四国で動物病理をやっています -四国細胞病理センター−

小太郎の日々の記録・・・のつもりで始まりましたが小太郎のお父さんが書いてくれないので、動物の病理診断をしている人が書いてます。

最新記事

すべて表示

Chambers James先生が...

今日はお知らせです。 とうとう!弊社の診断医に東京大学のChambers先生が加わってくれることになりました。 一気に診断医の平均年齢若返りです(笑) 私なんかがご紹介するまでもなく、ご存知の方も多いと思うのですが・・・ 東京大学の中山先生と内田先生の愛弟子で 診断については私も信頼おける先生の一人です。 また、 ...すべて表示すべて表示

こんにちは〜。 先日、用事があって観音寺の動物病院様へお伺いしたのですが 高速を降りると 要潤様!が迎えてくれました。 三豊だいすき〜! S先生、また押しかけちゃう♡ こんなに潤様に歓迎されるなら♡ 今日はそんな話がメインでなく・・本題に。 四国内の検体は四国中検が集 ...すべて表示すべて表示

今年もありがとうございました

2017/12/20(水) 午後 7:50

いよいよ暮れになりました。 今年の私は病気ではじまりましたが 今となっては、あ〜あんなことがあったなぁと既に過去のものになりつつあります。 3大治療を全部受けましたが 特に化学療法中は辛かったです・・・ 発熱、皮膚炎や脱毛、肌のくすみ、口内炎、倦怠感など。 しかし、弱音だらけの私に ドクターが「いつか笑ってこの ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事