ここから本文です
Stop the One World Order
Truth is Anti-Semitic

書庫全体表示


TyrannyUnmaskedさんがミラーリングしていたDollar Vigilanteさん(本ブログ初登場)の動画を翻訳しました

2016年7月8日ごろの作品です。

当時、オバマ政権で、セス・リッチがヒラリーに殺された頃の出来事。
私が目覚めたのは2016年6月のオーランドのFalse Flagがきっかけだったので、まだ目覚めたてだったせいか、この事件のことを当時は知りませんでした。
選挙前だったので、一生懸命SEALDS暴露ブログを書き始めた頃です。

グローバリストの手口を学んでいただければ幸いです。本当にオバマはテロリストだ。では以下翻訳です。
==========



Dallas police attacks were pre planned by BLM and George Soros! (DolarVigilante re-upload)

Published on Jul 9, 2016

我々がBlack Lives Matterのリークされた文書に焦点を当てたのはたった2日前のことだった。この文書は、BLMのリーダーたちが、オバマ政権と協力して、Summer of Chaos(カオスの夏)を計画していたことを示していた。

以下が、そのとき私が書いた文書である。


Black Lives Matterのリーダー、ディレイ・マッケソンは、最近自分の2つのメールアカウントをハッキングされ、この選挙期間中に、彼らが「カオスの夏」と名付ける莫大な暴動を創出するよう計画していたことがわかった。

イメージ 1

リークされた文書には、ソロスが抱えるBLMが、戒厳令が制定され、そして、大統領選挙がキャンセルされるほど、非常にひどいカオスを創出したがっていることが書かれていた。カオスは、大衆を不安定化させるための目標である。

2日後の7月7日、マジックナンバーセブンに、テキサス州ダラスで、最初の発砲がなされた。私たちが予想したとおりだった。

イメージ 2
「みなさんには、マジックセブンについて考えるようにお願いします」

記事タイトル:「ダラスで12人の警官がスナイパーに撃たれる。うち5人は死亡。警察による市民銃殺に対する抗議デモの最中。」

イメージ 3

警察によって2人が撃たれて死亡したことに対する、Black Lives Matterの夕方の抗議集会が行われている最中のことだった。

スナイパー(1人か複数かは不明)が、屋上からやってきて、政府の法施行者を死傷させた。

過去のすべてのFalse Flagの罠(trapping、特徴?)がそうであったように、このスナイパーとされる人物は、私たちが彼から情報を得ることができる前に、殺された。− 実は、爆死させられた。
ダラス射撃事件の容疑者を殺した警察ロボットの使用は、アメリカ史上初
イメージ 4

冒頭に述べたとおり、BLMの2人のトップの活動家のメールとツイッターアカウントが先月乗っ取られ、アメリカ合衆国司法長官のロレタ・リンチと連携して、彼らが「サマー・オブ・ケイアス」(「カオスの夏」)と呼ぶイベントの中で、莫大な暴動を起こすことを計画していたことが暴露された。

イメージ 5


BLMのリーダー、ディレイ・マッケソンは、自分のツイッターとメールのアカウントがハッキングされたことを確認した。

イメージ 6

マッケソン:「私は今日ハッキングされた。ツイッターアカウントと、2つのメールアドレスと、電話。パスワードのせいではない。彼らは私の電話のアカウント自体に侵入したんだ

ハッカーは、ディレイ・マッケソンと他のBLM活動家との間のDMを公開した。

イメージ 7

2人は、10,000人を用意して、クリーブランドの共和党全国集会(Republican National Convention)にバスで送り込み、問題を起こしまくって、集会を閉鎖に追い込もうと話していた。

イメージ 8

「彼ら(共和党員たち)は、我々が送り込むような類の群衆に対応できる準備は絶対できてないから。だから、奴らはトランプのせいだ、と責めるだろう。特に、我々が集会を閉鎖させれば。GOP(共和党)は、いずれトランプを誰かと交代せざるを得ななくなる時が来る。我々が全国的に妨害を続ければ。」

イメージ 9
マッケソン:
情報を拡散しておくよ。よくやった、サム。君は絶対に俺たちを失望させない。
トランプを止めるのは本当に重要だ。彼は俺たちが一生懸命がんばってきたことを全部破壊してしまうし、ヒラリーは信用できないからね。彼女は決して...<切れている>

イメージ 10
ジョネッタ・エルズィー:
「最近リンチさんと夏から大統領選までのプランについて話した?」

ディレイ・マッケソン:
「2週間前に話した。彼らは今、トランプがいかにレイシストであるか、プッシュし始めたいらしいよ。何もせずに待ってるんじゃなくて。じゃないと、他の人たちがデモ者を用意して、両方の決起大会を閉鎖してしまうからだって。俺たちは自分たちの影響力を使って、この夏を通してずっと、そして秋まで、人々にトランプを妨害し続けるようにさせる必要がある。大統領選より前に、戒厳令が敷かれるように。」

見たところ、彼らの目的は、この「カオスの夏」を通してあまりに多くの問題を引き起こすことによって、大統領選が中止されるようにすることだった。そして、戒厳令を制定したがっていることが、これ以降のメッセージのやりとりに見られる。

イメージ 11

それから、この2人は、「リンチさん(ミセス・リンチ、リンチ夫人)」と通信したことを話している。
もちろん、これは、リンチさんという名前のどこかの人かもしれない。
それとも、アメリカ合衆国検事総長のロレタ・リンチ氏のことかもしれない。

7月1日、2人の黒人男性が警察に撃たれた。そして2つの高品質なビデオが、すぐにネット上に投稿、あるいはストリーミングされた。

イメージ 12

それから、BLMの抗議がほぼ同時に起きた。(sprung up)

イメージ 13

ダラスに関しては、スナイパー(1人または複数)が即時に配置されて、警察官を殺し始めたのだ。

イメージ 14

警察は自分たちのSWATチームを出してきて、スナイパーを射殺する代わりに、そのビルのある場所に無数のパトカーを送り込み、そこに警察官を座らせた。
警察官らが言うには、彼らはスナイパーが「白人警察官を殺したい」と言った時、そこで2時間座り込んで、スナイパーと交渉したと言うのだ。
その後、ビルに爆弾を搭載したロボットを送り込んで、彼を爆破した。

私(Dollar Vigilanteさん)は、これは確実にFalse Flag攻撃だと言うまではしないし、また、マッケソンらがDMで計画していたカオスの夏の一部だと断言するつもりもない。

イメージ 15

偽旗作戦の特徴:

・マニフェストが出される 
・レイシスト 
・メインストリームメディアで24時間報道される 
・ヒーロー
・現場で射撃手の訓練を実施中
・証拠がない 
・政治的アジェンダ
・クライシスアクター 
・精神的な病気 
・単独射撃犯 (必ず犯人は1人)
・慈善活動 
・公式のストーリーが出される

しかし、事件は、典型的なFalse Flagのすべての罠(特徴?;trapping)を持っているし、False Flagにおける政府のアジェンダのすべてのチェック項目を満たしている。

射撃犯は、元軍人。チェック✔

イメージ 16

彼はすでに、テロリスト容疑者だと発表された。

警察の談では、彼は白人を憎悪していた。
チェック。✔ 人種間戦争の扇動(race war incitement)

そして、彼はその行為を実行するために長い銃を使った。
チェック。✔ 銃規制アジェンダ(gun control agenda)

イメージ 17

Black Lives Matterはジョージ・ソロスが資金を出していることもお忘れなく。
暴動、クーデター、政権交代の資金提供と創作の王様である。
また、ソロスは、カオスを起こすためにスナイパーを使うことで知られている。
ウクライナでもそうだったように。

その間、メインストリームメディアのヘッドラインは、同じことを繰り返していた。

見出し:「ダラス射撃事件:9/11以来、法施行機関にとって最も死者の多かった日」
イメージ 18

2001年9月11日 − これもまた False Flag攻撃だった − これは、アメリカ国民に、この日の恐怖の記憶をトリガーするためである。

恐怖に陥っている人間はきわめて暗示にかかりやすい( suggestible)し、コントロールしやすい。

イメージ 19

「市民戦争」という言葉が、多くの新聞の表紙を飾った(graced)
元議員でコメンテーターのJoe Walshは、ダラス殺戮事件は戦争を意味するとツイートした。

容疑者は、「終末が来つつある」(The end is coming)と言っていたと報告されている。

我々が以前から、グローバリスト・エリートは、アメリカに市民戦争を作りたがっているとを言ってきたのを覚えていますか?
イメージ 20


それは、アメリカを不安定化させたいからである。
彼らがヨーロッパを不安定化させてきたのと同じように。
グローバリストの計画を導入するために。in order to usher in the globalist plan

イメージ 21

最近、国連(UN)ロゴの入った軍隊の車両が、全米各地で目撃されている。

Jade Helm はUX2016に突入した。
イメージ 22


このような年には、軍事装備品が国中を移動される。

また、複数の情報筋から、軍隊や国家警備隊(National Guards)が、何らかの戦闘活動の準備をしているとの情報を得た。

我々はこのような動きをJubilee Jolts (聖なる年の動揺??)と呼ぶ。なぜなら、より大規模なエリートの意図に合致しているからである。

イメージ 23

その意図とは、より強勢のあるグローバリズムの土台を作ること。
「カオスの夏」がそれを可能にするのだ。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事