mimiの日々是好日

ご訪問ありがとうございます。今までの皆様との交流に心からお礼申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

先日、奈良市民放射能測定所に行った時のこと、
奈良市のある小学校の培養土からセシウム・・・という話題が出ました。
 
小学生が触れるものなので、気になって実際に測定所に持ち込まれたという次第です。
以下、測定所の方のメールをご紹介・・・・。
************************************
 5月23日(木)に測定した奈良市内の小学校の園芸用の培養土からセシウムが
検出されました。検体は市販されているものです。以下が測定結果です。

         放射能濃度      検出下限  計数率

Cs-137: 50.1 Bq/kg  ± 14.6 Bq/kg   5.3 Bq/kg   o.93 cps
Cs-134: 24.7 Bq/kg  ±   7.9 Bq/kg   3.2 Bq/kg   o.40 cps
 K-40: 260.8 Bq/kg  ± 91.2 Bq/kg  42.4 Bq/kg   o.27 cps

セシウム合算で74.8 Bq/kg±22.5 Bq/kgの検出です。正確を期すため
に、市民放射能測定所関西ネットと連携している測定所のゲルマニウム半導体
検出器で27日(月)にクロスチェックをしてもらいました。
以下がその測定結果です。

         放射能濃度      検出下限  
Cs-137: 43.1 Bq/kg  ± 2.3 Bq/kg    6.9 Bq/kg   
Cs-134: 20.7 Bq/kg  ±  1.9 Bq/kg    5.7 Bq/kg   
 K-40: 346.4 Bq/kg  ± 26.6 Bq/kg   79.8 Bq/kg   
セシウム合算で63.8 Bq/kg±4.2 Bq/kgの検出です。測定時間はどちらも1時間
測定器の精度の関係で数値に若干のズレはあるものの(放射能測定では若
干のズレは普通です)、残念ながらセシウムの検出は明確です。


 同じ小学校の他の園芸用の土は両測定器とも不検出でした。小学校なので児童
が手に触れ、呼気から吸入する可能性が大きいものですから、他の学校で利用さ
れている培養土も気になります。ぜひ測定し、その結果を資料として学校や教育
委員会と話し合いを重ね、何らかの方策を早急にとることが必要なのではないか
と思われます。
**********************************
以上
小学校で、使う土となると、花壇や学級菜園に使われる土でしょう。
また低学年なら、土で遊んだりする子もいるかもしれません。
いずれにしても、子どもの身体に触れるもの、安全性はしっかり確認してほしいものです
 
学校だけでなく、自宅でも家庭菜園や花壇を楽しまれている方は多いと思います。
どうか、土の汚染には気をつけて購入して下さいね。
 
以下に、安全らしい土を売っているところを検索してみました。
 
北海道産腐葉土, 汚染していない腐葉土, 北海道道東産腐葉土. 安全な腐葉土, 用 途 野菜・草花・樹木・その他農作物・園芸等。 他の用土等と混合してお使い下さい。 土の 状態により混ぜる量を増減してお使いください。
 
花の土屋さんカネアで使用している土・堆肥は、放射能汚染の影響の少ない四国地方・ 中国地方・九州地方より採取された原材料を使用しています。 ... さらに、放射性 セシウム濃度の検査も県の機関にておこなっており、安心・安全を確認した上でお届けし ていますのでカネアのすべての土堆肥 ... ただ採取場所が鹿児島県ということで、近畿~ 関東以北の方々に馴染みがないとおもいますが、鹿沼土よりも硬質で粒子が壊れにくい ので、私 ...
 
その他、コーナンでは自社独自で放射能汚染度を測定しているそうです。今回もコーナンの土の方は放射能は不検出でした。
 
最後に・・・・http://touten2010.exblog.jp/13208234放射能に向き合う日々様の記事から・・・ 一部抜粋します。
 
 
ホームーセンターの堆肥が強い放射線を出していることは、ネットの中ではかなり前から広く話題になっていた。しかし、自治体が計測に動かなかった。

 しかし、秋田県が、「ホームセンターで売られている堆肥から強い放射線が出ている」との通報を受け、放射性物質の測定を行いこれを25日に発表したことから、その日のうちに農水省は堆肥等の使用自粛要請を関東・東北の都道府県に発出し、5日後の8月1日にはもう許容値を決めて各県に通知している

 これは、農水省が全てを知って準備をしておきながら、「できることなら表ざたにならなければ良いなあ、何もしないですむし」と首をすくめて事態を放置していた証拠である。

そうでなければこんなに早く許容値を決められるわけが無い。
 農水省が事態を知りながら指導をせずに手をこまねいていたために、高濃度の汚染された堆肥が全国のホームセンターで大量に販売され、日本中の農地にすきこまれてしまったのである。

これは放射能に汚染された牛肉が全国に流通したことよりももっと深刻な事態である。 牛肉は一度食べたぐらいでは健康に影響は無いし、食べれば無くなってしまうが、農地にすきこまれた腐葉土は牛肉とは段違いに汚染度が高いうえに、100年以上もそこにあり続けてなくならないからだ。セシウムの半減期は30年で120年たってやっと16分の1になる。今生きている人が全て亡くなってしまうまでは、汚染度が低くならない。

 事故米や無許可専従問題で明らかになっている農水省の「臭いものにはふた」主義がまた徹底的に裏目にでた訳であるが、これは農林水産省の組織文化であって永久に改善されないから仕方がない。農水省は食品の安全にかかわって欲しくない組織であることを認識した上で、国民は対応を考えるしかない。

 明るい材料は「一個人の訴えによって自治体が動き、それによって国が動いたために、事態が改善の方向へ向かった」ということである。
一個人の指摘により県が動くということは通常は無い。
放射性物質の検出は一台何千万円という機械を必要とするし、民間検査機関に検査を委託すると3万円〜4万円もとられてしまう。それを承知で一個人の指摘により動いた秋田県は高く評価されるべきである。

 つまり、「農水省のようなどうしようもない組織であっても、県が動けば動かざるをえないし、県は県民の訴えを聞いてくれることもあるということが解かった」ということである。

 放射能の危険はいまや日本国民全体のものとなった。どこにどういう形で放射能汚染が広がっていくか全く検討がつかない。そうした中で、農水省をはじめとするどうしようもない国家行政機関は全くあてにできない、
このような絶望的な状況も個人の努力で切り開ける可能性があるということが明らかになったということが大きな希望である。

 これからは、私たちが自ら調べ、行政機関にあらゆる手段で圧力を行使し、行政を動かしていかなければならない

 今回の明るい材料をしっかり覚えておこうではないか。
 
 *************************
 
奈良市民放射能測定所でも、このデータを基に、教育員会に働きかけます。
奈良市放射能市民測定所では会員を募集しています。
 

問い合わせ先

奈良・市民放射能測定所
メール:naracrms@gmail.com
電話・FAX:0742−81−8458(開所日の10時〜16時)
測定所の開所日はこちらでご確認いただけます。
住所:〒631−0036 奈良市学園北2−1−6セブンスターマンション103号室
医療問題研究会奈良事務所内

閉じる コメント(12)

顔アイコン

有難うございます。
まさか!と思いますね、転載します。

2013/6/1(土) 午前 4:58 *nya〜*

顔アイコン

私は伊勢崎市で調べました。

2013/6/1(土) 午前 5:31 [ 短足おじさん ]

顔アイコン

nya〜様 おはようございます。
土は一種の盲点だと思います。
口にしないとは言え、息で吸い込んだりすれば簡単に被曝しますし、汚染されていない土地で使えば、その土地の汚染も何十年と続きます。
家庭菜園をなさる方は特に、土選びは慎重にしないといけないですね。転載ありがとうございました。

2013/6/1(土) 午前 6:34 mimi

おはようございます。
何処に住んで、何を食べて・・本当にいろんな事をこんなに考えて生きてきた事はなかったのに、これからは生き難い世の中になりましたね。
今までは一度死んでも生まれ変わって。違う人生を経験して見たいなどど冗談も言っていましたが、もうこの地球には生まれ変わって来るのが怖いです。

ポチ☆

2013/6/1(土) 午前 6:43 若紫

顔アイコン

おじさま おはようございます
さすが、おじさま、きちんと調べていらっしゃるのですね。作物を作るのに、土はその土台ですから、腐葉土や肥料など土作りの安全を確かめておかないことには・・と思います。
放射能に対して無防備、無関心でいると、思わぬところで放射能をもらってしまいますね。
子ども達を預かる学校の先生方も、神経を使ってほしいと思います。
コメントありがとうございました。

2013/6/1(土) 午前 6:46 mimi

顔アイコン

放射能を全国へ拡散することが国策とはいえ、やはり。。。深刻な問題です。
西日本では、食事の汚染に気を使っている人がほとんど皆無なように、腐葉土や培養土に気を使っている方は、ごく少数ではないでしょうか。
いくら産地で食材を選んでも、土壌がどんどん汚染されていけば、汚染食材が大量に市場に出回ってしまいます。

市民による放射能市民測定所などからの告発が必要ですね!

2013/6/1(土) 午前 7:15 [ 8 1/2 ]

顔アイコン

若紫さん、おはようございます
気をつけていても、こんなふうにどこからか汚染が広がっていく・・今の日本はとても怖いところだと思います。こうして、空気や水、土を汚染させれば、結局は人間が安全に住む場所を狭めていくということに、気づかないのでしょうか。
アメリカ追従と利権優先の大義のためには、健康が犠牲になっても良いと考えている人達ばかりが支配する日本。今度生まれてくるときには、おそらく日本はなくなっているような気がします。
魂は修行のために人は何度も生まれ変わると聞きますが・・私もこんな地球に生まれ変わるのは怖いです。
でも、まさに『修行』になるのかもしれませんね。><
☆ありがとうございます。

2013/6/1(土) 午前 9:24 mimi

顔アイコン

8 1/2 様 コメントありがとうございます。
仰るとおり、会社でも私も周りでも、気をつける人達はあまり見かけません。家庭を預かる主婦としては、大いに関心を持って頂きたいのですが・・政府の広報機関になっているマスコミに期待はできません。

作物を育てる土台の土が汚染されては、安全な食物を望むことはとても無理。農協さんも放射能汚染に気をつけてくれているのでしょうか?土にことだけに、とても気になりますね。

放射能測定したものは、データとして数値を示せるので、説得力があると思います。測定所は、大切な役目をしっかり果たしてもらいたいですね。私も期待しています。
☆ありがとうございました。

2013/6/1(土) 午前 9:38 mimi

アバター

ホームセンターコー〇ンでの腐葉土や培養土の8割までが宮城県本社ですよ。

2013/6/1(土) 午前 10:48 水無瀬より

顔アイコン

これは大変・・・
私も娘の学校で、土への対応はお願いしていたのですが、
再度対策強化してもらえるようにPTAで問題提起します。

声を出せる場で問題意識を広めていくことで、
気にする人が増え、事態が動くといいのですが・・・

お花をたくさん植えている幼稚園の前など通ると、
園長さんはきちんと土の件考えているのかなと、
いつも心配になります。。。

貴重な情報ありがとうございます。

転載させていただきますm(__)m

2013/6/1(土) 午後 0:19 [ さくらさく ]

顔アイコン

水無瀬さん 情報ありがとうございます
でも、園芸用腐葉土・培養土等の扱いについては、公的機関より一定の基準が示されるまでの間、対象店舗における販売を自粛、その後は基準に沿って販売しているようです。
実は、今回、依頼された土の一つはコーナンの腐葉土でしたが、こちらは不検出でした。
一応誠意ある対応をしているような気がします。

2013/6/1(土) 午後 4:44 mimi

顔アイコン

さくらさくさん コメントありがとうございます。
土は、意外な盲点えですね。気がつかなければじわじわと汚染されていくわけです。
鹿沼土という名前の土があるように、今までこちらの地方から土が流れていたようです。それで意識せずに今までと同じように流通させたのでしょう。けれど・・流通側は危険だと感じなかったのでしょうか?
鈍感なのか。それともやはり利益優先で騒がれるまで黙っていようとしたのか・・。こんな時は、思い切って測定してもらうのが一番です。
辻本さんも、「これは教育委員会にも働きかけないといけない・・」と仰っていました。
みんなで声を挙げれば役所も無視できなくなくなります。お母さん方も危機感を持って、訴えていけば、関心も広がっていきますね。がんばりましょう。
転載もありがとうございました。

2013/6/1(土) 午後 5:06 mimi


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事