくことは正しくないからだと。

みなさんにも今一度、メインストリームメディアは戦争や人権弾圧などのために、国民の「同意」を得るためのプロパガンダ工作員であって、フェイクニュースばかりを流している、良心のない悪質な権力者であることを認識してほしい。

NHKの最高裁での判決文に、「表現の自由」「知る権利」などが書かれていて、私は唖然とした。
Replying to 
ご参考情報まで。今回の判決文13頁から/27頁2 放送法64条1項の憲法適合性について



🐶HKは、人権を弾圧するプロパガンダを流しておいて(SEALDS、ホワイトヘルメット礼賛、ピザゲート隠蔽、しばき隊泣き女クライシスアクターを使った「毎日苦しいです」言論弾圧)、「知る権利」とは押しつけがましいにもほどがある。

🐶HKは、国民から知る権利と表現の自由を奪っている側、権力の悪用者にすぎない。

いつから「表現の自由」は、国民からそれを奪う権力者にしか使えないものになったのだ?いい加減にしろよ。
まさにこういう権力者の横暴から国民を守るために21条があるのに。
最高裁判所もフリーメーソンなのかな。これが法の番人か?腐敗権力(マフィア)の番人だろう。

詐欺機関とはいえ、信じる人が多いメインストリームメディアの影響力は多大なので、辱められるのはいい気のするものではない。この私でさえも。もしそうなったら。

しかし、メインストリームメディアで礼賛されて、なぜうれしいのだろう。そこがわからない。自分たちは権力の🐶にすぎない、命令を実行しているにすぎない、国家反逆罪をやって自分の利権のために国民を売り渡している反逆者、詐欺師にすぎないのに。

なぜ、偽物の自分を礼賛されてなぜそれでもうれしいのか?
なぜ、偽物の自分でもスポットライトを浴びたいのか?
そこがわからない。

反権力の名を謳うのは、きまって権力者である。
正義とは不正義である。
「新聞記者」「ジャーナリスト」の名を騙り、表で報道されるのは、きまってプロパガンディストである。

イメージ 1
イメージ 2


「自由な人民の力を信じないプロパガンディスト」の例。

素敵なオキーフさんの後をこんな不快な顔で汚してしまった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下自分メモ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
I'm here to talk about the war that has been going on in our country, it is a different type of war. It is a sort of an electronic civil war, a culture war, a war of information. And there's a conflict division of people who manufacture consent, the propagandists, the mainstream media who don't believe in the power of free people, and the citizen press, the free press, who does.

We believe that when people are informed they make the best decisions for them and for their families. And that's the war. But people are very afraid, I mean, really afraid. And the fear comes down to the fact that they are afraid for the reputations. They fear the humiliating power of the press. It is fear of humiliation of the press that is so big, that many people would rather give up their lives and reputations that's not an exaggerations, 

More courage requires putting your reputation on the line. 
It requires putting yourself on line, and putting yourself online.

These people gave up everything and what the enemy wants? 
is they want us to stop. They just want one thing. They want us to stop. 
And they want to deter other people from doing what we do. 
So they wanna make a lesson out of me, and in response, I'm going to make a lesson out of them. 
We are going to hit them back so hard you have no idea.
It is a boxing match. 
Why do we do it, it's so outside the comprehension, why would you do it, these people are freaks of nature, what would compel someone to do it?
Because we cannot deny our conscience. Because there are things that are stronger than the praise by the mainstream press. 

He went through a hell you can't fathom. 
He said i can't deny my soul. I have to develop my soul. 
So from that point of view, people that are against us on the other side of this war, they don't follow the conscience and in many ways they are the ones that are tortured and abused. So I encourage people to put the reputation online it's necessary, and i encourage people to follow the words of American patriot Thomas Paine who said Let them call us rebels. I'm not concerned, i would suffer the misery of devils were I to make a whore of my soul.

この記事に


「ヒラリーとポデスタ、ピザゲート批判者にまごつく」という動画をクリックして、楽観的なめでたいおバカな私は、全く文脈を知らずに見たので、てっきり観客が「shut up! Shut the fuck up!」(黙れ!黙りやがれ!)と、ヒラリーに言っているのかと思った。ついに、ピザゲートがバレて、ヒラリーに人々が怒り始めたと思ったのだ。


調べると、これはヒラリーの「What happened」というナルシストなほら吹き本(ロシアのせいで選挙に負けたという大嘘)のブックツアーの会場で、ヒラリーのファンが、ピザゲートについてヒラリーに"ヤジを飛ばしてスピーチを妨害した"(質問した)らしき男性に、「黙れ!」と罵倒していたのだった。本当にがっかりした。というか、本当に恐ろしい、ヒラリーのファン。本気でピザゲートを嘘だと信じるほど洗脳されているのか、知っていても、虐待される子供のことなんかどうでもいいと思っているのか?

男性が何を叫んだのかは、録画に残っていない。男性はシークレットサービスにエスコートされてつまみ出された。

イメージ 3


その間、観客たちは拍手👏して、彼にブーイングしまくり、彼が出て行かされたことを喜び、彼に対する怒りをあらわにしていた。そしてヒラリーに歓喜の声を上げる。
金正恩に泣いて喜ぶ北朝鮮人と何が違うのかよくわからない。

ヒラリーは、ガミガミと怒鳴り、「この叫んでる男、私に何をしゃべってほしいというのだろう。詐欺だと分かってるくせに。まだ彼が信じてるのか知らないが」

“I don’t know if this man yelling wants me to talk about this because he knows it’s a fraud or if he still believes,

と言った。詐欺師は相手を詐欺と言うらしい。

もし自分が人身売買とレイプのあらぬ嫌疑をかけられたのなら、自分なら一生懸命説明してわかってもらおうとするだろう。ヒラリーはプリプリ怒っているので、怪しいのを露わにしている。しかし、観客の意味不明な熱狂は一体何なのだろう?これほどの狂気を見たことがない。

イメージ 1



その後ヒラリーは、毎度おなじみの誤魔化し方とからかい方をした。

ヒラリー:「腐敗はここまで深いのね」
“Let me tell you: This is how deep the rot goes."
観客:わーっはっはっは!

ヒラリー:「右翼のキチガイが、この酷い、おそろしいストーリーを捏造したのよ。ジョン・ポデスタと私がワシントンDCのピザレストランの地下で、子供のセックストラフィッキングネットワークを運営しているっていうね」
“Let me tell you: This is how deep the rot goes. You have people on the right who made up this horrible, terrible story that John Podesta and I were running a child sex-trafficking ring in the basement of a pizzeria in Washington, D.C.
“Now you laugh about it, or you moan about it, but a lot of people saw that, and some misguided souls actually believed it because they saw it on the internet or they saw one of these right-wing blowhards promoting it on their panels and their programs.

観客:わーっはっはっは!ひゃーっはっはは!

「ピザ屋の地下で子供を人身売買」というと、私はそういう店はフロントなんだとすんなり学習することができたが(地下にトンネルがある、実際に児童ポルノを売買していた。怪しい写真やアート、ハンドサインなどから、悪魔教というものがあり、その儀式で子供をレイプして殺すのだ、ということを知ったので)、「ピザ屋の地下で子供を人身売買」と聞くと、それを言っている方を「キチガイ右翼。ヒラリーが憎いばかりに」と本気で信じる人がいるようだ。あるいは、うすうす気が付いていても、それでもヒラリーを応援するほど、子供の虐待に賛成なのかもしれない。

「自称リベラル」とは恐ろしい独裁者の虐待者であることは、日本のパヨクを見ればわかるので。


Howard Caplanさんは、「シークレットサービスに尋問されたけど、平気だよ。第一修正条項(言論の自由)の権利を行使しただけだ」と語った。



言論の自由とは、ヒラリーのような暴君の腐敗を追及しても、法的に処罰されないために、いかに絶対的に必要なことであるかを痛感する。

日本でも、現在。、パヨクと日本政府(内閣府まで)が日々、まるで国民が悪いことでもしたかのように、「ヘイトスピーチ取り締まれ」と言論弾圧を促している。

【内閣府調査】ヘイトスピーチ、「日本の印象悪くなる」47%
保守速報 (パヨクに恫喝訴訟されているのでクリック応援してます)


=>自分に対する悪口を恥に思えというのは、恥のない朝鮮人のメンタリティだ。目的はNWOのための憲法破壊である。内閣府も朝鮮人に乗っ取られているのだろうか。

「ヘイトがある」というのは後付けの作り上げた口実に過ぎず、自分たちの腐敗を暴かれないようにすることと、国民をもっと弾圧することが目的であるのは明白だ。

だから、絶対に騙されず、揺るがされず、自分たちの自由のために闘うべきだと私自身は考えている。


Caplanさんからの短いメッセージ:
「私がお願いしたいのは、証拠を見てほしい、それだけです。判断を下す前に、見てみてください。ポデスタメール、コメットピンポンの絵、コメットピンポンの(James Alefantisのこと)Instagramを見て下さい。ツイッターにログインして、#pizzagate か #pedogate を検索してみてください。Facebookでも #pizzagate を見て下さい。他のサイトでも。youTubeにはすばらしい動画があります。見てから自分で判断してください。それをやっていなければ、私は今ここにいません。命をかけて言いましょう、これは現実です。」

あれらの状況的証拠を見ても、それでもデマとか作り話と思う人は仕方がない。
ただその間にも子供たちが誘拐されて拷問されている。


追加12/5
Caplanさんは7月にはデモ中にANTIFAに攻撃された、とあるから、ANTIFA=ソロス、ソロスはピザ屋にも寄付していた、とのことで、ANTIFAは知っていて隠蔽しているのだろう。日本のANTIFA,津田大介がピザゲートを「右翼の陰謀論」と否定したように。

In July, he claimed to have been “attacked by Antifa” when protests and marches converged in Center City. 
先にも紹介したこのサイトは、左翼の隠蔽火消しのためのページであるが(Caplanさんをキチガイに見せるため?)、余計に知れ渡るので逆効果じゃないかと思う。
私の原告が、私のことを頭がおかしい(「SEALDSの資金源を流用したんじゃないかとおか頭がおかしい」という記事を太田出版から出した)と言ったのと同じである。

コメントは見ないようにしているが、目に入ったのでこんなのがあった。

イメージ 4
よくやった、カプランさん。よくやった

=>これで、調べるようになって気づく人が出てくればいいなと思う。
==

私はヒラリーの観客の邪悪さに本当にがっかりして怖くなったが、SGTReportさんはもっと前向きなコメントをしていた:




「ヒラリーファンの洗脳された狂信者なんかどうでもいい。彼らは知ろうともしないし、知りたがりもしない。」
ヒラリー・クリントンとジョン・ポデスタは、その哀れな人生の残りを、ずっとこれに答え続けながら生きなければならない。できればもうすぐ、裁判所で答える羽目になればいいが。」
去年までは、誰も、コメットピンポンやポデスタメールのことは知らなかった。」

イメージ 2

「今や、ヒラリーたちが児童トラフィッキングネットワークを運営していることは、世界中に知れ渡っている。」
「真実は真実だ。どんなシンクタンクを使っても、変えることはできない。」

真実の美しいところは、光を恐れないことである。嘘は光を恐れる。
だからジョン・ポデスタは自分を未成年性奴隷トラフィッキングの隠蔽者と呼んだ故ブライトバートを訴えなかった。」


ジョン・ポデスタのようなレイピストの人殺しの極悪人でも、真実に対して訴訟を起こさないしポデスタメールが偽物と言って否認することはしなかった。

しかし日本では、私の原告が私を堂々と訴えてきたり(小倉秀夫と神原元を使って)、#詩織 は山口さんに民事訴訟を起こしたりするのが信じられない。

彼らは日本では無敵なのだろう。スポンサーがソロスだからか、「自分は特別に免除される」と信じるようなナルシストだからなのか知らないが。
ヒラリーにこれだけのファンがいて、正直な人に対して罵るほど世界がひっくり返っているのだから、私が弾圧されるのも仕方がないのかもしれない。

ピザゲートやフリーメーソン儀式の話をすると、こちらがキチガイと言われるので、嫌われることに慣れているさすがの私も、語るのは戸惑うほどだ(口では言わない。ブログにしか書かない)

しかし、なぜキチガイだと言われたり、笑われたり、非難されたり、からかわれるか?というと、沈黙を強いるためである。それを暴露されると困る人がいるからである。

これは黙っていられるはずもないことで、このCaplanさんのような人が少ないことが残念である。そして、邪悪な支配者によって、「右翼のキチガイ」「左翼のキチガイ」と、弱い人民が分断されるのも残念である。

私は最近自分のこのブログのアクセス解析をチェックするようになったが、最近たまに「ピザゲート」で検索されている。一人でも目覚めてもらえればうれしい。


この記事に


Jake Morphoniosさんの「サイコパス」に関する動画の一部のみを以下に翻訳しました。

==

私たちのような大衆は、the mass mind control(大衆洗脳)によって操作されています。

イメージ 1

コーポレートニュースやエンターテインメント業界を通してなされる大規模なマインドコントロールです。

イメージ 2

これは、先に述べたようなマフィアネットワーク(軍事複合体、中央銀行、連邦貯蓄銀行、ロックフェラー、ロスチャイルドなど)の延長上に過ぎません。

イメージ 3

資源のある国にFalse Flagを起こしては介入するBlack Operationを起こしたり。
世界で永続的に戦争や暴力を起こしている人たちです。

イメージ 4

これらの人々は、宗教の部門にも潜伏・浸透しています。ローマ法王を見れば、彼がグローバリストのアジェンダを推進しているのは明らかです。カソリックの人たちにも、これらのグローバリストに対して怒っている人たちがたくさんいます。

私は何も、宗教が悪いと言っているのではありません。ただ、宗教であれ、他の制度であれ、そこに権力が集中している時には、油断してはならない、監視しなければならない、と忠告しているのです。なぜなら、グローバリストはすべてを乗っ取ろうとするからです。

私を信じないなら、企業がアメリカのボーイスカウトをスポンサーするようになった動きを考えてください。これらの企業は、ボーイスカウトを、その伝統的な目的 − 若い男性が神に仕え、そして、仲間の男性たちに仕えることを学ぶのを助けること − から無理やり引き離したのです。

企業がこれらのボーイスカウトの機関に何をしたかというと、役員会の椅子に座った企業の役員たちを通して、ボーイスカウトを、神に反する、ゲイ賛成の組織へと変容させたのです。ボーイスカウトはもうじき、「平等」の名の下に、女子を受け入れる寸前のところまで来ています。

イメージ 5

この世に何か役に立つ、美徳なものがあれば、グローバリストのネットワークがそれを破壊しようとします。

なぜなら、美徳(virtue)と敬虔(godliness; 神を敬うこと)は、New World Ordeのアジェンダに反するからです。

真実を言えば、このNew World Orderの最高位は、ルシファリアン(ルシファー信仰者)です。

よって、徳のあるものがあれば、それらをすべて根絶する(stamp out)のが、彼らの宗教的な信仰です。

イメージ 6

最近、ある視聴者からすばらしい質問を受けました。

ジョージ・ソロスが国境開放(open borders)、世界統一政府(one world government)のユダヤ人グローバリストなら、なぜ彼はイスラエル国家にそれほど反対するのか?なぜイスラエル国家を擁護するシオニストに反対する寄付金をあれほど大量に流すのか?と。

彼自身は、オーソドックス(ユダヤ教正統派)のウルトラシオニスト(超ユダヤ主義)の両親に育てられました。

New World Orderはありとあらゆる信仰や国家や民族の人々で構成されますが、この階層の最上位はユダヤ人であるという、反論のしようのない事実があります。

ユダヤ人には色んな種類があり、聖書に出てくる、真のヘブライ人の血統のユダヤ人から、ユダヤ教に改心した、東欧のハザール(Khazarian)のユダヤ人、アシュケナージ系(Ashkenazi)ユダヤ人などがいます。
よって、血統上のユダヤ人と、宗教的に改心したユダヤ人がいます。
このグル―プの中に、さらに小区分されたユダヤ人のサブグループがあります。

オーソドックスのユダヤ人から、完全に無信仰のユダヤ人もいます。
私が心配するのは、この無宗教のユダヤ人です。

しかし、New World Orderのマフィアのほとんどがユダヤ人であることを私が言ったときに、不快に思う人たちがいますね?
「イタリアンマフィア」と言う時には「レイシストだ!」とは全く言われないのに、ユダヤ人のことを言うと、ユダヤ差別だ(Anti-Semite)!と非難されるのです。それは、NWOのマフィアが大衆にユダヤ人を無意識に擁護するように多大なプログラミングをしたからです。ー それが権力というものです。

真実が新しいヘイトスピーチ
イメージ 7

私がNWOについて暴くとき、New World Orderのほとんどが、無信仰のユダヤ人による、ユダヤ至上(優越)主義のコントロールシステムであることを省略するのは、正直ではありません。

みなさん聞いたことがあるかと思いますが、「誰があなたを支配しているかを知るには、あなたが誰を批判することを禁じられているかを知ればいい」という言葉は、真です。

イメージ 8

世界で最も有力な一族、ロスチャイルドは、無宗教のユダヤ人です。

そのことに触れることがはばかられること自体が、New World Orderがこれまで多くのことをやりおおせて、許されてきた(逃げてこられた)理由なのです。

How can you fight against a criminal enterprise if you are not allowed to talk about the people in it?  It's ridiculous.

犯罪組織の中にいる人たちについて話すことなくして、どうやってこの犯罪組織と闘えると言うのでしょう?バカバカしいですよ。

イメージ 9
シオニズムに反対することは、ユダヤ人差別ではない

みなさんに理解してほしいのは、New World Orderマフィアの全員が、見解が一致している(see eye to eye)わけではないということです。ユダヤ人だからと言って、全員が仲良く付き合えるわけではないのです。イタリアンマフィアにも色んな派閥があるように。

イメージ 10
エリザベス女王

イメージ 11
ビル・ゲイツ

イメージ 12
ウォレン・バフェット

NWOの中にも対立し合っている派閥があります。

イメージ 13
ジョン・マケイン&ヘンリー・キッシンジャー

NWOも異種の派閥から構成されており、時々喧嘩します。しかし、彼らの第一の目的は同じです。そして、彼らは、その全般的なアジェンダを実現するために、一緒に働きます。イタリアンマフィアと同じように。

大まかに言って、主要なグループは2つあります。

影の政府イメージ 14

全世界を支配している人たちはだいたい8,000人から8,500人います。
非常にトップの人から、この中では最下層の人から、さまざまです。

我々一般人が誤解しやすいのは、この中で本当に互いに競争している派閥がある、ということです。

1つ目の派閥、ファミリーは、政治的シオニストです。
このグループの目標は、世界統一政府ですが、このグループの主要な目標は、大イスラエル計画を発展させるという経路を介して、それを実現するというものです。
大イスラエルが、主要な権力になる − それが他のどのアジェンダよりも重要である −それがこのグループです。

この政治的シオニストの一部は、ここアメリカにいる「ネオコン」です。

このグループは、イスラエルの力を強化し、イスラエルの敵を不安定化するためなら、自分の力の限りを尽くして、どんなことでもします。

シリアを攻撃したのもそれですし、イラクもイスラエルのために倒しましたし、最終的にはイランと戦争するでしょう。

ベンジャミン・ネタニヤフはユダヤ人のシオニストです。
ここアメリカでは、ヒラリー・クリントンはユダヤ人ではりませんが、ネオコンです。また、ブッシュ家や、ドナルド・ラムズフェルド、ディック・チェイニーがこの陣営に入ります。

もう1つのチームのように、世界の中でアメリカが占める権力を削減したいのではなく、こちらのチームは、軍隊と金融を制覇することで、世界を征服することを目的とします。現時点では、中東の中でイスラエルを発展させることが、彼らの主な目標です。
このグループは、アメリカの福音主義者を騙して、ユダヤ人優越主義という、全く間違った、聖書に反する概念を信じるように誤誘導しました。

「神様はあなたに、イスラエル国家のユダヤ至上主義を支持することを期待しているのですよ」という風に操ったのです。

政治的シオニズムとはそういう意味だからです − ユダヤ人の優越を信じることですから。ー 戦争屋ですよ、この人たちは。ロスチャイルドは非常にイスラエル賛成派です。

②NWOの中のもう1つのファミリーは、こちらも圧倒的にユダヤ人ですが、世界を1つの機関の中でまとめて、統一することを推進するチームです。国連がその枠組みです。

こちらのマルクス主義の純粋なグローバリストは、アメリカやイスラエルのような、周囲を圧倒するような強い主権国家がその世界統一政府の目的の障害になると考え、これらをなくそうとします。

これらのグループの一部は、アメリカでは「リベラル」と言われており、ロックフェラーやジョージ・ソロスに代表されます。
社会主義者やグリーンパーティ(環境派)、共産主義者もすべて、こちらのグローバリストのチームに入ります。

====代表的リストと訳者コメント====
①NWOシオニストさんチーム

-CRF(外交問題評議会)
-World Bank(世界銀行)
-Rothschild(ロスチャイルド)
-Trilateral 三極委員会(ロゴが666)


②NWO国連マルクス主義ソロス金でメシウマさんチーム


-沖縄SEALDSと共闘のグリーンピース


・ロックフェラーも沖縄反基地のグリーンピースの資金源 =>パヨク
・ジョージ・ソロス =>パヨク
・米民主党 SEALDS奥田はヒラリー事務所に行った =>パヨク
・ソロスのオープンソサエティ − ヒューマンライツナウの勝見貴弘さん =>パヨク
・国連 − 同上 =>パヨク


・EU −>青地イザンベールまみがマクロンをべた褒めしていた
・バチカンとローマ法王 −> 日本の朝鮮NGOとつながってると思われる
・労働組合系 −>エキタス?(最低賃金1500円にしろ系)



-ラディカル(”進歩派”、”革新派”)グループ
-レイシストガーというレイシストのみなさん
-ファシストガー というファシストのみなさん
-国家主義者ガーという民族主義の国家破壊者のみなさん



-Democracy now!のエイミー・グッドマンは外国人特派員でマクニールらにインタビューされた
-アムネスティインターナショナル − 朝鮮総連の工作員と思わしき人らがプッシーハットでWomensMarchしていた
-ヒューマンライツウォッチ −しばき隊の土井香苗。その他、ジンケンと名がつくすべてがソロスさんチーム


-コードピンクという慰安婦捏造反日工作組織は、ジョージ・ソロスの資金


-LA Times は反日のJake Adelsteinー>ネトウヨガーと言って日本人を愚弄しまくる893っぽい性格の悪い工作員
-フォード財団 ―世界連邦(World Federalist Movement - Institute for Global Policy (WFM-IGP))のドナー。
-タイズ財団はソロス金。ANTIFAのドナー。日本では朝鮮総連に金を入れているとの情報あり。

朝鮮支配層による言論弾圧の進行

真ん中の日本人の言論弾圧のための「泣き女」クライシスアクター、チェさんについて:


「金もらって工作しているのかしら」(実際そうでしょう?)
=>差別されて苦しい、助けて、という心理操作で沈黙させようとする。
=>資金源追及はヘイト。

で、本当に金もらって工作してるんでしょう?晒すだけ晒して、なぜそれには答えない?


ツイッター社長、すでに毎日大量にツイートを削除している=>毎日大量の検閲がされている。日本人の言論の自由が侵害されている。


#NWO のための言論弾圧の結論ありきで、ヤクザなクライシスアクターを使ったお芝居を、🐶HKが報じる。受信料でナラティブをコントロールして権力濫用。

実際にこの人たちに抑圧されている弱者国民の声は報じられないから、誰が支配層かよくわかる。侵略されても「帰れ」も言うなだと。支配層の批判もするなだと。


他国の人間に、日本国憲法の下で保障されている集会の自由や言論の自由を弾圧されるなど、侵略もいいところじゃないか。

なぜ勝手に日本は侵略されなければならないのか?
なぜこんな国家反逆罪がやり放題で放置されるのか?

電通=しばき隊
悪魔教のシンボルをあちこちに張り巡らせサブリミナルしてるつもりで、「日本人ってああだよねこうだよね」と自分たちは日本人でもないのにえらそうに論評、情報を統制する権力を悪用しまくるCIA?工作員と思わしき電通。そこに #しばき隊 の妻 #土井香苗。私のような一般人に恫喝する権力悪用者。



懲戒請求されたら脅しで返す、ソロスNGO関連のパヨク弁護士
あるユーザ:「日弁連に弁護士が民間人に脅迫することは懲戒理由になると確認した」

ソロス金NGO、ヒューマンライツウォッチ代表土井香苗の夫、#神原元 「やってみなさい。ただしあなたの実名で(爆)」(脅し)

神原元は、懲戒請求に対しては、「民法上の違法行為」として「名誉毀損」の「損害賠償請求」という手が有効だと自分が書いていた。

なのに、自分は山口敬之さんに対して、レイピストであるかのような「民法上の違法行為」の名誉毀損を堂々としていた。

この自分は法を悪用しても法の適用を逃られる自信はどこからくるの?ジョージ・ソ
ロスさんのお金のおかげですか?

この人たちにとって、「人権」とは、自分たちの「権力の拡大」を意味する。


頭悪いんですか?まずアメリカの黒人は、もともとアメリカ人であって、居直り強盗のような外国人の侵略者である日本の朝鮮人とは異なる。

アメリカ市民は、支配層に対する自由へのガッツがすごく強いから、支配層が仕掛けた分断統治のためのソロス金人工芝暴動を非難し、体を張って言論弾圧と戦っている。

日本でも「暴力的なカウンター」は、このパヨク弁護士の妻が流すソロス金によって(推測)、アメリカと同じように自作自演で人工的に起こされている(推測)。

世界統一政府のために、日本人の主権を奪い、言論を弾圧するためにである。
このような偽物の人工芝こそ規制すべきである。

パヨクって金にモノ言わせた偽物の芝居に心から感動を覚えるんですね(棒)。
さすが金と権力と売名以外に興味もない、サタニストの独裁主義者ですね。

持ち上げられるのは「世界連邦」だから


「田原総一朗氏 2013年11月10日 大阪での世界連邦日本大会に登場」
=============
件名 「2013年11月10日 大阪 田原総一朗氏講演 世界連邦日本大会ご案内」世界連邦・国会委員会事務局の塩浜と申します。私どもは環境・平和など国レベルでは対応しきれない課題に対応するため、国連をはじめとする国際機関を発展させ、グローバル・ガバナンスを充実させることを目指して活動しております。
===========

その4日後の2013年11月14日に、田原総一朗が、しばき隊妻土井香苗を舐めるように持ち上げるインタビュー記事が出ていた。


桜蔭から東大法学部、司法試験一発合格とか #世界連邦 の田原総一朗がしばき隊の妻、#土井香苗 持ち上げ。普通、本当に賢い人は、こんなにあけっぴろげに学歴自慢しないだろう。むしろ「「そうだ難民しよう」は犯罪ニダー!」と言うような人間が司法試験通るなんて別口(特権)あるのかと思ってしまう。


この記事のハイライトは、「あまり儲からないと言われているジンケンの世界」の部分かな。儲からないのにやるわけないだろう。特にこの人たちは。
なんで政治家でもないのに日本の政治を虹色世界連邦に変えて、教科書にLGBTの文を入れて「変態」(人間破壊、悪魔教)を刷り込む力があるのか?
ソロス金に物を言わせたのではないのか?


この記事に


この辛い時代にあって、たった1人で闘う私に勇気をくれていたTruth Media Revolution(Truth Media Films)さんのアカウントがyouTubeから抹殺されました。前も書きましたが、彼の言葉、見方、声、すべて大好きでした。

彼は、去年の今頃トランプについて暴く動画をいくつか投稿していましたが、それ以来、ずっと投稿が止まっていました。その間も、私は何度も彼の動画を見ていました。

2017年10月、ラスベガスの件があってから、彼は再び重要なことを投稿しましたが、ほどなく動画が消されました。また、彼は、最近、YouTube上の子供虐待動画を晒して、運動をしていました。そのために、検閲されて「規約違反」の名で抹消されていまいました。とても悲しいです。

使い古された言い方ですが、本当に心に穴がぽっかり空いた気持ちになって、誰かがミラーリングしていないかyouTubeを検索してみたら、結構ありました。

今日投稿する動画は、ちょうど1年前、ピザゲートが勃発した頃の彼の動画であり、私は昨日まで見たことがありませんでした。

このミラー動画(音声が実際より速いです)も消される可能性があるので、英語を書き出しておきました。自分のために。せっかくですのでシェアします。

では以下がTMRさんのコンテンツです。
===========================



Hey guys TMR this is a message to everyone out there, investigating pizzagate, posting about pizzagate, posting videos about it.
 
やあみんな、TMRです。
これはピザゲートを調査したり、投稿したり、それに関するビデオを投稿しているみなさんへのメッセージです。

イメージ 1


Do not, I repeat, do not make public threats against anyone involved in this things. Do not go down that road. 

この件に関与している誰に対しても、公に脅迫したりしないでください。もう1度言います。やらないでください。そっちの方向に行かないでください。

Just be careful how you express your frustration on this, how you word things
This is a sensitive subject or situation no doubt.

あなたの苛立ちを表現するとき、どんな風に表現するか、どんな言葉を使うかに気を付けてください。

I know everyone's emotions are running high when looking into this.

このことを調べているとき、感情が高まるのはわかります。

Well please keep your emotions in check, because if you don't, you're only jeopardizing your own safety and freedom, 

感情を抑えるようにしてください。なぜなら、そうしなければ、あなた自身の安全と自由を危険に晒すことになるからです。

you're also putting site owners, video makers at risk as well. Our videos could be taken down, or much worse. We need to be extra careful during this time.

また、他のサイト運営者やビデオ作成者も危険に晒すことになります。私たちのビデオが削除されるかもしれないし、もっとひどいことがなされるかもしれません。
今のこの時期、普段よりも余計に慎重になりましょう。

With that said, I'd like to take this opportunity to address something regarding the situation that most people looking into this are overlooking and not thinking about, again mostly due to the emotional charge we experience when facing a dark truth, such as we are facing here.

そうは言いましたが、私はこれを機に、この状況について調査しているみなさんのほとんどが見落としてしまうこと、考えてないことについて指摘したいと思います。
そうなってしまうのは、こういった暗黒の真実に直面している時に経験するような、感情の強烈さが原因だと思いますが。

I believe we all need to consider there's a strong possibility that this is all part of the larger plan or setup. 

これはもっと大きなプランや仕掛けの一部である可能性が強いことを考えてみる必要があると思います。

We need to keep our guard up. We need to take a moment and take a step back. 

私たちは、警戒度を上げる必要があります。一瞬止まって考えて、一歩引く必要があります。

I don't trust Wikileaks. Yes I know about their 100% accuracy over the course of many years releasing emails, that's not the concern here.

私はWikileaksを信用していません。ええ、Wikileaksが長年メールをリークしてきたなかで、その情報が100%正確であったことは、私も知っています。それについて心配してるんじゃありません。 

What is the concern is that Wikileaks may have their own agenda. I believe they are fully controlled. It may be in place for a reason. The same way Alex Jones is in place for a reason. 

懸念されるのは、Wikileaksには彼ら独自のアジェンダがあるんじゃないか、ということです。私はWikileaksは完全にコントロールされていると思います。Wikileaksがそこに設置されているのには、理由があるのです。アレックス・ジョーンズが設置されているのと同じように。

I think we should keep this in mind as we move forward with this. 

そのことを、これから先に進むとき、念頭に置く必要があると思います。

I wanna read a post by Michael Butler who shares my sentiments on this matter. 

私と同じ感想のマイケル・バトラーさんによる投稿を読みたいと思います。

我々はいつもどおり、弄ばれているんだと思うな。Wikileaks/FBIは、本当に打撃になるような情報は絶対に公開しないだろう。これは彼らが、後で何人かの登場人物をお払い箱にするために、今地ならししているナラティブなんだと思う。我々が新しいボスを受け入れるようにするためにね。
前と同じボスだけど、それよりも優しくて穏やかなNWO。
彼らはこういう”リーク”で人々の感情を操るのが好きだからねぇ



So I think we should be asking ourselves - this be the reason why this is all being revealed. Spirit cooking, Satanic occult rituals, pedophiles, sex slaves network, all being revealed. 

よって、みなさんも、これが今暴露されているのは、上記のような理由じゃないかと、自分で自分に問う必要があると思います。

スピリットクッキング、悪魔崇拝のオカルト儀式。ペドファイル(小児性虐待)、性奴隷ネットワーク − これらのことがすべて、今明らかにされているのです。

All these years this was all cookie conspiracy nut job talk. 

これまで何年もの間、これらのことは、キチガイの陰謀論者のしゃべることでした。

Hillary Clinton and her lot exposed as Satanic psychopathic murderous people. 

ヒラリー・クリントンとその派閥が、悪魔的でサイコパスな殺人的な人々であることが暴露された ― 

Everything that's being revealed is what's so called conspiracy theorists have been talking about and exposing for many, many years now.

今明かされていることは、長年、「陰謀論者」と呼ばれる人たちがずっと話題にし、暴露してきたことでした。

イメージ 2

So now, who's crazy? Who are the crazy ones?

では今、誰がキチガイですか?キチガイなのはどっちですか?

Now, people who are just waking up to this dark truth needs to understand about all this, this isn't some isolated pockets of networks involving only a few politicians.

さて、今、この暗い真実に目覚め始めている人たちは、次のことを理解する必要があります。これは、少数の政治家だけが関与する、孤立したひとまとまりのネットワークではありません。

Clintons, Bushes, Podestas, these are pieces of crumbs. 

クリントン家、ブッシュ家、ポデスタ家 − これらはただのパン屑に過ぎません。

This pizza network is one ant farm of sea of ant farms. 

このピザネットワークは、広いアリの巣の海の中の、1つのアリの巣に過ぎないのです。

We destroy this one, guess what? There are thousands and thousands and more. 

この1つの巣を壊したら、どうなると思う?あと何千も、何千も多くの巣が出てくるでしょう。

This sick underground network goes to the very top of the very top.

この病んだネットワークは、最上階層のそのまたトップにまで及びます。

What people need to realize is the entire power structure of the whole system we live under, is running this global network, this underground, Satanic world raping, torturing, and murdering children. 

私たちの世界を統治しているシステム全体の権力構造が、このグローバルなネットワークを運営しているのです。このアンダーグランドの、悪魔の世界による、子供の強姦、拷問、殺害のネットワークを。

Make no mistake our so-called public servants our so called leaders the ones running the show running the whole system we live in is the ones running our lives are overseeing and running this sick, global network 

間違えのないように。
我々の公務員(国民に奉仕する者)、国のリーダーたちが、これらのショウを上演していることを。私たちが生きている世界のシステム全体を動かしている。そして、この、病んだグローバルのネットワークを監督しているのです。

When looking into this, you notice a common theme.

これを調べて行くうちに、あなたは共通のテーマがあることに気が付きます。

Most if not all of these people are all into Satanism or are Satanists. 

この人たちのほとんどが − 全員でなかったとしても − 悪魔崇拝にはまっている人々であるか、またはサタニスト(悪魔崇拝者)です。
イメージ 3


Displaying all the one eye symbolism you can handle. That's because the system we live in again is Satanic. It's called a Beast System for a reason. 

我々が耐えられなくなるほど、片目のシンボリズムをみんながやっています。
なぜなら、私たちの住んでいる世界が悪魔的だからです。
「野獣のシステム」と呼ばれるには、理由があるのです。

イメージ 4

イメージ 5


The elites running the show believe in and worship Satan and are constructing our reality and system reflecting that. Pure and simple that's undeniable. 

世界を支配しているエリートは、サタン(悪魔)を信じ、崇拝しています。そして、私たちの現実と制度を、それを反映するようなものに作り上げています。
純然たる、単純な事実ですよ。否定しようもありません。

イメージ 6


If you've even done basic research you'd understand this. It doesn't matter if you believe in Satan or not. People behind this, they do. That's the bottom line. That's what's being revealed here.

あなたが基本的な調査をした人ならば、わかるはずです。
あなた自身がサタンの存在を信じているかどうかは関係ありません。
このネットワークの背後にいる人々は、信じているのです。それが要点です。
それが今、ここで明らかにされていることなのです。

イメージ 7


So us "religious nut jobs" "crazy conspiracy theorists" were right. There's no denying this now. And if you're only fooling yourself if you do.

よって、私たち、「信心深いキチガイ」「キチガイ陰謀論者」は、正しかったのです。もう否定することはできません。否定するなら、あなたは自分を誤魔化しているに過ぎません。

イメージ 8


The unveiling of this network is further proof we were right. 

このネットワークがばれたことは、我々が正しかったというさらなる証拠です。


イメージ 9

This is why the Bible says Satan is the god of this world, that Satan runs this world, this realm. 

だから聖書ではこう言っているのです。
サタンがこの世の神だ。サタンがこの世を支配している。この領域を。

イメージ 10


After coming face to face with sick reality, how can you not agree with that, how can you not see that? I sure as hell do. It makes perfect sense to me.

この狂った現実に直面した後、どうしてそのことに同意できない?
どうしてそれがわからない?私には全くよくわかります。完全に合点がいきます。

イメージ 11


The power that be the system has brainwashed people into believing that people who believe the spiritual realm is real, God is real, that spiritual influence is real are all "religious nuts" but that's a PSYOP and deception. 

時の権力者 − この制度社会の権力は、精神的世界が真で、精神的影響が真に存在すると信じる人のことを「宗教家のキチガイ」だと信じるように、大衆を洗脳してきました。

イメージ 12


This is spiritual truth and it has nothing to do with religion.

これは、精神的真実であって、宗教とは関係ありません。

Religion as it's constructed today has poisoned, well perverted the real spiritual truth, that's it's designed purpose. That's why people are lost and confused. 

今日作られている宗教は、精神的真実を毒し、歪めてきました。それは、意図されている目的です。だから人々は、迷い、混乱しているのです。

But make no mistake, all those pedophile Satanists behind this network and who are involved with this network are all under the influence of spiritual wickedness, and that is how they are able to carry out this unimaginable acts against these children. 

でも、誤解しないでください。このネットワークの背後にいる、これらすべての小児性愛のサタニストたち、そして、このネットワークの関係者たちは、全員、精神的な邪悪さの影響下にあります。だから彼らは、この想像を絶するような行為を子供に対して実行することができるのです。

All is being revealed, and that's what that's supposed to happen in these times we live in. We are living in the apocalypse. That's the great unveiling. That's what it means.  

すべてが今解き明かされています。それは、我々が今生きるこの時代に、起こるべくして起きたことだったのです。私たちは終末の世を生きています。これが今回の偉大な暴露です。それがこの暴露の意味するところです。

イメージ 13


So during this disturbing troubling times, I say to you all, keep your discernment, stay strong and God bless.

この心をかき乱す、悩ましい時代にあって、私はみなさんに言います。
物事を見抜く目を維持してください。強いままでいてください。神があなたを恵みますように。

イメージ 14

この世の悪は、倒すことができる。
ただ、あなたが思っているような方法ではそれは起きない。
<終わり>

この記事に


TyrannyUnmaskedさんがミラーリングしていたDollar Vigilanteさん(本ブログ初登場)の動画を翻訳しました

2016年7月8日ごろの作品です。

当時、オバマ政権で、セス・リッチがヒラリーに殺された頃の出来事。
私が目覚めたのは2016年6月のオーランドのFalse Flagがきっかけだったので、まだ目覚めたてだったせいか、この事件のことを当時は知りませんでした。
選挙前だったので、一生懸命SEALDS暴露ブログを書き始めた頃です。

グローバリストの手口を学んでいただければ幸いです。本当にオバマはテロリストだ。では以下翻訳です。
==========



Dallas police attacks were pre planned by BLM and George Soros! (DolarVigilante re-upload)

Published on Jul 9, 2016

我々がBlack Lives Matterのリークされた文書に焦点を当てたのはたった2日前のことだった。この文書は、BLMのリーダーたちが、オバマ政権と協力して、Summer of Chaos(カオスの夏)を計画していたことを示していた。

以下が、そのとき私が書いた文書である。


Black Lives Matterのリーダー、ディレイ・マッケソンは、最近自分の2つのメールアカウントをハッキングされ、この選挙期間中に、彼らが「カオスの夏」と名付ける莫大な暴動を創出するよう計画していたことがわかった。

イメージ 1

リークされた文書には、ソロスが抱えるBLMが、戒厳令が制定され、そして、大統領選挙がキャンセルされるほど、非常にひどいカオスを創出したがっていることが書かれていた。カオスは、大衆を不安定化させるための目標である。

2日後の7月7日、マジックナンバーセブンに、テキサス州ダラスで、最初の発砲がなされた。私たちが予想したとおりだった。

イメージ 2
「みなさんには、マジックセブンについて考えるようにお願いします」

記事タイトル:「ダラスで12人の警官がスナイパーに撃たれる。うち5人は死亡。警察による市民銃殺に対する抗議デモの最中。」

イメージ 3

警察によって2人が撃たれて死亡したことに対する、Black Lives Matterの夕方の抗議集会が行われている最中のことだった。

スナイパー(1人か複数かは不明)が、屋上からやってきて、政府の法施行者を死傷させた。

過去のすべてのFalse Flagの罠(trapping、特徴?)がそうであったように、このスナイパーとされる人物は、私たちが彼から情報を得ることができる前に、殺された。− 実は、爆死させられた。
ダラス射撃事件の容疑者を殺した警察ロボットの使用は、アメリカ史上初
イメージ 4

冒頭に述べたとおり、BLMの2人のトップの活動家のメールとツイッターアカウントが先月乗っ取られ、アメリカ合衆国司法長官のロレタ・リンチと連携して、彼らが「サマー・オブ・ケイアス」(「カオスの夏」)と呼ぶイベントの中で、莫大な暴動を起こすことを計画していたことが暴露された。

イメージ 5


BLMのリーダー、ディレイ・マッケソンは、自分のツイッターとメールのアカウントがハッキングされたことを確認した。

イメージ 6

マッケソン:「私は今日ハッキングされた。ツイッターアカウントと、2つのメールアドレスと、電話。パスワードのせいではない。彼らは私の電話のアカウント自体に侵入したんだ

ハッカーは、ディレイ・マッケソンと他のBLM活動家との間のDMを公開した。

イメージ 7

2人は、10,000人を用意して、クリーブランドの共和党全国集会(Republican National Convention)にバスで送り込み、問題を起こしまくって、集会を閉鎖に追い込もうと話していた。

イメージ 8

「彼ら(共和党員たち)は、我々が送り込むような類の群衆に対応できる準備は絶対できてないから。だから、奴らはトランプのせいだ、と責めるだろう。特に、我々が集会を閉鎖させれば。GOP(共和党)は、いずれトランプを誰かと交代せざるを得ななくなる時が来る。我々が全国的に妨害を続ければ。」

イメージ 9
マッケソン:
情報を拡散しておくよ。よくやった、サム。君は絶対に俺たちを失望させない。
トランプを止めるのは本当に重要だ。彼は俺たちが一生懸命がんばってきたことを全部破壊してしまうし、ヒラリーは信用できないからね。彼女は決して...<切れている>

イメージ 10
ジョネッタ・エルズィー:
「最近リンチさんと夏から大統領選までのプランについて話した?」

ディレイ・マッケソン:
「2週間前に話した。彼らは今、トランプがいかにレイシストであるか、プッシュし始めたいらしいよ。何もせずに待ってるんじゃなくて。じゃないと、他の人たちがデモ者を用意して、両方の決起大会を閉鎖してしまうからだって。俺たちは自分たちの影響力を使って、この夏を通してずっと、そして秋まで、人々にトランプを妨害し続けるようにさせる必要がある。大統領選より前に、戒厳令が敷かれるように。」

見たところ、彼らの目的は、この「カオスの夏」を通してあまりに多くの問題を引き起こすことによって、大統領選が中止されるようにすることだった。そして、戒厳令を制定したがっていることが、これ以降のメッセージのやりとりに見られる。

イメージ 11

それから、この2人は、「リンチさん(ミセス・リンチ、リンチ夫人)」と通信したことを話している。
もちろん、これは、リンチさんという名前のどこかの人かもしれない。
それとも、アメリカ合衆国検事総長のロレタ・リンチ氏のことかもしれない。

7月1日、2人の黒人男性が警察に撃たれた。そして2つの高品質なビデオが、すぐにネット上に投稿、あるいはストリーミングされた。

イメージ 12

それから、BLMの抗議がほぼ同時に起きた。(sprung up)

イメージ 13

ダラスに関しては、スナイパー(1人または複数)が即時に配置されて、警察官を殺し始めたのだ。

イメージ 14

警察は自分たちのSWATチームを出してきて、スナイパーを射殺する代わりに、そのビルのある場所に無数のパトカーを送り込み、そこに警察官を座らせた。
警察官らが言うには、彼らはスナイパーが「白人警察官を殺したい」と言った時、そこで2時間座り込んで、スナイパーと交渉したと言うのだ。
その後、ビルに爆弾を搭載したロボットを送り込んで、彼を爆破した。

私(Dollar Vigilanteさん)は、これは確実にFalse Flag攻撃だと言うまではしないし、また、マッケソンらがDMで計画していたカオスの夏の一部だと断言するつもりもない。

イメージ 15

偽旗作戦の特徴:

・マニフェストが出される 
・レイシスト 
・メインストリームメディアで24時間報道される 
・ヒーロー
・現場で射撃手の訓練を実施中
・証拠がない 
・政治的アジェンダ
・クライシスアクター 
・精神的な病気 
・単独射撃犯 (必ず犯人は1人)
・慈善活動 
・公式のストーリーが出される

しかし、事件は、典型的なFalse Flagのすべての罠(特徴?;trapping)を持っているし、False Flagにおける政府のアジェンダのすべてのチェック項目を満たしている。

射撃犯は、元軍人。チェック✔

イメージ 16

彼はすでに、テロリスト容疑者だと発表された。

警察の談では、彼は白人を憎悪していた。
チェック。✔ 人種間戦争の扇動(race war incitement)

そして、彼はその行為を実行するために長い銃を使った。
チェック。✔ 銃規制アジェンダ(gun control agenda)

イメージ 17

Black Lives Matterはジョージ・ソロスが資金を出していることもお忘れなく。
暴動、クーデター、政権交代の資金提供と創作の王様である。
また、ソロスは、カオスを起こすためにスナイパーを使うことで知られている。
ウクライナでもそうだったように。

その間、メインストリームメディアのヘッドラインは、同じことを繰り返していた。

見出し:「ダラス射撃事件:9/11以来、法施行機関にとって最も死者の多かった日」
イメージ 18

2001年9月11日 − これもまた False Flag攻撃だった − これは、アメリカ国民に、この日の恐怖の記憶をトリガーするためである。

恐怖に陥っている人間はきわめて暗示にかかりやすい( suggestible)し、コントロールしやすい。

イメージ 19

「市民戦争」という言葉が、多くの新聞の表紙を飾った(graced)
元議員でコメンテーターのJoe Walshは、ダラス殺戮事件は戦争を意味するとツイートした。

容疑者は、「終末が来つつある」(The end is coming)と言っていたと報告されている。

我々が以前から、グローバリスト・エリートは、アメリカに市民戦争を作りたがっているとを言ってきたのを覚えていますか?
イメージ 20


それは、アメリカを不安定化させたいからである。
彼らがヨーロッパを不安定化させてきたのと同じように。
グローバリストの計画を導入するために。in order to usher in the globalist plan

イメージ 21

最近、国連(UN)ロゴの入った軍隊の車両が、全米各地で目撃されている。

Jade Helm はUX2016に突入した。
イメージ 22


このような年には、軍事装備品が国中を移動される。

また、複数の情報筋から、軍隊や国家警備隊(National Guards)が、何らかの戦闘活動の準備をしているとの情報を得た。

我々はこのような動きをJubilee Jolts (聖なる年の動揺??)と呼ぶ。なぜなら、より大規模なエリートの意図に合致しているからである。

イメージ 23

その意図とは、より強勢のあるグローバリズムの土台を作ること。
「カオスの夏」がそれを可能にするのだ。

<終わり>

PS'リークされてるよーと2人にメンションした人、2人からブロックされる




この記事に


こちらは1年半以上前の動画です。TyrannyUnmaskedさんが投稿したものですが、彼自身の声ではなく、その仲間の方の作成したコンテンツです。


Zionists shills exposed! Controversial Truth collaboration. (TruthRevolt Propaganda debunked)

Published on Mar 5, 2016

以下は翻訳です。(最初の数分間は、INFOWARなどの偽物のTruther番組に関する情報ですが、省略します)
TruthRevoltという偽のオルタナサイトのことを知ったのはだいぶ前のことだった。当時はYouTubeに私のIPアドレスを追跡されていたので、調べる時間もなかった。
これは切り貼りしたプロパガンダ作品(cut-and-paste propaganda piece
)という以外に、よい描写の言葉は見当たらない。

イメージ 1

すべてが、ひどい翻訳をされたカンフー映画のように見える。

イメージ 2

映画のセリフ:「????」(英語かもわからない、聞き取り不能)

そのチャンネルが出しているビデオのタイトルは、「パレスチナ人、自国のTV番組が子供テロリストを創出していることを認めた」。
イメージ 3

風刺なら、私は構わない。それが事実に基づいているならば。
戦争メーカーたちが、世界に拡散したがっているものではなく。
not what the war makers want go around the world

イメージ 4


このチャンネルは、パレスチニア人の方が攻撃側(侵略者; aggressor)であることを定期的に報道している。

イメージ 5

単純に、どうしたらそんなことがありえるというのだ?

パレスチナは、西側支援で結集された代理国家による、外国からの占領、植民地下にある。
The Palestinians are under the foreign occupation and colonization of formedWestern-backed proxy nations.

イメージ 6


いかなる攻撃も、自己防衛としてなされていることである。
イスラエル:「我々は自衛しているだけだよ」

詐欺師たちの御用ネットワーク(shilly network of frauds)が出している数字を、私がこれから出す情報と比べた後に、まだこのネットワークからの情報を信じる者は、白痴でしかありえない。

イメージ 7

2000年から今までに死んだイスラエル人は1217人。パレスチナ人は9271人。

死者の内訳:
死んだ子供
イスラエル人の死んだ子供は129人。パレスチナ人の死んだ子供は1523人。
死んだ一般市民
イスラエル人は731人。パレスチナ人は3535人。
ターゲット殺人の過程で死んだ人:
イスラエル人1人。パレスチナ人408人以上。
ターゲット殺人のターゲットになった人:
イスラエル人1人。パレスチナ人238人。
自国の土地で死んだ人:
イスラエル人596人。パレスチナ人6756人。
他国の土地で死んだ人:
イスラエル人508人。パレスチナ人73人。

イメージ 8

このゴミプロパガンダ記事の最初の行にはこう書いてある。
「どんな機会においても、弱者(自分を守れない人)を擁護するサヨクには、こんなことを言っても関係ないだろうが、街頭でインタビューされたパレスチナ人は、子供テロリストの際立った増加は、自国のTVチャンネルで拡散されるプロパガンダのせいだと公に認めた。」

これには私は衝撃を受けた。
なぜなら、子供テロリストが増えた理由は、侵略者が子供たちの家を侵略したことで、多くの子供が孤児になったからだと私は想定するからだ。(brought up the rise)

イメージ 9

以下は、Fatah-run Awdha TVホストの書きこ起こしである。

イメージ 10

「国家解放(自由化)の過程において、子供に必要とされることは何ですか?」

イメージ 11

パレスチナ人:「こういうことは、子供のためのものじゃない。」

イメージ 12

「子供は勉強して自分の生活を送るべきだよ。学校行って、遊んで。」

次のパレスチナ人:

イメージ 13

「私は子供がナイフで殺傷するような作戦には反対だ」

次のパレスチナ人:
イメージ 14

「子供による殺傷作戦は、よくない作戦だ」

イメージ 15

「大した結果ももたらさないし、うまく結成されていない。」

イメージ 16

「何もいいことはない。悪いことだけ。子供が死ぬ。それだけだ。」

次のパレスチナ人:
イメージ 17

「我々が見聞きする限りでは、行われているナイフ殺傷作戦は、非常に脆弱らしい。」

イメージ 18

「現実を変えるための何も成しえない」

次に、TVホストのセリフの書き起こしは、次のようにリポートされている。

イメージ 19

「あなたはメディアとTVでの扇動が、子供たちに影響すると思いますか?」

このパレスチナ人はこう答えた:

イメージ 20

「もちろん。こういうものを見たら子供たちを混乱させます。」

イメージ 21

「私は自分の子供たちには、TVで何が起きているかを見せないようにしています。」

イメージ 22

「ナイフ殺傷作戦や射撃とか」

イメージ 23

「そういうのは、子供たちに見せないようにしています。混乱させるし、自分たちもそういうことをやりたがるようになるから」

また別のパレスチナ人:
イメージ 24

「今日メディアで行われていることは、悪影響をもたらします。」

イメージ 25

「子供たちに、やってはいけないことをいけないとは言わないからです」

イメージ 26

「代わりに、街頭を占拠するように奨励しています。」

イメージ 27

「子供たちは、子供の娯楽とみなされるようなものすべてを奪われています」

まだお気づきでないようであれば、これらの回答は、聞かれた質問と適合していないように見える。

ビデオを調べてみると、ほとんど、寄せ集めたものを縫い合わせているようだ。(stitched together)

すべて、大規模な戦争プロパガンダだ。大きな嘘だ。
こんなものに注意を向けるほど信じやすい人たちに、飲み込ませられる。

実情を述べると(the fact of the matter is..)
イスラエル人は、西洋諸国に支援される諸国によって、セム人の諸国を占領し、植民地下に入れてきた。これは、何も新しい出来事では全くない。
これは4000年以上にわたってずっと起きていることだ。その間も、これらの国は、ヨーロッパの侵略国から、ひとときも放っておかれることはなかった。

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

この人たちの人生に、1度でも、平和で静穏な時があればいいのにと思う。

シオニストが運営するメディアは、パレスチナ人を弾圧するためなら、どんなことでもやるし、どんなことでも言う。
The Zionist-run media would say anything, do anything to oppress the Palestinians. 

イメージ 33

シオニスト自身による侵略に対する(パレスチナ人の)敵対心すらも、TVで非難する。
including blaming animosity for their invasion on TV

イメージ 34

言論の自由を悪魔化しながら、自分はそれを悪用するということは、特別な類のバカでなければできない
It takes a special kind of stupid to demonize the right of free speech while at the same time abusing it.

私たち、"論争を呼ぶ真実のプロジェクト"(Controversial Truth Project)は、言論の自由と中立な報道がすべてであり、そのために行動しています。

このTruth Revoltのようなネットワークは、全くその手のメディアではありません。
nothing of the sort,

 just another corporate interests run by a traitor to humanity 

人類に対する反逆者によって運営される、数多くのコーポレート(企業)利権の1つに過ぎません。

<終わり>
訳者あとがき
このようなアメリカ人のジャーナリストは、私がぼんやり思っていても気づかないことを気づかせてくれる。自由と人権のために闘うものすごいガッツと知性を見せてくれる。ただただ、尊敬の念を抱く。

私が最も感銘を受けた部分:

言論の自由を悪魔化しながら、自分はそれを悪用する特別な種類のバカ」

は、日本では私がいつも書いているパヨクです。

偏向報道、捏造やり放題。何度指摘しても謝らず、止めず、懲りず、ずっとやる。
それでも反撃し続ければ恫喝訴訟を起こす。自分が「朝日死ね」と言われれば、報道機関に対する言論弾圧だとうそぶく。
侵略に反撃すればヘイトだと主張する侵略者。
嫌なら朝鮮に帰れよといえば、その言葉を取り締まろうという侵略者。

こちらは伊藤和子やFCCJと一緒に働く国連のデビット・カイ。


カバー写真が一面に、
「声を上げろ。国家の検閲に反撃して闘え」
と言っている。これをシオニストによるオーウェルのダブルスピークと言う。
この人は、自分がソロス金のために個人の一般市民の言論を弾圧するために働いている。自分が犯している罪を自分が他人から被害を受けているかのようにお芝居する、これをソシオパスという人格障害と呼ぶ。私はそれはシオニストに特有のものだと思っている。

こちらは「女性自身」に出ていた、パヨックボックスの著者、「詩織さん」のインタビューの一部。

「加害者の肩を持つ」と言っていますが、加害者は、加害者でもない人を捏造で加害者に仕立て上げ、国民の自由と人権を弾圧しようとする「詩織さん」(彼女はただの駒ですが)の側です。

彼女が自分が金のために詐欺、人類に対する反逆罪をしたことを詫びる日が来るでしょうか?ありませんね。神原元を使って私みたいな全くの弱者に訴訟を起こして脅すのがオチでしょう。彼らにとっては権力とは悪用するものだからです。弱い者いじめをするのが快感なくせに、自分が弱者でいじめられたぁ〜〜と演技をするのが好きなソシオパス。



何を言っていいか悪いかは王様が決めて、「王様だけ税金でご馳走ずるい」と言われたら収容所で拷問したい専制政治。もっともっと朝鮮マフィアの独裁にしたいから、ソロスの目指すnwoを促進するためには、まず言論を殺さねばならぬ。だからありもしない差別をあることにしてしまう 🚩


米国務省、ソロスが国籍を持つ国ハンガリーメディアに約7000万円相当を投入。オーバン首相支持の愛国者に敵対するようなメディア番組を作るように要請。



米国務省、ハンガリーの反ソロスキャンペーンに700K ドルを投入。グローバリスト賛成メディアに追加。

なぜ「日本はダメだからもっとこうした方がいい。法律はこう変えるべき」と言ってる人と、「ヘイトスピーチは表現の自由ではない」と言いながら自分たちは表現の自由を悪用して詐欺し放題な人が皆同じ人員で、グローバリストかというと、こんな城を持つ銀行マフィア、ロスチャイルド(上はイギリス王室、その上はバチカン)の🐶だからでしょう。メディアが無理やり脚光を当てているパヨックボックスなどの人員たちは、秘密結社のプラント(植え付けられた工作員)でしょう。
(証拠はない。推論です)


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事