mimiの日々是好日

ご訪問ありがとうございます。今までの皆様との交流に心からお礼申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

幣原喜重郎・・・・深謀遠慮の宰相http://s.hatena.ne.jp/images/comment_dg.gifhttp://s.hatena.ne.jp/images/add_dg.gifhttp://s.hatena.ne.jp/images/star.gifhttp://s.hatena.ne.jp/images/star.gifhttp://s.hatena.ne.jp/images/star.gifhttp://s.hatena.ne.jp/images/star.gif

 今、日本国憲法の制定と幣原喜重郎のことを調べている。
筆者はかつて、戦前協調主義の幣原外交は「軟弱外交」だと一言で片付ける軽薄な教科書を習っただけだったのだが、実際には、この人物は深謀遠慮の人だった。

調べれば調べるほど、戦争・戦力放棄条項を憲法に盛り込むことは、1946年1月24日に幣原がマッカーサーに提案したことだということは確かである
しかも、残された幣原のことばの記録から見ると、この戦争・戦力放棄条項には、マッカーサー意図をも超えた深い意図があったことがうかがえる。

 当時、マッカーサーが抱えていた難題は、日本が二度と軍国化しないように確実な手を打つことと、天皇制を存続させるということだった
米国の方針は日本共産化をふせぐために天皇制を存続させるということとなっていた。だが、他方で、ソ連天皇制廃止を強硬に唱え、オーストラリアニュージーランドなどは天皇いるかぎり日本が再び軍国化するにちがいないと恐れている状況だった。マッカーサーは困っていた。
 
そういう状況にあって、幣原は戦争・戦力放棄をマッカーサーに提案した。これによって、ソ連以外の国々には天皇制の存続は容認され、かつ日本の再軍国化を防ぐことができるという一石二鳥の提案であった。

 では幣原はなぜ日本政府として公式に戦争・戦力放棄を提案しなかったのか? 
当時、日本政府がこんなことを提案することはおろか、閣議で話題にすることすら不可能だったからである。それは国体に触れることだったから。それ以上に、非武装宣言は幣原自身いうように「狂気の沙汰」としか受け取られまいとも思われた。だから、幣原はこれをGHQから日本に「押し付ける」かたちを取るほか方法はなかった

 誰よりも多くの戦争の悲惨を見てきたマッカーサーは、非常に感激して、幣原の申し出た戦争・戦力放棄条項を受け容れ、2月3日に「マッカーサーノート」三項目を発した。第一項は天皇制維持、第二項に戦争・戦力放棄、第三項に封建制度廃止が記された。こうして、その後、マッカーサー草案に、そして、日本国憲法9条に、戦争・戦力放棄条項が入れられることになる。

 だが、幣原にとっては、この戦争・戦力放棄条項は、実は、一石二鳥ではなく、いわば一石四鳥だったようである
幣原が正面からマッカーサーに明らかにした三羽目の鳥は、理想としての世界平和であった。戦前外務大臣として軍縮条約のために交渉に携わって列国のエゴイズムを知りぬいた幣原の理想のことばにマッカーサーは感激した。また、「後世、予言者と呼ばれることになりましょう。」ということばは、歴史自分の名を残したいという野心をもっていたマッカーサーの胸に響いたようである

 幣原にはマッカーサーに対しても秘匿したもう一羽の鳥があった
それは、緊迫の度を増していた資本主義共産主義の激しい戦争に、日本青年たちが米国の尖兵として使役されることを防止することであった。

彼の側近であった平野三郎に最晩年遺言に近いかたちで語ったことの記録(国会図書館内にある憲法調査会資料(西沢哲四郎旧蔵))にはしなくも漏らされている。「日米親善は必ずしも軍事一体化ではない。日本アメリカの尖兵となることが果たしてアメリカのためであろうか。」と。彼が意図したとおり、日本青年たちは、東西冷戦のなかで行われたベトナム戦争をはじめとする戦闘に、米国によって狩り出されないで済んだのであるベトナム戦争に狩り出されて五千人もの戦死者を出した韓国のいたましさを思うと、どれほど多くの日本人が幣原に恩を感じるべきかと思う。

 やがてマッカーサー自分が幣原の深謀遠慮にはめられたことに気づいたようである1950年5月3日憲法記念日、幣原は衆議院議長としてマッカーサーを訪ねている。そのとき同行した衆議院事務総長大池真の手記に次のようにある。
マッカーサー元帥から次のような発言が出たことを記憶している。『日本国憲法制定に当たり、ミスター幣原は日本は一切の戦力を放棄すると言われたが、私はそれは約五十年間早すぎる議論ではないかというような気がした。しかしこの高邁な理想こそ世界に範を示すものと思って深い敬意を払ったのであるが、今日世界情勢から見ると、何としても早すぎたような感じがする』
 マッカーサー元帥の発言に対し、幣原議長はニガ笑い して聞いておられただけであった。その後間もなく朝鮮事変が起こった。 」
 だが、現在自民党政権は、9条を改正して日本青年たちを米国世界戦略としての戦争に「集団的自衛権の行使」という名目で差し出そうとしている。・・・

****************************

幣原首相が、マッカーサーに提案した「戦争放棄」

実際、この憲法9条によって、日本の青年達は、冷戦時代のアメリカの戦争、朝鮮事変やベトナム戦争などから守られたのです。
あとでマッカーサーは、戦争放棄の提案を受け入れたのは、早すぎた・・と悔やまれました。
それを、今、どうして?アメリカの戦争に日本国民を差し出すようなことをするのでしょうか?
憲法9条は、先人(幣原首相)の平和主義に感謝し、国民を戦争から守ったことを誇りに思い、永久に守り続けるべきものでしょう。
それをないがしろにする集団的自衛権=戦争立法の数々は、決して許してはいけないと思います。

★幣原首相と憲法9条についてはalf's momさんの記事もどうぞ!

戦争をやめるには武器を持たないことが一番の保証」…憲法九条成立のために尽力した幣原首相

閉じる コメント(8)

顔アイコン

記事を読ませて頂き
幣原さんが、どれ程深く「戦争の無意味さ」「非人間性」を思い、
未来の世界像、日本の在り方を考えておられたかが、とてもよく理解できました。

日本国憲法が決して押し付けられたものではなく
積極的に日本の意思を、崇高な理想を持たれた一人の政治家(素晴らしい狂人)幣原さんによって訴えられたことによって得られた世界の「宝」だと納得できました。

「(マッカーサーは)日本国憲法制定に当たり、ミスター幣原は日本は一切の戦力を放棄すると言われたが、私はそれは約五十年間早すぎる議論ではないかというような気がした。しかしこの高邁な理想こそ世界に範を示すものと思って深い敬意を払った…」
幣原さんの想いがマッカーサーを動かしたことがよく分かる言葉です。

この「宝」を制定後、どこも傷つけることなく守り通して来たことの素晴らしさを改めて思いました。

私の拙い記事もご紹介下さって、有難うございます。

2015/4/27(月) 午前 9:43 alf s mom

顔アイコン

> alf's momさん

私も偶然、幣原さんのことを知ったに過ぎないのですが、丁寧に読んでくださってコメントもいただきありがとうございます。
あの時代によくこのような発想をしてくださる方が政府にいてくださったものだと思います。日本の将来を変えた貴重な発言だったのですよね。その意味でも幣原さんを通過してできた日本国憲法は大切にしなければ・・とあらためて思います。

日本国憲法が決して押し付けられたものではなく
積極的に日本の意思を、崇高な理想を持たれた一人の政治家(素晴らしい狂人)幣原さんによって訴えられたことによって得られた世界の「宝」だと納得できました。

本当に日本だけに留まらず、世界の宝にしたいですね。
でも、この話は、どうも改憲論者には都合が悪いので隅に押しやられているようです。知らない方も多いと思いますので、しばらくこの日本国憲法成立のいきさつの記事を探してみたいと思っています。
記事に対して、温かい共感のコメントを寄せてくださりありがとうございます。とても感謝しています。

2015/4/27(月) 午前 10:22 mimi

顔アイコン

続きです
あの時代によくこのような発想をしてくださる方がいた・・ということですが、実際に戦争犯罪に手を染めた者もほとんどは罪に問われず、戦後も軍国主義を推進していた者たちの多くはそのまま政府に残っていました。731部隊の医師たちがそうであったように、実際は戦犯のひとりといえるような者でも、国会議員、司法の裁判官の要職に就き、つまり顔ぶれはほとんど変わらず権力側にいたということです。
だから、アメリカが政府に考えさせた新憲法の草案も、ほとんど明治憲法の域を出ず、民主主義の根本を理解できていないものだったのでしょう。
だから、幣原首相が提案したくても、これを政府には言い出せず、マッカーサーから押しつける形にしたのだと思います。
終戦時であっても、未だに終戦を認めたくない者たちが政府にいかに多く残っていたか・・。だから、今の政権は 結局、そういう勢力がまた時期を見て復活してしまったのだと思えるのです

2015/4/27(月) 午前 10:36 mimi

アバター

戦後も軍国主義を推進していた者たちの多くはそのまま政府に残って,731部隊関係者も米国と取引し罪を逃れるどころか医学界に君臨したようです。
最高責任者がそのまま居座り沖縄を差し出す、ヒロシマ・ナガサキの被害も仕方ないと。最高責任者が責任取らないから後は取るわけなく。これが日本政府の一番悪い所だと思います。今日もお二人の立派な記事に感心しました。
軟弱外交、非国民と言う便利な鋭利な刃物で突き刺す、これも今もありますね。情けないことです。
それでも立派な週数派新えんお人物はいる物です。どこかで少数派が歴史をうごかすと聞きました。西さんは小柄な方ですが立派でお若いころは何をされていた方なのかと思います。
アメリカも第五福竜丸の被爆で反米になることを恐れたようです。
ナイス&転載させてくださいね。

2015/4/28(火) 午後 7:06 hitomi

顔アイコン

> hitomiさん


戦後も軍国主義を推進していた者たちの多くはそのまま政府に残って,731部隊関係者も米国と取引し罪を逃れるどころか医学界に君臨したようです
ご存じでしたのね。天皇も沖縄の基地を自ら差し出すし、広島長崎の原爆も「仕方がなかった」、「戦争責任はことばのあや・・」などと言う発言を知ってがっかりしました。ヴォーリズが天皇を戦犯から救うため奔走した事実があるので、天皇はもう少しヴォーリズの期待に応えるような方であってほしかったです。
でも今の天皇皇后は立派ですばらしい方ですね。むしろ、こう言う方が君主なら、国民のための政治をなさるだろうな・・と思います。
この憲法9条によって、アメリカの戦争から守られたのに、憲法を変えようと躍起になって漫画まで作っていますね。

http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/kenoukaisei_manga_pamphlet.pdf

2015/4/30(木) 午後 2:57 mimi

顔アイコン

理由はただ「古い」「アメリカの押しつけ」というそれだけで、もちろんベアテさんの話も入っていませんし内容を何一つ検討していない酷いものです。
私も少し、日本国憲法の成り立ちを勉強してみようと思っています。ナイス&転載もありがとうございました

2015/4/30(木) 午後 2:57 mimi

アバター

そうですね、今の天皇皇后は親の贖罪のために行脚しているような気がします。南京で虐殺に参加した兵士は帰国して夢にうなされその息子さん夫婦は南京のお芝居作りました。
あの言葉の綾には人格疑いました。東映の有名な亡き脚本家は昭和天皇について調べ国語能力もないと。
京都のバラ園も比叡山バックの西洋庭園で好きです。奈良はいかがですか。大阪にもイングリシュローズガーデンがあるとか。中之島バラ園も何回か行きました。

2015/4/30(木) 午後 5:42 hitomi

顔アイコン

> hitomiさん
何度もありがとうございます。
今日は、ダブルちゃんのことで胸が塞がっていらっしゃるでしょう?私、お昼からやっとリコメや訪問し始めたので記事にもコメント入れさせていただきましたが・・こんな時に、かえってごめんなさい。
ダブルちゃんの思い出を記事にしてアップしてくださいね。一緒に可愛かった姿を拝見して、私も冥福を祈りたいです。
天皇皇后は本当に親の贖罪のようですね。
天皇と皇后が安倍暴走の歯止めになっていただきたい・・という気持です
南京虐殺や慰安婦問題も多くの証拠がありながら、認めないどころかウソを強要する政府は狂っています。
比叡山ガーデンミュージアムや、枚方パークのバラ園、中之島バラ園、六甲ローズガーデンは行きました。奈良は・・霊山寺くらいでしょうか。奈良は小規模ですね。

2015/4/30(木) 午後 6:19 mimi


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事