チーズに恋してスイス暮らし

チーズに恋→フランスのチーズ屋で修行→日本のチーズ商社勤務→再びフランスへ→まさかのスイスに引越

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
こんにちは〜
毎日曇りでシトシトと雨が降っているリヨンです

先週末、パリに住んでるおねえが遊びにきてくれました
久々の再会、うれしかったなぁ

おねえが到着した日の夜は、ラクレットパーティー(パーティーって二人だけだけど 笑)にしました

ラクレットとは、その名の通りラクレットというチーズを使った、フランスの冬の定番料理です。
専用のマシーンを使って、チーズをとろ〜り溶かし、じゃがいもやハムにのせて食べるという、
シンプルだけど、超おいしい冬料理なのです

そしてこちらが、ラクレット専用マシーン
イメージ 1
値段はピンキリなんだけど、私は一番お買い得なやつ(なんと19€!)を購入 食べれりゃいいのさ・・・(゜∀)

上の鉄板部分には、ゆでたじゃがいもなんぞを、冷めないようにのせておくんですが、
その鉄板をはずすと、こうなってます
イメージ 2
1人につき1個、このマイミニ鉄板を使い、その上にチーズをのせるのです。
(6個セットされてたんだけど、今回は2人なので、2個だけセットしました)

ラクレットチーズ、ハム、生ハム、じゃがいも、サラダ、すべてセッティング完了〜
イメージ 3

今回は日本人2人だけなので、控えめな量ですが(えっこれで (゜∀)…)
本来はフランス人が加わると、もっとハムもチーズも、すごい量になります(笑)
イメージ 4

ワインは、アッサリしたものの方が合うので、今回はロゼにしました〜
イメージ 5

さぁっラクレットチーズを鉄板にのせて、いざ、焼きにかかりますっ
待ち時間なんて、ほんの2〜3分くらい。わくわくどきどき
イメージ 6

そしてチーズがとろ〜りとろけたら、おじゃが&ハム達の上にかけて、かんせ〜い
イメージ 7
あ〜おいしい、ラクレット。超シンプルだけど、やっぱり大好き
この冬、何度もリピ確定です。楽しみなり

そんなこんなで、たくさんおしゃべりしながら、ガツガツ食べてすてきな時間は過ぎてゆきました…
こんばんは
前回のオートプロヴァンス話の続きです・・・
 
ドンペリで始まったステキなランチを終えた後、私達は近所のマルシェへ
 
パリやリヨンのマルシェに比べたら、ずっとこじんまりしてますが、
でもなんか田舎らしくて、のほほんとすてきな光景
イメージ 1

あ、都会のマルシェでは、見たことのないお店発見
カボチャ屋さん(笑) 食用ではなくデコレーション用で、かわいい形のかぼちゃがいっぱいです
イメージ 2
 
そしてこちらは、お鍋などを始め、アンティークなものが色々あります
このスキー板、すごく昔に使われたやつなんだそうです。ほぇ〜めずらしい
イメージ 3
とここで、ステキな銅鍋を発見し、「この銅鍋を買う!!」と言いだしたnini
「高いし重いし、家に買ったって不便だよ〜」と、私はピーピー反論
が結局、私の反対を押し切って、購入。。。
まったくもう〜と思ってたんだけど、
家に帰って、いざお米を炊いてみたら、銅鍋の実力を思い知らされることに
なななんと、お米が超ツヤツヤに、今までで一番おいしく炊けたのです
すごすぎる、銅鍋パワーよっ恐れ入りました!!
 
というわけで今、我が家では、お米だけは、まるで三ツ星レストランのような銅鍋で炊いています()
                                           ・・・せまいアパートに不釣合だが、まぁいっか(゜∀゜)
 

あ、そういえば、niniママ家に、前にこのアンティーク市で買ったという、すごいものがありましたよ。
                        騎士の兜    それをはめてみて、はしゃぐ息子(゜m゜) 笑
イメージ 4
                                             ・・・うん。私達の家には、いらない() (゜ω゜)
 
さてさて、マルシェでのんびりした日の夜、私達には、どうしても行きたかったレストランが
車で10分ほど行った、バルスロネットという町にある、「L‘ABRI」というピッツェリアです。
フランスでピザ!?と思うかもしれませんが、普通フランスで食べるピザは大したことないんだけど、
ここのは、まじでまじでおいしいのです
私はここのよりおいしいピザは、フランスはもちろん、日本でも食べたことないです
 
niniは超常連で、店長とも仲良しなので、L‘ABRIに行けるのを、心待ちにしていました
夕方に予約の電話をし、夜にお店に到着すると・・・
なぜか「ポールボキューズ様 予約」と、ふざけた予約席が私達のために用意されてました()
イメージ 5
お店のスタッフとも久々の再会で、うれしかったなぁ


そして、待ちに待った、おいしすぎるピザの登場きゃー
イメージ 6
こんなに大きくておいしくて、なんとたったの9ユーロ ありえない値段です。
石釜で焼きあがった、周りパリっと、中もちもちの生地に、
おいしいトマトソース、モッツァレラ、バジル、にんにく・・・シンプルなんだけど、本当においしいです


ワインは、VACQUEYRAS(スペルむずかしいな…) にしました。おいしいかった
イメージ 7
お互いの近況報告など、店長ともたくさんおしゃべりして、すてきな夜は終わりました
ここは本当に、癒しのレストランです。また田舎に来た時は、必ず行こう・・・
 
そして翌朝、私達は、リヨンへ帰宅
2泊3日だったけど、すてきな田舎滞在でした
ちなみに、肝心の冬服も色々持ってきたんですが、その翌日からリヨンは暖かくなりました(なんだかな〜 
こんばんは〜
なんだかリヨンは、雨が続いています

さて、先日、niniママのお家に、冬服を取りに行ってきました
ダウンとかセーターとか、厚手のものは、全部置かせてもらってるので、
「本格的な冬がリヨンに来る前に、取りに行かないとね」ということで、
niniママのお家がある、オートプロヴァンス地方に、行ってきましたぞよ

オートプロヴァンスとは、南アルプスと南仏プロヴァンスの境目という感じです。
標高の高い山が立ち並んでいて、とってもキレイなところ


リヨンを夕方出発したため、到着したのは夜中になっちゃいました。
そんな私達を待っていてくれたのは、かわいい5匹のワンコ達
あぁ、犬ってかわいいのぅ
そして、見てください。この遊び疲れた、ディディエのおっさん寝顔。もうかわいすぎ
イメージ 1

翌朝起きて、久しぶりのアルプスの山をちょろっとお散歩
なんてキレイなんだろう。本当に、空気がきれいで、気持ちがいい
イメージ 2
あぁやっぱり田舎に住みたいねぇと、言いたくなります、この景色

そしてお家では、niniママが、張り切ってランチの支度をしてくれていました。
かわいいテーブルセッティング あ、昼から飲む気満々ね(゜-゜)
イメージ 3

そしてなんと、久々の再会と言うことで、このお酒をあけてくれました
                 ドン・ペリニョン1998年       どっひゃ〜\(゜ロ\)(/ロ゜)/
イメージ 4
ぜいたくすぎるっうれしすぎるっ  ありがとうございますっ
私とniniのテンションは、一気にあがりました(笑)

なんと美しき、金色のシャンパーニュよ とっても深みのある味わいです。 おいすぃぃぃ (゜∀゜)
イメージ 5

写真取り忘れちゃったけど、前菜は、おいしいサラダ&パテドカンパーニュでした
そしてメインは、豚のロースト
と思いきや、台所から、「焼きすぎちゃった〜」との、悲鳴が(笑)
イメージ 6
ちょこっとパサついてはいたけど(笑)、いいんですみんなで食べればおいしい

今日は気分的に白が飲みたいねと言う話になり、久々の白ワイン、おいしかったな〜
                        POUILLY-FUME 2010 です。
イメージ 7

昼からこんなに飲んだら、すっぱり酔っ払ってしまいました
なんか、普段の日常…リヨンの小アパート暮らしから考えると、非現実的な世界なり(笑)

そのあとは、みんなでマルシェ(青空市場のようなもの)へ
都会のマルシェは品物が豊富で楽しいけど、田舎はまた違う独特の雰囲気がすてきでした。
続きは、次回アップしま〜す

ドンペリの記事を書きながら、私の晩ご飯は、キムチおじやでしたが、何か(笑)
ではまた〜おやすみそ。

こんばんは〜


お天気が良い時に、ご近所さんの写真を撮りました。
こちら、家から徒歩1分のテロー広場
イメージ 1

そしてその横にある、HOTEL DE VILLEこと、リヨン市庁舎
イメージ 2
立派じゃのう ( ̄∇ ̄*)   この中に住みたい・・・

 

さてさて、実は私、久々の学生になりました〜

 

私はチーズのためにフランス語を始めて、    (改めて考えると、すごい理由だな 笑)

本当にまだ言葉が初歩の状態で、チーズ愛だけでフランスに飛び込んじゃったのね

そしてまぁ色々と辛い思いをしながら、現場で働きながら、耳で覚えたフランス語なのです。

しゃべり好きな性格も功をなしてか (うるさいとも言う)、一見しゃべれるようにはなったんだけど、

実は文法とか、筆記とか、結構ひどいのよぉぉぉぉぉ

 

というわけで、この1年でガッツリとフランス語を勉強するのだという目標を立てました がんばるぞ〜

 

そんなこんなで、語学学校の初日に、クラス分けテストがありました
結果はまさかの・・・一番上のクラスになってしもうた どんな判断だ(´□`;) バッキャロー

とりあえず様子見と思って、一週間はそのクラスに居てみたけど、
う〜ん、やっぱり私のレベルではない  
というわけで、先生にお願いして、1つ下のクラスに下げてもらいました。
そしたら、ちょうどよい感じですほっ よかった。。。


安心したらお腹が減るということで(笑)、晩ご飯のお写真も〜
まずは、おいしいバゲットを買って。。この日は、枝みたいなおもしろい形の、エピにしました
イメージ 3

そして前菜は、サラダパテ・ド・カンパーニュ
イメージ 4
食べ過ぎ防止のために、パテは半分だけ(笑) これでも十分でかいけど。。。

そしてメインは、久しぶりのVeauこと、子牛ちゃん
niniが、お気に入りのエスカロップ・ミラネーズ(子牛のミラノ風カツレツ)を作ってくれました。
イメージ 5
「フランスに居るのにミラノ風って・・・ 」と最初は言っていた私ですが
食べてみたら、とってもおいしかったため、前言撤回(笑)
まわりはカリっと、中のお肉はとってもジューシーに仕上がってました
ごちそ〜さま!

さてさて、宿題やるぞ〜 ではまた
こんにちは〜

さて、2回に渡ってお送りした、三ツ星レストランPAUL BOCUSE話
フランス生活って優雅・・・という雰囲気だったかもしれませんが・・・

現実は、コッチ。 とある日のお昼ご飯。

                          野菜たっぷり塩ラーメン 
イメージ 1
あ、すいません、夢を壊すような記事で(笑)

相変わらず、すごい量の日本食材を持って渡仏しましたから(笑)
niniに、「なんでこんなに持ってきたの〜!?食糧難にそなえて?」と笑われましたが、
いやいや、やっぱり日本食は超重要調味料さえそろってれば、何でもできるからね


さて、この日はお天気がよかったので、niniとのんびり、リヨン市内をお散歩
イメージ 2
リヨンには、2本の川があります。ローヌ川と、ソーヌ川。
川のふもとをのんびり歩くのが、お気に入りのお散歩コース

あ、そうそう、近所のHOTEL DE VILLE(市庁舎)で、こんな展覧会をやってました
その名も、「Jadis le Japon 昔の日本」です
イメージ 3
すごい〜本当の武士の写真って、初めてみました
大河にハマり気味だった私としては、興味津々(笑)
「あの背中の矢、すごくない?」とか、「目力が違うね」なんて言いながら、しばし鑑賞。

そして、なんとまさかの福山雅治似の、イケメン武士の写真まで(笑)
イメージ 4
この右の人、かっこい〜と思うなぁ。きっと昔のイケメン武士だね、うん
      あ〜こういう人に、「姫!大丈夫ですか」って助けに来てもらいたいねぇ〜
                                             ・・・・あ、すいません、妄想(゜∀゜) あたし姫じゃねぇや


とまぁそんなこんなで(どんなこんなだ)、のほほんとしたお散歩でした。

夜ごはんは、niniが買ってきてくれた、新鮮なサーモンフュメ あ、スモークサーモンのことね♪
大きな切り身で買ってきたんだけど、キレイにうすくカットしてたよ。

その間私は、サラダの準備。
愛するゴマダレで、にんじんといんげんを使い、パパパのパッと       えぇ、手抜きですけど、何か(笑)

というわけで、できあがった晩ご飯は・・・
    新鮮なサーモンと、付け合わせは、リコッタチーズとほうれんそうのラビオリ(これは買ったものです)
イメージ 5

このサーモンうまっ ちょっと高いけど、たまにご褒美としてならいいかも、うん。
最初はシンプルにレモンで、そのあとはオリーブオイルをたらして、おいしくいただきました

ごちそ〜さま!


イメージ 6ランキングに参加しました♪よろしかったら、ポチっとおねがいします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事