ここから本文です
日本人に濡れ衣 #NWO
Truth fears no investigation

書庫全体表示

アーカイブ:http://archive.is/rEepr

NEDとJapanでFBを検索すると:

International Forum for Democratic Studiesという団体の投稿があった。
イメージ 2


FBサイトを見ると、NEDのロゴが付いている。NEDそのものだろう。
イメージ 1

この団体が紹介していたのが、
The Spring 2015 class of Reagan-Fascell Democracy Fellows
これもまた、NEDの一部か関連団体のよう。「世界中の自由を支援する」

イメージ 3

先のInternational Forum for Democratic Studiesの投稿に戻り、写真をクリックすると、東アジアの外見の男性がいる(1番右)。
· March 20, 2015 · 
 
Fellows visited the Center for International Private Enterprise, one of NED's core institutes, in March 2015.
2015年3月、フェローがNEDの中核的機関、Center for International Private Enterpriseを訪問


イメージ 4

この男性の顔に、見覚えがあると思ったら、以下の記事で紹介した、朝日新聞ソウル支局の牧野愛博さん。


FBであるユーザが、牧野さんの記事を紹介していた。下記の記事は読んでいませんが、反日朝鮮シンパのようです。今年の7月だから新しい記事。

July 5 · 
朝日新聞英字版が慰安婦問題の記事を書いていますが、相変わらず、読み手には旧日本軍がカンコク女性を性奴隷にしていたのが歴史的事実であるということを説いている文章になっています。これは意図的であると考えます。朝日新聞社は即刻解体されねばなりません。
--
Japan eyes talks with S. Korea so ‘comfort women’ plan will proceed
By YOSHIHIRO MAKINO/ Correspondent
July 5, 2016 at 17:15 JST
SEOUL--Japan has offered to hold a bilateral summit with South Korea in mid-July on the sidelines of the Asia-Europe Meeting (ASEM) in Mongolia, sources said.
The ASEM conference will be held July 15 and 16.
Tokyo pitched the idea to Seoul to promote the implementation of an agreement reached between the two countries last December to resolve the “comfort women” issue once and for all, said the sources, who are well-versed in relations between the two countries.
However, they said South Korea is wary of the proposal in light of strong opposition to Japan's demand for the removal of a controversial statue of a young girl from its current site in front of the Japanese Embassy. The statue represents the many Koreans who were forced to provide sex to wartime Japanese soldiers

上述のNED会合のことは、記事にもなっていた。


NED Welcomes Spring 2015 Fellows
WASHINGTON—The National Endowment for Democracy (NED) is pleased to announce its Spring 2015 cohort of Reagan-Fascell, Hurford Youth, and Visiting Fellows. In residence are leading democracy activists, practitioners, journalists, and scholars from Afghanistan, Argentina, Azerbaijan, Bangladesh, Ethiopia, Japan, Kyrgyzstan, Mali, Pakistan, Russia, and Uganda. A list of the 2014–2015 Fellows and their bios can be found here.
Named in honor of NED’s two principal founders, former president Ronald Reagan and the late congressman Dante Fascell, the Reagan-Fascell Democracy Fellows Program seeks to expand the knowledge, broaden the perspectives, build the capacity, and boost the morale of some of the world’s most committed and courageous democracy activists and scholars.  Based at the International Forum for Democratic Studies, NED’s research and publications arm, in Washington, D.C., the program has enabled over 240 fellows from 90 countries to deepen their understanding of democracy and enhance their ability to work toward democratic change.
In collaboration with the World Movement for Democracy, the Forum also co-sponsors theHurford Youth Fellows Program. Funded by the Hurford Foundation and based within the secretariat of the World Movement, the Hurford program seeks to build the leadership skills, enhance the organizational talents, and harness the potential of young democracy advocates from around the world.
World Movement for Democracy(2015年は韓国で開催された議会)と協業すると書かれている。
デモクラシーニュースレター
イメージ 5
2015年10月に、NEDで「なぜ北朝鮮に対する政策において、人権が大切なのか」というプレゼンを行った。

牧野氏は、NEDのサイトにフェローとして1ページに特化して書かれるような人だった。
http://www.ned.org/fellows/mr-yoshihiro-makino/
MR. YOSHIHIRO MAKINO
Mr. Yoshihiro Makino is a seasoned journalist, correspondent, and analyst covering East Asian security and Korean peninsula issues. From 2012 to 2014, he served as senior international correspondent for Asahi Shimbun, one of Japan’s most well-respected media outlets, where he has also been a staff writer since 2000. He has published a number of articles on North Korea’s politics and economy, and in 2013, authored a book entitled North Korea Broadly: Inner Workings of Military, Economic, and Hereditary Power (in Japanese). Since the fall of 2014, he has been a visiting scholar at the U.S.–Korea Institute at Johns Hopkins’s School of Advanced International Studies, where he is researching security developments in East Asia, with a focus on North Korea. During his fellowship, Mr. Makino is conducting an in-depth analysis of the human rights situation in North Korea and is meeting with specialists, diplomats, and activists to explore avenues of Japanese support for human rights in North Korea.
日本の有名な新聞社朝日新聞のシニア国際特派員。
北朝鮮の人権状況に関する深く掘り下げた解析を行い、専門家、活動家らと会合しながら、日本の北朝鮮の人権支援の手段を探る。
日本人の名前だけど、心は北朝鮮という感じか?なぜ日本が北朝鮮人権について取り組まないといけないのかわからないけど。
ツイッターにも牧野さんの記事。
Yoshihiro Makino urges governments of South Korea, Japan, and US to work together on North Korea policy
牧野愛博、韓国、日本、米国の政府に、北朝鮮の政策に関して一緒に取り組むように要請した。
Starting now: Why Human Rights Matter in Policy toward with Yoshihiro Makino

ここに@のある人を覗くと:
Bruce Klingner

Bruce Klingner

@BruceKlingner

Senior Research Fellow for Northeast Asia . 20 years  and DIA, including as CIA's Deputy Division Chief for Korea. Views expressed are my own.
CIAwwww
まあ、NED=CIAの民間部隊なので、当然ですが。

牧野さんのSEALDSとの関連を示す記事や、礼賛投稿などは見つかりませんでした。(ただし、日本人として(?)朝鮮のために働く人、慰安婦について日本を責める側の立場の人に、NEDが出資をしている点はある種の一貫である。)

今日もう1つご紹介したい記事:
米国グループ、中国の活動家に1億ドル近く提供

US   group   gives   nearly  $100  million   to   Chinese   activists

(People's Daily Online)    17:02, May 20, 2016
The   Washington   D . C .- based   National   Endowment   for   Democracy  ( NED ) 
has   provided    a  total   of  $96.52  million   to   at   least  103  Chinese   groups  
and   organizations    involved   in “ democracy   or   human   rights ,”  Japan ’ s  
Asahi   Shimbun   reported   on   Tuesday .
日本の朝日新聞の報道によると、ワシントンDCを拠点とする全米民主主義基金
(NED)は、「民主主義と人権」に携わる中国の少なくとも103の団体・組織に、
合計96.52M(百万)ドルを提供した。

According   to   the   report ,  of   the  $96.52  million , $6.25  million   went   to   groups
  affiliated   with  the   Tibet   issue   and  $5.56  to   groups   related   to   the  
Uighur   issue .  The   World   Uyghur  Congress ,  a   separatist   group ,  also   received
  funding .
この96.52M(百万)ドルのうち、625万ドルは、チベット関連のグループに、そして、
556万ドルは、ウィグル問題関連のグループに渡された。
別のグループである世界ウィグル議会も、資金を受け取った。

The   report   said   that   NED   provides   about  1,200  individual   donations   to
  non-governmental  organizations   around   the   world . 
It   is   registered   as   a   non-profit   organization ,  but   most   of  its   funding   comes
from   the   U . S .  government .
報告書によると、NEDは約1200件の個別の寄付を世界各国のNGOに提供
しているという。NEDは非営利団体として登録されているが、その資金の多くは
米国政府から調達されている。

China   adopted   a   new   law   regulating   overseas   NGOs   activities   on   Chinese  
mainland   on   April  28.  Ren   Yangli ,  a   scholar   from   Beijing   Normal   University , 
said   on   Thursday   that   this   law  will   allow   more   NGOs   to   enter   China   lawfully ,
  while   it   also   enables   China   to   punish   those  who   enter   unlawfully   with   the  
intention   of   overthrowing   sovereignty   and   disturbing   the  peace .
中国は、4月28日、中国本土での海外のNGOの活動を規制する新しい法律を
採用した。北京師範大学(BNU)のある学者によると、この法律は、もっと多くの
NGOに、合法に中国に入国することを許可するものであるとともに、
国民主権を転覆させ、平和を害するような、違法で入ってきたNGOに関しては、
処罰するものであると述べた。

この「主権を奪う」というのがまさにNWOの考え方である。
今私たちが、ヘイトスピーチガーと言っておそるべき違憲の弾圧を外国勢力に受けている
のは、まさにNEDなどの仕業ではないかと。こういう文章から見えてくる。

中国政府の方が、こんな断固とした態度を取ってえらいじゃないかと思う。
そして朝日新聞はこんなことを報じながら、かたやSEALDSを礼賛して、引退後も
「SEALDSが残したもの」とかいう特集もやっているようでは、笑えない。
金でももらっているのかと思えてくるほど。
さて、日本(or 在日)の活動家は、NEDからお金をもらったのでしょうか?
NEDが資金をばらまいている「世界中」の中に、日本は含まれるという
証拠はどこで見れるのだろう?

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事