ここから本文です

書庫+賃貸不動産経営

記事検索
検索

全177ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

投資家が多額の借金をして購入した物件は
実は業者の利益率が30%以上といわれるほどかなり割高。

家賃保証の原資は、当然入居者から払われるべきところですが
そもそも割高な建築費に見合う割高な家賃設定になっているため
稼働率は安定しない

結局、運営会社は保証額に足りない分は建築費で儲けた利益から補填し
それでも足りなくなれば、保証家賃を一方的に減額するという暴挙に転じる

同じ賃貸経営事業者として
到底許せませんむっショック!プンプン



レオパレス 新たに1300棟施工不備で、引っ越し要請

⇒ 約7700人に引っ越しを要請



CBCテレビが、詳細を記事にしていますので引用します。




レオパレス問題・岐阜市で契約更新の際3日以内に退去するよう通告
2/8(金) 19:19配信



大手不動産会社レオパレス21が建てた1300棟あまりのアパートで、施工不備が

見つかった問題で、契約を更新しようとした際に退去を通告されたという男性が取材に応じました。

レオパレス21の一部のアパートでは去年、施工不備が見つかりましたが、

7日新たに1324棟で、国が認定した仕様とは異なる構造の外壁や天井などが

見つかったと発表しました。

「まじか、どうしよう」(退去を通告された男性)

こちらの23歳の男性は去年8月まで、岐阜市内のアパートに住んで

いましたが、契約を更新しようとした際、レオパレスの担当者から物件の

調査のため3日以内に退去するよう通告されたということです。

 「延長もできない。引っ越し費用も何もなく。結局自費でハイエースを借りて、

荷物を全部詰め込んで、家をカラにしないといけないので、

(新居がみつかるまでの)1週間はめちゃくちゃきつかった、心身ともに」

(退去を通告された男性)

 一方、去年の問題発覚を受け、名古屋ではアパートのオーナーたちが

「レオパレス違法建築被害者の会」を結成。

会長の前田和彦さんは、レオパレスのずさんな対応について、

「やはり隠している違法建築があるんだなと。(発表が)小出し小出しで、

今回のような衝撃が来るわけですよね。またかまたかということで。

隠している違法建築をすべて開示して、前向きに取り組んでいただきたい」

(LPオーナー会・前田和彦会長)

レオパレス21では、新たに発覚した物件のうち、天井の耐火性能が

足りていない、少なくとも7700人余りの入居者に、安全のため

引っ越しを要請するとしています。





レオパレスの施工不備は、昨年(2018年)もニュースになっていたかと思います。

また、同じ施工不備の物件が見つかったということですね。



それにしても、驚きますね。

アパートの天井は、薄いベニヤ板だけで、

しかも、お隣との部屋との隔壁はなし。

これでは、火事になると、火はすぐに隣の部屋に燃え移ります。

さらに、こんな屋根裏だと、隣の部屋の音が筒抜けですよね。

プライバシーが守られないと思います。



しかし、引っ越しを要請と言われても、なかなか良い物件があるとは限らず

職場から離れた不便な場所への引っ越しとなったりしないのでしょうか?

しかも、引っ越しには、費用も時間もかかりますよね。

入居者様がかわいそうです。

全177ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事