「エクスタロット」を使った新しいゲームの遊び方(ルール作り)を募集しています。
今回のテーマは「大アルカナの活躍」で、応募期限は2018年4月末です。
優秀作を参加者の互選で決めます。
詳しくは『エクスタロットの遊び方(ルール)提案コンテスト』を見てくださいね。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

謹賀新年(2018)

2017年は、新しい発見が続いた年 −−− 様々なことが変化し、その対応で反省するとともに、今までに無かった発想が次々に芽生えた年でした。

パブリックイベント
 今年も米光一成氏が講師をする道場(表現やコンテンツ制作を指導するセミナー)に参加しました。この講座は月1回で半年間おこなわれるもので、テーマを変えながら毎年実施されています。その道場で、面白かったことが2つあります。
 ひとつは「新しいじゃんけんを作ろう」というテーマで知恵を寄せ合っていたとき、グー・チョキ・パーが同時に出た場合はチョキが勝つことにする『ちょきじゃんけん』の提案ができたことです。これは大勢でじゃんけんをするときにどうしても引き分けが多くなる問題を解決します。
 もう一つは、この「ちょきじゃんけん」で王様を決めるというゲームをイベントで行うことになり、そのときのテーマソングを作成したことです。これは米光さんが歌詞を提示するとともに作曲できる人は誰でも曲を作ってねという課題に応じたものです。その結果できた楽曲は、「じゃんけん国王讃歌」というタイトルの動画になってyoutubeに掲載されました。

事業の拡大
 XTAROT(エクスタロット)というタロットとトランプを併せたようなカードセットを2016年に発売しました。これは元々ゲーム開発用に投入したものですが、バリエーションとして、カードを自作できる片面が白紙のカードをシリーズ化して販売したところ、2017年に、学習塾、大学、研究機関、商社などからの注文が急増し、何度も増刷をする状況に発展しました。また、占い専用のエクスタロットDX版も発売に至りました。
 上記の道場でお付き合いを始めた米光一成氏とは、米光さんの作品を弊社が販売するという提携関係のなかで取扱うゲーム類が徐々に増えています。具体的には、「思考ツールとしてのタロット」「レディファースト」「はぁって言うゲーム」「想像と言葉」などです。「米光ゲーム三昧」というサイトを開設して、ここに順次追加しているところです。

今年の抱負
 音楽の創作活動は「じゃんけん国王讃歌」が引き金になって再開しましたので、まずは、過去の作品のリメークを行ない、さらに構想していたものを実現したいと思います。
 XTAROT(エクスタロット)は、ゲームに使うツールですが、それ自体で遊び方(ルール)を固定していないため、多くの方が様々な遊び方を考案しています。2018年は、遊び方をさらに募集して発展させたいと考えています。また、XTAROTは、ゲームに使う道具、カード・駒・チップ、そういった総合コンセプトに付けたブランド名ですから、そういった発展も進めていきたいと思います。

今年(2018年)もよろしくお願いします。



イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

test

test

この記事に

開く コメント(0)

「エクスタロット(XTAROT) DX版 占い用」は、本格的占い用の大アルカナ25枚セットです。サイズは大型の120x70mm。ペトラルカ6分類、12星座、24ルーン文字との対応が明記されています。カードサイズで便利な、占いのためのマニュアル付き。

http://xtarot.web.fc2.com/deluxe.html

イメージ 1イメージ 2


XTAROT (エクスタロット) is

an eXtended TAROT deck with Mystics and Iconography (神話と図像).
A tarot set of 24+1 Major arcana cards (24+1の大アルカナ)
corresponding to 24 Runic alphabets (24のルーン文字),
in connection with 12 Zodiacal constellations (十二宮の星座),
classified in 6 groups of Petrarch’s Triumphs poem (6編のペトラルカ詩),
a tool to talk with Celtic elementals (ケルトの精霊),
and discovering your deep mental messages (深層心理).



イメージ 3イメージ 4

エクスタロットDX版 マニュアル 文:柴崎銀河 絵:双星たかはる


イメージ 5
エクスタロットDX版 カードの裏模様、大アルカナの例


イメージ 6

エクスタロット 大アルカナ相関図


Amazonで販売中
イメージ 7




https://www.amazon.co.jp/dp/B0776QC4JM

この記事に

開く コメント(0)

この特製カードは、米光一成著「思考ツールとしてのタロット」用にデザインされた大アルカナを、トレーディングカードと同じ用紙・製法で印刷したものです。

http://gpi.jp/tt/

http://gpi.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-0217.html

イメージ 2
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

ちょきじゃんけん

米光一成の表現道場で柴崎銀河が提案した「チョキじゃんけん」は、通常のじゃんけんに「引き分けならばチョキの勝ち」というルールを追加したものです。(1)人数が減っていく収束性は良好、(2)ルールの説明が簡単、(3)チョキが優位そうなのに三すくみ構造が崩れておらず面白い、という点で実用的と評価されました。

http://gpi.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-cca5.html

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

カードゲームを試作・研究開発するなら、エクスタロット(XTAROT)・多目的トランプ
タロット・アルカナ全種、特殊カード、書き込める白紙カードで、オリジナルのルール設計
教育学習用品・ブレインストーミング・企業研修教材・思考ツールとしても大活躍です


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

キオール・ミュージック・ジャパン (CEOL MUSIC JAPAN) は、独立系の音楽創作集団です。バードリングス(Bardlings)を中心として、ケルト系やJ-POPの楽曲を提供します。

http://ceol.jp/

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

タロット、トランプ、プレイングカード。あなたの使いかたによって、様々な用途に利用できるカードです。トランプの箱にはルールが付属していません。それは、トランプが汎用の遊び道具で、ルールは人・時代とともに発展していくからです。エクスタロットは、友達とプレイしながら、ルールを面白く改良していくことを目標にしています。そのため、ハード(カード)とソフト(ルール)を分けました。このエクスタロット・ゲーム情報サイトでは、最新のルールや情報を伝えていきます。

エクスタロットの公式サイト
http://xtarotg.web.fc2.com/

イメージ 1


Amazonで販売中
https://www.amazon.co.jp/dp/B01IH78ZNG

この記事に

開く コメント(0)

XTAROT白紙カードは、教材やカードゲームの試作ができるように片面または両面が白紙になった56枚組のカードセットです。種類によって白紙面へのニス塗りが有るものとないものがあります。サイズは、XTAROTトランプと同じサイズ (ブリッジ規格58x89mm) になっており、細身で持ちやすい大きさです。紙質は、トレカ(トレーディングカード)用の特殊紙で、わずかに光を通しますが、実用上の問題はありません。カードゲームの開発、テストプレイ、学習教材、知育玩具、フラッシュカード、ブレーンストーミングなど様々な分野で利用されています。

http://xtarotg.web.fc2.com/blankcards.html

イメージ 1 イメージ 2

模様の意味と向き
ウラ面(共通面)の模様には、何通りかあります。黒はエクスタロットの天人の羽根をデザイン化した「羽根の輪(SGIATHANRHOD)」で、上下の向きの区別がありません。黄はダイヤ(又は金貨の五芒星)のマークをデザイン化した「準結晶(QUASICRYSTAL)」で、よく見ると上下の向きがあります。その他、赤はハート(又は聖杯)のマークをデザイン化した「赤い聖杯(GRAAL DEARG)」で、向きがあります。緑はクラブ(又は聖樹)のマークをデザイン化した「世界樹(CRANN BETHADH)」で、向きがあります。用途に応じてお選びください。

Amazonで販売中です
https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3S5K5G

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事