ここから本文です
Take up a sword and fight back, or we'll have no rights left

書庫全体表示

次の動画を翻訳します。
著者:The Honeybee
Child Exploitation, Lady Gaga, & Human Trafficking
児童搾取、レディーガガと人身売買
2017-3-29

--------------

こちらがマーク・ピンカス(Mark Pincus), Zyngaの設立者です。

イメージ 1


Zyngaをご存じない方のため、これは巨大なゲームアプリ企業で、Youville, Farmville, MafiaWars, Hanging with Friends, Wars with Friends, Zynga-Pokerなどを作りました。成功したビジネスで、米国、その他にゾンビを作っては、莫大な収益を上げています。

イメージ 2

また、彼は、Twitter、Instagram, Facebook, Googeにも莫大な出資をしています。Support.com, Freeloader Incorporated, Tribe networksなどのWebサイトを作成しました。

Mark Pincusは民主党支持者であり、Twitterで声高にそれを発言、主張しています(extremely vocal about it)。

イメージ 3

彼のツイッターには、「トランプは偽善者だ」との投稿が多々見られます。
断然トランプのファンではない。移民法改革が気に入らない。そして、トランスジェンダーのトイレ使用に関する判決に反対。

イメージ 4

わたし個人的には、男性として生まれた30-40歳の成人が、自分を女性と自認したからと言って、私の小さい娘と一緒にトイレに入ることには反対です。これは私の意見です。

いずれにせよ、彼は、忠実な民主党支持者(staunch democrat)です。

以下は、これらの金持ちのビジネス所有者が、いかに政治的であるか、いかに選挙を揺るがす(sway elections; 影響する)ことができるかを示すツイートです。

イメージ 5

これはStartup Grindのカンファレンス(協議会)です。誰かが、マーク・ピンカスの次のプロジェクトは、volunteer.wtfだと言っています。

WTFはWhen the Future。
「中間選挙まであと588日。私たちは、才能あるボランティアのみなさんを、選挙に勝つ機会へとつなげます。トランプをどうやって止めれるか、思いめぐらしていますか?」
イメージ 6

サイト引用:「これは、トランプを敗北させ、2018年と2020年に選挙に勝つことに注力したネットワークです(this is a dedicated network to defeating Trump)。
これは、ボランティアによって運営されるプロジェクトであり、トランプを打倒するための時間とスキルを持つ人々を活動化させ、動員することに専念します。」
<引用終わり>

再び、こちらがマーク・ピンカス。

イメージ 21


イメージ 7

ここで明らかにしておきたいのは、10億ドルを持っている人が、特定の人を戦略的に政府の職位に就かせたいと願っている(who wants someone to be strategically placed in the government)とき、彼らのアジェンダは、例えば私のような人間のアジェンダとは、そして、私のような人間が、特定候補者に政権に就任してほしいと願う理由とは、非常に異なるということです。

ピンカスのような人たちのお金が、私たち国民に何か有益なことに役立つとは思えません − この人たちは、権力を振りかざして、自分たちだけに権益をもたらす特定の人たちのためにロビイングしているというのに − その政治家たちが国民の税金を特定の数字にしたり、この人たちに有益な法律を通してくれるからという理由で。
そのような政治家に、ピンカスのような人たちは、自分の金を莫大につぎ込んでいるのです。自分に与えられた情報に基づき投票する国民とは何の関係もありません。

このようなロビイストや大企業が、これらの政治家にお金を渡すことの危険性はそこにあるのです。怖いことですよ。マーク・ピンカスは、オバマとヒラリーに、100万ドル以上を提供しました。

I don't really feel that your money is doing us any good while you are throwing your weight around lobbying for certain people that are just interesting to you because they are gonna make your taxes a certain number, they are going to pass laws that benefit you. Those are the people you're gonna throw your money at. It has nothing to do with people voting, on the information that they were given. This is the danger of getting these lobbyists and big corporations give money to people like this. It's scary. 


こちらがTribe.netです。これは休眠したサイトdefunct siteです。

イメージ 9

彼はもうこの会社には所属していません。すでに辞任して、Ciscoに譲渡しました。
彼はシスコとはいまだに友好的であり、シスコシステムズからお金を受け取っています。それについてはまた後で話します。

トライブは、他のソーシャルネットワークサイトと同じようなサイトだ、とこの人たちは主張しています。また、彼らは、このサイトはアクセス不能だと主張しています。それは真ではありません、まだアクティブです。

ここで、マーク・ピンカスがなぜこのサイトを熱いジャガイモを落とすかのように捨てたかdrop like a hot potato(※イディオム)を示しましょう。

イメージ 8

2005年、Tribe.netは、性的に露骨なコンテンツを禁止するという決定をしました。
児童保護と猥褻に関する法施行(the child protection and obscenity enforcement act)が、その背景にありました。

ふーむ。🤔
なぜ、児童保護と猥褻に関する法施行のせいで、1つのWebサイトが閉鎖して、メンバー全員を失わなければならなかったのでしょうか?

おそらく、大多数のメンバーが児童ポルノを視聴したり、共有していたからでしょうね!そして、そのとおりのことが本当に起きていました。

マーク・ピンカスは、会社を辞める前に離脱しました(jump ships)、なぜなら、彼は自分が作り出しためちゃくちゃな事態に責任を取りたくなかったからです。

これが、Tribe.netです。

イメージ 10


投稿日付は2005年だったり、2013年が1番新しい。それでも5年前の古いものですが。でもそれに騙されてはいけません。なぜならこのサイトは完全にまだアクティブです。特に、このNo Limits! というTribeチャットのページは。

イメージ 11

左のプロフィール画像は、悪魔と、逆さになったペンタグラム(五芒星)に火が付いている絵です。

タイトル:
No Limits! How sick and twisted are you? 
限りなし。あなたはどれくらい狂ってて、歪んでる?
A Tribe for the suckest and twisted sexual fiends out there to meet up and share interests and more:)

そこにいる、最もダサくて歪んだセックスの鬼たちが、出会って興味などをシェアするためのトライブ。
イメージ 12

掲示板を見ると、日付はかなり最近です。2017年3月24日。4日前です。
だからこのサイトはしっかり生きてて、アクティブですよ。
So this is very alive and well.

掲示板のタイトル..
Sadistic pedo- サド小児性愛者
newborn snuff - 新生児のスナッフ(スナッフ動画:実際の殺害動画を撮影したもの)
Pedo School - 小児性愛者の学校
Snuff chat - スナッフチャット
Young boys club - 若い少年たちのクラブ
Inbred Incest Scat - 同系交配近親相姦の糞
Other pedos for chat - 他の小児性愛者のチャット相手

 
なんでこのサイトがまだアップしてるのよ!

わたしたちのFacebook投稿やページ、ツイッターのページや投稿、YouTubeビデオが検閲、凍結、永久追放されているのに!

どれかプロフィールを閲覧してみましょう。こちらがジョッシュ。もちろんジョッシュはこのプロフのような4歳児ではありませんよ。

「邪悪な倒錯フェチのストーリー」「ゲイセックストライブ」「変態スカイプチャット」「変態男」にも属する。

イメージ 13

不適切な写真の数々。
イメージ 14
イメージ 15

5-6歳の男児です。これは子供の搾取です。この子がさせられている姿勢(恰好)とコメントが。

イメージ 16

コメント欄には:
「俺のタイプ」
「足を広げてやれる格好になればもっとセクシー」
---

誰よこの子供は!お願い!このWebサイトに行って報告してください。
(※翌日、このサイトは閉鎖されました)

バカげてるよ!マーク・ピンカス、すばらしい仕事してるね。(皮肉)

「サディストの小児性愛者」のコメントを読むと。。
イメージ 17


「誰か、0歳から10歳までの小さい女の子と男の子への過激な拷問に興味ある変態は他にいる?やけどさせたり、切りつけたり、すべての骨を砕いたり、糞を食べさせたり尿を飲ませたりして、この子たちの穴にファック(つっこむ)したいときにだけ、それを止める。子供たちの叫びを、君たち変態の耳にとって音楽のように聞こえさせよう。」

また、このサイトにはBackpageも関与しているようです。

訳者注:Backpageとは、広告サイト:

イメージ 19



このコメント:
イメージ 18

「ロールプレイではなく、リアルライフ(現実)に真剣なフロリダ在住者のみなさん。Tribeで広告を見たといえば、お兄さんがあなたに(その後で、願わくば私にも)割引(ディスカウント)してくれるそうです。」

この特定の広告は、スムーズ・ハート・キャンディという女性エスコートの宣伝でした。18歳以下の未成年者です。

私はこのコメントにリンクされていたBackpageのサイトをクリックしましたが、ページは存在しませんでした。Wayback machine(※ウェイバックマシンはインターネットアーカイブが保存するウェブアーカイブを閲覧することのできるサービス)でも見つけることができませんでした。

Backpageは、児童人身売買に関与していたとのことで、多大な論争を巻き起こしました。

イメージ 20

つい最近、この1月に、上院聴聞会(senate hearing)があり、Backpage.comが、未成年のトラフィッキングに共謀していたことが明らかにされました。この記事にあるとおり、ここで家族らが感情的に証言をしました。子供たちが殺されているのです。
この記事の少女は、2ヵ月前、Backpageで彼女を見つけたサイコによって殺され、バラバラな小さな肉片に切断されました。

再び、こちらがマーク・ピンカス。記事を読みますね。

イメージ 22

「ピンカスはきわめて裕福で、全米各地に散らばる贅沢な邸宅を持っています。シリコンバレーの起業家に予想されるとおり、マーク・ピンカスは、ハードコアなゲーマーで、新たにリリースされるビデオゲームを熱狂的に楽しみます。ペットにも情熱的です。ブルドッグの誇り高き飼い主です

マーク・ピンカスは慈善活動にも深く従事しており、さまざまな大義のために、何百万ドルも寄付金を集めました。その1つが、日本の震災の子供の被災者への慈善です。」

うーむ。彼らは罪悪感でもあるのでしょうか?それとも自分たちのやっていることを隠蔽しているのでしょうか?

こちらが、マーク・ピンカスが住む、サンフランシスコの富裕層の地域パシフィックハイツ。
「この地域は、その住人たちで有名であり、ビリオネアの家並み(billionaire's rows)と呼ばれている。」

イメージ 23

ではどんな著名人の家があるのでしょう?
イメージ 24

驚いたことに、ナンシー・ペロシがお隣さん!



作家のダニエル・スティール(Danielle Steel)
イメージ 25

PayPalの共同設立者、ピーター・ティール(Peter Thiel)
イメージ 26

また、私は、マーク・ザッカ―バーグもパシフィックハイツに物件を所有していると聞いています。
イメージ 27

Oracle(オラクル)の共同設立者&CEOであるラリー・エリソン(Larry Ellison)。
(※オバマ支持者)
イメージ 28

Apple(アップル)のチーフ・デザイナー、ジョナサン・アイブ(Johnathan Ive)(※オバマのディナーに招待されたことがある)

イメージ 29

こういう人たちが、パシフィックハイツに住んでいるんですね。
私がこれらの人の贅沢・豪華な(lavish)ライフスタイルに踏み込んでいるのはわかってるですが、みなさんに理解してほしいのは、この人たちが采配を振るっている/国の主導権を握っている(running the show)ってことなんですね。

この人たちが、大統領や国をコントロール(支配)している人たちの隣に座っているのです。

How Much Did It Cost Mark Pincus To Sit Next To President Obama?

イメージ 30

12/17/13 

「マーク・ピンカスは、オバマの隣に座るためにいくら払ったか?」という記事がありますが、いくらかかったのでしょう?

ええと、彼は、Priorities USAに100万ドル寄付しました。
これは、オバマの大統領選を支援するためのスーパーPACでした。

※候補者から独立した政治団体は、企業献金や個人献金を大量に集め影響力が大きくなるにつれ、特別政治活動委員会(スーパーPAC)と呼ばれるようになった。 スーパーPACは無制限に資金を集めることが許されており、テレビのCMなどを利用して様々なキャンペーンを行なっている。

舞台裏で多数の資金を提供すると、自分の地位・名声を高めることができる。
それがまさにシリコンバレーのやり方だ、とこの記事の著者は述べています。

<つづく>


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事