チーズに恋してスイス暮らし

チーズに恋→フランスのチーズ屋で修行→日本のチーズ商社勤務→再びフランスへ→まさかのスイスに引越

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こんには〜。
スイスはもう朝晩は一桁の温度で、ひんやり寒いです(´・ω・` )
長い冬が、向こうからニヤニヤと近づいてくるのがわかります・・ ・・・・・・|д゚)ヒィィ
 
さて、最近は家に色々お客さんが来る日が続いて、 前回更新からちょっとあいてしまいました。
Nikiレストランのお料理写真を今日は載せますねぇ。
 
こちらは、お店の名前La feuille de vigneにもなっているギリシャ伝統の一品。
ぶどう葉のファルシです。中は、 お米とひき肉とハーブが入っています。
イメージ 5
すっごく手間のかかるお料理なので、 ギリシャでもできた物をを買う店が多い中での、 しっかり手作りです。
ぶどうの葉っぱとお米のハーモニーが絶妙。ハーブ使いも、ザ・ ギリシャです。おいしい!!
 
こちらは夏には定番の、ギリシャサラダです。
ポイントは、ギリシャから入れているこだわりのフェタと、 レスボス島のオリーブオイル!
余計なものはなにもいらない、シンプルなおいしさ。
イメージ 1
 
こちらも夏の定番。牛肉のカルパッチョ パルミジャーノのせ。
イメージ 2
テラスでこれを食べながらロゼを飲む・・・最高です
 
大海老のソテー。ポイントは、ギリシャのコザニというところで手摘みで収穫されたサフランを使ったソースです。
イメージ 3
スイスではおいしい魚介を食べるのが本当に至難のワザ・・・
外食で注文すると、たいていはまずくて、火を通しすぎてパサパサだったり、おいしくないのです。
でもNikiたちは、さすが魚介を愛するギリシャ人。魚介の扱いをわかっています。。。
エビもムール貝も、プリップリ♪感動。
 
ギリシャのザ・定番料理、ムサカ。
ひき肉を使ったボロネーズソースと、グリルしたズッキーニやナスを層にした、ギリシャ風ラザニアです。
イメージ 4
ボロネーズ作り、薄切りにした野菜のグリル、ホワイトソース作り・・・・手間のかかる一品です。
見事なマリアージュ、ほんとーーーーに、うまい。大好きです。
 
他にも色々あるのですが、とりあえず王道どころをババッと紹介してみました
 
スイス旅行をすると、途中で確実に魚介が恋しくなる時が来るので(笑)、
その時はどうぞ、Nikiレストランに来てください
あ、もちろん、食後のチーズ盛り合わせはSAYOセレクトですっむふふ
 
お客さんのほとんどはもちろんスイスの方ですが、
この町に住んでる日本人のみなさんも、「おいしい魚介が食べられる〜」と、
よくお店に来てくれて、うれしい限りです(´▽`)
先日出張でこの町に来ていた日本人男性は、毎日のように食べに来てくれたり・・・。アリガタヤ
 
もっともっと皆に愛されるお店になるよう、Niki、がんばれぇぇぇぇ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事