チーズに恋してスイス暮らし

チーズに恋→フランスのチーズ屋で修行→日本のチーズ商社勤務→再びフランスへ→まさかのスイスに引越

スイスチーズ屋の仕事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

大変ご無沙汰しております。
そしてもし誰か見てくれる方がいるならば、ほんとーーーーーにありがとうございます(*´▽`*)
 
わたしはスイスで元気にやってます♪
今のチーズ屋さんで仕事を始めて1年3ヶ月、仕事にも慣れ、
スイス暮らしはまだまだ初心者ではありますが、だいぶ慣れてきました。
 
7月には、夏バカンスで日本に帰り、なんとスイスチーズイベントをやらせていただきました!!
日本チーズ業界パイオニアの本間社長率いるチーズ商社Fermier、
6月のフロマジェー世界選手権で見事優勝した村瀬美幸さん主催のThe Cheese Room、
どちらも私には恐れ多い、すばらしいところでやらせていただきました。アリガタヤ
 
こちらは、Fermier本社1階にある愛宕店。
六本木のすぐ隣とは思えないくらい、閑静で緑がシゲシゲとした、すてきなフロマージュリーです。

イメージ 1
私の古巣でもあり、私はこの上の事務所で都内営業として働かせてもらってました。
イメージ 2
ここのサロンで、スイスチーズの会をやらせてもらいました。
昼、夜ともに満員で、キャンセル待ちが出たという・・・・ほんとーにありがたかったです(´・ω・`)
 
スイスからエンヤコラとかついで帰ってきたチーズ達。
わたしのオーナーステルキが熟成したチーズは、すべて日本初上陸♪♪
イメージ 3
スイスチーズについて、熱く語らせてもらいました。
私も未知だったスイスという国、働いて暮らしてみて、いろいろな発見の毎日です。
その情報とすばらしいステルキチーズの味に、みなさんとても喜んでくれて、いやぁまじうれしかった(*´▽`*)
 
もちろん、フォンデュもやりましたよ〜♪
毎日手作りでチーズの皮をはぐところから始まる、超こだわりのフォンデュステルキ。
決して味が強すぎることなく、濃厚でクリーミー、私はスイスで週一食べてます(笑)
イメージ 4
「今まで食べたフォンデュで一番おいしかった!」「日本にはいつ入荷するの?」などなど、
ほんとありがたいお言葉たくさんいただきました。
 
こちらは、京橋The Cheese Roomイベントでのチーズのラインナップ。すごい量です(笑)
スイス二大チーズ料理である、フォンデュとラクレットを両方やらせてもらいました
イメージ 5
スクリーンが使えたので、色々写真を見ていただきながら、スイスチーズの魅力について熱弁しましたよ(*´з`)
 
そしてこんな私のめったに更新しないしょぼしょぼブログを、
いつも楽しみにしてくださっているという天然記念物よりも貴重な方にもお会いしました(笑)
 
いやーそんなこと言われると、うれしいじゃあないですか(/・ω・)/ウヘヘ
がんばって、更新しなきゃ。
写真だけは山のようにあるのに・・・!!
 
というわけで、また細々と更新していきます。
久しぶりに書いたら、ちょっとおカタイ感じになってしまった(笑)
また次回からは、今まで通りのくだけたかんじでいきます(´▽`)笑
これからもよろしくおねがいします〜
 
今日の晩ご飯は・・・・・・・・・フォンデュです(・ω・)ノ笑 ではでは、またねぇ〜

450人チーズビュッフェ

ちょ、時が経つのが早すぎる・・・(-_-)
もう4月末って!!(毎月言っているこのセリフ

先週火曜日22℃までいったのに、土曜日マイナス1℃で雪降りました・・・
気候激しく変わりすぎ←1日でこれ全部あることが、多々(笑)

さて、先週水曜日、スイス最大手製薬会社での450人ランチビュッフェでのチーズサービスに行ってきました
この仕事、私とNiniにとっては、思い出のあるもの。
実は去年スタージュでここに来た時、2日目にこのサービスのお仕事があって、オーナーと3人で行って、
私達の仕事っぷりを見たオーナーが、帰りの車の中で、
「2人とも、スイスに残って、うちで働かない?」と、言ってくれた、思い出のお仕事なのです。

それから早1年。今年も行ってまいりました〜
チーズ達を移動式冷蔵室に入れて、これで高速を走るって、宣伝しすぎ(笑)
イメージ 1

レマン湖を一望できる場所に立っている、超美しいこの会社。
社食とはとても呼べない美しい社内レストランは、
元三ツ星レストランで働いていたシェフがしきる、本格的なレストラン

さて、チーズをせっせと準備してゆきます。
この日は暖かかったので、フレッシュなシェーヴルにいちじくジャムをのせてみました。
イメージ 2

イタリアチーズコーナー。パルミジャーノから始まり、羊のペコリーノ、トリュフ入りや唐辛子入りなど。
イメージ 7

パルミジャーノは、オーナーがその場でカット。いい香り〜
イメージ 8

後ろに見えるオープンキッチンは、最高級機材がそろえられています。Nini、おもわずため息(笑)
イメージ 9

うちのお店の人気商品でもある、イタリアのお酒熟成チーズ達。
赤ワインバローロ熟成、ウィスキー熟成、フルーツのせグラッパ熟成など。
イタリア人が作るチーズは、色気があるっ(笑)
イメージ 10

でもそんなお色気にも負けず(笑)、中央を陣取るのは、地味だけどおいしいスイスチーズ(笑)
濃厚でクリーミーなヴァシュランフリブルジョワ・アルパージュ、
スイスイタリア語圏テッサンで作られている、アルパージュ・ドゥ・テッサン
イメージ 11

グリュイエールは、半玉置きです(笑)でか〜
イメージ 12

オーナー最終チェック中・・・
イメージ 13

シェーブルコーナーです。
シャロレ、クロタン、サントモールなどの王道に加えて、南仏のめずらしいシェーヴル達も
イメージ 3

クロタンで、「昇り竜」(笑)(゜m゜)
イメージ 4

サントモールで、エグザイル的な配置(笑)
イメージ 5

主役は俺だ!と、主張する大きなグリュイエールが、ほほえましかったです(笑)
イメージ 6
というわけで、今年も無事大好評で終えましたよかったよかった。
来年に向けて、ますますパワーアップしていかないとね

そして、私と一緒に1年間フロマジェーとして経験を積んだNini、先週でチーズ屋さんの仕事を終えました。
実は、この町で、自分のレストランOPENするのです
不安もありますが、でも、楽しみ。Nini、がんばるんだよ〜
準備の様子など、ブログでぼちぼちアップしていきます。

私はフロマジェーとして働きつつ、Niniの背中をビシバシ叩きながら、陰ながらサポートしてゆきます(笑)
お久しぶりです〜
・・・って、もう2月も中旬すぎ\(゜ロ\)(/ロ゜)/えぇぇぇぇ

時の流れの速さに、軽くひいています
そしてブログ更新も、久しぶりになってしまいました。

1月末の話ですが、リヨンの食のエクスポSIRHAに行ってきましたよ〜
17時まで仕事して、職場に着替えも持参し、その足で皆でそのままリヨンへGO

そして翌日は、オーナー息子ロアンヌが出場する、フランスNo.1フロマジェーを決める大会へ応援に
(彼はスイス人ですが、現在フランスで仕事中のため、フランス国内大会に出場可なのです)

大会は、こんなかんじの雰囲気で、緊迫した空気がはりつめています。
イメージ 1
チーズの名前や熟成期間、さらには牛の種類までもとめられる試食テストや、熟成選び、筆記試験、
カッティング&包み、そしてプラトーなどなど、もりだくさんのコンクールでした。

出場者の緊張やプレッシャーを考えると、こっちまで手に汗にぎる闘いでした


私とオーナは、大会前、ロアンヌからプラトーの相談を受けてて、
写真をメールで送ってもらったり、あーだこーだと言いながら、色々話し合っていたので、
完成品を見た時はなんだか感動

そしてこちらが、そのロアンヌのプラトー
シンプルながら、チーズがとってもおいしそうに見える、愛のこもったプラトーです
イメージ 2
彼の選んできたチーズ達の熟成状態が、ほんとおいしそうで、お見事

結果は、全体で16人中6位、さらに若者部門で3位に入賞しました初めての大会で、すごいっ
若者部門ってのはね、フロマジェー、パティシエ、キュイジニエなどなど、それぞれの職業から3人ずつ、
計33人の若者を、今後期待大の若者として、パリで表彰する大きなイベントがあるんだって
まさに、来年に店長になるロアンヌとしては、すばらしいスタートになりました

そして優勝したのは、なんと・・・・
私が去年まで働いていた、MONSリヨン店のイギリス人スタッフ、マット〜すごいー
うれしいーまさか知っている人の中から、優勝者が出るなんて
マットの作ったプラトーが、こちら。色々なところに月がかたどられていて、なんだかロマンチックなプラトー
イメージ 3
プラトーはもちろん、カッティングや試食、すべての項目を審査されて、勝ち取った1位
ほんとすごいなぁ〜おめでとう

他の出場者のプラトーは、こんなかんじ。個性豊かで、色々勉強になりました
こちらは、時代を感じるプラトー。まさかの、液晶画面が中央に(笑)
イメージ 4

お花や緑が多くて、お庭をイメージしたのかなぁ?女性らしいプラトー。
イメージ 5

モダンなかんじのプラトー。デコ道具にグレーや黒のシンプルな色を使って、チーズをひきたててます。
イメージ 6


そして大会後、私のチーズ師匠でもあるエルベ・モンスや、たくさんお世話になったリヨン店店長エチエンヌなど、
大好きな人達にたくさん会えて、ほんとうれしかったなぁ
「SAYOが、フォンデュがなきゃ生きられないスイス人体質になったって噂はまじかぁ〜!」
とエルベからつっこまれ、みんな爆笑でした
楽しかったー。いっぱいしゃべって、たくさん笑いました

私もこれから、もっともっとがんばって精進していかなきゃなぁと、強く感じたリヨン滞在になりました


そして、3月頭に、バカンスで日本に帰ります〜
1年半ぶりの帰国、もううれしくてうれしくて、今からソワソワしています(笑)
風邪もはやってるから、バカンスに向けて、しっかり体調管理していかないとっ

さてと。
今から、スイスのヴァシュランフリブルジョワと、フランスのコンテを使った、国境フォンデュを作ります(笑)
あぁ、やっぱりフォンデュのない暮らしは無理になっている〜(笑)

バタバタな今週

こんにちは〜

今週は、とってもバタバタしております
今週末に、リヨンで開催される食の見本市SHIRAに行ってくるのです

この週末は、リヨンは食祭りになります。
SHIRAでは様々なコンクールが開催され、世界No.1料理人を決めるボキューズドールとか、
パティシエ大会のクープドゥモンドとか、聞いたことありますか?

そしてわたしたちはとある大会を見るために、今回スイスから出陣します
それは、フランスNo.1フロマジェーを決める、チーズ職人大会の応援のため

現在フランスで修業中のオーナー息子が、出場するのです
        彼はスイス人だけど、フランスで働いてるので、フランス国内大会に出場可能なのです。

楽しみーがんばってもらわないと
なんせ来年からは、彼がこのお店を継ぐんだからがんばれ未来のオーナーよっ


そして夜は、オーナーのお誕生日パーティーを兼ねて、
なななんと、私の大好きなレストラン、三ツ星PAUL BOCUSEでディナーです
スタッフや家族も含め、9人でぞろぞろと(笑)やったぜぃぃぃぃぃ


というわけで今週は土曜日仕事終了後、そのままリヨンに出発し、
翌日大会見て夜ボキューズに食べに行って、月曜にスイスに戻って、
火曜朝6時から仕事という、ハードな週末になりそうです

がんばりますー写真もたくさん撮ってきます
ではではまたね〜

チーズプラトー

こんにちはこんばんは〜 (日欧対応挨拶 笑)

8カ月ぶりのブログ更新にもかかわらず、来てくださったみなさん、ほんとありがとうございます。
ほんとうれしいです、うぅ

スイスのチーズ屋さんで仕事を始めて、フランスとすごく違うと思った点が多々あるのですが、
まずその①が、チーズプラトーの注文がめちゃめちゃ多いということなんです。

フランスでももちろん、ノエルの時期とかはプラトー注文がすごいんですが、
スイスの私のお店では、普段からまぁプラトー注文の多いこと(゜-゜)びっくりしました。

フランスではチーズは食後に食べるものとほぼ決まってますが、
スイスは食後ももちろんのこと、アペリティフやメインの食事でもチーズをよく食べます。
メインの食事では、ラクレットフォンデュが、定番。
(まぁこのことについては、また別の記事で詳しく書きますね。)

というわけで、来客時や、手土産用など、「アペリティフにチーズプラトーほしいんです〜」などなど、
チーズ屋としてはありがたいくらい、たくさんのプラトー注文があります。

そしてそれぞれお客さんのチーズの好みなどを聞いて、毎回毎回異なったプラトーを作ります。
2人用の小さなプラトーから、一番大きかったのは1000人プラトー(笑)
いろんな種類のチーズを入れることも、ポイント
スイスはハードタイプの硬質チーズが多いので、まずは王道のスイスチーズを入れ、
そしてフランス、イタリアと、クリーミーなもの、ちょっと味の強いもの、めずらしいチーズ、などなど、
色々工夫をしながらプラトーを作っていきます

ありがたいことに、オーナーは私の作るプラトーをすごく気に入ってくれるので、
今ではわたしがほぼすべてのプラトーを担当しています
                                 (・・・ふっ、なかなか見る目があるじゃないか・・・(* ̄∇ ̄*)  え。

で、そのチーズプラトーっていうのがね、たとえば、こんなの。
イメージ 1
バランスよく、いろんな種類のチーズを盛り合わせます。
切り方とか盛り付け方で、高さとかを出すのもかわいく仕上げるポイント

こちらは、もうちょっと大きなプラトー。
半分はスイスチーズにしてほしいと言われたので、スイスチーズ多めに。
イメージ 2

ノエルの時は、1日に150個も作りました(笑)
しかも注文はひとつひとつ全部違うから、それまた大変だったけどね
次のノエルはもっと効率良く作れるようになるんじゃないかな。まぁ、日々進歩です。

さて、今日はお休みだ〜
なんかおいしいものでも作って、まったりすごします。
では、明日から仕事始めの人も多いのかな?みなさん、がんばれぇぇぇ

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事