ここから本文です
mimiの日々是好日
コメントありがとうございます。お返事する時間が取れず、ゆっくりお返事させてくださいね

書庫全体表示

http://79516147.at.webry.info/201705/article_121.html

▼NHKが放射能報道で地域新聞に圧力!
 NHKは帰還困難区域での山火事に関連して、放射能が飛散する恐れがあるとした和歌山県の「紀伊民報」コラムを「風評被害が助長される」との批判が寄せられている、と批判した。

 「大NHK」の報道に地域新聞の「紀伊民報」は恐れをなし、9日の紙面で誤解を与えたとして謝罪した。

 これは明らかに「風評被害」に名を借りた放射能報道“隠し”である。

 毎日新聞によると、「帰還困難区域」の福島県浪江町で起きた山林火災は、発生から丸10日経っても消えず、焼失面積は50ヘクタール以上。福島県によると、消火を阻む要因は、強風や乾燥に加え「広い範囲に積もった腐葉土」。

 ヘリからの散水で表層の火を消しても、落ち葉や腐葉土の中で火がくすぶり続け、一晩たつと再び表層も燃え始めるという。

ホワイトフードによると、
 5月5日1時11分、空間線量の月平均を25%以上、上回る拠点が70箇所以上存在します。詳細はアプリで確認 goo.gl/rSPE7x 地図で確認

https://mobile.twitter.com/whitefood1/status/860164889100210176

 3・⒒直後に、「帰還困難区域」の山林に降り注いだ放射能は除染が不可能だ。今回の山火事で舞い上がり、飛散している。東京・渋谷でもふだんより高い数値を示した。

 放射能は健康につながる問題だ。新聞として伝えるのは当然だ。NHKはなぜ、隠そうとするのか?なぜ、地域新聞に圧力をかけるのか?誰に頼まれたのか?



“山火事で放射性物質飛散” 批判受け新聞社が紙面で謝罪
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010974921000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002
5月9日 15時03分 NHK

イメージ



東京電力福島第一原発事故の帰還困難区域で起きた山火事に関連して、放射性物質が飛散するおそれがあるとしたコラムを、和歌山県の新聞社が今月、掲載したところ「風評被害が助長される」といった批判が福島県の農家などから寄せられ、新聞社は9日の紙面で「放射線量に大きな変動はなく迷惑を与えた」と謝罪しました。
和歌山県田辺市の新聞社「紀伊民報」は、原発事故の影響で帰還困難区域になっている福島県浪江町の山林で先月、発生した山火事に関連して、東京電力の元社員の情報として「放射能汚染の激しい地域では森林除染ができておらず、火災が起きれば花粉が飛ぶように放射性物質が飛散するという」と書いたコラムを今月2日付けの紙面に掲載しました。

新聞社によりますと、これについて「風評被害が助長される」とか「デマを広めるな」など批判する電話やメールが合わせておよそ20件、福島県内の農家などから寄せられたということです。

このため、9日の紙面で「福島県の発表では火災現場周辺の空間放射線量には大きな変動がなかった。新たな拡散は心配するほどではなかったという。多くの方に心配をかけ、迷惑を与えたことになる」と謝罪しました。

一方で、2日のコラムの内容に誤りはないとして、インターネットなどでの掲載を続けるとしています。

紀伊民報は和歌山県の南部を中心に、およそ3万4000部を発行している地方新聞社です。

専門家「正しく伝わるよう報道を」

福島県で、原発事故による風評被害の調査を続けている、東京大学大学院の関谷直也特任准教授は今回の記事について「火災は、放射性物質に限らず有害物質を拡散させやすいので不安を口にするのは理解できるが、原発事故から6年が経過して、不安や懸念だけで記事にする時期は過ぎていると思う。事故のあとモニタリングの体制が整い、放射性物質が拡散しているかどうかは、線量を見ればわかるので、きちんと調べないで記事にする時点で非常に大きな問題を持っている」と述べました。

そのうえで「福島県外を中心に、6年前の原発事故が怖かったというイメージで止まっている人もいることが、今回の記事の遠因だと思う。福島県の現状をきちんと理解して、正しく伝わるよう報道してほしい」と話しています。

転載元転載元: ニュース、からみ隊

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事