mimiの日々是好日

ご訪問ありがとうございます。今までの皆様との交流に心からお礼申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

堅田9条の会主催の小出先生の講演要約
演題は「原爆、原発と憲法9条」
初めに・・
「ヴァイツゼッカーの演説」から・・
 
イメージ 1

過去に目を閉ざす者は、結局現在にも盲目になる。
「歴史に目を閉ざさない」
 
原発のもう一つの危険な側面について…
原発を作ることは、原爆、つまり核兵器を持つことにつながる。
我が国の外交政策大綱
 
イメージ 2
日本政府の公式見解
イメージ 3

外務省幹部の談話
 
 
イメージ 4
 ↑
これらは、この憲法9条を、どう解釈すれば、そのようになるのか??
イメージ 5

原発から核兵器へ・・ 
それを止めるためにも語っていきたい。
私一人では無理なので、皆さんの力を借りたい。
・・・・という平和への願いのお話でした。
 
(石原都知事の「日本も核を保有すべき」という説とぴったり符合しました。
原発をどんどん進めてきた自民党の最終目標もそこに??)
 
 
最後に、ナチスに協力した教会があったことにもふれて、
「もし,教会が本当に信仰に生きるキリスト者たちからなりたっていたならば、
ナチスはあれほどの不正を行うことができただろうか?
ナチスに罪を押しつけるだけでは十分でない。
教会も自らの罪を告白しなければいけません」
・・という厳しい一言で終わりました。
 
教会で行われただけに、最後の言葉は、キリスト教会の信仰を持つ人たちに向けての、厳しい問いかけであったようにも感じました。
今の原発の問題も、核兵器を保有する道へと歩むことに近いのです。
色々な意味で、原発が危険なものであることには違いありません。
 
黙っていて何もしないのは、よくない・・・・
きっと、後で、マルチン・ニーメラーのように後悔することになる・・・。
 
イメージ 9

・・私は、後悔しないように・・語っていきたい。・・と結ばれました。
 
 
 
講演の詳細は以下に・・・
司会者
「あるエッセイに”戦争責任を曖昧にすべきではない”と。
日本は今でも大事な問題を曖昧なままにしている。
民主主義を守るため、国民がもっと意見を出していくべきで、
今日の集会がその一歩となるように・・。
40年以上に渡って、「原発は不要」と言ってこられた小出先生のお話を・・。」

小出先生
「今日は、原発の事故のことではなく、原発について語る・・
ヴァイツゼッカーは「歴史から目をそらすな」と言っている。
<悲惨な歴史のあった広島、長崎、東京大空襲・・>
私は東京生まれ,東京育ち。家は上野と浅草の真ん中にあった。
戦後生まれで詳しくは知らないが、大変な目にあった。
逃げろと言われても、そう簡単ではない。子どもを抱いたまま黒焦げになった人が十万人にもなった。それでも、日本は戦争を止めなかった。国威を誇示するために・・。
 
欧米は何とか戦争を止めさせようと原爆を作り、ポツダム会議にあわせて、原爆を作り、日本の広島と長崎に落とした。
・・・・・・・・・・・・
広島はウラン、長崎はプルトニウム。
天然ウランは燃えて使えるウランの部分は0,7%
燃えるウランを集めるためには相当のエネルギーを費やした。
ウランの中性子を反応させてプルトニウム239を作った。
ウランで原爆を作るより、不要だった99,3%でプルトニウムを作る方が簡単なことが分かった。プルトニウムを再処理したものが長崎で落とされた原爆。
原子炉でプルトニウムを作り、再処理して長崎の原爆を作った。
 
原爆を作るには、濃縮と変換と再処理が必要。
燃えない成分を劣化ウラン。燃えにくい成分を減損ウランという。
イメージ 6
 
 
<石油石炭は、なくならない>
石油は何年持つか?1930年には、あと18年でなくなると言われた。
石炭石油を確保しなければいけないと、日本は大陸に資源を求め,侵略戦争を起こした。ところが、1940年には、あと23年はある。1950年にはあと20年あると・・。
1960年にはあと30年ある。オイルショックの後でも石油は30〜35年はある。
・・と言われ続ける・・要するにこれはインチキである。これに惑わされてはいけない。
多くの日本人は今も、化石燃料はなくなると思っている。だから原子力が必要だと。そのために私が用意した資料がある。
イメージ 7
 
 
石炭は地球に存在しているエネルギーだが、金儲けにならないのでつぶされた。
確認埋蔵量は技術が進歩すれば、金儲けになる。
世界で使っているエネルギーは、金儲けができる燃料だけを使ってもまかなえる。
今は,天然ガスが便利で、石炭と同じように使われるようになるだろうし、世界のエネルギーをまかなえる。でも、原子力は自然にある資源より量が少ない。それにかけ 
るなんて馬鹿げている。
私がそう言うと,反対する人たちがいる。「原爆を考えろ。プルトニウムは燃えないウランから作る。効率的ではないか」と。
ウランを取ってきて、濃縮する・・。
広島原爆を作った時と同じことをやって,原子力を作っている
 
<もんじゅの事故と高速増殖炉計画の失敗>
1995年、もんじゅ事故があり、すぐに止まった。
再び稼働しようにもずっとダメだった。高速増殖炉計画はどうダメになったか?
日本の原子力は長期計画により進められている。
 
1967年から1980年には実用化する。しかしダメだった。
次の計画では、1990年前後と書き換えた。これもダメだった。
次は2000年と。これでもダメで、2010年として、それもダメだった。
次は2020年代に技術開発の実用化・・と言葉を変える。
原子力委員会は2050年に技術開発のメドを・・と書き換え。
・・・ついに現在では、具体的数字を示すことができない計画になっている。
すでに1000000000000円(1兆円)を超えるお金を使い、その責任を誰も取らない。
小室哲哉は6億の詐欺をした。1億で1年の刑務所というのが相場らしい。
ならば、1兆円の詐欺の責任は誰が負うのか?
どうしようもない犯罪の責任を誰も取らない原子力村。
イメージ 8
次回に続く・・。

閉じる コメント(18)

顔アイコン

おはようございます。
講演のまとめは大変だと思います。お疲れ様です。そしてありがとうございます。
ヴァイツゼッカーはドイツの大統領でしょうか。ドイツは戦争に対して徹底的に反省してきましたから、その言葉には重みがあります。一方の日本は戦争の責任を曖昧にしてきたので、そのツケがいつまでも付きまとってきます。それが原発推進にもつながっていることがよくわかりました。日本人の温和な性格が長所であり同時に短所にもなり、原発の推進を曖昧なまま黙認してきたことは全国民の責任だと思います。今こそその全国民の責任において原発をどうするかをはっきりさせなければなりません。
原発事故が起こってしまった今、知らなかったと曖昧なまま済ませることは許されません。
続きも楽しみにしております。

2011/7/28(木) 午前 6:46 [ 雁来紅 ]

顔アイコン

雁来紅さん おはようございます
温かい労いのお言葉、ありがとうございます。
学校からの課題もあって時間が足りず、まとめが遅くなりました。
戦争の責任と反省を徹底的にしてきたドイツと日本の戦後の違い、まさにそこをつかれているのですね。
アメリカからの原発の誘いにも易々と乗ってしまった日本。
しかも原発に力を貸した正力松太郎などはA級戦犯だったのですから・・。また、戦争中と同じように、政府や上の者だけが、都合の良いことを言って原発を国策として推進してきた・・。
原発事故の後の言論統制や大本営発表は、まるで戦時中のようだと誰もが感じたと思いますが、それは、日本が本物の民主主義からは遠く、実際は、戦前の体制を引きずっていたからなのですね。
仰るように、日本人の穏和な性格は長所にもなりますが、何も言わないことが原発の黙認となってしまったことは残念なことです。でも、情報提供をキチンとしないどころか、原発を擁護しているメディアの責任も大きいですね。今も、そうなんだと思います。

2011/7/28(木) 午前 7:23 mimi

顔アイコン

だからこそ、起こってしまった原発の事故をきっかけに、国民はよく考えて、正しい選択ができるように、声を上げなければいけない・・と言うことですね。
小出先生は、政治は嫌いだと仰りながらも、こういうこともきちんと見極められていて、「原発を原爆に見立てて、反原発とあおるのは左翼だ」とか、わめき立てる人たちもいる中、とても勇気ある発言であったと思います。
しかも教会での講演で、ナチスへの荷担という意味で、ドイツの教会の責任についても言及されました。
・・教会の方たちも、きっとこのままにしていてはいけないという思いをもたれたのではないでしょうか。
小出先生は、単なる科学者ではなく、まずご自分の哲学を持っていらっしゃる方ですね。原子力を学んだ学者として、原子力の悪用に警鐘を鳴らす立場にずっと甘んじてきた、というよりその姿勢を貫くことに生涯をかけてこられた。現代の田中正造です。
立派な方だなぁ・・としみじみ思いました。

2011/7/28(木) 午前 7:24 mimi

顔アイコン

mimiさん 転載お願いします。ポチ

2011/7/28(木) 午前 10:06 [ みい ]

アバター

ヴァイツゼッカー、マルチン・ニーメラーの言葉、有名ですね、心に刻まなければなりません。日本は江戸時代から相互監視、長いものに巻かれろでお上にはたてつかない人たちが居て目覚めた人をアカ、非国民として迫害しました。今でもそうですね。
ウソで固めた東電は責任取らなければならないのに、さらに計画停電で脅したのに関西電力に電力売るんだそうです。
しかも国民に重税押し付けてきます。
ポチ&転載、TBさせてください。

2011/7/28(木) 午前 11:28 hitomi

アバター

2008年世界4月号の戦時下の命がけの反戦投書
戦時下、庶民のレジスタンス―― 井形正寿です。元特高警察官
今語り継ぐ戦争 59回目の夏http://www.nnn.co.jp/dainichi/kikaku/senso/senso040817.html「天皇あるため国民がどれだけ迷惑か。我等臣民たるの契約なし」
「海南島ではシナ人を飛行場の工事のために酷使し、秘密厳守のためにこれを射殺している…非人道的な日本の政略は…」
「我々はもう戦争には飽き飽きした…」
「特権階級や軍人ばかり贅沢して一般民にばかり犠牲を払わす貴族政治をやめよ。本当に一億一心を叫ぶなら共産主義を徹底してみんな平等に扱え、大和運動なんてチャンチャラおかしくて物が言えない。民心は政府と反対の方へばかり動いていくぞ」

2011/7/28(木) 午前 11:46 hitomi

アバター

TB沢山送り申し訳ないですが、竹中彰元、鶴彬知らない方が多いので。TBへのコメントはお気使いなく。
9条の会主催だったのですね、私も地域の会に入っています。
鶴彬の反戦川柳
手と足をもいだ丸太にしてかえし
万歳とあげて行った手を大陸へおいて来た
みな肺で死ぬる女工の募集札

来月五味川純平の「人間の條件」の映画、BSで6本上映されます。ご覧になったことありますか。 昔はオールナイトで上映されました。
ベストセラーでした。澤地久枝さんが五味川さんの助手でした。
当時まだ無名に近かった仲代さんが主役、テレビ版は未見ですが松平健さんが演じたそうです。
仲代さんも立派な反戦映画だとコメントしています。
私も教えてもらった映画ですが大変感動し原作もすぐ読みました。そうそうたる俳優さんが出ています。

2011/7/28(木) 午後 1:15 hitomi

アバター

みみさん、ありがとうございます、感激しました。
私も言いたいことです。大きな犠牲をはらって、あるいは免責のための9条ねじまげて核兵器を持って又アジアの人に戦争を仕掛けたいのでしょうか。
ドイツのように戦争責任きちんと取らなかった付けがまわっています。前の支配者がそのまま居座りうそついて原発も導入しました。
仏教界はもっとひどくて「戦争は罪悪」だと、勇気もって発言した僧の地位を剥奪しました。最近名誉回復されました。
大東仁さんが書いています。
東別院では平和展や大逆事件(天皇暗殺計画をはかったと無実の方、その中には優秀で心優しい医者も居ました、を死刑にし子供たちは就職も国賊の子としてろくに就職もできませんでした。)名誉回復のための展示もしています。
映画になった川柳作家鶴彬の反戦活動も立派でしたが国により捕らえれ731部隊のように赤痢菌だったか何かうえつけられて死亡しました。

2011/7/28(木) 午後 1:50 hitomi

アバター

何回も直したのでおかしな文になりすいません。

2011/7/28(木) 午後 1:52 hitomi

顔アイコン

みいさん こんばんは
転載ありがとう。
読んでいただけただけでも嬉しいです。

2011/7/28(木) 午後 10:19 mimi

顔アイコン

hitomiさん
たくさんのコメントありがとうございました。
あまり時間がとれなくて、後半は明日になる予定です。
それよりもhitomiさんが、いろんなことをよくご存じで、それだけでも尊敬です。昔から、興味がおありだったのですね。
今日は無理ですが、TB記事は週末にゆっくり読ませていただきますね。
hitomiさんとお友達になれて、同じ興味でお話ができるのは嬉しいです。また明日、コメントします。


小出先生もよく色々なことをご存じで、人間的にバランスのとれた方ですね。

2011/7/28(木) 午後 10:26 mimi

顔アイコン

内緒様
実は、私もそうです。
もしかして,小出先生も・・?と思ってしまいました。
小出先生の雰囲気、お似合いですよね!

2011/7/28(木) 午後 11:04 mimi

顔アイコン

転載させていただきました。

2011/7/29(金) 午後 2:40 [ yfq**494 ]

マルチン・ニーメラーと田中正造

対照的な生き方の中で小出先生がどちらを選ばれたか?

心の中に哲学が無いと現実には難しい選択だと思います。

ところで足利旅行の際立ち寄った渡良瀬川はまさに鉱毒事件の舞台になった場所でした。

妙なつながりを感じてしまいました。
ポチ!

2011/7/29(金) 午後 8:38 ひろを

顔アイコン

hitomiさん
私も竹中彰元、鶴彬知りませんでした。TB感謝します。
こういう人たちのことを、とりあげるhitomiさんの存在、貴重だと思います。風化させずに、知っておくべきですね。今の政治がどのようなものなのか読み解く指標にもなると思います。
五味川順平の「人間の条件」は、見たことがあると思います。
本ではなくて、漫画で図書館にあったのも覚えています。
澤地さんは助手さんだったのですね。同じ視点で社会を厳しく見つめていらっしゃるのでしょう。
色々知らないお話を教えていただきありがとうございました。
TB記事については、読ませていただいた上で感想を個々にさせていただきます。

2011/7/31(日) 午前 8:22 mimi

顔アイコン

yfq**494様
いつも鋭い記事をありがとうございます。
ご訪問と転載も感謝です。

2011/7/31(日) 午前 8:25 mimi

顔アイコン

HIRONOMIYAさま
こういう記事にも、コメントをありがとうございます。
田中正造を尊敬する人として心に刻んでいらっしゃる先生です。田中正造は天皇陛下に直訴された方ですから、自分の命も顧みずに、被害者救済に奔走した人です。小出先生も右傾化した今の社会で、はっきり物を言うことの危険くらいご存じだと思います。
でもこうした発言をされるのは、やはり現代の田中正造に近いと思います。
マルチン・ニーメラーも反ナチ運動を展開していますが、ただ・・彼は立ち上がるのが遅かったと後悔しています。
小出先生は、そうならないように、後悔しないように・・と40年前から原発の危険性を警鐘されてきたのですよね。
今こそ私たちも気づかないといけないと思います。
渡良瀬川流域・・私も歌よりも田中正造を思い出してしまうところです。HIRONOMIYAさまもよくご存じですね!
ポチありがとうございます。

2011/7/31(日) 午前 8:36 mimi

アバター

田中正造の直訴文は後にでっちあげの大逆事件で死刑になった幸徳秋水が書いてくれたと思います。天皇に直訴しても駄目なのです、狂人扱いされました。
明治政府はそういう、一部の人のための政府でした。その後の田中正造は谷中の村の人たちと生きました。
谷中で最後まで立ち退かずがんばった人たちが居ます。そういう名もない人の姿、涙を禁じえません。お手本になります。
最も優れた草莽の偉人で あった。
頂いたコメントにRコメしています。
お忙しいのにありがとうございます!
豊郷小学校検索すると

http://bushitsu.blog47.fc2.com/blog-entry-22.html
TVアニメ「けいおん!」で登場する、私立桜が丘高校の舞台になったのでファンが押しかけマナー違反があったようです。

豊郷町観光案内http://www5.ocn.ne.jp/~toyosato/ に公開日など載っています。
今日の原発情報に☆

2011/8/1(月) 午後 0:33 hitomi

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事