デザイン・アート・雑貨大好き!素敵なママ応援ハピネスバード

現在、こっちのブログはお休み中。詳しくはハピネスバードHPまで。

全体表示

[ リスト ]

大切なのは応用力

イメージ 1
 
 
ママからみたら、「ごみ」そのものな、廃材、「すてないで〜!」「これほしい!」って
お子さんから言われたことないですか?
 
ぜひ、それを自由に与え、自由に組み合わせて作る機会を与えてあげてください。
 
 
今週のハピネスキッズアート小学生クラスでは、「廃材を使ったお友達」 がテーマ。
 
小学生では今更??のようなテーマかなと思ったのですが、
小学生だからこそ、頭が固くなってしまってるんですね〜。
 
明日、小学生クラスの子供たちは、どんな廃材を持ってきて、どんな作品ができるのか、楽しみです。
 
 
 
 
私は先日、小学校の参観のときに壁に並んで貼られた「世界に一つの花」のようなテーマの、絵が全員一緒(星や、ハートのお花)だったのを、そして我が子でさえも、そうだったのを見て、かなりショックをうけました。
 
普段からお絵描き工作大好きな我が子でも、やっぱり先生の声かけによっては、その個性をみつけ、伸ばしてもらうことが難しいのだと実感したと同時に、
 
お絵描き工作する環境作り、(楽しい!と心から思え、リラックスできる環境)
 
教師だけなく、お母さんが子供に日頃から、自由な発想を手助けできるような声かけの重要性を思い知らされました。
 
幼児期にいろんなものを代用して、作りたいものを作るという経験を重ねていると、きっと大人になっても、様々な面で応用の効く子になると思います。
 
 
 
4才から6才の頃のsakuraは、本当に毎日毎日、廃材や、紙で何かを作っていました。
 
おもちゃやテレビなんて見向きもしません。
 
それよりも、想像を膨らませ、こんなの作りたい!と考えながら作っていく過程、作り上げた達成感が楽しくて仕方ないことがわかっているからです。
 
小学生になると時間が全然なく、なかなかゆっくりと工作もできません。
 
4〜6才の時期、本当に大切だったなと思います。
 
ぜひ、お子さんに自由に工作をさせてあげてくださいね。
 
 
写真は、4才〜6才の頃に勝手に作っていたものたちを集めてみました。
 
空き箱でギターや犬、パソコンを作ったり、ティッシュでウサギを作ったり、携帯電話は、本当に毎日今でも作っています。
コスプレも大好きですねえ〜。憧れは海賊です!
 
写真に収めれたのはほんの一部、もっととっておけばよかったな〜と思います。
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

sakuraちゃん、海賊なんだぁ(^^)ウチは、お姫さまグッツだよ(笑)通ってる幼稚園は、こうじゃないとダメってことがなくて、自由な発想大歓迎なとこがあってね。ありがたい・・ドレス作りにはまってるよ。帰ってきても、あれこれと・・・。たまりにたまっちゃうよぉ(^^;
発想を手助けできる声かけって重要だね。本当に・・今、次女が、スランプ?に陥ってる。ダイナミックな発想が大好きなのに、今、他の子のことが気になってしまってるようで、家でも「どうやって描けばよかったけ??」って言ってるのぉ(^^;見守りつつ、本来の力を出せるようにしたいもんだよ。トホホホ・・・

2011/6/24(金) 午後 8:47 AKE-ak 返信する

家ではな〜〜〜んもやらせてないわぁ・・あかんですぅ〜
学校に、ペットボトルやら牛乳パックやらトレーやら
持って行って、迷路を作ったり・・などの催しが去年あったなぁ・・・

2011/6/25(土) 午後 11:40 ゆうのはは 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事